差止請求権

差止請求権とは、商標権が侵害され、または侵害されるおそれがあるときに、侵害の停止また予防のための措置をとることができるものであり、請求することができるのは商標権者又は専用使用権者である[商標法第36条]。侵害者の故意・過失を必要としないため、最も有効で直接的は救済手段となる。差止請求に付随して、侵害に供した設備の廃棄除去も請求できる。

injunctive relief / 差止請求権

« Back to Glossary Index

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください