カナダ知的財産庁(CIPO) vol.3 商標_動画(embedded)

1.Intellectual property and you!、0:29

2.What is intellectual property?、2:59

植物新品種保護国際同盟(UPOV) vol.5 商標_動画(embedded)

1.(Kenya) Rose industry blooming in Kenya、5:49

2.(Canada) Canadian cherry growers benefit from government policy、5:26

3.(Canada) Canadian cherry growers benefit from government policy、8:21

カナダ知的財産庁(CIPO) vol2. 商標_動画(embedded)

1.Unboxing CIPO’s IP toolkit、3:26
カナダ知的財産庁(CIPO)は知的財産権の理解を容易にするためのIP toolkit(パンフレット)を用意しています。これは動画内でも紹介されているようにIP toolkitのページからもダウンロードできます。

2.IP Academy、0:50

商標登録insideNews: Expansion of Geographical Indications Under CETA Now in Effect in Canada – Lexology

Expansion of Geographical Indications Under CETA Now in Effect in Canada

情報源: Expansion of Geographical Indications Under CETA Now in Effect in Canada – Lexology

2017年9月21日現在、カナダは地理的表示(「GI」)の保護に関するカナダ商標法の改正法が施行されています。 この変更は、カナダと欧州連合(EU)間の包括的経済貿易協定(CETA)の結果として実施されています。地理的表示は、製品の品質、評判またはその他の特性が本質的にその地理的起源に起因する場合、製品を識別するために使用されます。 それは、製品がGIによって特定された領域から生じていない第三者によるGIの採用および使用を防止するように機能します。CETAの結果、多くのGIが自動的にカナダのGIリストに追加されています。 このリストは、CETAの附属書20-Aに記載されています。(部分訳)

商標登録insideNews: Canada’s Proposed New Trademark Regulations Released for Comment – Lexology

The draft Regulations are open to public comment until July 21, 2017. This is the next step leading up to the amended Trademarks Act being proclaimed in force, which is expected to occur in early 2019

情報源: Canada’s Proposed New Trademark Regulations Released for Comment – Lexology

コメント:カナダの新商標法は、2019年の初めになる見込みと報告されています。マドリッド制度の加入、存続期間を10年にすることや登録時の使用宣誓の廃止、出願料や更新料の変更などが主な改正点です。

商標登録insideNews: Expanded protection for geographical indications in Canada – Lexology

Most significantly, the newly enacted law expands the protection of GIs in Canada beyond wines and spirits to include a broad array of agricultural products and foods.

情報源: Expanded protection for geographical indications in Canada – Lexology

カナダは、EUとの協定調印に基づく国内法の整備を進めています。今回の法案Bill C30は、商標の改正が予定されているBill C31の1つ前の法案で、この法案の可決を受けて、より広範囲な農作物も地理的表示として保護できるようになります。商標法との関係では、地理的表示と商標の混同について規定が設けられ、先に使用している商標権者の権利についても規定しています。

情報源: EUとカナダが包括的経済貿易連携協定に調印(EU) | 公益財団法人 日本関税協会

Things Brand Owners Should Know About CETA and Bill C-30

CIPO (Canadian Intellectual Property Office) カナダ知的財産庁 商標関連料金表💰

カナダ知的財産庁 料金表(CIPO’s Fee Schedule)

カナダ国内商標出願等に際し、カナダ知的財産庁に支払う政府費用(Official fees)は次のとおりです。[2017.5.18] ca_courthouse

 項目  CAドル
 商標出願  250
 異議申立(公告から2月)  750
 指定商品、指定役務の拡張  450
 商標権の移転  100
 更新登録  350
 略式失効手続の通知  400
 期間延長申請  125
 登録証の発行  50
 不登録標章等の申請  500
 地理的表示の異議申立(公告から3月以内)  1000

カナダ知的財産庁(CIPO) 商標_動画(リンク)

1.カナダ知的財産庁の“商標とは?”、1:46
センスがいいです。しかも分かり易い。

2.40th anniversary of the grant of the 1 millionth patent in Canada、2:58
出演はカナダ知的財産庁の職員の方々です。組織の一体感が感じられる動画です。

3.Intellectual property and copyright: Protecting innovation. Creating value.、1:34
カナダ知的財産庁のWibsiteについても紹介しています。

カナダ知的財産庁 Canadian Intellectual Property Office (CIPO)

商標登録insideNews: カナダ商標法の改正の予定

カナダでは2018年初頭くらいに商標法の改正が予定されています。

国際分類の採用

カナダの知財庁のホームページによると、この改正によりカナダでもニース協定の国際分類が採用されるようになるそうです。これに先立ち2015年9 月28日より、カナダ知財庁は指定商品または役務をニース協定の国際分類に沿ってグループ化しクラス分けした出願を認めています。改正法が施行されるまでは、国際分類に沿って出願するか否かは任意となっています。新たな商標登録出願のみでなく、すでに権利となっている商標権についても、指定商品又は役務の表示をニース協定の国際分類に沿った表示に変更することができるので、更新の際に変更することもできます。改正法が施行されますと、すべての商標出願、商標権について国際分類に沿った表示に変更することが要求されますので、今のうちに国際分類に沿った表示に変更しておくと時間の短縮になる可能性もあります。

クラスヘディングによる表示は認められません。また、出願費用及び更新費用は区分の数が増えても変わりません。

マドリッド協定議定書への加盟

カナダの知財庁のホームページによると、この改正によりマドリッド協定議定書への加入も予定されています。

使用宣誓書の提出不要

この改正により出願時の使用開始日の特定が不要となり、使用宣誓書の提出が不要になるそうです。現在登録査定を受けて改正法施行後に使用宣誓書の提出期限がくる件については、改正法施行後は使用宣誓書の提出が不要になる予定です。

連合商標制度の廃止

連合商標制度が廃止される予定です。

存続期間の変更

商標権の存続期間が15年から10年に変更される予定です。また、改正法により、更新時期も登録の終了時の前6月から後6月の12か月に期間に変更されます。更新の期限日が改正法の施行日前の場合には、15年の存続期間が与えられますが、更新の期限日が改正法の施行日よりも後である場合には、10年の存続期間となります。

Bill C-31 Trade-mark Act Amendment, sec.46
350. Section 46 of the Act is replaced by the following:
Term
46. (1) Subject to any other provision of this Act, the registration of a trademark is on the register for an initial period of 10 years beginning on the day of the registration and for subsequent renewal periods of 10 years if, for each renewal, the prescribed renewal fee is paid within the prescribed period.
Notice to renew
(2) If the initial period or a renewal period expires and the prescribed renewal fee has not been paid, the Registrar shall send a notice to the registered owner stating that if the fee is not paid within the prescribed period, the registration will be expunged.
Failure to renew
(3) If the prescribed renewal fee is not paid within the prescribed period, the Registrar shall expunge the registration. The registration is deemed to have been expunged at the expiry of the initial period or the last renewal period.
Renewal
(4) If the prescribed renewal fee is paid within the prescribed period, the renewal period begins at the expiry of the initial period or the last renewal period.
Extension
(5) A registered owner is not permitted to apply under section 47 for an extension of the prescribed period until that period has expired, and the Registrar is not permitted to extend the period by more than seven days.
Prescribed period
(6) For the purposes of this section, the prescribed period begins at least six months before the expiry of the initial period or the renewal period and ends no earlier than six months after the expiry of that period.

TRANSITIONAL PROVISIONS
Declaration of use
71. For greater certainty, an applicant is not required to submit a declaration of use referred to in subsection 40(2), as that subsection read immediately before the day on which section 345 of the Economic Action Plan 2014 Act, No. 1 comes into force, in order for the Registrar to register the trademark and issue a certificate of registration.

Subsection 46(1)
(4) Subsection 46(1), as it read immediately before the day on which section 350 of the Economic Action Plan 2014 Act, No. 1 comes into force, continues to apply to a registration that is on the register on the day before the day on which that section comes into force until the registration is renewed.