商標登録insideNews: “偽物” もう許さない 日本ブランド守る最新技術 | NHK ビジネス特集

日本ブランド守る最新技術

【NHK】“偽物”が市場に出回り撤退する企業も。海外市場で日本製品のブランドを守るには。新技術での対策など最前線を取材。 「無念で悔しい」1年あまり前、中国市場からの撤退を余儀なくされた、あるメーカー幹部の言葉です。撤退の理由。それは、現地で爆発的に増えた自社製品の「偽物」の存在でした

情報源: “偽物” もう許さない 日本ブランド守る 最新技術 | NHK | ビジネス特集日本ブランド守る最新技術

日本ブランドの偽物が海外で販売されている問題。高級日本酒が開封されていないかICタグで見抜く技術や、特殊な粉末で食品などの偽物を識別する技術が登場しています。

情報源: 日本のブランドを守る 偽物を見破る新技術

続きを読む“商標登録insideNews: “偽物” もう許さない 日本ブランド守る最新技術 | NHK ビジネス特集”

商標登録insideNews: Trademark Office Action Responses Shortened To Three Months Now Effective December 3, 2022 -United States | mondaq.com

OA response shortened

In a final rule issued October 13, 2022, the USPTO has delayed the effective dates of these changes. The change to three months for responses to office actions will now go into effect on December 3, 2022 – a two-day delay. The change in the response period for examination of post-registration filings will now go into effect on October 7, 2023 – an approximate ten-month delay.

情報源: Trademark Office Action Responses Shortened To Three Months Now Effective December 3, 2022 – Trademark – United StatesOA response shortened

2022年12月3日より米国商標についての拒絶理由通知の応答期間が6か月から3か月に短縮されます。3か月の延長も可能ですが、電子出願に対して125ドルの費用がかかり、それ以上の延長はありません。マドプロ出願に対しては従来通り6か月の応答期間となります。

OA response shortened

米国商標近代化法 (TMA, Trademark Modernization Act 2020)の概要

(2022.10.26追記)
USPTO、商標手続の応答期間を3カ月以内とする規則の施行を延期(JETRO)