商標登録insideNews: Miley Cyrus can use name as trademark in Europe | ABS-CBN News

BRUSSELS – US pop star Miley Cyrus has won the right to use her name as a trademark on a wide range of products in the European Union, after Europe’s top court on Wednesday annulled a decision by the EU patent office to limit the scope of her brand.The case dates to 2014 when the 28-year-old “Wrecking Ball” singer’s company Smiley Miley Inc. sought to trade mark MILEY CYRUS with the EU Intellectual Property Office (EUIPO) for audio and video discs, mobile phone cases, e-books, electronic board games, calendars and other goods

情報源: Miley Cyrus can use name as trademark in Europe | ABS-CBN News

Miley Cyrus – Midnight Sky (Official Video), 3:42

Miley Cyrus - Midnight Sky (Official Video)

続きを読む“商標登録insideNews: Miley Cyrus can use name as trademark in Europe | ABS-CBN News”

商標insideNews: SHOP SAFE Act Reintroduction Welcomed by Apparel and Footwear Industry | aafaglobal.org

The American Apparel & Footwear Association welcomed the reintroduction of the SHOP SAFE Act today. The bipartisan bill establishes trademark liability for online marketplace platforms when a third-party sells a counterfeit that poses a risk to consumer health or safety (and when that platform does not follow certain best practices).

情報源: SHOP SAFE Act Reintroduction Welcomed by Apparel and Footwear Industry

米国 SHOP SAFE Act 法案は議会通過前の状態ですが、商標法(ラナム法)の改正(Section 32 に追加条文)を予定しています。法案では、第三者が消費者の健康や安全にリスクをもたらす偽造品を販売した場合(およびそのプラットフォームが特定の実務手法に従わない場合)、E-Commerceプラットフォームの商標上の責任を確立します。また、E-Commerceプラットフォームのにインセンティブを与えて、正当性を確保するための売り手の審査、偽造品のリストの削除、偽造品を繰り返し販売する売り手の削除などの実務手法を確立することも目的としています。

shop safe

電子商取引プラットフォームにおける模倣品対策法案の上程 JETRO

H.R. 6058 (116th): SHOP SAFE Act of 2020 w/ machine translation by DeepL
A BILL

To amend the Trademark Act of 1946 to provide for contributory liability for certain electronic commerce platforms for use of a counterfeit mark by a third party on such platforms, and for other purposes.

1.Short title
This Act may be cited as the Stopping Harmful Offers on Platforms by Screening Against Fakes in E-commerce Act of 2020 or the SHOP SAFE Act of 2020.

2.Contributory liability for electronic commerce platforms
Section 32 of the Act entitled An Act to provide for the registration and protection of trademarks used in commerce, to carry out the provisions of certain international conventions, and for other purposes, approved July 5, 1946 (commonly known as the Trademark Act of 1946) (15 U.S.C. 1114), is amended by inserting at the end the following:

(4)

(A)An electronic commerce platform shall be contributorily liable for infringement by a third-party seller participating on the platform for use in commerce of a counterfeit mark in connection with the sale, offering for sale, distribution, or advertising of goods that implicate health and safety, unless the following requirements are met:
(i)The third-party seller is available for service of process in the United States.
(ii)Before any alleged infringing act by the third-party seller, the platform demonstrates that the platform took each of the following reasonable steps to prevent such use on the platform:
(I)Verified through governmental identification and other reliable documentation the identity, principal place of business, and contact information of the third-party seller.
(II)Required the third-party seller to verify and attest to the authenticity of goods on or in connection with which a registered mark is used.
(III)Imposed on the third-party seller as a condition of participating on the platform contractual requirements that—
(aa)the third-party seller agrees not to use a counterfeit mark in connection with the sale, offering for sale, distribution, or advertising of goods on the platform; and
(bb)the third-party seller consents to the jurisdiction of United States courts with respect to claims related to the third-party seller’s participation on the platform.
(IV)Displayed conspicuously on the platform the verified principal place of business, contact information, and identity of the third-party seller, the country of origin and manufacture of the goods, and the location from which the goods will be shipped.
(V)Required each third-party seller to use images that the seller owns or has permission to use and that accurately depict the actual goods offered for sale on the platform.
(VI)Implemented at no cost to the registrant proactive technological measures for screening goods before displaying the goods to the public to prevent any third-party seller’s use of a counterfeit mark in connection with the sale, offering for sale, distribution, or advertising of goods on the platform.
(VII)Implemented at no cost to the registrant a program to expeditiously disable or remove from the platform a listing by any third-party seller that reasonably could be determined to have used a counterfeit mark in connection with the sale, offering for sale, distribution, or advertising of goods.
(VIII)Terminated use of the platform by any third-party seller that has engaged in more than three instances of use of a counterfeit mark in connection with the sale, offering for sale, distribution, or advertising of goods on the platform.
(IX)Implemented at no cost to the registrant technological measures for screening third-party sellers to ensure that sellers who have been terminated do not rejoin or remain on the platform under a different seller identity or alias.
(X)Provided the information verified under clause (I) of each third-party seller that used a counterfeit mark in connection with the sale, offering for sale, distribution, or advertising of goods on the platform to relevant law enforcement and, upon request, the registrant.
(B)In this paragraph:
(i)The term counterfeit mark has the meaning given that term in section 34(d)(1)(B).
(ii)The term electronic commerce platform means any electronically accessed platform that includes publicly interactive features that allow for arranging the sale, purchase, payment, or shipping of goods, or that enables a person other than an operator of such platform to sell or offer to sell physical goods to consumers located in the United States.
(iii)The term goods that implicate health and safety means goods the use of which can lead to illness, disease, injury, serious adverse event, allergic reaction, or death if produced without compliance with all applicable Federal, State, and local health and safety regulations and industry-designated testing, safety, quality, certification, manufacturing, packaging, and labeling standards.
(iv)The term third-party seller means a person other than the electronic commerce platform who uses the platform to arrange for the sale, purchase, payment, or shipping of goods.
(C)Nothing in this paragraph may be construed to limit liability for direct infringement.
A)電子商取引プラットフォームは、以下の要件を満たさない限り、健康と安全を示唆する商品の販売、販売の申し出、配布、または広告に関連して、商取引での使用のためにプラットフォームに参加している第三者販売者による偽造標章の侵害に対して、寄与的責任を負うものとします。
(i)第三者である販売者が、米国内で訴状の送達を受けることができること。
(ii)第三者販売者による侵害行為の申し立ての前に、プラットフォームは、プラットフォーム上での当該使用を防止するために、以下の各合理的な手段を講じたことを証明する。
(I)第三者販売者の身元、主たる事業所、および連絡先を、政府機関の証明書やその他の信頼できる文書によって確認する。
第三者の販売者に対し、登録商標が使用されている商品の真正性を確認・証明することを求めた。
第三者販売事業者が本プラットフォームに参加する条件として、以下の契約上の要件を課すこと。
(aa)第三者販売者は、プラットフォーム上での商品の販売、販売の申し出、配布、または広告に関連して偽造標章を使用しないことに同意する。
(bb)第三者販売者は、第三者販売者のプラットフォームへの参加に関連する請求に関して、米国の裁判所の管轄権に同意する。
(IV)確認された主たる事業所、連絡先、第三者販売者の身元、商品の原産国と製造国、商品の発送先をプラットフォーム上に目立つように表示する。
(V)販売者が所有または使用を許可された画像で、プラットフォーム上で販売されている実際の商品を正確に描写したものを使用することを要求する。
(VI)プラットフォーム上での商品の販売、販売の申し出、流通、広告に関連して、第三者販売者が偽造標章を使用することを防止するために、商品を公衆に表示する前に商品をスクリーニングするための積極的な技術的手段を、登録者に費用をかけずに導入しました。
(VII)商品の販売、販売のための申し出、流通、または広告に関連して偽造標章を使用したと合理的に判断される第三者販売者によるリストを迅速に無効化またはプラットフォームから削除するプログラムを登録者に無償で実施した。
プラットフォーム上での商品の販売、販売のための申し出、流通、広告に関連して、偽造標章の使用を3回以上行った第三者の販売者によるプラットフォームの使用を中止した。
(IX)解除された販売者が別の販売者のIDや別名で再びプラットフォームに参加したり、残ったりしないように、第三者の販売者をスクリーニングするための技術的手段を、登録者の費用負担なしで導入した。
(X)プラットフォーム上での商品の販売、販売の申し出、配布、または広告に関連して偽造標章を使用した各第三者販売者の(I)項に基づいて検証された情報を、関連する法執行機関、および要求に応じて登録者に提供した。
(B)本項において
(i)偽造標章という用語は、第34条(d)(1)(B)で与えられた意味を持ちます。
電子商取引プラットフォームとは、商品の販売、購入、支払い、発送の手配を可能にする公的な対話機能を含む、電子的にアクセスされるプラットフォーム、または当該プラットフォームの運営者以外の者が米国内の消費者に物理的な商品を販売する、もしくは販売を申し出ることを可能にするプラットフォームを意味します。
(iii)安全衛生に関わる商品とは、適用されるすべての連邦、州、および地域の安全衛生規制、および業界が指定する試験、安全性、品質、認証、製造、包装、および表示基準を遵守せずに製造された場合、その使用が病気、疾病、傷害、重大な有害事象、アレルギー反応、または死亡につながる可能性がある商品を意味します。
(iv)第三者販売者とは、電子商取引プラットフォームを利用して商品の販売、購入、支払い、発送を手配する、電子商取引プラットフォーム以外の者をいいます。
(C)本項のいかなる規定も、直接侵害に対する責任を制限するものと解釈してはなりません。

商標登録insideNews:「三沢昼いか」地域団体商標に|Web東奥

青森県三沢市は14日、市漁協が特許庁に出願していた「三沢昼いか」が、3日付で地域団体商標に登録されたことを明らかにした。近年は不漁が続いており、関係者は販路拡大や高付加価値化に期待を寄せている。市漁協が2016年12月27日に出願していた。登録は県内で13件目。三沢昼いかは、朝に出漁した漁船が三沢沖の太平洋沿岸で昼に捕獲し、三沢漁港に夕方、水揚げされたスルメイカ。約7割が首都圏に運ばれ翌朝には市場に並ぶ。優れた品質管理の下で運ばれ、味や鮮度の良さが売りとなっている。漁期は7~12月ごろ。三沢市…

情報源: 「三沢昼いか」地域団体商標に|農林水産,食,経済・産業・雇用|青森ニュース|Web東奥

「三沢昼いか」地域団体商標制度に登録 この地域団体商標制度は、特許庁が地域の名物にお墨付きを与えるもので、「三沢昼いか」はこの制度に令和3年6月3日に登録されました。

情報源: 昼イカ | 三沢市漁業協同組合

登録番号:第6397267号
登録日:令和3(2021)年 6月 3日
出願番号:商願2016-144804
出願日:平成28(2016)年 12月 27日
地域団体
商標(検索用):三沢昼いか
標準文字商標
権利者:三沢市漁業協同組合
【商品及び役務の区分並びに指定商品又は指定役務】
29 昼間に漁獲され青森県三沢市三沢漁港に水揚げされたスルメイカ(生きているものを除く。)

商標登録insideNews: Ariana Grande has filed a trademark for a beauty line | mcdowellnews.com

Ariana Grande is the latest celebrity planning to get into the beauty business, as the pop star has reportedly filed to trademark the name God Is A Woman, for a brand that will provide makeup, skin, and hair products.  

情報源: Ariana Grande has filed a trademark for a beauty line | Entertainment | mcdowellnews.com

Word Mark GOD IS A WOMAN BY ARIANA GRANDE
Goods and Services IC 003. G & S: body lotions; non-medicated skincare preparations, namely, body mousse, body mists, body soufflés; eau de parfum; perfume; shower gels; bath gels; eau de cologne; eau de toilette
Standard Characters Claimed
Serial Number 90648995
Filing Date April 15, 2021
Current Basis 1B
Original Filing Basis 1B
Owner GrandAri, Inc. CORPORATION DELAWARE

Ariana Grande – God is a woman (Official Video), 4:01

Ariana Grande - God is a woman (Official Video)

商標登録insideNews:「弘道館」商標登録は無効 特許庁「公共利益反する」|佐賀新聞LiVE

佐賀県は11日、大隈重信らが学んだ佐賀藩の藩校「弘道館」の名称を関東在住の女性が商標登録したことを巡り、県が請求した無効審判で、登録を無効とする特許庁の審決が同日付で確定したと発表した。特許庁は県の主張を踏まえ「一私人が商標登録し、独占使用することは社会公共の利益に反する」と結論付けた。審決では、「弘道館」は歴史的な価値がある施設の名称として佐賀県などで親しまれ、教育事業や観光事業で大きな役割を果たしているとし、商標登録に関し「公益的事業の遂行を阻害する恐れがある」と指摘した。

情報源: 「弘道館」商標登録は無効 特許庁「公共利益反する」 佐賀県 |行政・社会|佐賀新聞ニュース|佐賀新聞LiVE

商標登録insideNews: ルイヴィトン、日本の市松模様の商標審決で負ける | 財経新聞

ルイヴィトンが、日本の昔からある市松模様の数珠袋の入れ物が、ルイヴィトンの国際商標登録に抵触するとして、京都府の神戸珠数店を相手取っていた商標審決で、ヴィトン側が負けていたことが分かった。

情報源: ルイヴィトン、日本の市松模様の商標審決で負ける | 財経新聞

*記事は商標判決となっていますが、詳しくは特許庁で行った判定の結論です。
判定2020-695001

判定要旨
「イ号標章は、使用商品の全面に付されているものであって、上記2(3)に記載があるとおり、布地などに用いられる日本古来の模様として広く一般に知られ、親しまれている「市松模様」と同様の態様といい得るものであること、そして、使用商品に係るパンフレットにおいて、「市松模様」、「市松柄」及び「市松生地」の語が、使用商品の布地の模様を表すものとして、商品説明中に記載されていることを併せてみれば、イ号標章は、使用商品である「珠数入れ、経本入れ、御朱印帳入れ等の袋物」に使用される布地の模様である市松模様として認識されるにすぎないというのが相当である。そうすると、イ号標章は、その使用商品との関係において、当該商品の布地全面の模様として使用された、日本古来の模様として広く一般に知られ、親しまれている市松模様にすぎないから、自他商品の識別標識として機能するような態様で使用されているものとはいえない。」

Make It Yours : Louis Vuitton’s Belts Personalization service | LOUIS VUITTON, 0:24

Make It Yours : Louis Vuitton's Belts Personalization service | LOUIS VUITTON

商標登録insideNews:【鬼滅の刃】煉獄杏寿郎ら3人の柄を商標登録。一方、炭治郎らは「拒絶理由通知」。その内容とは? | ハフポスト

炭治郎は「市松模様」、禰豆子は「麻の葉模様」と指摘。「装飾的な地模様として認識される」と「拒絶理由通知書」には書かれている。

情報源: 【鬼滅の刃】煉獄杏寿郎ら3人の柄を商標登録。一方、炭治郎らは「拒絶理由通知」。その内容とは? | ハフポスト

商願2020-078058の拒絶理由
この商標登録出願に係る商標(以下「本願商標」といいます。)は、黒色と緑色の正方形を互い違いに並べ、連続反復的に配置した構成からなる、いわゆる「市松模様」の一種と理解されるものですから、全体として、装飾的な地模様として認識されるにとどまり、かつ、その構成中に自他商品の識別力を有する部分を見出すこともできません。

続きを読む“商標登録insideNews:【鬼滅の刃】煉獄杏寿郎ら3人の柄を商標登録。一方、炭治郎らは「拒絶理由通知」。その内容とは? | ハフポスト”

商標登録insideNews: Trademark Cost 2021: Federal And State Registration Fees | Forbes Advisor

Trademarks are one of the major underpinnings of entrepreneurship. Without these legal protections, entrepreneurs wouldn’t be able to distinguish their brand from others or prevent others from infringing on its usage. We would live in a world of copycats, and consumers would be playing a game of cha

情報源: Trademark Cost 2021: Federal And State Registration Fees – Forbes Advisor

invoice

尚、記事は米国内の人や企業を対象としています。米国から見ての外国人や外国企業(日本企業を含む)は、米国の弁護士を出願やその他の手続に際して雇う必要があります。

商標登録insideNews:「県名ワイン」ブランド化へ 地理的表示GIの登録相次ぐ(日本農業新聞) | Yahoo!ニュース

山形、長野、大阪の3府県産のワインが、近く日本の地理的表示(GI)保護制度に登録される見通しだ。土地固有の風味を出すため、原料ブドウや醸造法に細かい生産基準を設ける。先行する北海道、山梨県を含め、国内の主力産地で県名と結び付いたワインのブランドが動きだす。

情報源: 「県名ワイン」ブランド化へ 地理的表示GIの登録相次ぐ(日本農業新聞) – Yahoo!ニュース

商標登録insideNews: Unstoppable domains files trademark applications for .NFT, .Doge and others – Domain Name Wire | Domain Name News

Company that provides alt-root domain names filed trademark applications for new extensions. Unstoppable Domains, a company that sells alt-root domain names that use blockchain technology, recently filed trademark applications with the U.S. Patent and Trademark Office (USPTO) for future namespaces. The company filed applications for .nft, .doge, .web3, .dao, .bch, .blockchain, .go, .x, .888 and […]

情報源: Unstoppable domains files trademark applications for .NFT, .Doge and others – Domain Name Wire | Domain Name News

3d