地理的表示(GI)産品 [日本語] 商標_動画(embedded)

地理的表示産品情報発信サイト

商標登録insideNews: 特産スイカでGI取得 JA鳥取中央とJA香川県|ニュース|JAの活動|JAcom 農業協同組合新聞

農林水産省は6月14日、「大栄西瓜」、「津南の雪下にんじん」、「善通寺産四角スイカ」の3点を新たに地理的表示(GI)として登録したと発表した。大栄西瓜(JA鳥取中央)  鳥取県の「大栄西瓜」はJA鳥取中央が登録を取得した。交配後、約48日ごろまで完熟させたスイカ。形状、品質にバラツキが少なく、安定した品質・供給ができるスイカとして高い評価を得ている。

情報源: 特産スイカでGI取得 JA鳥取中央とJA香川県|ニュース|JAの活動|JAcom 農業協同組合新聞

香川)四角スイカの出荷始まる 善通寺, 0:33

商標登録insideNews: 品種を死守せよ!シャインマスカットの対中闘争 – 産経ニュース

日本生まれの農産物なのに商標権侵害で中国に訴えられる-。冗談のような話だが、今そこにある危機なのだ。岡山では近年、モモやブドウの県産ブランドについて、中国や香港、台湾での商標出願を加速させている。背景には、日本生まれの農産物が海外で無断で商標出願されたり、品種が海外に流出、栽培されて流通したりする被害が相次いでいることがある。「権利は取られる前に、先に取りに行くことが大切」。国内の農業関係者は真剣に危惧している。

情報源: 品種を死守せよ!シャインマスカットの対中闘争(1/2ページ) – 産経ニュース

日本の極み シャインマスカット 山形市, 2:52

商標登録insideNews: 社説:GIいぶりがっこ 知名度上げ販路拡大を|秋田魁新報電子版

地域に伝わる農林水産物や加工食品をブランドとして保護する国の「地理的表示(GI)保護制度」の対象に、本県特産の漬物「いぶりがっこ」が登録された。これをばねに一層品質を向上させつつ知名度アップと販路拡大につなげたい。他県産の類似品と差別化を進めることが必要だ。

情報源: 社説:GIいぶりがっこ 知名度上げ販路拡大を|秋田魁新報電子版

「いぶりがっこ」用のいぶしたダイコン作り盛ん, 0:51

商標登録insideNews: 地理的表示に3品目追加 秋田の漬物や兵庫の大豆 – SankeiBiz(サンケイビズ):

農林水産省は8日、地域の農林水産物や食品のブランドを守る地理的表示(GI)保護制度の対象に、秋田県の漬物「いぶりがっこ」、東京都の鶏肉「東京しゃも」、兵庫県佐用…

情報源: 地理的表示に3品目追加 秋田の漬物や兵庫の大豆 – SankeiBiz(サンケイビズ):自分を磨く経済情報サイト

商標登録insideNews: 成熟する中国のワイン市場 | 地域・分析レポート – ジェトロ

中国のワイン消費量は、2014年以降世界5位を維持しており、所得の増加に伴いワイン市場は今後も拡大するものと思われる。山東省を代表するワインメーカーである張裕をはじめ、国産ワインと輸入ワインの発展状況などについてレポートする。

情報源: 成熟する中国のワイン市場 | 地域・分析レポート – 海外ビジネス情報 – ジェトロ

张裕母品牌(英语) CHANGYU ENG

商標登録insideNews: 地理的表示に3品目追加、農水省 青森、山形、熊本の農産物 | 共同通信

地理的表示に3品目追加、農水省青森、山形、熊本の農産物2019/3/20 地理的表示保護制度の対象に追加された青森県の「つるたスチューベン」(農水省提供) 農林水産省は20日、地域独自の農林水産物や食品のブランドを守る地理的表示(GI)保護制度の対象に、青森県のブドウ「つるたスチューベン」、山形県の山菜「小笹うるい」、熊本県の「菊池水田ごぼう」の3品目を追加したと発表した。

情報源: 地理的表示に3品目追加、農水省 青森、山形、熊本の農産物 | 共同通信

スチューベン16 12 23, 6:48

商標登録insideNews: 鳥取・大山ブロッコリー GI登録 竹口町長に報告|山陰中央新報社

鳥取・大山ブロッコリー GI登録 竹口町長に報告竹口大紀大山町長(中央)とともに、大山ブロッコリーのGI登録を喜ぶJA鳥取西部の高見達雄ブロッコリー部会長たち 鳥取県西部特産の「大山ブロッコリー」が、農林水産省の「地理的表示(GI)」制度の対象に選ばれたことを受け、JA鳥取西部(米子市東福原1丁目)の幹部や生産者たちが9日、主力産地の大山町で竹口大紀町長に登録を報告し、生産拡大に意欲を見せた

情報源: 山陰中央新報社|鳥取・大山ブロッコリー GI登録 竹口町長に報告

大山ブロッコリー「キラリとっとり大山ブロッコリー」JAとっとり西部 Daisen broccoli, 4:56

商標登録insideNews: 農水省 奥久慈しゃも GI登録 地鶏では全国初 | 茨城新聞

農水省 奥久慈しゃも GI登録 地鶏では全国初 農林水産省は27日、農林水産物や食品を地域ブランドとして保護する地理的表示(GI)保護制度の対象に、農事組合法人奥久慈しゃも生産組合(益子実津雄代表)の「奥久慈しゃも」を新たに登録した。

情報源: 【茨城新聞】農水省 奥久慈しゃも GI登録 地鶏では全国初

磯山さやかの旬刊!いばらき『奥久慈しゃも』(平成29年12月1日放送)、2:00

地理的表示(GI)保護制度 vol.1

チュニジア国立標準化・工業所有権機関 (INNORPI) vol.3 商標_動画(embedded)

1. 04/12/2018 تثمين المنتجات الفلاحية عبر المؤشرات الجغرافية والعلامات المميزة للجودة, 2:46
地理的表示および品質表示による農産物の評価

商標登録insideNews: 堂上蜂屋柿、じっくり甘く | 岐阜新聞Web

岐阜県美濃加茂市特産の高級干し柿「堂上蜂屋柿」の天日干し作業が、同市蜂屋町の生産農家でピークを迎えている。暖かな日差しに照らされた柿は山吹色に輝き、甘みを増していく。 堂上蜂屋柿は千年以上の歴史を誇り、糖度約65度と濃厚な甘みが特徴。年末年始の贈答品として人気がある。

情報源: 堂上蜂屋柿、じっくり甘く | 岐阜新聞Web

商標登録insideNews: GI法改正案を可決 相互保護見据え強化 参院農水委 | 日本農業新聞

GI法改正案を可決 相互保護見据え強化 参院農水委2018年11月30日農政 参院農林水産委員会は29日、地理的表示(GI)法改正案を全会一致で可決した。同法案は30日の参院本会議で可決、成立する見通し。日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)発効と同時にGI産品の相互保護が始まることを見据え、GI産品と同じ名称を登録前から使う「先使用」に7年間の制限を設けるなどして、ブランド保護を強化する。

情報源: 日本農業新聞 – GI法改正案を可決 相互保護見据え強化 参院農水委