世界知的所有権機関(WIPO) vol.63 商標_動画(embedded)

1.ABBA’s Björn Ulvaeus on WIPO for Creators, 1:15

ABBA’s Björn Ulvaeus on WIPO for Creators

2.Hungary Joins Geneva Act of WIPO’s Lisbon Agreement on Geographical Indications, 1:55

Hungary Joins Geneva Act of WIPO’s Lisbon Agreement on Geographical Indications

商標登録insideNews:「県名ワイン」ブランド化へ 地理的表示GIの登録相次ぐ(日本農業新聞) | Yahoo!ニュース

山形、長野、大阪の3府県産のワインが、近く日本の地理的表示(GI)保護制度に登録される見通しだ。土地固有の風味を出すため、原料ブドウや醸造法に細かい生産基準を設ける。先行する北海道、山梨県を含め、国内の主力産地で県名と結び付いたワインのブランドが動きだす。

情報源: 「県名ワイン」ブランド化へ 地理的表示GIの登録相次ぐ(日本農業新聞) – Yahoo!ニュース

ロシア連邦知的財産特許商標庁(Rospatent) vol.7 商標_動画(embedded)

1.Географическое указание инструмент развития региона, 1:53:16
地理的表示地域開発ツール

Географическое указание инструмент развития региона

2.Товарный знак-интеллектуальная собственность для бизнеса, 2:22:50
2.商標は企業の知的財産

Товарный знак-интеллектуальная собственность для бизнеса

3.Глава Роспатента Григорий Ивлиев – о росте числа изобретений и уловках известных брендов, 5:00
Rospatent Grigory Ivlievの責任者 – 有名ブランドの発明とトリックの数の増加について

Глава Роспатента Григорий Ивлиев - о росте числа изобретений и уловках известных брендов

商標登録insideNews: 新たに2産品を地理的表示(GI)として登録 | 農林水産省

農林水産省は、本日(2021.5.31)、「わかやま布引だいこん」及び「大口れんこん」を地理的表示(GI)として、特定農林水産物等の名称の保護に関する法律(地理的表示法)に基づき、登録(登録番号第108号から第109号)しましたので、お知らせします。

情報源: 新たに2産品を地理的表示(GI)として登録:農林水産省

農林水産省は5月31日、「わかやま布引だいこん」と「大口れんこん」を新たにGI(地理的表示)登録の取得を発表。合計で109品目となった。

情報源: 「わかやま布引だいこん」と「大口れんこん」がGI取得 農水省|ニュース|農政|JAcom 農業協同組合新聞

国税庁 商標_動画 (embedded) vol.8

2020年9月お酒の地理的表示に登録された和歌山梅酒の魅力を5つの動画で紹介します。①GI和歌山梅酒の概要について【大阪国税局】②GI和歌山梅酒の魅力について1/2【大阪国税局】③GI和歌山梅酒の魅力について2/2【大阪国税局】④GI和歌山梅酒とペアリング料理【大阪国税局】⑤GI和歌山梅酒のPR動画紹介【大阪国税局】

続きを読む“国税庁 商標_動画 (embedded) vol.8”

商標登録insideNews: 清酒「山梨」地理的表示に ワインと2つの酒類は全国初 | 日本経済新聞

国が保護する地理的表示(GI)に、山梨県産の清酒「山梨」が28日、国税庁から指定を受けた。「山梨」はワインでも地理的表示に指定されており、同じ県で2つの酒類での指定は国内で初めて。また、採取する水を富士北麓や八ケ岳山麓など6水系に限定したのも清酒「山梨」の特徴だ。指定されたことを受け、山梨県酒造協同組合の北原兵庫理事長が記者会見し「全国展開、世界に出す場合は山梨らしさという特徴を出すことが重要になる。水系もその一つ。GIの取得は海外展開には有効だと考えている」と述べた。

情報源: 清酒「山梨」地理的表示に ワインと2つの酒類は全国初: 日本経済新聞

続きを読む“商標登録insideNews: 清酒「山梨」地理的表示に ワインと2つの酒類は全国初 | 日本経済新聞”

商標登録insideNews: Trademark Significance of Geographic Indications | natlawreview.com

Issues of the geographic indications of products regularly turn up in the trademark context. Some well-known examples include COGNAC for brandy from France or ROQUEFORT for cheese manufactured from sh

情報源: Trademark Significance of Geographic Indications

Int’l Dairy Foods Assn. v. Interprofession du Gruyère & Syndicat Interprofessionel du Gruyère,

TTAB find that purchasers and consumers of cheese understand the term “gruyere” as a designation that primarily refers to a category within the genus of cheese that can come from anywhere.

商標登録insideNews: 梅酒マッピング図(和歌山県内本格梅酒) | 和歌山県

令和2年9月の「GI和歌山梅酒」誕生を契機としまして、梅酒ソムリエである金谷優氏監修のもと、和歌山県の本格梅酒を梅酒の特徴である甘味(辛口~甘口)、香味(芳醇~淡麗)により分類の上、星印で酸味の度合いを表し、消費者が好みの味を選択する一助となるよう「梅酒マッピング図VOI.2」 にまとめました。和歌山県ならではの本格梅酒の飲み比べを楽しんでください。

情報源: 梅酒マッピング図(和歌山県内本格梅酒) | 和歌山県

続きを読む“商標登録insideNews: 梅酒マッピング図(和歌山県内本格梅酒) | 和歌山県”

商標登録insideNews: Germany Introduces A New Wine Hierarchy Based On Geography | Forbes

On January 27, 2021 the new German wine law came into force. It introduces a new kind of hierarchy for German wines based on its geographic origin. In a way it can be seen as a remodelling of the system that previously existed with the aim to improve the overall quality of German wine as well as to fit better with the EU system. The four primary geographic “levels” for a German quality wine (Qualitätswein) are now Area, Region, Village, and Vineyard.

情報源: Germany Introduces A New Wine Hierarchy Based On Geography

記事によるとQualitätswein、Landwein、Deutscher Wein – without geographic originの3つのレベルがあり、トップレベルのQualitätsweinは、Vineyard (Einzellage)、Village (Ortsweine)、Region、Area wine (Anbaugebiete)の4つのレベルがあります。Vineyardの中にさらにGewann, sub-plot, may be specified、Grosses Gewächs、Erstes Gewächs、Einzellageの4つのカテゴリがあり、Grosses Gewächsがgrand cruと同等とされています。

続きを読む“商標登録insideNews: Germany Introduces A New Wine Hierarchy Based On Geography | Forbes”