商標登録insideNews:GI登録の和歌山梅酒PRへ 酒造会社や宿泊業団体などが協力|NHK 和歌山

和歌山梅酒PR

国が地域ブランドとして保護する「GI=地理的表示制度」に登録された和歌山県特産の梅を使った「和歌山梅酒」を観光客にPRしようと、酒造会社などでつくる委員会と宿泊業の団体が協力して取り組むことになりました。

情報源: GI登録の和歌山梅酒 PRへ 酒造会社や宿泊業団体などが協力|NHK 和歌山県のニュース

【GI和歌山梅酒】フランス・プロモーションイベントー2022.2.17, 2:55 和歌山梅酒PR

【GI和歌山梅酒】フランス・プロモーションイベントー2022.2.17

和歌山梅酒(和歌山県公式観光サイト)external site icon2
和歌山 地域ブランド・商標登録 全国ご当地名産品 vol.30

Nanko Ume, the highest quality plum, is a well-known specialty of Wakayama Prefecture. In Wakayama, various kinds of ume are cultivated, including Nanko-ume, and companies such as Honba Minabe and Tanabe, centered on major sake brewers, produce umeshu that are rich in individuality.

商標登録insideNews: 谷田部ねぎ 登録取り下げ 地理的表示保護制度 小浜の生産組合 | 日刊県民福井Web 2022.8

谷田部ねぎ GI登録取り下げ

地域で長年育まれた農林水産物や食品をブランドとして守る「地理的表示(GI)保護制度」について、県関係の「谷田部(やたべ)ねぎ」の登録が取り下げられたことが分かった。谷田部ねぎ生産組合(小浜市)の高齢化が進み、国に登録した工程管理の維持が困難になった。北陸農政局によると、取り下げは過去に一件あったが、形を変えて申請中で、取り下げたままになるのは全国で初めて。

情報源: 谷田部ねぎ 登録取り下げ 地理的表示保護制度 小浜の生産組合:日刊県民福井Web

ねぎ生産農家の発掘を目的に「谷田部ねぎ生産組合(以下「組合」という)が結成された。当時、谷田部集落100軒のうち、谷田部ねぎを出荷していた農家が30名いたが、そのうち27名が組合に加入したという。現在(2018.12)の組合員は、60~80代の計14名で、半数以上が80代となっている。GI取得後、60代の新規生産者が2名加入したが、全体としては設立当時より組合員が減っている。 組合長によれば、「GI取得後、取材に伴う少量単発的な注文は増えたが、継続的かつ大口の販売先の確保までには至っていない。販売状況はGI取得前とあまり変わっていない」というのが現状のようである。

伝統野菜の地理的表示(GI)登録による成果と課題谷田部ねぎ GI登録取り下げ ~福井県の吉川ナス・谷田部ねぎ・山内かぶらを事例として~

谷田部ねぎ生産組合 footer button-facebook
商標登録insideNews: 小浜の谷田部ねぎ、若狭の山内かぶら 国から“お墨付き” 福井 – 産経ニュース
Regarding the geographical indication (GI) protection system, which protects agricultural, forestry and fishery products and food products nurtured in the region for many years as a brand, it turned out that the registration of “Yatabe green onion” related to the prefecture was withdrawn.

商標登録insideNews: GI相互保護、拡大へ ベトナム、タイと農水省調整 | 日本農業新聞

地理的表示 相互保護 拡大へ

農水省は、ベトナム、タイ両国と、地理的表示(GI)の相互保護の適用に向けて、調整を進めている。日本のGI産品について、それぞれの国で出回る模倣品を取り締まれるようにし、ブランドを保護し輸出拡大につなげる。秋に施行する改正農林水産物・食品輸出促進法の基本方針に、両国との相互保護を目指すことを明記し、早期の実現を目指す。

情報源: GI相互保護、拡大へ ベトナム、タイと 農水省調整 / 日本農業新聞

続きを読む“商標登録insideNews: GI相互保護、拡大へ ベトナム、タイと農水省調整 | 日本農業新聞”

商標登録insideNews: コロナ、飼料高騰…川俣シャモ、農家ら奮闘 GI登録、追い風に | 福島民友新聞社

GI登録 川俣シャモ

本県(福島県)を代表するブランド地鶏「川俣シャモ」が、地域の農林水産物や食品のブランドを守る地理的表示(GI)保護制度に登録された。関係者は登録を追い風に川俣シャモの一層の知名度向上と需要拡大に期待を寄せる。ただ、新型コロナウイルスによる消費の減速とウクライナ情勢による飼料価格高騰の「二重苦」が経営の足かせとなっており、関係者は対応に苦慮する。(川俣支局・福田正義) 品質に伴う責任 「GI登録は国の『お墨付き』ではあるが、品質向上や工程、衛生管理の徹底など大きな責任も負うことになる」。川俣シャモ生産農家でつくる川俣シャモ振興会(川俣町)・・・

情報源: コロナ、飼料高騰…川俣シャモ、農家ら奮闘 GI登録、追い風に:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet

続きを読む“商標登録insideNews: コロナ、飼料高騰…川俣シャモ、農家ら奮闘 GI登録、追い風に | 福島民友新聞社”

商標登録insideNews: 佐賀県の「女山大根」がGI取得 農水省|JAcom 農業協同組合新聞

佐賀 女山大根 GI登録

農林水産省は6月29日、「女山大根」(佐賀県)が、新たにGI(地理的表示)登録を取得したことを発表。合計で120品目となる。

情報源: 佐賀県の「女山大根」がGI取得 農水省|JAcom 農業協同組合新聞

【いただき!ふるさと丼】伝統野菜は巨大な大根!?, 5:53 youtube icon

【いただき!ふるさと丼】伝統野菜は巨大な大根!?

女山大根は佐賀県多久市西多久町だけで栽培されている表面紫色の大きな大根です。煮崩れしにくく、一般の青首大根に比べ糖度も高いそうです。女山大根の赤い部分は、ポリフェノール群の一つであるアントシアニンです。このアントシアニンは、目を始めとする体の老化や種々の疾患に深いかかわりのあるといわれている活性酸素を除去する抗酸化作用が認められています。江戸時代から栽培されてきた在来種で、一時消滅しかけたものを、地域で10年近くをかけ復活させた経緯があります。

女山大根 | 多久市商工会 external site icon2
佐賀 地域ブランド・商標登録 全国ご当地名産品 vol.41

Onnayama Daikon is a large daikon with a purple surface that is cultivated only in Nishitaku Town, Taku City, Saga Prefecture.

商標登録insideNews: 滋賀ブランドの向上へ 地酒29銘柄がGI「滋賀」に認定/滋賀(BBCびわ湖放送) | Yahoo!ニュース

GI滋賀 銘柄認定

滋賀の日本酒のブランド力向上が大きく期待されます。酒類のブランドを守る地理的表示「GI(ジーアイ)」について新たに滋賀が加えられ、県内の酒蔵が造る日本酒29銘柄が国税庁に認定されました。

情報源: 滋賀ブランドの向上へ 地酒29銘柄がGI「滋賀」に認定/滋賀(BBCびわ湖放送) – Yahoo!ニュース

6月15日 びわ湖放送ニュース, 7:59
GI滋賀のニュースは5:20ごろからです。

6月15日 びわ湖放送ニュース
GI滋賀 銘柄認定
毎日新聞のサイトより転載(2022.4.13)

商標登録insideNews: 県内地酒、GI指定 県酒造組合、ブランド化へ 国税庁 | 毎日新聞

国税庁 商標_動画 (embedded) vol.18

GI長野 GI利根沼田 国税庁 動画

1.GI長野スタートアップシンポジウム≪ダイジェスト≫【関東信越国税局】、6:40
長野は全国で初めて清酒とぶどう酒(ワイン)の二つの地理的表示(GI)について同時に指定されました。令和3年11月にGI長野スタートアップシンポジウムが行われました。

GI長野スタートアップシンポジウム≪ダイジェスト≫【関東信越国税局】

2.GI利根沼田オンラインシンポジウム≪ダイジェスト≫【関東信越国税局】、39:07
関東信越国税局管内で、初めて清酒の地理的表示(GI)として指定された「利根沼田」。認定酒がそろい、令和3年11月にオンラインシンポジウムが行われました。

GI利根沼田オンラインシンポジウム≪ダイジェスト≫【関東信越国税局】

国税庁 商標_動画 (embedded/playlist) vol.17

商標登録insideNews: 県内地酒、GI指定 県酒造組合、ブランド化へ 国税庁 | 毎日新聞

 国税庁は12日、県内で造られた清酒(日本酒)を、風土と結びついた特産品を保護する国の制度「地理的表示(GI)」に指定すると発表した。指定は13日付。清酒の産地がGIに指定されるのは全国12例目。今後、県内で収穫・採取された米や水のみを使っていることなどを条件に、県酒造組合の審査をクリアした酒にGIマーク「滋賀」をつけて販売し、ブランド化を図る。

情報源: 県内地酒、GI指定 県酒造組合、ブランド化へ 国税庁 /滋賀 | 毎日新聞

gi shiga as it is
滋賀GI ロゴ 毎日新聞のサイトより転載(2022.4.13)

商標登録insideNews: 欧州委、GI制度の見直し案を発表、EUIPOの協力には懸念の声も(EU) | ジェトロ

EC Plans Revised GI Regulations

欧州委員会は3月31日、農産品〔ワイン、蒸留酒(スピリット)を含む〕の地理的表示(GI)制度を見直し、新たな登録手続きなどを定めた規則案を発表した(プレスリリース)。欧州委は2021年にGI制度の評価を行い、GI制度がEU産品の付加価値創出につながっているとしたが、一方で、一部の加盟国で消費者の認知度が低い、また知的財産のエンフォースメント(権利行使)が十分ではない、と指摘し、さらに製品の特性に「環境に対する持続可能性」などを盛り込むべきだとした。そこで、同規則案で新たな措置を提案し、地域経済の活性化やGI製品の保護強化を目指し、EU全体でGIの登録数を増加させるとした。

情報源: 欧州委、GI制度の見直し案を発表、EUIPOの協力には懸念の声も(EU) | ビジネス短信 – ジェトロ

Brussels, 31.3.2022 COM(2022) 134 final

Quality schemes explained