商標登録insideNews: ゆるキャラ無断で使用…悩む自治体「数多すぎる」 | 読売新聞オンライン

自治体キャラクター 無断使用対策

自治体の「ゆるキャラ」が、無断使用されるトラブルが各地で起きている。多くの自治体は「PRになる」と申請があれば広く使用を認めているが、無断で使われた上、イメージダウンにつながるケースも。実態を把握しきれていない自治体もあり、対応に頭を悩ませている。… 14年のゆるキャラグランプリで優勝し、21年にアニメ化もされた群馬県の「ぐんまちゃん」も無断使用とみられるイラストを用いたTシャツやバッグなどがネット通販サイトで出回っている。出品者の多くは中国の業者で、読売新聞がある中国の業者に問い合わせたところ、「わかりません」と答え、返信が途絶えた。県はぐんまちゃんを商標登録しているが、事業者に販売の差し止めを求めるのには1件につき最低10万円の弁護士費用がかかる。県は6月から出品サイトの運営者への通報を始めたが、「数が多すぎて、手が回らない」と漏らす。熊本県の「くまモン」も中国などアジアで人気が高く、無断使用は国際規模だ。県は18年、対策を広告会社に依頼。年数千万円の費用を投じ、これまで約300件について警告を出した。県くまモングループの担当者は「粘り強く対策していくしかない」と話した。

情報源: ゆるキャラ無断で使用…悩む自治体「数多すぎる」:地域ニュース : 読売新聞オンライン

キャラクター図形 無断使用
商標登録第2566190号
権利者:徳島県

すだちくんオフィシャル すだちくん使用取扱要綱自治体キャラクター 無断使用対策

キャラクターの使用料率 ライセンス料の相場ってどのくらい? キャラクター関連 vol.1
キャラクターと商品化権 契約前に知っておくべき情報 キャラクター関連 vol.2

75 / 100