商標登録insideNews: コロナ禍でも頑張るモン!くまモン商品売上高が過去最高更新に | TKUニュース

コロナ禍の中でもくまモン絶好調。売り上げを伸ばしました。去年1年間のくまモンを利用した商品の売上高が1698億円を超え、9年連続で過去最高を更新しました。

情報源: [TKUニュース 21.02.09 18:30 ] コロナ禍でも頑張るモン!くまモン商品売上高が過去最高更新に【熊本】

続きを読む“商標登録insideNews: コロナ禍でも頑張るモン!くまモン商品売上高が過去最高更新に | TKUニュース”

商標登録insideNews: 農水省、地理的表示に6品目追加 北海道の高級ナマコなど | 共同通信

農林水産省は30日、地域の農林水産物や食品のブランドを守る地理的表示(GI)保護制度の対象に5道県の6品目を追加したと発表した。北海道の高級ナマコ「檜山海参」、青森の「大鰐温泉もやし」、秋田の「大竹いちじく」、島根の「三瓶そば」、熊本の「八代生姜」とかんきつ類の「八代特産晩白柚」が登録された。

情報源: 農水省、地理的表示に6品目追加 北海道の高級ナマコなど | 共同通信

商標登録insideNews: 地理的表示に3品目追加、農水省 島根の干し柿や熊本の鮮魚|徳島新聞

農林水産省は10日、地域の農林水産物や食品のブランドを守る地理的表示(GI)保護制度の対象に、島根県の干し柿「東出雲のまる畑ほし柿」、熊本県の鮮魚「田浦銀太刀」、広島県のアサリ「大野あさり」の3品目を追加したと発表した。

情報源: 地理的表示に3品目追加、農水省 島根の干し柿や熊本の鮮魚|全国・海外のニュース|徳島新聞

商標登録insideNews: 地理的表示保護制度の対象に 芦北町漁協のブランドタチウオ | 熊本日日新聞

農林水産省は10日、地域の農林水産物や食品のブランドを守る地理的表示(GI)保護制度の対象に、芦北町漁協のブランドタチウオ「田浦銀太刀[ぎんだち]」を登録したと発表した。県産品のGI登録は5例目で、水産物では初めて。

情報源: 地理的表示保護制度の対象に 芦北町漁協のブランドタチウオ | 熊本日日新聞

商標登録insideNews: 10月から海外解禁 雑貨や玩具など 類似商標登録相次ぐ中国、法的措置に時間も – 熊本日日新聞 | This kiji is

くまモン関連商品について、海外企業も有料でイラストを利用できる制度が10月から全面解禁された。県には300件超の利用申請や問い合わせが寄せられているものの、許可件数は、アジアの4カ国・地域の15件にとどまっている。関心の高い中国で第三者による類似の商標登録が相次ぎ、法的な対抗措置に手間取っていることが影響しているという。

情報源: 10月から海外解禁 雑貨や玩具など 類似商標登録相次ぐ中国、法的措置に時間も – 熊本日日新聞 | This kiji is

くまモングッズも 上海で「くまカフェ」オープン(17/01/23)、1:01

商標登録insideNews: 地理的表示に3品目追加、農水省 熊本の牛や福井のカニ | 福井新聞ONLINE

農林水産省は27日、地域の農林水産物・食品のブランドを守る地理的表示(GI)保護制度の対象に、「くまもとあか牛」(熊本県)、「二子さといも」(岩手県)、「越前がに」(福井県)の3品目を追加登録したと発表した。農水省のGIは今回の追加で計69品目となった。

情報源: 地理的表示に3品目追加、農水省 熊本の牛や福井のカニ | 全国のニュース | 福井新聞ONLINE

商標登録insideNews: くまモン、中国での悩みが深刻……「名前覚えてもらえない!」 – withnews(ウィズニュース)

くまモンの名前問題、実は、同じくまモンでも「熊本熊(ション・ベン・ション)」「酷MA萌(クマモン)」という二つの名称が存在しているのです。 くまモンの中国語での呼び方を問う、記者手製の質問表 非公式の「熊本熊」が拡散 くまモンは2010年に登場。2011年の「ゆるキャラグランプリ」で優勝し、一躍有名になりました。中国や台湾の日本文化好きの間でも人気が広がり、いつしか「熊本熊」という愛称がつけられてネットを中心に広がりました。 しかし、くまモンは設定上「クマではない」ということになっています。熊本県とすれば「熊本熊」をそのまま使うわけにはいきません。 そうこうしている間に「熊本熊」はどんどん広まり、今や、中国の商標検索サイト「商標網」を調べると「熊本熊」や「熊本熊 KUMAMON」といった名称がいくつも出てくるような状態に。

情報源: くまモン、中国での悩みが深刻……「名前覚えてもらえない!」 – withnews(ウィズニュース)

[コメント] 酷MA萌が正式な中国名とは知りませんでした。(汗)

くまモンとその亜種たち

商標登録insideNews: くまモン、海外解禁で地元困惑 大口の取引キャンセルも:朝日新聞デジタル

「くまモン」はこれまで、熊本のPRや県産品使用を条件に、原則として国内企業に限り無料で利用できた。だが、県は8日から海外企業の利用を解禁。県のPRを求めない代わりに小売価格の5~7%(県内企業は3~5%)の利用料をとる新制度を導入し、収益は品質審査や偽物対策などに使うとした。

情報源: くまモン、海外解禁で地元困惑 大口の取引キャンセルも:朝日新聞デジタル

知事記者会見1月18日001
[コメント] キャラクターの使用料が零円では、偽物を取り締ることができないので、どこかで偽物防止のための資金を集める必要があると県は考えたものと思います。くまモンの熊本応援のお役は一旦卒業とし、ライセンスをライセンス管理会社・管理事務所に譲渡することも必要では。県という公的機関の運営では、第3者を平等に扱う必要があるなどの契約面で必ずしも良い面ばかりではないので。

商標登録insideNews: 「熊本いきなり団子」地域団体商標に-熊本のニュース│ くまにちコム

「熊本いきなり団子」が、特許庁の地域団体商標として登録されることになった。九州経済産業局が20日、発表した。県内での登録は13件目。

情報源: 「熊本いきなり団子」地域団体商標に-熊本のニュース│ くまにちコム

いきなり団子(いきなりだんご)は、熊本県の郷土料理、郷土菓子である。輪切りにしたサツマイモと餡(小豆あん)を餅(ねりもち)、または小麦粉を練って平たく伸ばした生地で包み、蒸した食品。見た目は大福にも似ている。名称の由来は短時間で「いきなり」作れるという意味と、来客がいきなり来てもいきなり出せる菓子という意味と、生の芋を調理する「生き成り」(いきなり)という語句の意味が重なっていると言われる。Wikipediaより

九州イイモノがたり 経済産業省 商標_動画(リンク)

地域ブランドの魅力は、その土地の伝統や風土、そして生産者の人柄や技術と深く結びついて生まれるもの。そうしたバックグラウンドを描くとともに、地域ブランド化の成功の陰で、地域団体商標が果たしている役割も紹介。食べてみたくなる、触れてみたくなる、行ってみたくなる、そんな九州の魅力を紹介します。

最後の2つの動画はYoutubeでの再生が必要です。