商標法

商標法[trademark law]の目的は、商標を保護することにより、商標の使用をする者の業務上の信用の維持を図り、もつて産業の発達に寄与し、あわせて需要者の利益を保護することである[商標法第1条]。最近の改正としては、平成3年の一部改正でサービスマークの登録制度が導入され、平成8年の改正で立体商標、更新手続きの軽減、連合商標制度の廃止などが盛り込まれた。

« Back to Glossary Index

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください