商標登録insideNews:「特許法等の一部を改正する法律の一部の施行期日を定める政令」及び「特許法等関係手数料令の一部を改正する政令」が閣議決定されました | 経済産業省

商標法 改正 施行期日

本日(2022.7.15)、「特許法等の一部を改正する法律の一部の施行期日を定める政令」及び「特許法等関係手数料令の一部を改正する政令」が閣議決定されました。これらの政令は、第204回通常国会において成立した「特許法等の一部を改正する法律」の一部の施行期日を定めるとともに、所要の規定を整備するものです。

情報源: 「特許法等の一部を改正する法律の一部の施行期日を定める政令」及び「特許法等関係手数料令の一部を改正する政令」が閣議決定されました (METI/経済産業省)

商標出願料 値上げ 令和5年4月1日から

「特許法等の一部を改正する法律の一部の施行改正法の一部の施行期日について、「改正法公布後1年6月以内の政令で定める日」(改正法附則第1条第4号)を令和4年10月1日と定め、「改正法公布後2年以内の政令で定める日」(改正法附則第1条第5号)を令和5年4月1日と定めていることから、令和5年4月1日から商標登録出願は6,000円プラス15,000円(区分数)(現行料金は3,400円プラス8,600円(区分数))に値上げされる予定です。

商標登録insideNews:「特許法等の一部を改正する法律の施行期日を定める政令」が閣議決定されました | 経済産業省

商標出願料 値上げ

続きを読む“商標登録insideNews:「特許法等の一部を改正する法律の一部の施行期日を定める政令」及び「特許法等関係手数料令の一部を改正する政令」が閣議決定されました | 経済産業省”

商標登録insideNews: 氏名含む商標も登録可能に特許庁、法改正で要件緩和へ 2022.7| 日本経済新聞

氏名商標 改正案予定

特許庁は氏名を含む商標の登録を可能にする法改正を進める。現在は氏名が入った商標を一律で登録拒否している。商標に含まれる氏名に周知性がなければ、原則登録を認める。4月からの有識者会議での議論をふまえ、6月30日に報告書を取りまとめた。2022年内にも商標法の改正案をまとめる。…報告書では出願者の同意があれば、類似の商標を認める「コンセント制度」の導入や、海外にサーバーがあるクラウドサービスにおける特許の扱いについても検討するとした。

情報源: 氏名含む商標も登録可能に 特許庁、法改正で要件緩和へ: 日本経済新聞

氏名商標 改正案

「他人の氏名等を含む商標に関する調査研究」pdf icon small
商標登録insideNews:「氏名ブランド」の商標登録、法改正でようやく可能に?有識者が提言 | 朝日新聞デジタル
商標登録insideNews:「マツモトキヨシ」も不可 登録認められない氏名商標 | 日本経済新聞

Japan Patent Office is moving forward with legal changes to allow the registration of trademarks that include names.The report also considers introducing a “consent system” that allows similar trademarks with the consent of the applicant.

商標登録insideNews: 民事裁判も離婚調停もオンラインで 全面IT化の改正法が成立へ | Yahoo!ニュース

民事裁判手続 全面IT化

 民事裁判や離婚調停を全面的にIT化する民事訴訟法などの改正案が17日、参院法務委員会で可決され、18日の本会議で成立する見通しとなった。記録の電子化、オンライン提出、ウェブ会議などが一気に進む。裁

情報源: 民事裁判も離婚調停もオンラインで 全面IT化の改正法が成立へ(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース

わざわざ出向かなくても裁判手続きが可能に 民事裁判のIT化関連法案が参院で可決・成立|TBS NEWS DIG、0:56

民事裁判手続のIT化について(首相官邸)民事裁判手続 全面IT化

裁判所(COURTS IN JAPAN) 商標_動画(embedded/playlist)
裁判所(COURTS IN JAPAN) 商標_動画(embedded) vol.2

商標登録insideNews: 種苗法の一部を改正する法律の施行 | 農林水産省

種苗法 一部改正(令和4年4月1日施行)

種苗法の一部を改正する法律の施行に伴い、令和4年4月1日より品種登録手続きは次のとおりとなりますのでご留意いただきますようお願いします。なお、出願に係る手続き(下記1~5)は出願日が令和4年4月1日以降の品種(※)が対象となります。(※出願日とは農林水産省において願書を受理した日付が基準となります。) 訂正請求制度は品種登録日が令和4年4月1日以降の品種が対象となります。
1 品種登録願・説明書が新様式になります
令和4年4月1日以降の品種登録出願は品種登録願・説明書が新しい様式となります。新様式は品種登録ホームページに掲載しています。
2 出願料・登録料が変更となります
令和4年4月1日以降の品種登録出願は出願料14,000円となり、また品種登録後の登録料についても変更となります。(1~9年目は、4,500円/年、10年目以降は、30,000円/年)なお、令和4年3月31日以前に出願された品種は現行の登録料が適用されます。
3 審査手数料の納付が必要となります
令和4年4月1日以降の出願品種は現地調査又は栽培試験に係る審査手数料が必要となります。審査手数料は出願公表後に納付通知を送付します。納付通知で指定された期限内(通知の送付から30日以内)に指定された納付方法での納付となります。審査手数料の額・納付方法等の詳細は 品種登録の手引き 69 頁(pdf)をご覧ください。
4 品種登録願・説明書に記載する出願品種の特性について
品種登録審査に用いる重要な形質は必須形質(必ず調査を行う形質)と選択形質(出願者が求めた場合にのみ調査する形質)に分けて審査を実施します。令和4年4月1日以降の出願品種は、出願品種の特性のうち必須形質は原則全て記載してください。選択形質は出願者ご自身が審査を希望する場合のみ記載してください。植物種類毎の必須形質・選択形質、特性を記載するための特性表は、品種登録ホームページに掲載しています。

情報源 品種登録の手引きより

品種登録ホームページ(新) 農林水産省
品種登録の手引き(PDF)
出願料・登録料・手数料一覧

種苗法 (平成10年法律第83号)
農業競争力強化支援法

種苗法 一部改正

商標登録insideNews: The New UAE Trademark Law: All You Must Know | Programming Insider

UAE Trademark Law Revised

The UAE has announced the most significant legislative change in years, including the enactment of Federal Trademarks Law No. 36 of 2021 (“New UAE Trademark Law”), which came into effect on January 2, 2022. The New Law will completely replace Federal Law No. 37 of 1992, modified (the “Old Law”). It is the most noticeable change to Trademark Law in UAE since the Old Law was enacted. While the latest issued Trademark Law in UAE is mainly based on the GCC Unified Trademarks Law, it includes several new features and processes.

情報源: The New UAE Trademark Law: All You Must Know – Programming Insider

New Registration under Madrid

The UAE Ministry of Economy has registered the Investopia Summit as the first trademark after joining the Madrid Protocol for International Trademark Registration as the country seeks to consolidate its position as an intellectual property hub in the region. Registration with the World Intellectual Property Organisation will protect the summit’s trademark in more than 125 countries

情報源: UAE registers Investopia Summit as first trademark under Madrid Protocol

UAE Trademark dubai
Dubai, UAE

アラブ首長国連邦(UAE)商標制度

商標登録insideNews: Spain Industrial Law Field Sees New Procedural Developments | natlawreview.com

Spain Industrial Law Reform Proposed

The Spanish government has approved a draft bill to reform the three main industrial property laws: the Trademark Law, the Industrial Design Law and the Patent Law. The purpose of the changes are to order to solve various problems that industrial property right holders face today in Spain. The reform contains interesting new provisions for the holders of industrial property rights and for those professionals whose practice is in the field of industrial property law.

情報源: Spain Industrial Law Field Sees New Procedural Developments

続きを読む“商標登録insideNews: Spain Industrial Law Field Sees New Procedural Developments | natlawreview.com”

商標登録insideNews: 偽ブランド品、個人輸入でも没収可能に…関税法改正案提出へ | 読売新聞オンライン

関税法改正案

政府は、偽ブランド品など模倣品の輸入について、個人向けの規制を強化する。個人が海外の事業者から購入した場合に没収できるようにする。模倣品の国内流入を抑える狙いがある。 関税法改正案を開会中の通常国会に提出して、2022年度中の施行を目指す。商標法では、個人が自分で使うために海外の親族や知人から模倣品を送ってもらうことは、規制対象となっていない。実際は転売目的なのに「自分用」と称して海外業者から個人輸入するという問題が指摘されてきた。今年中に改正商標法が施行され、個人による海外業者からの輸入は違法となる。合わせて税関の権限を定める関税法も改正し、個人使用が目的であっても、海外業者を介した模倣品と確認されれば、税関が没収できる。

情報源: 偽ブランド品、個人輸入でも没収可能に…関税法改正案提出へ : 経済 : ニュース : 読売新聞オンライン

令和4年度関税率・関税制度改正要望事項(海外の事業者を仕出人とする模倣品の水際取締りの強化)(財務省)

改正商標法2条7項
商標法第2条第7項
(定義等)
第二条 (略)
2~6 (略)
この法律において、輸入する行為には、外国にある者が外国から日本国内に他人をして持ち込ませる行為が含まれるものとする。

⑷ 海外の事業者を仕出人とする模倣品の水際取締りの強化
改正商標法及び意匠法の施行に合わせ、海外事業者から国内の事業性のない者に宛てて郵送等で持ち込まれた模倣品(商標権等侵害物品)を関税法の「輸入してはならない貨物」として規定するとともに、事業性のない輸入者に対する罰則の除外及び侵害物品の認定手続に係る所要の規定を整備。

「関税定率法等の一部を改正する法律案」について 令和4年1月 財務省

商標登録insideNews: Notice of 7 September 2021 | DPMA

Notice of 7 September 2021 – concerning the Second Act to Simplify and Modernise Patent Law (Zweites Gesetz zur Vereinfachung und Modernisierung des Patentrechts) of 10 August 2021 and the Act on Further Duties of the German Patent and Trade Mark Office and to Revise the Patent Costs Act (Gesetz über weitere Aufgaben des Deutschen Patent- und Markenamts und zur Änderung des Patentkostengesetzes) of 30 August 2021 – Contents of the notice

情報源: DPMA | Notice of 7 September 2021

ドイツ特許商標庁(DPMA)、特許法等公布に併せ今後の業務の変更点などを公表 pdf icon – JETRO デュッセルドルフ事務所

4. Trade mark procedures
a) Harmonisation with the current legal situation of the Madrid system (entry into force: 1 May 2022)
The Trade Mark Act, the Trade Mark Ordinance (Markenverordnung) and the schedule of fees are brought into line with the current legal situation of the Madrid system (sections 107 et seq. of the Trade Mark Act, section 25 No. 31, sections 43, 45 and 46 (1) of the Trade Mark Ordinance, Part A section III No. 5 of the annex to section 2 (1) of the Patent Costs Act). Since 31 October 2015, all members of the Madrid Agreement are also members of the Protocol to the Madrid Agreement. Due to the fact that the Protocol to the Madrid Agreement takes priority over the Madrid Agreement, the international registration of marks is now only governed by the Protocol to the Madrid Agreement. This is taken into account by the amendments.

b) Clarifying the calculation of the duration of protection in the Trade Mark Act (entry into force: 18 August 2021)
The provisions on the duration of protection in the Trade Mark Act and in the European Union Trade Mark Regulation will be completely harmonised as regards their wording. In order to facilitate the calculation of the time limit, it is clarified by means of the harmonisation that section 47 (1) of the Trade Mark Act – just as the European Union Trade Mark Regulation – refers to a time period that is triggered by an event. The calculation of the duration of protection will not be changed as a result of the amendment.

6. Fee provisions
e) Switching back from the "one-class model" to the "three-class model" for the conversion of a European Union trade mark into a national trade mark (entry into force: 1 May 2022)
For the conversion of a European Union trade mark into a national trade mark, what is known as the “three-class model” will be reintroduced into the fee system (part A, section III, No. 5 of the annex to section 2 (1) of the Patent Costs Act). Under the up to now applicable "one-class model", the conversion of European Union trade marks into national trade marks results in higher fees compared to a national trade mark application, for which the "three-class model" applies, although the examination effort is basically the same. This will be remedied by the amendment.

station building

商標登録insideNews: “A quantum leap forward for Fiji brand protection” – praise for first new Trademarks Act in 90 years | World Trademark Review

At present, the Fiji Trademarks Act was implemented in 1933 and was based on the UK Trademarks Act of 1905. It has broadly remained unchanged ever since. The biggest issue for modern practitioners is Fiji not being a member of the Nice Agreement, meaning it does not use the International Classification of Goods and Services. Instead, it uses a version of the 1938 British Classification system – a system that is particularly dated in 2021 (it has only 50 different goods classes and 10 subclasses, no service classes, and some archaic categorisations, such as Fijian class 22 being for ‘carriages’ and Fijian class 8 being for ‘philosophical instruments’).That is now set to change. At the end of August 2021, the new Fijian Trademarks Act 2021 was gazetted, with a commencement date set to be announced soon. It is understood the new law is similar to the New Zealand Trademarks Act 2002 (which itself is similar to the Singapore Trademarks Act 1998 and the United Kingdom Trademarks Act 1994), although differences are expected when the full act is published in due course.

情報源: “A quantum leap forward for Fiji brand protection” – praise for first new Trademarks Act in 90 years | World Trademark Review

Fiji Trademark Act 1933

fiji sky

商標insideNews: SHOP SAFE Act Reintroduction Welcomed by Apparel and Footwear Industry | aafaglobal.org

The American Apparel & Footwear Association welcomed the reintroduction of the SHOP SAFE Act today. The bipartisan bill establishes trademark liability for online marketplace platforms when a third-party sells a counterfeit that poses a risk to consumer health or safety (and when that platform does not follow certain best practices).

情報源: SHOP SAFE Act Reintroduction Welcomed by Apparel and Footwear Industry

米国 SHOP SAFE Act 法案は議会通過前の状態ですが、商標法(ラナム法)の改正(Section 32 に追加条文)を予定しています。法案では、第三者が消費者の健康や安全にリスクをもたらす偽造品を販売した場合(およびそのプラットフォームが特定の実務手法に従わない場合)、E-Commerceプラットフォームの商標上の責任を確立します。また、E-Commerceプラットフォームのにインセンティブを与えて、正当性を確保するための売り手の審査、偽造品のリストの削除、偽造品を繰り返し販売する売り手の削除などの実務手法を確立することも目的としています。

shop safe

電子商取引プラットフォームにおける模倣品対策法案の上程 JETRO

H.R. 6058 (116th): SHOP SAFE Act of 2020 w/ machine translation by DeepL
A BILL

To amend the Trademark Act of 1946 to provide for contributory liability for certain electronic commerce platforms for use of a counterfeit mark by a third party on such platforms, and for other purposes.

1.Short title
This Act may be cited as the Stopping Harmful Offers on Platforms by Screening Against Fakes in E-commerce Act of 2020 or the SHOP SAFE Act of 2020.

2.Contributory liability for electronic commerce platforms
Section 32 of the Act entitled An Act to provide for the registration and protection of trademarks used in commerce, to carry out the provisions of certain international conventions, and for other purposes, approved July 5, 1946 (commonly known as the Trademark Act of 1946) (15 U.S.C. 1114), is amended by inserting at the end the following:

(4)

(A)An electronic commerce platform shall be contributorily liable for infringement by a third-party seller participating on the platform for use in commerce of a counterfeit mark in connection with the sale, offering for sale, distribution, or advertising of goods that implicate health and safety, unless the following requirements are met:
(i)The third-party seller is available for service of process in the United States.
(ii)Before any alleged infringing act by the third-party seller, the platform demonstrates that the platform took each of the following reasonable steps to prevent such use on the platform:
(I)Verified through governmental identification and other reliable documentation the identity, principal place of business, and contact information of the third-party seller.
(II)Required the third-party seller to verify and attest to the authenticity of goods on or in connection with which a registered mark is used.
(III)Imposed on the third-party seller as a condition of participating on the platform contractual requirements that—
(aa)the third-party seller agrees not to use a counterfeit mark in connection with the sale, offering for sale, distribution, or advertising of goods on the platform; and
(bb)the third-party seller consents to the jurisdiction of United States courts with respect to claims related to the third-party seller’s participation on the platform.
(IV)Displayed conspicuously on the platform the verified principal place of business, contact information, and identity of the third-party seller, the country of origin and manufacture of the goods, and the location from which the goods will be shipped.
(V)Required each third-party seller to use images that the seller owns or has permission to use and that accurately depict the actual goods offered for sale on the platform.
(VI)Implemented at no cost to the registrant proactive technological measures for screening goods before displaying the goods to the public to prevent any third-party seller’s use of a counterfeit mark in connection with the sale, offering for sale, distribution, or advertising of goods on the platform.
(VII)Implemented at no cost to the registrant a program to expeditiously disable or remove from the platform a listing by any third-party seller that reasonably could be determined to have used a counterfeit mark in connection with the sale, offering for sale, distribution, or advertising of goods.
(VIII)Terminated use of the platform by any third-party seller that has engaged in more than three instances of use of a counterfeit mark in connection with the sale, offering for sale, distribution, or advertising of goods on the platform.
(IX)Implemented at no cost to the registrant technological measures for screening third-party sellers to ensure that sellers who have been terminated do not rejoin or remain on the platform under a different seller identity or alias.
(X)Provided the information verified under clause (I) of each third-party seller that used a counterfeit mark in connection with the sale, offering for sale, distribution, or advertising of goods on the platform to relevant law enforcement and, upon request, the registrant.
(B)In this paragraph:
(i)The term counterfeit mark has the meaning given that term in section 34(d)(1)(B).
(ii)The term electronic commerce platform means any electronically accessed platform that includes publicly interactive features that allow for arranging the sale, purchase, payment, or shipping of goods, or that enables a person other than an operator of such platform to sell or offer to sell physical goods to consumers located in the United States.
(iii)The term goods that implicate health and safety means goods the use of which can lead to illness, disease, injury, serious adverse event, allergic reaction, or death if produced without compliance with all applicable Federal, State, and local health and safety regulations and industry-designated testing, safety, quality, certification, manufacturing, packaging, and labeling standards.
(iv)The term third-party seller means a person other than the electronic commerce platform who uses the platform to arrange for the sale, purchase, payment, or shipping of goods.
(C)Nothing in this paragraph may be construed to limit liability for direct infringement.
A)電子商取引プラットフォームは、以下の要件を満たさない限り、健康と安全を示唆する商品の販売、販売の申し出、配布、または広告に関連して、商取引での使用のためにプラットフォームに参加している第三者販売者による偽造標章の侵害に対して、寄与的責任を負うものとします。
(i)第三者である販売者が、米国内で訴状の送達を受けることができること。
(ii)第三者販売者による侵害行為の申し立ての前に、プラットフォームは、プラットフォーム上での当該使用を防止するために、以下の各合理的な手段を講じたことを証明する。
(I)第三者販売者の身元、主たる事業所、および連絡先を、政府機関の証明書やその他の信頼できる文書によって確認する。
第三者の販売者に対し、登録商標が使用されている商品の真正性を確認・証明することを求めた。
第三者販売事業者が本プラットフォームに参加する条件として、以下の契約上の要件を課すこと。
(aa)第三者販売者は、プラットフォーム上での商品の販売、販売の申し出、配布、または広告に関連して偽造標章を使用しないことに同意する。
(bb)第三者販売者は、第三者販売者のプラットフォームへの参加に関連する請求に関して、米国の裁判所の管轄権に同意する。
(IV)確認された主たる事業所、連絡先、第三者販売者の身元、商品の原産国と製造国、商品の発送先をプラットフォーム上に目立つように表示する。
(V)販売者が所有または使用を許可された画像で、プラットフォーム上で販売されている実際の商品を正確に描写したものを使用することを要求する。
(VI)プラットフォーム上での商品の販売、販売の申し出、流通、広告に関連して、第三者販売者が偽造標章を使用することを防止するために、商品を公衆に表示する前に商品をスクリーニングするための積極的な技術的手段を、登録者に費用をかけずに導入しました。
(VII)商品の販売、販売のための申し出、流通、または広告に関連して偽造標章を使用したと合理的に判断される第三者販売者によるリストを迅速に無効化またはプラットフォームから削除するプログラムを登録者に無償で実施した。
プラットフォーム上での商品の販売、販売のための申し出、流通、広告に関連して、偽造標章の使用を3回以上行った第三者の販売者によるプラットフォームの使用を中止した。
(IX)解除された販売者が別の販売者のIDや別名で再びプラットフォームに参加したり、残ったりしないように、第三者の販売者をスクリーニングするための技術的手段を、登録者の費用負担なしで導入した。
(X)プラットフォーム上での商品の販売、販売の申し出、配布、または広告に関連して偽造標章を使用した各第三者販売者の(I)項に基づいて検証された情報を、関連する法執行機関、および要求に応じて登録者に提供した。
(B)本項において
(i)偽造標章という用語は、第34条(d)(1)(B)で与えられた意味を持ちます。
電子商取引プラットフォームとは、商品の販売、購入、支払い、発送の手配を可能にする公的な対話機能を含む、電子的にアクセスされるプラットフォーム、または当該プラットフォームの運営者以外の者が米国内の消費者に物理的な商品を販売する、もしくは販売を申し出ることを可能にするプラットフォームを意味します。
(iii)安全衛生に関わる商品とは、適用されるすべての連邦、州、および地域の安全衛生規制、および業界が指定する試験、安全性、品質、認証、製造、包装、および表示基準を遵守せずに製造された場合、その使用が病気、疾病、傷害、重大な有害事象、アレルギー反応、または死亡につながる可能性がある商品を意味します。
(iv)第三者販売者とは、電子商取引プラットフォームを利用して商品の販売、購入、支払い、発送を手配する、電子商取引プラットフォーム以外の者をいいます。
(C)本項のいかなる規定も、直接侵害に対する責任を制限するものと解釈してはなりません。