商標登録&紛争 ASAHIロゴマーク事件

判例

東京高裁 H8.1.25 平成6年(ネ)1470号事件

争点

商号及び商標の一部を構成する、デザインされた文字の書体が近い場合に、そのデザイン書体の文字は著作物か否か。

判示事項

いわゆるデザイン書体も文字の字体を基礎として、これにデザインを施したものであるところ、文字は万人共有の文化的財産ともいうべきものであり、また、本来的には情報伝達という実用的機能を有するものであるから、文字の字体を基礎として含むデザイン書体の表現形態に著作権としての保護を与えるべき創作性を認めることは、一般的には困難である
と考えられる。

事実・概要

アサヒビール株式会社は、日本の大手ビールメーカーであり、Asahiのロゴマークはの営業表示として需要者、取引者間に広く認識されるに至っている。一方、米穀及び雑穀を販売すアサックス株式会社は、チラシ、封筒、名刺又は包装袋など取引先へ交付又は配付するものにAsaxのロゴを使用しているが、その書体はAsaの部分については類似している。

裁判所の判断

言語を表記するのに用いる符号である文字は、他の文字と区別される特徴的な字体をそれぞれ有しているが、書体は、この字体を基礎として一定の様式、特徴等により形成された文字の表現形態である。いわゆるデザイン書体も文字の字体を基礎として、これにデザインを施したものであるところ、文字は万人共有の文化的財産ともいうべきものであり、また、本来的には情報伝達という実用的機能を有するものであるから、文字の字体を基礎として含むデザイン書体の表現形態に著作権としての保護を与えるべき創作性を認めることは、一般的には困難であると考えられる。仮に、デザイン書体に著作物性を認め得る場合があるとしても、それは、当該書体のデザイン的要素が「美術」の著作物と同視し得るような美的創作性を感得できる場合に限られることは当然である。

証拠等

原告商標
被告商標