商標登録insideNews: 国際出願手続(本国官庁)に関する各種変更のお知らせ | 特許庁

2021年1月、世界知的所有権機関(WIPO)が提供する国際登録出願の願書(MM2)等の様式が変更されました。これをもって、直ちに変更前の様式が使用できなくなるとの情報はありませんが、今後は、最新の様式を使用されることを推奨いたします。最新の様式については、【商標の国際出願】願書等様式から入手可能です。MM2の新様式の利用に当たっては、従前の注意事項に加えて、以下の点に御注意ください。(1)第2欄に出願人のEmailアドレスを、第4欄に代理人のEmailアドレスを記載してください。代理人を選任する場合でも、第2欄に出願人のEmailアドレスを記載する必要があります。詳細は以下「2.マドリッド議定書規則改正に伴うEmailアドレスの記載義務化」を御参照ください。(2)第7欄に標章を記載いただく際は、8cm平方の標章記載欄の背景色を白にしてください。

情報源: 国際出願手続(本国官庁)に関する各種変更のお知らせ | 経済産業省 特許庁

wipo.int/madrid/en/forms/docs/form_mm2.docx" rel="noopener" target="_blank">MM2の新様式(MS WORD file)
また、出願人のEmailアドレスが必須となります。

国際登録出願(マドプロ)の様式MM2~MM21の解説

関連する投稿

Favorite LoadingAdd to favorites
Skip to content