存続期間

[JP] 存続期間については、現行法では商標権の設定登録の日から10年である[商標法第19条]。存続期間は更新可能とされ、更新された商標権の存続期間も10年であって、更新の単位を10年として商標権は存続される。更新を申請できるのは商標権者のみであり、使用権者や質権者は更新登録の申請をすることができない。防護標章登録の存続期間も設定登録の日から10年である[商標法第65条の2]。

duration / 存続期間

« Back to Glossary Index

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください