ポーランド特許庁(UPRP) 商標_動画(embedded) vol.3

Platforma Usług Elektronicznych Urzędu Patentowego PUEUP, 3:06
特許庁の電子サービスプラットフォーム

商標登録insideNews: ウェブ会議で争点整理 模擬手続きを公開 | 日本経済新聞

ウェブ会議で争点整理 模擬手続きを公開 裁判所と弁護士事務所(モニター内)をつないだ「ウェブ会議」による民事裁判の模擬争点整理手続き(9日、東京地裁)民事裁判IT化の一環で、裁判所と弁護士事務所などをウェブ会議でつないでやりとりする取り組みが2月に始まるのを前に、最高裁は9日、東京地裁で模擬手続きを報道陣に公開した。ディスプレーを介して互いの顔が見える状態で話し合いを進め、書面を共有して編集する手順を確認。参加者は「手続きの迅速化につながるのでは」と期待を寄せた。

情報源: ウェブ会議で争点整理 模擬手続きを公開  :日本経済新聞

ウェブ会議等のITツールを活用した争点整理の新しい運用の開始について
令和2年2月頃に運用開始予定の庁 知的財産高等裁判所、東京地方裁判所、大阪地方裁判所、名古屋地方裁判所、広島地方裁判所、福岡地方裁判所、仙台地方裁判所、札幌地方裁判所、高松地方裁判所 の各本庁
ウェブ会議等のITツールを活用した争点整理の運用開始について(最高裁判所事務総局)

最高裁判所(東京都千代田区)は、民事訴訟手続きをIT化する手段としてビジネスチャット/コラボレーションツール「Microsoft Teams」を採用した。まずは、民事訴訟事件の争点整理にTeamsを活用する。2020年2月から9カ所の裁判所、同年5月頃から5カ所の裁判所で扱う民事訴訟事件で利用する。日本マイクロソフトが同年1月9日に発表した。

情報源: 最高裁、民事訴訟事件の争点整理にMicrosoft Teamsを採用、Web会議や資料共有を活用 | IT Leaders

民事裁判の争点整理のため、裁判所と弁護士事務所などをインターネットでつなぎ、当事者が顔を見ながら話し合う「ウェブ会議」が来年2月から導入されることになった。最高裁が全国の8地裁と、特許裁判を専門に扱う知財高裁(東京)で先行的に始めることを決めた。裁判所への出頭が不要になることで、裁判期間が短くなることが期待される。

情報源: 民事裁判に「ウェブ会議」導入へ 専用アプリで争点整理:朝日新聞デジタル

商標登録insideNews: US-China trade deal: the brand protection perspective | World Trademark Review

WTR presents the key IP and anti-counterfeiting pledges that rights holders should be aware of from the major new trade deal signed between the United States and China.

情報源: US-China trade deal: the brand protection perspective | World Trademark Review

米通商代表部(USTR)は15日、約90ページにわたる「第1段階の合意」文書を公表した。合意した主要7分野の概要は以下の通り。■貿易の拡大 中国は経済を開放し、貿易体制を向上するための構造的な変革に

情報源: 米中「第1段階の合意」の概要  :日本経済新聞

Trump signs ‘phase one’ of China trade deal, 1:17:17

商標登録insideNews: 「LINE Yen」の商標出願、Twitterで一時話題に LINEの「円トークン」構想?| コインデスク・ジャパン

LINEが商標を出願している「LINE Yen」が1月14日、Twitter上で一時、話題に上った。そのツイートは1月13日につぶやかれ、1月15日13時現在、22RT・47いいねされている。なお出願が公開されたのは2019年5月21日と昨年の話だ。 LINEは独自トークン「LINK(国内ではLINKポイント)」を中心とする経済圏を築き上げようと、2018年8月に「LINE Token Economy」構想を発表。2018年には海外(米国除く)で、2019年には国内で仮想通貨取引所を開設した。 ブロックチェーンを基盤としたトークンエコノミー構想では、日本円などの法定通貨に連動するステーブル・コインも流通するかが重要になる。….特許情報プラットフォームの出願情報によると、LINEは昨年4月25日に「LINE Yen」の商標を出願。出願人はLINE株式会社で… 同社はまた同日、「LEN」というシンボルも商標出願している…

情報源: 「LINE Yen」の商標出願、Twitterで一時話題に──LINEの「円トークン」構想? | CoinDesk Japan | コインデスク・ジャパン

LEN

LINE Yen

商標登録insideNews: ただ乗り・横取りの商標出願登録はダメ! | 知的財産ニュース – 韓国 | ジェトロ

韓国特許庁、商標トレンドを分析し、有名な他人の名称およびキャラクターの商標審査を強化する。韓国特許庁は、ペンス、ボギョムTVなど、最近問題になっている商標紛争は、商標使用者の正当な出願ではなく商標先取りにより他人の信用に便乗して経済的利益を得ようとする不正な目的の出願だと判断し、それに対する商標審査をさらに強化していくと発表した。現行商標法によると、商標使用者と全く関係のない第3者が、認知度の高いアイドルグループ・人気ユーチューバー・キャラクターなどの名称を商標出願すると、商標法第34条第1項第6号(著名な他人の氏名・名称)、第9号(周知商標)、第11号(著名商標)、第12号(需要者欺瞞)、第13号(不正な目的)を理由に拒絶している。

情報源: ただ乗り・横取りの商標出願登録はダメ! | 知的財産ニュース – 知的財産に関する情報 – 韓国 – アジア – 国・地域別に見る – ジェトロ

2019年主要工作统计数据及有关情况新闻发布会 | 国家知识产权局(CNIPA)

[国家知识产权局新闻发言人、办公室主任 胡文辉] 各位记者朋友,大家下午好!欢迎大家走进国家知识产权局,来参加我们2020年首场例行新闻发布会。今天是1月14号,对于知识产权人来说,这是一个特殊的日子。40年前,国家知识产权局的前身——中国专利局成立了。今天上午,我们还举办了纪念中国专利40年的座谈会。40年的蓬勃发展,40年的拼搏奋进,让我们深刻体会到“今日的成就源于昨日的奋斗”这句话的深刻含义。

情報源: 国家知识产权局–国家知识产权局2019年主要工作统计数据及有关情况新闻发布会

中国の1万人あたり発明特許保有件数は13.3件—中国メディア 中国国家知的財産権局は14日、2019年の特許、商標、地理的表示などの年間統計データを発表した。同局報道官を務める弁公室室長の胡文輝(フー・ウェンフイ)氏によると、中国の19年の主要知的財産権指標は全体的に安定を保ちつつ前進し、知的財産権は質と効果が持続的に向上した。中国青年報が伝えた。

情報源: 中国の1万人あたり発明特許保有件数は13.3件―中国メディア(2020年1月16日)|BIGLOBEニュース

在商标方面:2019年,我国商标注册申请量为783.7万件。商标注册量为640.6万件。其中,国内商标注册617.8万件。截至2019年底,有效商标注册量达2521.9万件,同比增长28.9%。平均每4.9个市场主体拥有1件注册商标。2019年,收到中国申请人提交马德里商标国际注册申请6491件。截至2019年底,我国申请人马德里商标国际注册有效量为3.8万件。

2019年,共审结商标注册申请825.3万件,商标注册平均审查周期缩短至4.5个月,超额完成国务院确定的年度目标任务。受理商标异议申请14.4万件,完成异议案件审查9.0万件。共收到各类商标评审案件申请36.1万件,结案33.7万件。

[(翻訳)商標に関して:2019年、中国の商標登録申請は783.7万件でした。 登録商標の数は640.6万件でした。 そのうち、617万8,000件は国内商標登録です。 2019年末の時点で、有効な商標登録数は2521.9万件に達し、前年比で28.9%増加しました。 平均して、4.9の企業ごとに1つの登録商標があります。 2019年、マドリッド国際商標登録の6,491件の申請が中国の申請者から受け付けられました。 2019年末の時点で、中国の出願人のマドリッド国際商標登録の有効数は38,000でした。

2019年には、合計8253万件の商標登録申請が終了し、平均的な商標登録審査期間は4.5か月に短縮され、国務院が設定した年間目標タスクを超えました。 144,000の商標異議申立申請を受け入れ、90,000の異議審査を完了しました。 商標の審査と承認のケースの合計361,000件の申請が受け付けられ、337,000件が結審されました。]

在地理标志方面:2019年,我们发布了统一的地理标志专用标志,批准保护地理标志产品5个,注册地理标志商标462件,核准使用地理标志产品专用标志企业301家。截至2019年底,累计批准地理标志产品2385个,注册地理标志商标5324件,核准专用标志使用企业8484家。

[地理的表示に関して:2019年、統合された地理的表示をリリースし、5つの地理的表示製品の保護を承認し、462の地理的表示商標を登録し、301の特殊な地理的表示製品企業の使用を承認しました。 2019年末現在、合計2385の地理的表示製品、5,324の登録された地理的表示商標、および8,484の企業が特別な標識の使用を承認されています。]

商標登録insideNews: 大阪・仙台・金沢国税局主催「GI日本酒シンポジウム」 GIで日本酒振興 | 日本食糧新聞電子版

【関西】大阪、仙台、金沢の3国税局は、地理的表示(GI)の普及・認知度向上を目的に「GI日本酒シンポジウム~この土地だからできる酒がある~」を12日、大阪市北区のグランフロント大阪で開催した。基調講演や日本酒でGI認定されている「灘五郷」「山形」「白山」の代表者らによるパネルディスカッション、試飲会を通じ、参加者らがGIを活用した今後の日本酒について理解を深めた。

情報源: 大阪・仙台・金沢国税局主催「GI日本酒シンポジウム」 GIで日本酒振興 – 日本食糧新聞電子版

GI日本酒シンポジウム

近畿 48銘柄
滋 賀
喜楽長 辛口純米吟醸/松の司 楽/浪乃音 純米吟醸/御代栄 うちのみ純米吟醸/萩乃露 純米吟醸 辛口/松の花 純米吟醸/寿々兜 純米吟醸
京 都
神聖 京都産祝 純米大吟醸/純米大吟醸 五紋神蔵「七曜」無ろ過 原酒/月の桂 平安京/てんごり/綾小町/加佐一陽/弥栄鶴 超亀の尾蔵舞 
大 阪
國乃長 本醸造/清鶴 大吟醸/秋鹿一貫造り/三輪福 純米大吟 米の華/片野桜 大吟醸 玄櫻/天野酒 純米大吟醸 天游
兵 庫
純米酒 醴(RAI)/吟醸純米 超特撰白鷹 DH-1N/櫻正宗 吟醸 原酒 正宗/白鶴 大吟醸/神鷹 純米吟醸 黒/特別純米 風乃都美人/播州錦 特別純米酒/富久錦 純米吟醸 播磨路/白鷺の城 戦国のアルカディア/竹泉 純米吟醸 山田錦 熨斗目色 vintage/奥丹波 純米吟醸/超特撰白雪 伊丹諸白 本醸造 
奈 良
春鹿 純米超辛口/菊司 菩提酛純米/嬉長 菩提酛純米/こをろこをろ 純米吟醸/御代菊 純米酒 奈良うるはし/にごり 出世男/五神 純米大吟醸 まほろばの雫/吉野杉の樽酒/特別純米 睡龍/山乃かみ酵母使用 談山/黒松稲天 大吟醸/純米大吟醸 かぎろひ 
和歌山
紀伊国屋文左衛門/長久/紀土 大吟醸/黒牛
北陸 20銘柄
富 山
幻の瀧 純米大吟醸/羽根屋 純米吟醸 煌火 生/満寿泉 純米吟醸 生/若鶴 純米大吟醸 瑤雫40 生/三笑楽 山廃純米
石 川
加賀鳶 藍/手取川 純米大吟醸 本流/加賀ノ月 月光 無濾過/池月 純米大吟醸/金の澤/大慶 純米大吟醸/菊姫 山廃純米生原酒/萬歳楽 彩光/天狗舞 山廃純米/手取川 酒魂 純米吟醸
福 井
黒龍 大吟醸/越前岬 純米大吟醸/伝心「凛」純米大吟醸/花垣 大吟醸特撰/梵 特撰純米大吟醸
東北 81銘柄
青 森
田酒 特別純米酒/鳩正宗 純米大吟醸 華想い/桃川大吟醸純米 華想い/純米大吟醸 こみせ/豊盃 純米大吟醸/八鶴 華想い純米大吟醸/作田 特別純米酒/六根 ひすい 純米大吟醸/陸奥八仙 華想い50 純米大吟醸/菊駒 大吟醸
岩 手
鷲の尾 結の香/大吟醸 月の輪/鬼剣舞/岩手誉 New Sake しぼりたて特別純米/純米大吟醸原酒 喜平治/関山 純米吟醸/大吟醸 酔仙/浜千鳥 純米吟醸 吟ぎんが/龍泉八重桜 火の鳥 純米吟醸/南部美人 特別純米酒
宮 城
勝山 特別純米 縁/愛宕の松 純米吟醸ささら/乾坤一 特別純米 HEAVEN&EARTH/墨廼江 純米吟醸 蔵の華/宮寒梅 純米大吟醸 至粋/田林 純米大吟醸 美山錦/一ノ蔵 純米吟醸 蔵の華/浦霞 蔵の華 純米吟醸/萩の鶴 純米大吟醸(美山錦)/天上夢幻 大吟醸 山田錦/宝船浪の音 純米吟醸 玲瓏/日高見 純米酒 
秋 田
高清水 生酛特別純米酒/太平山 純米吟醸澄月/北鹿 夢の幻/山本 ピュアブラック/飛良泉 はま矢/秀よし 松声/まんさくの花 純米大吟醸/両関 雪月花/千歳盛 純米吟醸/天の戸 金賞受賞酒/春霞/秋田誉 特別純米酒/天寿 純米大吟醸
山 形
出羽桜 純米酒 出羽の里/雪男山(雪女神)/秀鳳 純米吟醸 出羽の里/紅花屋重兵衛 雪女神/雪女神 純米大吟醸 あら玉/銀嶺月山 大吟醸/手間暇 大吟醸 雪女神/
雪女神大吟醸 最上川/純米吟醸 DEWA33 杉勇/東北泉 純米大吟醸 雪女神/純米大吟醸 Beppin 雪女神/出羽ノ雪 雪女神仕込/東光純米大吟醸 雪女神/羽陽錦爛 純米大吟醸~雪女神~/米鶴 純米大吟醸 亀粋(きっすい)/辯天 出羽燦々 純米大吟醸原酒/純米大吟醸 山形讃香
福 島
金水晶 純米吟醸/廣戸川 特別純米/陣屋 大吟醸/明和蔵 大吟醸/一生青春 特別純米/会津娘 純米吟醸酒/開當男山 手造り純米吟醸/会津ほまれ 純米大吟醸/又兵衛 純米吟醸/明日の日本を語る酒/純米大吟醸 ゆり/ロ万 純米吟醸/国権 純米大吟醸/千功成 吟醸酒/三春駒 大吟醸グリーン/弥右衛門 純米大吟醸/自然郷 無濾過原酒大吟醸/田村/京の華

国際知財司法シンポジウム(Judicial Symposium on Intellectual Property) 最高裁行政局 商標_動画

国際知財司法シンポジウム(JSIP)2019 1日目

国際知財司法シンポジウム(JSIP)2019 2日目

国際知財司法シンポジウム(JSIP)2019 3日目

商標登録insideNews: ひとりでがんばる知財担当者のためのお助けサイトを開設しました | 経済産業省

ひとりでがんばる知財担当者のためのお助けサイトを開設しました 2020年1月14日中小企業・地域経済産業特許庁では、1月14日(火曜日)から、ひとりでがんばる知財担当者や初めて出願手続をされた方などを対象に特許庁ホームページ内に「お助けサイト」を開設しました。特許庁から送付される「拒絶理由通知書」や「登録査定」に対して、次に何をすれば良いかを、わかりやすく案内しています。

情報源: ひとりでがんばる知財担当者のためのお助けサイトを開設しました (METI/経済産業省)

ひとりでがんばる知財担当者のためのお助けサイト

お助けサイト@特許庁

商標登録insideNews: Is Willful Infringement Required For Award of Trademark Infringer’s Profits? – Intellectual Property – United States | mondaq.com

The Supreme Court may soon resolve a circuit split regarding the availability of a trademark infringer’s profits in the absence of willful infringement. United States Intellectual Property Finnegan, Henderson, Farabow, Garrett & Dunner, LLP 9 Jan 2020

情報源: Is Willful Infringement Required For Award Of A Trademark Infringer’s Profits? – Intellectual Property – United States

A company that makes watch fasteners will try to persuade the U.S. Supreme Court to revive a $6.7 million jury award against Fossil Inc., arguing that negligence is enough to award profits in trademark infringement cases.

情報源: Battle Over Trademark Profit Awards to Play Out at Supreme Court

Romag’s Trademarks
Romag Fasteners, Inc. v. Fossil, Inc. (CAFC)

商標登録insideNews: VW Trademarks ‘Basecamp’ Name For Possible Off-Road Atlas | motor1.com

The concept for the Basecamp debuted at the 2019 New York Auto Show.Volkswagen submitted an application to trademark the Basecamp name in the United States on November 25. Carbuzz first found the filing. 

情報源: VW Trademarks ‘Basecamp’ Name For Possible Off-Road Atlas

2020 Volkswagen Atlas Basecamp Concept Experience, 4:51

商標登録insideNews: USPTO rejects DNA sequencing trademark | LifeSciences IPReview

A San Diego biotechnology company has been refused a trademark registration for ‘Sequencing by Binding’ on the grounds that it is too descriptive. Omniome, which develops DNA sequencing tools, filed for the mark in 2017 but had its application refused by an examining attorney at the US Patent and Trademark Office (USPTO). In a precedential decision, issued on Monday, January 6, the USPTO’s Trademark Trial and Appeal Board (TTAB) upheld the original decision, concluding that ‘Sequencing by Binding’ was descriptive of the claimed goods and services.

情報源: USPTO rejects DNA sequencing trademark