自他商品・自他役務の識別力

商標が自他商品・自他役務の識別力を有することが商標の本質的な機能であり、出所表示機能(source designator)と同じ意味である。商標法第3条は自他商品・自他役務の識別力を有しない商標について例示列挙しているが、通常の態様の普通名称や慣用商標を除いて使用により自他商品・自他役務の識別力である顕著性(secondary meaning) を得ることができる旨を示唆している。

distinctiveness / 自他商品・自他役務の識別力

« Back to Glossary Index

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください