商標登録insideNews: 知財の評価基準、政府検討 新事業創出促す :日本経済新聞

新ビジョンの柱となる知財の資産評価方法については、現在も特許や商標はバランスシートで無形固定資産として計上されることがあり、企業のM&Aの際に「のれん代」として考慮される。特許などが生み出す使用料などを元に知財を担保にした融資もある。しかし

Source: 知財の評価基準、政府検討 新事業創出促す  :日本経済新聞

商標登録insideNews: 東京オリンピックを控え、期待感が高まるスポーツ用品業界のM&A – M&A Online

特徴的な点として、のれん以外の無形固定資産として商標権に15億円が配分されていることが挙げられる。この配分額は企業取得時に行われるPPA(Purchase Price Allocation)という計算手続によるものである

情報源: 東京オリンピックを控え、期待感が高まるスポーツ用品業界のM&A – M&A Online