商標登録insideNews: USPTO users targeted in massive fraud and money laundering case in Pakistan | World Trademark Review

FavoriteLoadingAdd to favorites

USPTO users targeted in massive fraud and money laundering case in Pakistan. Pakistani authorities make arrests in case involving low-cost trademark agencies200+ fraud sites involved in “biggest money laundering case in history of Pakistan”Legal case claims fabricated USPTO trademark certificates were part of the scam US trademark applicants appear to be victims of what has been described as “the biggest money laundering case in the history of Pakistan”. The case involves Karachi-based Digitonics Labs, which has allegedly been operating over 200 fraudulent websites. This includes a number of low-cost trademark filing offerings, with authorities estimating that three-quarters of applicants using the sites have received fake USPTO trademark certificates.

情報源: USPTO users targeted in massive fraud and money laundering case in Pakistan | World Trademark Review

DeepL translator w/ manual modifications
パキスタンの大規模な詐欺・マネーロンダリング事件で米国特許商標庁のユーザーが標的になっている。パキスタン当局は、低コストの商標代理人が関与するケースで逮捕を行い、「パキスタンの歴史の中で最大のマネーロンダリングケース」では200以上の詐欺サイトが関与し、偽造された米国特許商標庁の登録証が詐欺の一翼を担っていた。米国の商標出願人は、「パキスタンの歴史の中で最大のマネーロンダリングケース」として説明されてきたものの犠牲者であるように見える。この事件には、カラチに拠点を置く、Digitonics Labsが関与しており、200以上の詐欺サイトを運営していたとされています。この中には、低コストの商標出願サービスの申出も含まれており、当局は、これらのサイトを利用した申請者の4分の3が米国特許商標庁の偽の商標証明書を受け取っていると推定しています。

⇨低コストの商標代理人が関与する商標出願サービスの申出や意見書などの対応の申出には、標的にされていないか充分に気をつける必要があります。

関連する投稿