商標登録insideNews: うどんに続け!新名物の「讃岐餃子」を商標登録してPR|NHK 香川県のニュース

うどんに続く新たな名物料理を売り出そうと、香川県の中華料理店で作る組合が、地元の小麦粉や豚肉を使ったオリジナルのギョーザを「讃岐餃子」として商標登録し、県と連携して売り出す取り組みを行っています。「讃岐餃子」は、香川県がうどん用に開発した小麦を使ったギョーザの皮や、オリーブの搾りかすをえさに混ぜて育てたオリーブ豚などを具材にしたオリジナルのギョーザで、香川県の中華料理店で作る組合が、ことし8月に「讃岐餃子」として商標登録を行いました。

情報源: うどんに続け!新名物の「讃岐餃子」を商標登録してPR|NHK 香川県のニュース

登録番号:第6425120
登録日:令和3(2021)年 8月 4日
出願日:令和3(2021)年 4月 22日
商標(検索用):讃岐\餃子∞SANUKI GYOZA
権利者:香川県中華料理生活衛生同業組合
商品及び役務の区分並びに指定商品又は指定役務:
30 香川県で生産又は販売されるぎょうざ,香川県で生産又は販売されるぎょうざの皮
43 飲食物の提供,ケータリング(飲食物),個々の需要に応じた料理人による飲食物の提供,食事の支度に関する情報の提供及び助言,食品の装飾,食品の彫刻,カフェテリアにおける飲食物の提供,簡易食堂における飲食物の提供,喫茶店における飲食物の提供,軽食堂における飲食物の提供,セルフサービス式レストランにおける飲食物の提供,バーにおける飲食物の提供,レストランにおける飲食物の提供,うどん及びそばの提供,和食の提供

tmr6425120

香川県の新しいご当地グルメに!「讃岐餃子」のPRキャンペーン, 1:16

香川県の新しいご当地グルメに!「讃岐餃子」のPRキャンペーン
FavoriteLoadingAdd to favorites