商標登録insideNews: B-1王者「シロコロ」名称騒動は今 コロナ禍「厚木ホルモン」で活路 | 産経ニュース

ご当地グルメの祭典「B-1グランプリ」を制したことで広く世に知られた神奈川県厚木市の名物で、豚ホルモン焼きの「シロコロ」という名称が商標権をめぐるトラブルによって使えなくなって1年余り。市内経済の一端を担う提供店はコロナ禍とのダブルパンチにあえぎ、飲食店街は活気を失っている。しかし、騒動の後遺症が市内に影を落とす中にも、新しいネーミングを定着させようとする前向きな動きがようやく出てきた。

情報源: B-1王者「シロコロ」名称騒動は今 コロナ禍「厚木ホルモン」で活路(1/2ページ) – 産経ニュース

「厚木シロホルモン」うまいもんファイル 神奈川編、3:09

「厚木シロホルモン」うまいもんファイル 神奈川編
お店の看板は”コロ”の部分がマスクされてシロホルモンとなっています。

👉飲食物の提供についての登録5415903(商標:シロコロ)は、 存続期間満了日が令和3(2021)年 6月 3日となっており、現時点(2021.6.21)で更新登録出願は出されていない模様で、新出願もないようです。権利者は半年間は遅延した更新登録が可能ですので、権利者からの更新出願がない場合に、本権利が抹消となるのは、2021年12月3日以降となります。

商標登録insideNews: B-1優勝・シロコロホルモン消滅か?何が|日テレNEWS24

関連する投稿

Favorite LoadingAdd to favorites
Skip to content