商標登録insideNews: 新知识产权(纠纷解决)法案 任何人可要求重新审查专利 | 早报

新法案通过后,任何人若对颁发的专利有异议,可向知识产权局提呈证明文件和资料,要求重新审查该专利,减少上庭诉讼的必要与费用。我国也可为知识产权纠纷案件进行仲裁,提升新加坡作为国际具吸引力仲裁地点的地位。律政部兼卫生部高级政务部长唐振辉在国会为新的知识产权(纠纷解决)法案(Intellectual Property(Dispute Resolution)Bill)提出一读。法案旨在强化我国知识产权的纠纷解决机制,提升专利的素质。

情報源: 新知识产权(纠纷解决)法案 任何人可要求重新审查专利 | 早报

《知识产权法案》 今日在国会提出一读

商標登録insideNews: Dewan Rakyat passes Trademarks Bill 2019 | Malaysia | Malay Mail

KUALA LUMPUR, July 2 — The Trademarks Bill 2019 which would allow individuals or companies to register trademarks such as smell, sound, shape and colour, was passed with amendments by Dewan Rakyat today.

情報源: Dewan Rakyat passes Trademarks Bill 2019 | Malaysia | Malay Mail

D.R.10/2019 2019 Trademarks Bill 2019 (pdf)

商標登録insideNews: Canada’s trademark changes mean higher fees, more complexities in filing | Canadian Lawyer Mag

As of Monday, June 17, brand owners filing trademark applications will be paying more, as the amended Trade-marks Act and the new Trademarks Regulations come into force.At present, to file a trademark application, “regardless of the number of goods and services, regardless of the number of classes,” the fee is $250, says Janet Fuhrer of Ridout & Maybee LLP in Ottawa. As of Monday, she says, the base fee will be $330 for one class of goods and services and $100 for each additional class of services.

情報源: Canada’s trademark changes mean higher fees, more complexities in filing | Canadian Lawyer Mag

法律第三号(令元・五・一七) 特許法等の一部を改正する法律(商標法の一部改正) 

(商標法の一部改正)

第四条 商標法(昭和三十四年法律第百二十七号)の一部を次のように改正する。

1.条文シフト

第十三条の二第五項中「第百五条の二」を「第百五条の二の十一」に改める。➡[特許法に査証制度が導入されたための条文シフト]

2.公益著名商標の通常使用権の許諾

第三十一条第一項ただし書を削る。➡[公益著名商標の通常使用権の許諾が可能:既に令和1年5月27日に施行しています。]

3.損害賠償額算定方法の見直し

第三十八条第一項中「その譲渡した商品の数量(以下この項において「譲渡数量」という。)に、商標権者又は専用使用権者がその侵害の行為がなければ販売することができた商品の単位数量当たりの利益の額を乗じて得た額を、商標権者又は専用使用権者の使用の能力に応じた額を超えない限度において」を「次の各号に掲げる額の合計額を」に改め、同項ただし書を削り、同項に次の各号を加える。
一 商標権者又は専用使用権者がその侵害の行為がなければ販売することができた商品の単位数量当たりの利益の額に、自己の商標権又は専用使用権を侵害した者が譲渡した商品の数量(次号において「譲渡数量」という。)のうち当該商標権者又は専用使用権者の使用の能力に応じた数量(同号において「使用相応数量」という。)を超えない部分(その全部又は一部に相当する数量を当該商標権者又は専用使用権者が販売することができないとする事情があるときは、当該事情に相当する数量(同号において「特定数量」という。)を控除した数量)を乗じて得た額
二 譲渡数量のうち使用相応数量を超える数量又は特定数量がある場合(商標権者又は専用使用権者が、当該商標権者の商標権についての専用使用権の設定若しくは通常使用権の許諾又は当該専用使用権者の専用使用権についての通常使用権の許諾をし得たと認められない場合を除く。)におけるこれらの数量に応じた当該商標権又は専用使用権に係る登録商標の使用に対し受けるべき金銭の額に相当する額➡[権利者の生産・販売能力を超えた部分の損害を認定 侵害品の販売数量が権利者の生産能力や販売能力(使用相応数量)を超える場合、その超えた個数分はライセンス料相当額での損害賠償を求めることができます。]

”平成31年3月特許庁の特許・意匠・商標制度の見直し”より
第三十八条第五項中「前二項」を「第三項及び前項」に改め、同項を同条第六項とし、同条第四項を同条第五項とし、同条第三項の次に次の一項を加える。
4 裁判所は、第一項第二号及び前項に規定する登録商標の使用に対し受けるべき金銭の額に相当する額を認定するに当たつては、商標権者又は専用使用権者が、自己の商標権又は専用使用権に係る登録商標の使用の対価について、当該商標権又は専用使用権の侵害があつたことを前提として当該商標権又は専用使用権を侵害した者との間で合意をするとしたならば、当該商標権者又は専用使用権者が得ることとなるその対価を考慮することができる。
[この新しい第4項は”ライセンス料相当額の増額”と題されています。いつから適用されるのかという疑問について—過去の改正付則によれば、”一部施行日以後にした行為について適用し、一部施行日前にした行為については、なお従前の例による。”となる見込みです。施行日は令和1年5月17日より1年以内ですが、未だ具体的な施行日は未定です。]

4.条文シフト

第三十九条中「、第百五条」の下に「(書類の提出等)、第百五条の二の十一」を加え、「書類の提出等、」を削る。➡[特許法に査証制度が導入されたための条文シフト]

5.国際登録出願の補正期間の延長

第六十八条の二十八第一項中「により指定された期間内」を「による通知を受けた後は、事件が審査、審判又は再審に係属している場合」に改める。
[国際商標登録出願に係る補正手続の期間の延長]

商標登録insideNews: 公益著名商標に係る通常使用権の許諾が可能となります | 経済産業省 特許庁

平成31年3月1日に閣議決定された「特許法等の一部を改正する法律案」が、令和元年5月10日に可決・成立しました。この法律は、令和元年5月17日に公布され、改正商標法第31条第1項の規定については、令和元年5月27日に施行されることとなります。本改正により、国、地方公共団体又は大学といった公益団体等を表示する著名な商標(以下、「公益著名商標」といいます。)に係る商標権について、通常使用権の許諾が可能となります。

情報源: 公益著名商標に係る通常使用権の許諾が可能となります | 経済産業省 特許庁

改正民法(平成29年法律第44号)と商標制度

明治時代の民法典の施行以来の122年ぶりの民法債権編の改正は、平成32年(2020年)4月1日を施行日としています。法改正の主な部分は債権法ですので、それを商標精度の枠組みで読み込む必要がありそうなところは改正法のさらに一部になります。商標制度に影響がありそうな新民法の法令を挙げてみます。

Contract

消滅時効(Statute of Limitations)

民法の消滅時効については、職業別の短期消滅時効等の廃止が行われ、消滅時効は全体的に簡素化した規定内容に変更されています。不法行為による損害賠償請求権の消滅時効については、被害者又はその法定代理人が損害を知った時から3年間行使しないときは、時効によって消滅する(民法第724条第1項)となり、不法行為の時から20年間行使しないときも時効によって消滅します。この内容は、旧法とほぼ変わりない内容となっています。また侵害事件については、不法行為による損害賠償請求権ではなく不当利得返還請求権(民法703条,704条)も請求可能ですが、これは従前のとおり、民法の債権の消滅時効期間の原則に従って10年(民法167条1項)を経て消滅時効が完成し、一般的にライセンス料程度とされる不当利得返還請求権についても新民法で時効の変更はありません。なお、不当利得返還請求権は権利者が侵害行為を知らなくとも時効が進行し、侵害者が不当利得行為をしたときからクロックはスタートします。当事者間に契約がある場合の時効としては、商標権使用権の契約違反などの場合が考えられ、従来は商法522条の商事時効の規定が存在していましたが、商法522条は削除されて、民法の債権等の消滅時効の規定(民法166条)が効力をもちます。今回の改正で2重の起算点のルールが導入され、1)債権者が権利を行使することができることを知った時から5年間行使しないとき(主観的起算点)。2)権利を行使することができる時から10年間行使しないとき(客観的起算点)。1)と2)のどちらかで時効が完成します。一般には、商標権使用権の契約違反は、5年の時効となるものと考えられます。また、時効の完成については、裁判上の請求や仮差押え、仮処分などの各事由があるときは、その事由が終了した時から6か月を経過するまでは時効は完成しないものと規定(民法147条、149条)されています。しかし、「イ号標章に本件登録商標権の効力が及ばないとの判定請求に対する特許庁の判定があるまで時効の進行は開始しない旨の原告の主張は理由がない。」とした判例(長野地裁 昭和 57(ワ)167)があり、特許庁への判定請求や無効審判請求も時効の完成には影響がないものと考えられています。なお、裁判所に対しては、信用回復措置請求(商標法39条で準用する特106条)を求めることができ、この信用回復措置請求権の時効は、損害賠償請求と同じで被害者又はその法定代理人が損害を知った時から3年間となります。差止請求権(商標法36条1項)と廃棄請求権(商標法36条2項)には、時効はありません。

債権者代位権の転用

登記・登録の請求権を保全するための債権者代位権についての規定が設けられています(民法423条の7)。すなわち、”登記又は登録をしなければ権利の得喪及び変更を第三者に対抗することができない財産を譲り受けた者は、その譲渡人が第三者に対して有する登記手続又は登録手続をすべきことを請求する権利を行使しないときは、その権利を行使することができる。”と規定されており、例えば、商標権を甲から乙に移転する際には、移転の登録が商標原簿に対して必要となりますが、甲がその登録をしないままに、乙が第3者の丙にさらに権利移転をした場合には、丙は乙に変わって甲に対して登録の請求を行使することができることになります。

代理(Agency)

新民法第107条では、「代理人が自己又は第三者の利益を図る目的で代理権の範囲内の行為をした場合において、相手方がその目的を知り、又は知ることができたときは、その行為は、代理権を有しない者がした行為とみなす。」と規定しており、代理権の濫用について明文化されています。代理権を有しない者がした行為とみなすということは、無権代理とみなすことになり、無権代理の規定(新民法第113条乃至第117条)が適用されます。

商標登録insideNews: New trademark act heralds dramatic change, fee increases – The Lawyer’s Daily

New trademark act heralds dramatic change, fee increases. With June 17, 2019, quickly approaching, the new Canadian Trade-marks Act is about to dramatically change the brand protection landscape.The good news is that the new legislative changes will actually bring Canada in line with many international treaties and make it easier to simultaneously file international trademark applications. The government also made wise and potentially helpful modifications to expand the definition for trademarks and give applicants the ability to divide applications, which will be of strategic assistance during prosecution and in the event of an opposition.

情報源: New trademark act heralds dramatic change, fee increases – The Lawyer’s Daily

商標登録insideNews: Amendment to Czech trademark legislation: additional responsibilities of trademark owners – Lexology

On 1 January 2019 an amendment to Czech trademark legislation entered into effect. The amendment incorporates applicable EU regulations, and also introduces some country specifics. Below, we summarise the most important changes from a practical perspective:

情報源: Amendment to Czech trademark legislation: additional responsibilities of trademark owners – Lexology

商標登録insideNews: Canada Addresses Trademark Trolls Problem | The National Law Reviews

In 2014, Canada announced significant changes to its trademark law. The Canadian government recently announced that the new regime will come into force, along with new supporting regulations and pract

情報源: Canada Addresses Trademark Trolls Problem

[コメント]今年の6月17日の法改正により、使用の要件ななくなり、使用の証明が不要となることから、商標ブローカーたちが有名ブランドを狙っているという記事になります。

商標登録insideNews: Czech and Slovak Trademark Acts Amended – Kluwer Trademark Blog

Amendments to the Czech and Slovak Trademark Acts implementing the EU trademark reform of 2015 have been recently passed by the respective parliaments. The amendments will become effective on 1 January 2019 in Czechia and on 14 January 2019 in Slovakia. There are 3 major changes to be noted: 1) New definition of a trademark… Continue reading

情報源: Czech and Slovak Trademark Acts Amended – Kluwer Trademark Blog

商標登録insideNews: Long Time Coming: New Trademarks Act Coming Into Force June 2019 – Intellectual Property – Canada | Mondaq

Canada: Long Time Coming: New Trademarks Act Coming Into Force June 2019 Last Updated: November 26 2018 Article by Michelle Nelles and Kevin TuohyTorys LLP Nearly five years after receiving royal assent, amendments to the Trademarks Act will come into force on June 17, 2019. The federal government made the announcement through publishing the new Trademark Regulations in the Canada Gazette II on November 14.1

情報源: Long Time Coming: New Trademarks Act Coming Into Force June 2019 – Intellectual Property – Canada

Trademarks Regulations: SOR/2018-227

商標登録insideNews: Trademark update | Canadian Lawyer Magazine

Set to come into effect next year, the legislative changes to the Trade-marks Act will bring Canada in line with international treaties and make trademark applications faster. But the changes will likely cause uncertainty for trademark lawyers, and the removal of the use requirement may open up the trademarks register to a flood of speculation.

情報源: Trademark update | Canadian Lawyer Mag