商標登録insideNews: ひとりでがんばる知財担当者のためのお助けサイトを開設しました | 経済産業省

ひとりでがんばる知財担当者のためのお助けサイトを開設しました 2020年1月14日中小企業・地域経済産業特許庁では、1月14日(火曜日)から、ひとりでがんばる知財担当者や初めて出願手続をされた方などを対象に特許庁ホームページ内に「お助けサイト」を開設しました。特許庁から送付される「拒絶理由通知書」や「登録査定」に対して、次に何をすれば良いかを、わかりやすく案内しています。

情報源: ひとりでがんばる知財担当者のためのお助けサイトを開設しました (METI/経済産業省)

ひとりでがんばる知財担当者のためのお助けサイト

お助けサイト@特許庁

商標登録insideNews: ジュニアイノベーションフェスを開催します! (METI/経済産業省)

特許庁は、「ジュニアイノベーションフェス2019」を開催いたします。「きみの手で“あたらしいワクワク”をつくろう!!」をコンセプトに、こどもたちに創造することの楽しさと創造性が切り拓く未来をお伝えします。

情報源: ジュニアイノベーションフェスを開催します! (METI/経済産業省)

“(1)クールイノベーション体験(展示)「暑い夏を涼しくすごそう!」という課題を取り上げ、どのような工夫・仕組みが課題を解決してきたかを展示します。こどもたちは展示により、発明者の思考を追体験することができます。”

7月は現在、日照不足で”暑い夏を涼しくすごそう!”の企画がやや倒れ気味ですが、開催日の2019年8月7日(水曜日)・8日(木曜日)までには持ち直すことが期待されてます。

商標登録insideNews: 公益著名商標に係る通常使用権の許諾が可能となります | 経済産業省 特許庁

平成31年3月1日に閣議決定された「特許法等の一部を改正する法律案」が、令和元年5月10日に可決・成立しました。この法律は、令和元年5月17日に公布され、改正商標法第31条第1項の規定については、令和元年5月27日に施行されることとなります。本改正により、国、地方公共団体又は大学といった公益団体等を表示する著名な商標(以下、「公益著名商標」といいます。)に係る商標権について、通常使用権の許諾が可能となります。

情報源: 公益著名商標に係る通常使用権の許諾が可能となります | 経済産業省 特許庁

商標登録insideNews: 前日までの審査結果が参照できるようになります | METI/経済産業省

特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)は、特許・実用新案・意匠・商標の公報等を無料で検索・照会できるデータベースです。平成31年5月7日に、特許・実用新案・意匠・商標の前日までの審査・審判書類を参照できるようにするなど、J-PlatPatの大幅な機能改善を行います。 これにより、自社・他社案件の審査・審判結果を早く正確に把握することができるようになり、より効果的・効率的に研究開発等を進めることができるようになります。

情報源: 前日までの審査結果が参照できるようになります (METI/経済産業省)

商標登録insideNews: 地域団体商標ガイドブック2019 | 経済産業省 特許庁

「地域団体商標ガイドブック2019」は、地域団体商標を活用している団体の最新事例を紹介するとともに、地域団体商標制度の概要、特許庁の支援策、登録されている645件(2018年末時点)の地域団体商標を掲載しています。

情報源: 地域団体商標ガイドブック2019 | 経済産業省 特許庁

電子ブック版へのリンク

商標登録insideNews: クレジットカードによる納付(指定立替納付)の新設について | 経済産業省 特許庁

従来、特許料等手数料の納付方法として認められていたのは、特許印紙の貼付、予納された見込み額からの充当、納付書による現金納付、Pay-easyによる電子現金納付、金融機関の預金口座から振り替える口座振替の5つでした。新たな納付方法として、平成31年4月より指定立替納付制度(クレジットカード納付制度)が新設されます。※ 法令上は「指定立替納付」という納付制度ですが、ご案内は便宜上「クレジットカード納付」と記載します。

情報源: クレジットカードによる納付(指定立替納付)の新設について | 経済産業省 特許庁

商標登録insideNews: 整理したウェブサイトをリリースします-2月25日、すべてのページのURLが変わります- | 経済産業省 特許庁

整理したウェブサイトをリリースします-2月25日、すべてのページのURLが変わります- 構造の整理に伴い、ウェブサイトのトップページを含むすべてのページのURL(https://www.jpo.go.jp/以降のアドレス)が変わります。各ページを「お気に入り」や「ブックマーク」等に登録されているかたは、お手数をお掛けしますが、新しいページを再登録してください。

情報源: 整理したウェブサイトをリリースします-2月25日、すべてのページのURLが変わります- | 経済産業省 特許庁

新しいトップページのURLは下記のとおりです。

日本語版トップページ
(現)https://www.jpo.go.jp/indexj.htm
(新)https://www.jpo.go.jp/index.html

英語版トップページ
(現)https://www.jpo.go.jp/index.htm
(新)https://www.jpo.go.jp/e/index.html

商標登録insideNews: 松竹「歌舞伎使用禁止令」でG・カブキや歌舞伎揚どうなる?(NEWS ポストセブン) – Yahoo!ニュース

江戸時代から脈々と受け継がれてきた伝統芸能の「歌舞伎」を巡って、いち民間企業がそ – Yahoo!ニュース(NEWS ポストセブン)

情報源: 松竹「歌舞伎使用禁止令」でG・カブキや歌舞伎揚どうなる?(NEWS ポストセブン) – Yahoo!ニュース

出願番号 商願2016-61086
出願日 平成28年(2016)6月6日
出願人 松竹株式会社
41類 映画・演芸・演劇又は音楽の演奏の興行の企画又は運営,演芸の上演,演劇の演出又は上演,音楽の演奏
係属 – 出願 – 審査中(2018.12.04 現在)

歌舞伎に関する諸権利松竹グループ歌舞伎ライセンスポータルサイト
歌舞伎ライセンスとは松竹グループ歌舞伎ライセンスポータルサイト

[コメント] ちなみに歌舞伎揚は問題なさそうです。

登録番号 第5933081号
登録日 平成29年(2017)3月17日
出願番号 商願2016-89455
出願日 平成28年(2016)8月17日
存続期間満了日 平成39年(2027)3月17日
権利者 株式会社天乃屋
商品及び役務の区分並びに指定商品又は指定役務 第30類 揚げ煎餅

商標登録第5933081号
商標登録第5933081号

商標登録insideNews: 明治150周年を記念してレトロデザインの商標記念証を発行します! (METI/経済産業省)

平成30年(2018年)は、明治元年(1868年)から起算して満150周年に当たります。特許庁は明治150周年記念事業として商標登録継続記念証を発行します。

情報源: 明治150周年を記念してレトロデザインの商標記念証を発行します! (METI/経済産業省)

明治時代の商標登録証(経済産業省のサイトより)
明治時代の商標登録証(経済産業省のサイトより)

商標登録insideNews: 【生かせ!知財ビジネス】特許庁、商標出願書類の作成支援で見解 (1/2ページ) – SankeiBiz(サンケイビズ)

一般事業者が「利用者が自己の判断に基づいて自ら商標登録出願書類等を作成することを支援するソフトウェアを有料で提供する」ことが弁理士法第75条(弁理士又は特許業務…

情報源: 【生かせ!知財ビジネス】特許庁、商標出願書類の作成支援で見解 (1/2ページ) – SankeiBiz(サンケイビズ)

法律関連の業務をIT(情報技術)で効率化する新サービスを巡って、既存の規制に抵触しないことを政府が示すケースが出始めている。10月には商標登録手続きの一部をITが支援する企業サービスが「お墨付き」を

情報源: (リーガルの窓)士業独占に風穴? ITで商標登録支援は「適法」 :日本経済新聞

商標登録insideNews: 中国における日本の地名等に関する商標登録出願調査の結果| 特許庁

従前より、中国において、我が国の地名や地域ブランド等が第三者によって出願・登録される事例が多数報告されています。このような事象に対しては、正当な権利者等が異議申立てや無効審判といった対抗措置をとる必要があります。そこで特許庁では、ジェトロに委託し、日本の地名・地域団体商標等の中国における商標出願・登録の状況の調査を行い、その結果を公表して参りました。これまでは、年に1回の調査でしたが、これを四半期ごとに行うこととし、このたび、その最初の調査結果を公表いたします。

情報源: 中国における日本の地名等に関する商標登録出願調査の結果について | 経済産業省 特許庁

情報源: 冒認商標問題 | 知的財産に関する情報 – 中国 – アジア – 国・地域別に見る – ジェトロ

中国における日本の地名等に関する商標登録出願 2018年度(第1回)(294KB)

商標登録insideNews: 商標の審査、民間調査を活用 特許庁:日本経済新聞

特許庁は商標の審査に民間の弁理士などを活用する。2021年度までに60人程度の調査部隊を組織し、審査に必要な報告書作成などを委託する。デザイン分野を重視する企業が増え、商標の出願件数が大幅に増加。出願から登録までにかかる時間が5年前の1.5倍になっており、今後も増加が見込まれるため審査体制を強化する。

情報源: 商標の審査、民間調査を活用 特許庁 :日本経済新聞