商標登録insideNews: テレ東子会社と地域企業支援へ 横浜銀行、商品開発で協業 | カナロコ by 神奈川新聞

 横浜銀行(横浜市西区)は、テレビ東京ホールディングスの子会社「テレビ東京コミュニケーションズ(TXCOM)」(東京都港区)と協業し、地域企業の商品開発や販路拡大の支援に乗り出す。TXCOMが持つキャラクター商品の開発や販売ノウハウを活用。地域企業をつなぐことで、企業の認知度向上や新規顧客の創出を図る。

情報源: テレ東子会社と地域企業支援へ 横浜銀行、商品開発で協業 | カナロコ by 神奈川新聞

続きを読む“商標登録insideNews: テレ東子会社と地域企業支援へ 横浜銀行、商品開発で協業 | カナロコ by 神奈川新聞”

商標登録insideNews: コロナ禍でも頑張るモン!くまモン商品売上高が過去最高更新に | TKUニュース

コロナ禍の中でもくまモン絶好調。売り上げを伸ばしました。去年1年間のくまモンを利用した商品の売上高が1698億円を超え、9年連続で過去最高を更新しました。

情報源: [TKUニュース 21.02.09 18:30 ] コロナ禍でも頑張るモン!くまモン商品売上高が過去最高更新に【熊本】

続きを読む“商標登録insideNews: コロナ禍でも頑張るモン!くまモン商品売上高が過去最高更新に | TKUニュース”

商標登録insideNews: “パクリ大国”中国にミッフィーそっくりの「アート」が登場! 作者の美大教授は「創作」を主張 | クーリエ・ジャポン

ウサギのキャラクター「ミッフィー」にアヒルのくちばしをつけたアート作品が中国で物議を醸している。作者の美大教授は「盗作ではなく流用をもとにした創作」と主張するが、近年は中国でも著作権への意識が浸透しつつあり、大きな批判を呼んでいる。アヒルのくちばしをつけたミッフィー中国8大美大の一角である、広東省・広州美術学院の教授…

情報源: “パクリ大国”中国にミッフィーそっくりの「アート」が登場! 作者の美大教授は「創作」を主張 | クーリエ・ジャポン

続きを読む“商標登録insideNews: “パクリ大国”中国にミッフィーそっくりの「アート」が登場! 作者の美大教授は「創作」を主張 | クーリエ・ジャポン”

商標登録insideNews: 税金でつくった厚労省・献血PR「けんけつちゃん」、“電通が権利所有”で使用できない問題  | biz-journal.jp

 警視庁の「ピーポくん」、総務省の「センサスくん」……そんな巷にあふれる公的機関のマスコットキャラクターの著作権者は、誰しも担当する省庁が持っていると思うだろう。 ところが、日本赤十字社が全国の献血カーや献血ルームなどで用いている厚生労働省の献血推進キャラクター「けんけつちゃん」の著作権の一部が電通にあり、使用の際には電通に「お伺いを立てなければならない」という驚くべき事実がわかった。

情報源: 税金でつくった厚労省・献血PR「けんけつちゃん」、“電通が権利所有”で使用できない問題

身近にあるボランティア「献血」のご紹介,3:00

商標登録insideNews: くまモン、中国名「熊本熊」に「酷MA萌」から変更 | 熊本日日新聞

熊本県は7日、くまモンの中華圏での名称を「酷MA萌(ku・ma・meng)」から「熊本熊(xiong・ben・xiong)」に変更すると明らかにした。「熊本熊」は現地ファンの通称で、熊本県のキャラクターとアピールできることから正式名に採用した。

情報源: くまモン、中国名「熊本熊」に 「酷MA萌」から変更 | 熊本日日新聞

中国名が「熊本熊」になったくまモン 北京市で記者発表、0:25

くまモンの中国名“にせモン”対策強化 熊本県(19/03/20)

台湾版くまモン 熊讚関連ニュース 商標_動画(embedded)

1.註冊商標屢次失敗 熊讚將改版換模樣-民視新聞

2.熊粉們崩潰!熊讚為申請註冊商標「整形」、1:59

3.熊讚微調好申請商標? 智財局:沒說不給過、1:24

4.熊讚註冊商標失敗 擬花113萬改版挨批 20180415 公視中晝新聞、2:03

5.熊讚2.0變潮! 卻害”藍眼淚”商標註冊恐撤銷│中視新聞 20180418、2:10

台北市の台湾版くまモンこと、熊讚BRAVO BEARは初めはユニバシアードのマスコットで誕生しましたが、Youtubeによると、TIPO智財局での商標登録に失敗をし、これまでで5度のプチ整形を繰り返しているとのことです。今回の整形には、白眉毛と青緑色の鼻が加わっていて、金メダルはなくなっています。熊讚2.0とも呼ばれており、痩せたとのコメントもあります。

くまモンとその亜種たち

商標登録insideNews: “中華ウルトラマン”と断固戦う円谷プロ 中国側は身勝手に正当化 – 産経ニュース

映像制作会社の円谷プロダクション(東京)が、無断でウルトラマン映画を作っている中国企業と戦っている。身勝手な言い分で“中華ウルトラマン”を正当化する中国側に対し、円谷プロは自らの合法的な権利を守るため、徹底して争う方針を表明している。

情報源: “中華ウルトラマン”と断固戦う円谷プロ 中国側は身勝手に正当化(1/3ページ) – 産経ニュース

《钢铁飞龙之再见奥特曼》Dragon Force Movie ‖ 定档预告 大张伟变“地球大使”配音奥特曼