民法改正(成人年齢引き下げ)と商標権

成人年齢引き下げと商標権 2022年4月1日から成人年齢が満20歳から18歳に引き下げられます。特許・商標登録などの工業所有権全体では特許庁に対する手続として変わる所は少ないのですが、今年の4月1日の時点で18歳以上で2 …

改正民法(平成29年法律第44号)と商標制度

明治時代の民法典の施行以来の122年ぶりの民法債権編の改正は、平成32年(2020年)4月1日を施行日としています。法改正の主な部分は債権法ですので、それを商標精度の枠組みで読み込む必要がありそうなところは改正法のさらに …