cybersquatting

サイバースクワッティング[cybersquatting]とは、ドメインネームの登録時にそのドメインネームが他人の商標と混同を生ずる場合や他人の著名商標を希釈する場合であって、商品や役務にかかわりなく、その他人の商標の業務上の信用(goodwill)から悪意に不当利益を得るためのドメインネームの登録を言う。サイバーパイラシイ (cyberpiracy)とも称される。アメリカでは1999年11月に、Anticybersquatting Consumer Protection Act[S.1255]が米国商標法の一部修正として立法化して、それに基づく訴訟も提起されている。

« Back to Glossary Index

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください