商標登録insideNews: アディダスを超えた中国スポーツ用品大手「ANTA」、組織再編でグローバル展開を本格化 | 36Kr Japan

ANTAグループ マルチブランド展開を加速

ANTAグループは2009年8月、イタリアの老舗ブランド「FILA(フィラ)」を約6億香港ドル(約99億6000万円)で買収し、中国での商標使用権など全ての権利を取得した。現在のFILAの売上高はグループ全体の4割以上を占めている。2016年以降はマルチブランド展開を加速し、スキーウェアの「DESCENTE(デサント)」、テニス用品の「Wilson(ウィルソン)」、野球用品の「DeMARINI(ディマリニ) 」など欧米のスポーツ用品ブランドを次々と買収していった。19年にはフィンランドの「Amer Sports(アメアスポーツ)」を46億ユーロ(約6490億円)で買収。同社にとっても中国アパレル業界にとっても過去最大規模の海外企業買収となった。

情報源: アディダスを超えた中国スポーツ用品大手「ANTA」、組織再編でグローバル展開を本格化 | 36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディアANTAグループ マルチブランド展開を加速

安踏体育用品external site icon2(ANTA Sports Products)

Anta Men’s Gordon Hayward GH3 “GT” Basketball Shoes, 0:48 youtube icon

Anta Men's Gordon Hayward GH3 "GT" Basketball Shoes

F/W_16 안타티카 #PLAYTHEGAME FILM, 2:00 youtube icon

F/W_16 안타티카 #PLAYTHEGAME FILM

商標登録insideNews: マンシングウェア商標権、デサント1社に集約 :日本経済新聞internal link
Anta Sports Products Limited is a Chinese sports equipment multinational corporation headquartered in Jinjiang.

商標登録insideNews:「伊達のあんぽ柿」「たむらのエゴマ油」も知的財産として保護 南郷トマト・川俣シャモに次いで<福島県>|FNNプライムオンライン

伊達のあんぽ柿、たむらのエゴマ油 GI登録

農林水産省は、地域で長年育まれてきた農林水産物や食品の名前を知的財産として保護するためGI・地理的表示保護制度に登録している。今回、福島県伊達市梁川町の五十沢地区発祥で福島県内と宮城県の一部で生産されている「伊達のあんぽ柿」と、田村市の「たむらのエゴマ油」が新たに登録された。福島県産の農産物では、これまでに南会津の「南郷トマト」郡山市の「阿久津曲がりねぎ」川俣町の「川俣シャモ」が登録されている。

情報源: 「伊達のあんぽ柿」「たむらのエゴマ油」も知的財産として保護 南郷トマト・川俣シャモに次いで<福島県>|FNNプライムオンラインexternal site icon2

農林水産省は1月31日、伊達のあんぽ柿(福島県、宮城県)、サヌキ白みそ(香川県)、たむらのエゴマ油(福島県)、飛騨牛(岐阜県)の4産品を、新たにGI(地理的表示)登録を取得したことを発表。今回の登録で日本国内のGI登録産品は121産品となった。

情報源: 福島・宮城県の「伊達のあんぽ柿」など4産品がGI取得 農水省|JAcom 農業協同組合新聞

「伊達のあんぽ柿」「たむらのエゴマ油」も知的財産として保護 南郷トマト・川俣シャモに次いで<福島県> (23/02/01 19:05) , 0:44 伊達のあんぽ柿、たむらのエゴマ油 GI登録

「伊達のあんぽ柿」「たむらのエゴマ油」も知的財産として保護 南郷トマト・川俣シャモに次いで<福島県> (23/02/01 19:05)

続きを読む“商標登録insideNews:「伊達のあんぽ柿」「たむらのエゴマ油」も知的財産として保護 南郷トマト・川俣シャモに次いで<福島県>|FNNプライムオンライン”

茨城県よろず支援拠点 商標_動画(embedded)vol.1

茨城県よろず支援拠点 動画

1.中小企業のブランド力を高める!~実は身近な知的財産の活かし方~|茨城県よろず支援拠点【茨城よろずチャンネル】, 33:11 茨城県よろず支援拠点 動画

中小企業のブランド力を高める!~実は身近な知的財産の活かし方~|茨城県よろず支援拠点【茨城よろずチャンネル】

続きを読む“茨城県よろず支援拠点 商標_動画(embedded)vol.1”

チリ産業財産権庁(INAPI) vol.6 商標_動画 (embedded)

チリ産業財産権庁 動画

Taller INAPI: Cómo clasificar tu marca 31/01/2023、53:59 チリ産業財産権庁 動画
ブランドを分類する方法

Taller INAPI: Cómo clasificar tu marca 31/01/2023

続きを読む“チリ産業財産権庁(INAPI) vol.6 商標_動画 (embedded)”

公益財団法人東京都中小企業振興公社 商標_動画(embedded)vol.3

東京都中小企業振興公社 助成事業 動画

1.新製品・新技術開発助成事業 概要説明、7:29 東京都中小企業振興公社 助成事業 動画

新製品・新技術開発助成事業 概要説明

令和5年から助成申込はJGrantsを利用します。令和5年は直接人件費の上限が1000万円まで引き上げられています。助成限度額は1500万円まで、助成比率は1/2以内です。対象となる経費は、原材料・副資材費、機械装置・工具器具費、委託・外注費、産業財産権出願・導入費、専門家指導費、直接人件費で、特に産業財産権出願・導入費は、特許出願や商標権の取得のための費用を指しています。助成対象期間 令和5年9月1日~令和7年5月31日(最長1年9ヶ月)申込受付期間は3月13日(月曜)~4月5日(水曜)17時です。

続きを読む“公益財団法人東京都中小企業振興公社 商標_動画(embedded)vol.3”

欧州連合国際知的財産協力(EU International Intellectual Property Cooperation) 商標_動画 vol.15 (embedded/playlist)

ARISE+ 動画

From EUIP Cooperation youtube channel (ARISE+ 動画)

  1. ARISE + IPR – Marketing strategies and plans for GI products, 31:23
  2. ARISE + IPR – Individual and collective marketing for GI products: Challenges and Opportunities, 26:30
  3. ARISE + IPR – Sharing Experience from GI producers on Marketing and Promotion Strategies, 26:28
  4. ARISE + IPR – Sharing Experience from GI producers on Marketing and Promotion Strategies, 27:44
  5. ARISE + IPR – GI Infringements and how to enforce your GIs right, 32:19
  6. ARISE + IPR – How to protect GIs abroad: Geneva Act of the Lisbon Agreement, 25:06
  7. ARISE + IPR – Sharing Experience from GI producers on GI protection and enforcement, 18:40
  8. ARISE + IPR – Sharing Experience from GI producers on GI protection and enforcement, 19:16

続きを読む“欧州連合国際知的財産協力(EU International Intellectual Property Cooperation) 商標_動画 vol.15 (embedded/playlist)”

欧州連合国際知的財産協力(EU International Intellectual Property Cooperation) 商標_動画 vol.14

CarIPI video

1.CarIPI – What is TMClass?, 1:39 CarIPI video

CarIPI - What is TMClass?

続きを読む“欧州連合国際知的財産協力(EU International Intellectual Property Cooperation) 商標_動画 vol.14”

商標登録insideNew: Trademark Board Addresses Registration Cancellations During Audit | natlawreview.com–Trigger Rule 2.134?

Deletion may result adversely in TTAB cancellation

The Trademark Trial & Appeal Board (Board) addressed, for the first time, whether the deletion of goods and services as a result of a post-registration audit during a cancellation proceeding triggers Trademark Rule 2.134 and found that it does. The Board required the respondent to show cause as to why its deletion of certain goods from the challenged registration should not result in an adverse judgment.

情報源: Trademark Board Addresses Registration Cancellations During Audit Deletion may result adversely in TTAB cancellation

aduit cancellation
Deletion may result adversely in TTAB cancellation

続きを読む“商標登録insideNew: Trademark Board Addresses Registration Cancellations During Audit | natlawreview.com–Trigger Rule 2.134?”


1 2 3 4 5 6 7 354
1/354