商標登録insideNews: 品種を死守せよ!シャインマスカットの対中闘争 – 産経ニュース

日本生まれの農産物なのに商標権侵害で中国に訴えられる-。冗談のような話だが、今そこにある危機なのだ。岡山では近年、モモやブドウの県産ブランドについて、中国や香港、台湾での商標出願を加速させている。背景には、日本生まれの農産物が海外で無断で商標出願されたり、品種が海外に流出、栽培されて流通したりする被害が相次いでいることがある。「権利は取られる前に、先に取りに行くことが大切」。国内の農業関係者は真剣に危惧している。

情報源: 品種を死守せよ!シャインマスカットの対中闘争(1/2ページ) – 産経ニュース

日本の極み シャインマスカット 山形市, 2:52

新品種の高級柑橘の名前、「紅プリンセス」に 愛媛県、商標登録出願 – 産経ニュース

日本一の柑橘生産量を誇る愛媛県は12日、県が育成した新品種の高級柑橘「愛媛48号」の名称を「紅プリンセス」と名付け、商標登録を出願したと発表した。6年後の出荷を目指している。

情報源: 新品種の高級柑橘の名前、「紅プリンセス」に 愛媛県、商標登録出願 – 産経ニュース

「紅プリンセス」は、「紅まどんな」と「甘平」をかけ合わせて愛媛県が14年かけて開発した新品種でゼリーのような食感と甘みの強さが特徴です。「紅プリンセス」は「かんきつ愛媛48号」をブランド化した新たな高級柑橘であり、収獲の最盛期は3月中旬から4月ごろと遅いため、他の高級かんきつと差別化を図れると期待されています。

商標登録InsideNews: イチゴ「スカイベリー」 日本産また“標的” 中国で第三者商標登録|日本農業新聞

日本の農産品ブランドの名称を、無関係な中国の業者が商標出願する事例が後を絶たない。これまで「松坂牛」など複数事例が確認されてきたが、今回新たに、栃木県が開発した人気のイチゴ「スカイベリー」が、中国の業者に商標登録されていることが判明した。

情報源: 日本農業新聞 – イチゴ「スカイベリー」 日本産また“標的” 中国で第三者商標登録

中国での商標登録の検索🔎