画像で分かる商標分類 商品・役務の区分 一覧📑

特許庁での商標登録に必要な指定商品・指定役務の区分(商品・サービス国際分類表〔第11-2019版])を画像で分かる一覧表で示しています。商標登録をする場合には、その商標が使用される区分の商品や役務(サービス)を指定するものとされ、また指定商品・指定役務の区分の数は出願時の費用、さらには登録時や更新時の費用に直結します。商標登録に際して指定する商品や役務の区分は国際分類(ニース分類)によって概ね世界共通に分類されています。下の画像で分かる商品・役務の区分の一覧表はそれぞれ代表的な商品や役務に関連する画像を表示して、ときどき固い表現を含みがちな商品や役務を平易に示すようにしています。

区分 具体的な商品(第1類~第34類)
第1類
工業用、科学用又は農業用の化学品
第1類 Chemicals
化学品,工業用のり及び接着剤,植物成長調整剤類,肥料,陶磁器用釉薬,塗装用パテ, 高級脂肪酸,非鉄金属,非金属鉱物,写真材料,試験 紙,人工甘味料,工業用粉類,原料プラスチック,パルプ



注釈
第1類には、主として、工業用、科学用及び農業用の化学品(他の類に属する商品の製造に用いられるものを含む。)を含む。

この類には、特に、次の商品を含む:感光紙;タイヤ修理用合成物;食品以外のものの保存用の塩;特定の食品工業用添加物、例えば、ペクチン、レシチン、酵素、化学保存剤;化粧品製造用及び医薬品製造用の特定の成分、例えば、ビタミン、保存剤、酸化防止剤;特定のろ過用剤、例えば、鉱物性物質から成るろ過用剤、植物性物質から成るろ過用剤及び粒状セラミック製ろ過用剤.

この類には、特に、次の商品を含まない:未加工天然樹脂(第2類)、半加工樹脂(第17類);医療用及び獣医科用の化学剤(第5類);殺菌剤、除草剤及び有害動物駆除剤(第5類);文房具としての又は家庭用の接着剤(第16類);食品保存用の塩(第30類);根覆い用わら(第31類).

第1類 化学品
化学品
第1類 プラスチック原料
プラスチック原料
第1類 肥料
肥料
第2類
塗料、着色料及び腐食の防止用の調製品
第2類 Paints
カナダバルサム,コパール,サンダラック,セラック,ダンマール,媒染剤,腐蝕防止剤,防錆剤,マスチック,松脂,木材保存剤,染料,顔料,塗料,印刷インキ,絵の具,防錆グリース,塗装用・装飾用・印刷用又は美術用の非鉄金属はく及び粉,塗装用・装飾用・印刷用又は美術用の貴金属はく及び粉



注釈
第2類には、主として、ペイント、着色剤及び腐蝕防止剤を含む。

この類には、特に、次の商品を含む:工業用、手工業用及び美術用のペイント、ワニス及びラッカー;ペイント用のシンナー、増粘剤、定着剤及びドライヤー、ワニス及びラッカー;木材用及び皮革用媒染剤;防錆油及び木材防腐油;被服用染料;食品用及び飲料用の着色料.

この類には、特に、次の商品を含まない:未加工人造樹脂(第1類)、半加工樹脂(第17類);金属用媒染剤(第1類);洗濯用青み付け剤(第3類);化粧用染料(第3類);絵の具箱(学用品)(第16類);文房具としてのインキ(第16類);絶縁用のペイント及びワニス(第17類).

第2類 塗料
塗料
第2類 絵の具
絵の具
第3類
洗浄剤及び化粧品
第3類 Cosmetics and cleaning products
家庭用帯電防止剤,家庭用脱脂剤,さび除去剤,染み抜きベンジン,洗濯用柔軟剤,洗濯用漂白剤,かつら装着用接着剤,洗濯用でん粉のり,洗濯用ふのり,つけまつ毛用接着剤,口臭用消臭剤,動物用防臭剤,塗料用剥離剤,靴クリーム,靴墨,つや出し剤,せっけん類,歯磨き,化粧品,香料,薫料,研磨紙,研磨布,研磨用砂,人造軽石,つや出し紙, つけづめ,つけまつ毛



注釈
第3類には、主として、化粧品(医療用のものを除く。)、せっけん類(医療用のものを除く。)及び歯磨き(医療用のもの
を除く。)並びに家庭用及び他の環境で使用される洗浄剤を含む。

この類には、特に、次の商品を含む:化粧品である衛生剤;ティッシュに浸みこませた化粧水;人用の防臭用化粧品又は動物用防臭剤;室内用芳香剤;ネイルアート用ステッカー;つや出しワックス;紙やすり.

この類には、特に、次の商品を含まない:化粧品製造用成分、例えば、ビタミン、保存剤及び酸化防止剤(第1類);製造工程用の脱脂剤(第1類);煙突用化学洗浄剤(第1類);防臭剤(人用及び動物用のものを除く。)(第5類);医療用シャンプー、医療用せっけん、医療用ヘアローション及び医療用歯磨き(第5類);エメリーボード、つめやすり、手研ぎ用砥石及び回転砥石(手持ち工具)(第8類);化粧用具及び清浄用具、例えば、化粧用ブラシ(第21類)、雑巾及び清浄用パッド(第21類).

第3類 化粧品
化粧品
第3類 歯磨き
歯磨き
第3類 せっけん
せっけん
第4類
工業用油、工業用油脂、燃料及び光剤
第4類 Lubricants and fuels
固形潤滑剤,靴油,保革油,燃料,工業用油,工業用油脂,ろう,ランプ用灯しん,ろうそく



注釈
第4類には、主として、工業用の油及び油脂、燃料並びにイルミナントを含む。

この類には、特に、次の商品を含む:石造物又は革の保存用油;ろう、工業用ワックス;電気エネルギー;内燃機関用燃料、バイオ燃料;燃料用添加剤(化学品を除く。);燃料用木材.

この類には、特に、次の商品を含まない:石油ストーブ芯(第11類);紙巻きたばこ用ライター専用の芯(第34類);工業用の特殊な油及び油脂、例えば、なめし用油(第1類)、木材防腐油、防錆油及び防錆グリース(第2類)、精油(第3類);ろうそくタイプの美容用マッサージオイル(第3類)及びろうそくタイプの医療用マッサージオイル(第5類);特殊なワックス、例えば、接ぎ木用ろう(第1類)、裁縫用ワックス、つや出しワックス、脱毛用ワックス(第3類)、歯科用ワックス(第5類)、封ろう(第16類)

第4類 燃料
ガソリン 燃料
第4類 ろうそく ワックス
ろうそく ワックス
第4類 潤滑剤
潤滑剤
第5類
薬剤
第5類 Pharmaceuticals
薬剤,医療用試験紙,医療用油紙,医療用接着テープ,衛生マスク,オブラート,ガーゼ,カプセル,眼帯,耳帯,生理帯,生理用タンポン,生理用ナプキン,生理用パンティ,脱脂綿,ばんそうこう,包帯,包帯液,胸当てパッド,綿棒,歯科用材料,おむつ,おむつカバー,はえ取り紙,防虫紙,乳幼児用粉乳,サプリメント,食餌療法用飲料,食餌療法用食品,乳幼児用飲料,乳幼児用食品,栄養補助用飼料添加物(薬剤に属するものを除く。),人工受精用精液



注釈
第5類には、主として、薬剤及び他の医療用剤又は獣医科用剤を含む。

この類には、特に、次の商品を含む:身体衛生用剤(化粧品を除く。);乳児用及び失禁用おむつ;防臭剤(人用及び動物用のものを除く。);医療用シャンプー、医療用せっけん、医療用ローション及び医療用歯磨き;通常の食事を補うため又は健康に益するための栄養補助食品;医療用又は獣医科用の食事の代替品並びに食餌療法用食品及び飲料(獣医科用のものを含む。).

この類には、特に、次の商品を含まない:医薬品製造用成分、例えば、ビタミン、保存剤及び酸化防止剤(第1類);化粧品、せっけん類及び歯磨きとしての衛生剤(医療用のものを除く。)(第3類);人用の防臭用化粧品又は動物用防臭剤(第3類);支持用包帯(第10類);食事の代替品並びに食餌用食品及び飲料(医療用又は獣医科用のものを除く。)であって適当な食品又は飲料の類に分類されるもの、例えば、低脂肪の調理用ポテトチップ(第29類)、高タンパク質シリアルバー(第30類)、アイソトニック飲料(第32類).

第5類 薬剤
薬剤
第5類 栄養補助剤
サプリメント 栄養補助剤
第5類 包帯 絆創膏
包帯 絆創膏
第6類
卑金属及びその製品
第6類 Metal goods
鉄及び鋼,非鉄金属及びその合金,金属鉱石,建築用又は構築用の金属製専用材料,金属製建造物組立てセット,金属製荷役用パレット,荷役用ターンテーブル,荷役用トラバーサー,金属製人工魚礁,金属製養鶏用かご,金属製の吹付け塗装用ブース,金属製セメント製品製造用型枠,金属製の滑車・ばね及びバルブ(機械要素に当たるものを除く。),金属製管継ぎ手,金属製フランジ,キー,コッタ,てんてつ機,金属製道路標識(発光式又は機械式のものを除く。),金属製航路標識(発光式のものを除く。),金属製貯蔵槽類,いかり,金属製輸送用コンテナ,かな床,はちの巣,金属製金具,ワイヤロープ,金網,金属製包装用容器,金属製のネームプレート及び標札,金属製手持式旗ざお,金属製植物の茎支持具,金屬製のきゃたつ及びはしご,金属製郵便受け,金属製帽子掛けかぎ,金属製家庭用水槽,金属製工具箱,金属製のタオル用ディスペンサー,金属製建具,金庫,金属製屋外用ブラインド,金属製立て看板,金属製人工池,金属製の可搬式家庭用温室,金属製の墓標及び墓碑用銘板,金属製靴合わせくぎ,金属製靴くぎ,金属製靴びょう,金属製靴保護金具,つえ用金属製石突き,拍車,アイゼン,カラビナ,ハーケン,金属製彫刻



注釈
第6類には、主として、未加工及び半加工の金属(鉱石を含む)並びに特定の金属製製品を含む。

この類には、特に、次の商品を含む:例えば、3Dプリンター用のように、さらなる処理に用いられる金属粉又は金属箔;金属製建築材料、例えば、鉄道線路用金属材料、金属製管;小型金属製品、例えば、ボルト、ねじ、くぎ、家具用キャスター、窓用締め具;運搬可能な金属製建築物又は構造物、例えば、プレハブ住宅組立セット、水泳用プール組立セット、野生動物用おり及びかご、スケートリンク組立セット;機能又は用途により他に分類されない金属から成る特定の商品、例えば、多目的の金属製包装用容器、金属製の像、金属製の胸像、及び金属製造形品.

この類には、特に、次の商品を含まない:化学的特性に関する産業・科学研究における化学物質として用いられる金属及び鉱石、例えば、ボーキサイト、水銀、アンチモン、アルカリ類及びアルカリ土類金属(第1類);塗装用、装飾用、印刷用及び美術用の金属箔及び金属粉(第2類);電気ケーブル(第9類)及び金属製でない非電気ケーブル及びロープ(第22類);衛生設備の部品としての管(第11類)、フレキシブル管、フレキシブルチューブ、フレキシブルホース(金属製のものを除く。)(第17類)、硬質管(金属製のものを除く。)(第19類);愛玩動物用ケージ(第21類);その機能又は用途によって分類される金属から成る特定の商品、例えば、手持工具(手動式のもの)(第8類)、クリップ(第16類)、家具(第20類)、台所用器具(第21類)、家庭用容器(第21類).

第6類 鉄材 鋼材
鉄材 鋼材
第6類 金属製建築材
金属製建築材
第6類 ボルト ナット
ボルト ナット
第7類
加工機械、原動機(陸上の乗物用のものを除く。)その他の機械
第7類 Machinery
金属加工機械器具,鉱山機械器具,土木機械器具,荷役機械器具,漁業用機械器具,化学機械器具,繊維機械器具,食料加工用又は飲料加工用の機械器具,製材用・木工用又は合板用の機械器具,パルプ製造用・製紙用又は紙工用の機械器具,印刷用又は製本用の機械器具,ミシン,農業用機械器具,靴製造機械,製革機械,たばこ製造機械,ガラス器製造機械,塗装機械器具,包装用機械器具,陶工用ろくろ,プラスチック加工機械器具,半導体製造装置,ゴム製品製造機械器具,石材加工機械器具,動力機械器具(陸上の乗物用のものを除く。),動力機械器具の部品,風水力機械器具,機械式の接着テープディスペンサー,自動スタンプ打ち器,自動販売機,ガソリンステーション用装置,電気洗濯機,修繕用機械器具,機械式駐車装置,乗物用洗浄機,業務用攪はん混合機,業務用皮むき機,業務用切さい機,食器洗浄機,電気式ワックス磨き機,>電気掃除機,消毒・殺虫又は防臭用散布機(農業用のものを除く。),機械要素(陸上の乗物用のものを除く。),芝刈機,電動式カーテン引き装置,電動式扉自動開閉装置,業務用廃棄物圧縮装置,業務用廃棄物破砕装置,3Dプリンター,起動器,交流電動機及び直流電動機(陸上の乗物用の交流電動機及び直流電動機(その部品を除く。)を除く。),交流発電機,直流発電機,電気ミキサー,電機ブラシ



注釈
第7類には、主として、機械、工作機械、原動機を含む。

この類には、特に、次の商品を含む:すべての種類の原動機の部品、例えば、すべての種類の原動機用のスターター、消音器、及びシリンダー;電気式清浄装置及び電気式研磨装置、例えば、電気式靴磨き機、電気式じゅうたん洗浄機及び電気掃除機;3Dプリンター;
工業用ロボット;輸送用でない特殊な乗物、例えば、道路清掃用機械、道路建設用機械、ブルドーザー、除雪機及びこれらの乗物用ゴムク
ローラ.

この類には、特に、次の商品を含まない:手持ちの工具及び器具(手動式のもの)(第8類);人工知能搭載のヒューマノイドのロボット(第9類)、実験用ロボット、教育支援用ロボット(産業用・医療用・遊戯用のものを除く。)、防犯用監視ロボット(第9類)、外科手術用ロボット(第10類)、自律走行式自動車(第12類)、自動演奏式ドラム(第15類)、おもちゃのロボット(第28類);陸上の乗物用の原動機(第12類);乗物用無限軌道及びトラクター(第12類);特殊な機械、例えば、現金自動預払機(第9類)、人工呼吸装置(第10類)、冷却用機器(第11類)

第7類 金属加工機械
金属加工機械
第7類 エレベーター
エレベーター
第7類 エンジン
エンジン
第7類 農業用機械器具
農業用機械器具
第7類 食品用機械器具
食品用機械器具
第7類 機械要素 軸受
機械要素 ベアリング
第7類 電気ドリル
電気ドリル
第8類
手動工具
第8類 Hand tools
ピンセット,組ひも機(手持工具に当たるものに限る。),くわ,鋤,レーキ(手持工具に当たるものに限る。),靴製造用靴型(手持工具に当たるものに限る。),電気アイロン,電気かみそり及び電気バリカン,手動利器,手動工具,エッグスライサー(電気式のものを除く。),かつお節削り器,缶切,スプーン,チーズスライサー(電気式のものを除く。),ピザカッター(電気式のものを除く。),フォーク,チャコ削り器,十能,暖炉用ふいご(手持工具に当たるものに限る。),火ばし,護身棒,ひげそり用具入れ,ペディキュアセット,まつ毛カール器,マニキュアセット,ペディキュアセット,まつ毛カール器,マニキュアセット,ピッケル,水中ナイフ,水中ナイフ保持具,パレットナイフ



注釈
第8類には、主として、掘削、形削り、切削、及び穴あけ作業を行うための手動式の手持工具及び器具を含む。

この類には、特に、次の商品を含む:農業用、園芸用及び造園用の手持工具;大工、芸術家、その他職人に使用される手動式の手持工具、例えば、ハンマー、のみ及び彫刻用工具;手動式の手持工具の柄、例えば、ナイフ、大がま用のもの;電気式及び非電気式の身繕い用及び身体のアート用の手持ちの器具、例えば、かみそり、頭髪カール器、入れ墨用器具並びにマニキュア用及びペディキュア用器具;手動式ポンプ;食卓用刃物類、例えば、スプーン、フォーク及び洋食ナイフ(貴金属製のものを含む。).

この類には、特に、次の商品を含まない:工作機械及び原動機によって駆動する器具(第7類);外科用刃物類(第10類);自転車のタイヤ用空気ポンプ(第12類)、ゲーム用ボール専用のポンプ(第28類);携帯武器(火器)(第13類);ペーパーナイフ及び文書用シュレッダー(事務用のもの)(第16類);その機能又は用途によって各類に分類されるものの柄、例えば、つえの柄、傘用柄(第18類)、ほうき用柄(第21類);給仕用具、例えば、角砂糖挟み、アイストング(氷ばさみ)、パイ取分け用へら、及び給仕用レードル、並びに台所用品、例えば、バースプーン、すりこぎ、すりばち、くるみ割り器及びへら(第21類);フェンシング用武具(第28類).

第8類 はさみ 手動工具
はさみ 手動工具
第8類 ハンマー
金槌 手動工具
第8類 ピザカッター
ピザカッター
第8類 レーキ 鍬
レーキ 鍬
第9類
各種用途用、光学式、電気式の機械器具
第9類 Electrical and scientific apparatus
水泳用耳栓,潜水用耳栓,オゾン発生器,電解槽,検卵器,青写真複写機,金銭登録機,硬貨の計数用又は選別用の機械,写真複写機,製図用又は図案用の機械器具,タイムスタンプ,タイムレコーダー,パンチカードシステム機械,票数計算機,郵便切手のはり付けチェック装置,駐車場用硬貨作動式ゲート,救命用具,消火器,消火栓,消火ホース,消火ホース用ノズル,スプリンクラー消火装置,火災報知機,ガス漏れ警報器,盗難警報器,保安用ヘルメット,鉄道用信号機,乗物の故障の警告用の三角標識,発光式又は機械式の道路標識,潜水用機械器具,業務用テレビゲーム機用プログラム,乗物運転技能訓練用シミュレーター,運動技能訓練用シミュレーター,理化学機械器具,写真機械器具,映画機械器具,光学機械器具,測定機械器具,配電用又は制御用の機械器具,回転変流機,調相機,太陽電池,電池,電気磁気測定器,電線及びケーブル,電気通信機械器具,携帯情報端末,電子応用機械器具及びその部品,磁心,抵抗線,電極,消防艇,科学用人工衛星,消防車,防じんマスク,防毒マスク,溶接マスク,防火被服,防災頭巾,事故防護用手袋,眼鏡,家庭用テレビゲーム機用プログラム,携帯用液晶画面ゲーム機用のプログラムを記憶させた電子回路及びCD-ROM,運動用保護ヘルメット,ホイッスル,ウエイトベルト,エアタンク,シュノーケル,レギュレーター,メトロノーム,電子楽器用自動演奏プログラムを記憶させた電子回路及びCD-ROM,電気又は電子楽器用フェイザー,レコード,インターネットを利用して受信し及び保存することができる音楽ファイル,インターネットを利用して受信し及び保存することができる画像ファイル,録画済みビデオディスク及びビデオテープ,電子出版物,映写フィルム,スライドフィルム,スライドフィルム用マウント



注釈
第9類には、主として、科学用又は研究用機械器具、視聴覚用及び情報技術用装置、並びに安全及び救命用具を含む。

この類には、特に、次の商品を含む:実験室用科学研究機器;訓練用の器具及びシミュレーター、例えば、蘇生訓練用マネキン人形、乗物運転技能訓練用シミュレーター;航空機、船舶及び無人の乗物の制御及び監視用機器、例えば、ナビゲーション装置、送信装置、測定用コンパス、全地球測位装置(GPS)、乗物用自動操縦装置;安全用機器、例えば、救命網、信号灯、交通信号機、消防車、音響式警報器、セキュリティートークン(暗号化装置);重大な又は生命を脅かす怪我に対する身体防護用衣服、例えば、事故・放射線又は火熱に対する身体防護用衣服、防弾服、保安用ヘルメット、運動用ヘッドガード、運動用マウスガード、飛行士用保護服、作業用ひざ当て;光学用機器、例えば、眼鏡、コンタクトレンズ、拡大鏡、検査作業用鏡、のぞき穴;永久磁石;腕時計型携帯情報端末、着用可能なアクティビティトラッカー;コンピュータ用ジョイステック(テレビゲーム用を除く。)、バーチャルリアリティ用ヘッドセット、眼鏡型携帯情報端末;眼鏡用容器、スマートフォン用のケース、写真用機器専用ケース;現金自動預払機、インボイス作成機、材料試験用の器具及び機械;電子たばこ用バッテリー及び充電器;楽器用エフェクター;
実験用ロボット、教育支援用ロボット、防犯用監視ロボット、人工知能搭載のヒューマノイドロボット.

この類には、特に、次の商品を含まない:ジョイスティック(機械部品)(ゲーム機用のものを除く。)(第7類)、乗物用ジョイスティック(第12類)、テレビゲーム機用ジョイスティック、おもちゃ用及びゲーム機用コントローラー(第28類);その機能又は用途によって各類に分類される硬貨作動式装置、例えば、硬貨作動式洗濯機(第7類)、硬貨作動式ビリヤード台(第28類);工業用ロボット(第7類)、外科手術用ロボット(第10類)、おもちゃのロボット(第28類);脈拍計、心拍数測定用機器、体組成計(第10類);実験室用ランプ、実験室バーナー(第11類);ダイビング用ライト(第11類);爆発性霧中信号、信号用ロケット照明弾(第13類);生物組織の顕微鏡用切片(教育用のものに限る。)、顕微鏡観察に用いる生物の教材用標本(第16類);特定のスポーツをするときに着用される被服及び器具、例えば、保護用パッド(運動用被服の部分品)、フェンシング用マスク、ボクシング用グローブ(第28類).

第9類 光学機械
カメラ
第9類 携帯電話機
携帯電話機
第9類 コンピューター
コンピュータ
第9類 眼鏡
眼鏡
第9類 CD-ROM
CD-ROM
第9類 ソフトウェア
ソフトウェア・アプリケーション
第10類
医療用機械器具及び医療用品
第10類 Medical apparatus
医療用指サック,おしゃぶり,氷まくら,三角きん,支持包帯,手術用キャットガット,吸い飲み,スポイト,乳首,氷のう,氷のうつり,哺乳用具,魔法哺乳器, 避妊用具,人工鼓膜用材料,補綴充てん用材料(歯科用のものを除く。),睡眠用耳栓,防音用耳栓,業務用美容マッサージ器,医療用機械器具,家庭用電気マッサージ器,医療用手袋,しびん,病人用差込み便器,耳かき



注釈
第10類には、主として、外科用、内科用、歯科用及び獣医科用の機器及び器具であって、概して人及び動物の機能又は状態
の診断、治療又は改善のために使用される商品を含む。

この類には、特に、次の商品を含む:支持包帯、医療用特殊被服、例えば、医療用圧迫衣服、静脈瘤用ストッキング、拘束服、整形外科用履物;月経用、避妊用、分娩用の商品、機器及び装置、例えば、月経用カップ、ペッサリー、コンドーム、分娩用マットレス、鉗子;人工又は合成材料から成る移植のための治療用及び補綴用品及び装置、例えば、人工材料から成る外科用インプラント、人工胸部、脳ペースメーカー、生分解性骨固定用インプラント;調剤台、その他の医療用特殊調度品、例えば、医療用又は歯科用の肘掛いす、医療用エアマットレス、手術台.

この類には、特に、次の商品を含まない:医療用包帯及び衛生用吸収性製品、例えば、ばんそうこう、包帯、包帯用ガーゼ、胸当てパッド、乳児用おむつ、失禁用おむつ、タンポン(第5類);生組織から成る外科用インプラント(第5類);医療用巻たばこ(たばこの葉を用いていないものに限る。)(第5類)及び電子たばこ(第34類);車いす及びモビリティスクーター(第12類);マッサージ台及び病院用ベッド(第20類)

第10類 医療用機器
血圧計
第10類 手術用照明
手術用照明
第10類 鉗子
鉗子
第11類
照明用、加熱用、蒸気発生用、調理用、冷却用、乾燥用、換気用、給水用又は衛生用の装置
第11類 Environmental control apparatus
便所ユニット,浴室ユニット,化学製品製造用乾燥装置,化学製品製造用換熱器,化学製品製造用蒸煮装置,化学製品製造用蒸発装置,化学製品製造用蒸留装置,化学製品製造用熱交換器,化学繊維製造用乾燥機,牛乳殺菌機,業務用アイスクリーム製造機,業務用製パン機,ベニヤ製造用乾燥機,工業用炉,原子炉,収穫物乾燥機,飼料乾燥装置,ボイラー(動力機械部品・機関用のものを除く。),業務用暖冷房装置,業務用冷凍機械器具,業務用衣類乾燥機,タオル蒸し器,美容院用頭髪乾燥機,美容院用頭髪蒸し器,理髪店用洗髪台,業務用加熱調理機械器具,業務用食器乾燥機,業務用食器消毒器,業務用調理台,業務用流し台,水道用栓,タンク用水位制御弁,パイプライン用栓,汚水浄化槽,し尿処理槽,ごみ焼却炉,太陽熱利用温水器,業務用浄水装置,電球類及び照明用器具,家庭用電熱用品類,水道蛇口用座金,水道蛇口用ワッシャー,ガス湯沸かし器,家庭用加熱器(電気式のものを除く。),家庭用調理台,家庭用流し台,家庭用浄水器(電気式のものを除く。),あんどん,ちょうちん,ガスランプ,石油ランプ,ほや,あんか,懐炉,湯たんぽ,家庭用汚水浄化槽,家庭用し尿処理槽,洗浄機能付き便座,洗面所用消毒剤ディスペンサー,便器,和式便器用椅子,浴槽類,ストーブ類(電気式のものを除く。)



注釈
第11類は、主として、環境制御器具及び装置、特に、照明用、調理用、冷却用及び消毒用のものを含む。

この類には、特に、次の商品を含む:空気調和装置及び設備;炉(実験室用のものを除く。)、例えば、歯科用炉、電子レンジ、製パン用オーブン;ストーブ(暖房装置);太陽集熱器;煙突用煙道、煙突用送風機、炉床、家庭用暖炉;滅菌装置、焼却炉;照明用器具及び装置、例えば、照明用発光管、探照灯、安全灯、発光式家屋番号札、乗物用反射器、乗物用ライトランプ、例えば、電球、ガス灯、実験室用ランプ、石油ランプ、街灯、安全灯;日焼け用器具;浴室用装置、浴槽類、浴室用配管固定具;便所、小便器;噴水用機械器具、チョコレートファウンテン;電熱式パッド、クッション及び電気毛布(医療用のものを除く。);湯たんぽ;電熱式の被服;電気式ヨーグルト製造器、製パン機、コーヒー用機械器具、アイスクリーム製造機;製氷用装置.

この類には、特に、次の商品を含まない:蒸気発生装置(機械部品)(第7類);空気冷却器(第7類);発電機(第7類);はんだ付け用小型発炎装置(第7類)、映写機用光源ランプ、写真用暗室ランプ(第9類)、医療用ランプ(第10類);実験室用炉(第9類);光電池(第9類);信号灯(第9類);医療用電熱式パッド、クッション及び電気毛布(第10類);ベビーバス(持ち運びできるもの)(第21類);携帯用クーラーボックス(電気式のものを除く。)(第21類);統合された熱源を持たない調理器具、例えば、調理用鉄板及び網焼き器(電気式のものを除く。)、ワッフル焼き型(電気式のものを除く。)、調理用圧力鍋(電気式のものを除く。)(第21類);足部保温用マフ(電熱式のものを除く。)(第25類).

第11類 工業用炉
電気アーク炉
第11類 冷蔵庫
冷蔵庫
第11類 照明器具・ランプ
照明器具・ランプ
第11類 ストーブ
ストーブ
第12類
乗物その他移動用の装置
第12類 Vehicles
牽引車,荷役用索道,陸上の乗物用の動力機械器具(その部品を除く。),陸上の乗物用の機械要素,落下傘,乗物用盗難警報器,車椅子,陸上の乗物用の交流電動機又は直流電動機(その部品を除く。),船舶並びにその部品及び附属品,航空機並びにその部品及び附属品,鉄道車両並びにその部品及び附属品,自動車並びにその部品及び附属品,二輪自動車・自転車並びにそれらの部品及び附属品,人力車,そり,手押し車,荷車,馬車,リヤカー, タイヤ又はチューブの修繕用ゴムはり付け片,乳母車



注釈
第12類には、主として、陸上、空中又は水上の人又は商品を輸送するための乗物及び装置を含む。

この類には、特に、次の商品を含む:陸上の乗物用の原動機;陸上の乗物用の継手及び伝導装置の構成部品;エアクッション艇;遠隔操作式乗物(おもちゃを除く。);乗物の部品、例えば、バンパー、風防ガラス、ステアリングホイール、航空機・自動車・二輪自動車・自転車用タイヤ、乗物用無限軌道.

この類には、特に、次の商品を含まない:鉄道用金属材料(第6類);原動機、継手及び伝導装置の構成部品(陸上の乗物用のものを除く。)(第7類);すべての種類の原動機の部品、例えば、原動機用のスターター、消音器、及びシリンダー;土木機械用、鉱山機械用、農業機械用、及びその他の過酷な使用に耐える機械用のゴムクローラ(第7類);幼児用三輪車(おもちゃ)及び子供用片足スクーター(おもちゃ)(第28類);輸送用でない特殊な乗物又は車輪付き装置、例えば、道路清掃用機械(自走式のもの)(第7類)、消防車(第9類)、ティーワゴン(第20類);乗物の特定の部品、例えば、乗物用蓄電池、乗物用走行距離記録計及び乗物用ラジオ受信機(第9類)、自動車用及び自転車用ライト(第11類)、自動車用カーペット(第27類).

第12類 船舶
ヨット 船舶
第12類 飛行機
飛行機
第12類 自動車
自動車
第12類 自転車
自転車
第13類
火器及び火工品
第13類 Firearms
銃砲,銃砲弾,火薬,爆薬,火工品及びその補助器具,戦車



注釈
第13類には、主として、火器及び火工品を含む。

この類には、特に、次の商品を含む:救助用の照明弾(火薬類又は火工品に属するものに限る。);ピストル型照明弾発射器;護身用スプレー;爆発性霧中信号及び信号用ロケット照明弾;空気銃(武器);弾薬帯;運動用小火器及び猟銃.

この類には、特に、次の商品を含まない:兵器用グリース(第4類);ナイフ(武器)(第8類);携帯武器(火器を除く。)(第8類);霧中信号(爆発性のものを除く。)、救助用レーザー信号灯(第9類);火器用望遠照準器(第9類);燃焼式トーチ(第11類);クリスマス用クラッカー(第28類);雷管(おもちゃ)(第28類);おもちゃの空気銃;マッチ(第34類).

第13類 ダイナマイト
ダイナマイト
第13類 銃
銃
第14類
貴金属、貴金属製品であって他の類に属しないもの、宝飾品及び時計
第14類 Jewelry
貴金属,宝玉及びその原石並びに宝玉の模造品,キーホルダー,宝石箱,記念カップ,記念たて,身飾品,貴金属製靴飾り,時計



注釈
第14類には、主として、貴金属、及び特定の貴金属製品又は貴金属を被覆した製品並びに宝飾品、時計及びその構成部品を含む。

この類には、特に、次の商品を含む:模造の宝飾品を含む宝飾品、例えば、人造宝飾品;カフスボタン、ネクタイピン、ネクタイ止め;キーホルダー及びキーホルダー用チャーム;宝飾品用チャーム;宝石箱;宝飾品、時計用構成部品、例えば、宝飾品用留め具及びビーズ、時計用ムーブメント、時計の針、時計のゼンマイ、時計のガラス.

この類には、特に、次の商品を含まない:腕時計型携帯情報端末(第9類);チャーム(宝飾品、キーホルダー用のものを除く。)(第26類);その材料に従って分類される貴金属製又は貴金属を被覆したものではない美術品、例えば、金属製造形品(貴金属製のものを除く。)(第6類)、石製・コンクリート製又は大理石製の造形品(第19類)、木製・ろう製・石膏製又はプラスチック製の造形品(第20類)、磁器製・陶器製・土器製・テラコッタ製又はガラス製の造形品(第21類);その機能又は用途によって分類される貴金属製又は貴金属を被覆した特定の商品、例えば、塗装用、装飾用、印刷用及び美術用の金属箔及び金属粉(第2類)、歯科用金アマルガム(第5類)、刃物類(第8類)、電気接点(第9類)、金製ペン先(第16類)、ティーポット(第21類)、金・銀糸を用いた刺しゅう布(第26類)、葉巻たばこ用箱(第34類).

第14類 金 貴金属
貴金属
第14類 宝石
宝石
第14類 時計
時計
第14類 身飾品・ネックレス
アクセサリー・ネックレス
第15類
楽器
第15類 Musical instruments
調律機,楽器,楽譜台,指揮棒,音さ



注釈
第15類は、主として、楽器並びにそれらの部品及び付属品を含む。

この類には、特に、次の商品を含む:機械式の楽器及びその附属品、例えば手回し風琴、機械式ピアノ、音の強度調整器(機械式ピアノ用のもの)、自動演奏式ドラム;オルゴール;電気式及び電子式の楽器.楽器用の弦、リード、糸巻、及びペダル;音叉、調律用ハンマー型レンチ;弦楽器用松やに;

この類には、特に、次の商品を含まない:音響の記録用、送信用、増幅用及び再生用の装置、例えば楽器用エフェクター、ワウワウペダル、オーディオインターフェース、オーディオミキサー(音響機器)、イコライザー、サブウーファー(第9類);インターネットを利用して受信し、及び保存することができる音楽ファイル(第9類);ダウンロード可能な電子楽譜(第9類)、印刷された楽譜(第16類);ジュークボックス(「電気通信機械器具」に属するもの)(第9類);メトロノーム(第9類);メロディー付きグリーティングカード(第16類).

第15類 楽器
楽器
第16類
紙、紙製品及び事務用品
第16類 Paper goods and printed matter
事務用又は家庭用ののり及び接着剤,封ろう,印刷用インテル,活字,あて名印刷機,印字用インクリボン,自動印紙はり付け機,事務用電動式ステープラ,事務用封かん機,消印機,製図用具,タイプライター,チェックライター,謄写版,凸版複写機,文書細断機,郵便料金計器,輪転謄写機,マーキング用孔開型板,装飾塗工用ブラシ,紙製包装用容器,プラスチック製包装用袋,家庭用食品包装フィルム,紙製ごみ収集用袋,プラスチック製ごみ収集用袋,型紙,裁縫用チャコ,紙製のぼり,紙製旗,衛生手ふき,紙製タオル,紙製テーブルナプキン,紙製手ふき,紙製ハンカチ,荷札,印刷したくじ(「おもちゃ」を除く。),紙類,文房具類,印刷物,書画,写真,写真立て



注釈
第16類には、主として、紙、厚紙及びこれらを材料とする特定の商品及び事務用品を含む。

この類には、特に、次の商品を含む:ペーパーナイフ及びペーパーカッター;紙の保管又は固定用のケース、カバー及び装置、例えば、文書ファイル、紙幣用クリップ、小切手帳ホルダー、クリップ、パスポートホルダー、スクラップブック;特定の事務用機器、例えば、タイプライター、謄写機、郵便料金計器、鉛筆削り;芸術家及び、室内用及び屋外用で使用される絵画用品、例えば、美術用水彩絵の具皿、絵画用イーゼル及びパレット、塗装用ローラー及びトレイ;特定の使い捨ての紙製品、例えば、紙製よだれ掛け又は胸当て、紙製ハンカチ及び紙製テーブルリネン;機能又は用途によって分類されない紙製又は厚紙製から成る特定の商品、例えば、紙袋、包装用封筒及び容器、紙粘土製小立像、石版画、絵画及び水彩画(額に入っているもの又は入っていないもの)のような紙製又は厚紙製の像、小立像及び美
術品.

この類には、特に、次の商品を含まない:ペイント(第2類);美術用手持工具、例えば、へら、彫刻用のみ(第8類);教育用機器、例えば、教育用映像周波機械器具、教育用音声周波機械器具、その他の教育用視聴覚機械器具、蘇生訓練用マネキン人形(第9類)、おもちゃの模型(第28類);その機能又は用途によって分類され紙又は厚紙から成る特定の商品、例えば、写真印画紙(第1類)、研磨紙(第3類)、屋内用紙製ブラインド(第20類)、紙製食卓用カップ及び紙皿(第21類)、紙製ベッドリネン(第24類)、紙製被服(第25類)、紙巻きたばこ用紙(第34類)

第16類 文房具
文房具
第16類 書籍
書籍 印刷物
第16類 紙製品
トイレットペーパー 紙製品
第17類
電気絶縁用、断熱用又は防音用の材料及び材料用のプラスチック
第17類 Rubber goods
雲母,ゴム製又はバルカンファイバー製のバルブ(機械要素に当たるものを除く。),ガスケット,管継ぎ手(金属製のものを除く。),パッキング,オイルフェンス,電気絶縁材料,ゴム製又はバルカンファイバー製の座金及びワッシャー,化学繊維(織物用のものを除く。),岩石繊維,鉱さい綿,糸ゴム及び被覆ゴム糸(織物用のものを除く。),化学繊維糸(織物用のものを除く。),絶縁手袋,ゴムひも,ゴム製包装用容器,ゴム製栓,ゴム製ふた,農業用プラスチックシート,コンデンサーペーパー,バルカンファイバー,接着テープ(医療用・事務用又は家庭用のものを除く。),プラスチック基礎製品,ゴム,岩石繊維製防音材(建築用のものを除く。)



注釈
第17類には、主として、電気絶縁用、断熱用及び防音用の材料並びに製造用プラスチックであって、シート状、ブロック状及び棒状のもの、並びにグタペルカ、ガム、石綿及び雲母からなる特定の製品又はそれらの代用品を含む。

この類には、特に、次の商品を含む:タイヤ更生用ゴム材料;汚染防止用浮遊式障壁;文房具以外の接着テープ(医療用のもの及び家庭用のものを除く。);プラスチック製フィルム(包装用を除く。)、例えば、窓用遮光フィルム;弾性糸、糸ゴム及びプラスチック製糸(織物用のものを除く。);機能又は用途によって分類されない、この類の材料から成る特定の商品、例えば、生け花用気泡状支持具(半完成品)、ゴム製又はプラスチック製の詰物用材料、ゴム栓、ゴム製衝撃吸収緩衝材、ゴム製包装袋.

この類には、特に、次の商品を含まない:消防用ホース(第9類);管(衛生設備の部品)(第11類)、金属製硬質管(第6類)及び非金属製硬質管(第19類);建築用の絶縁ガラス(第19類);その機能又は用途によって分類されるこの類の材料から成る特定の商品、例えば、ガムロジン(第2類)、歯科用ゴム(第5類)、消防士用石綿製スクリーン(第9類)、チューブ修理用粘着性ゴムパッチ(第12類)、消しゴム(第16類).

第17類 プラスチック基礎製品
プラスチック基礎製品
第18類 絶縁碍子
絶縁碍子
第18類
革及びその模造品、旅行用品並びに馬具
第18類 Leather goods
かばん金具,がま口口金,蹄鉄,レザークロス,皮革,皮革製包装用容器,ペット用被服類,かばん類,袋物,携帯用化粧道具入れ,傘,ステッキ,つえ,つえ金具,つえの柄,乗馬用具



注釈
第18類には、主として、革、模造の革、これらの材料から成る特定の商品を含む。

この類には、特に、次の商品を含む:旅行かばん及びキャリーバッグ、例えば、スーツケース、トランク、旅行かばん、幼児用背負い袋、通学用かばん;旅行かばん用タグ;名刺入れ及び札入れ;革製又はレザーボード製の箱及び容器.この類には、特に、次の商品を含まない:医療用のつえ(第10類);人用の革製被服、履物及び帽子(第25類);中に入れることを意図した商品専用バッグ及びケース、例えば、ラップトップ型コンピュータ専用バッグ(第9類)、写真用機器専用バッグ又はケース(第9類)、楽器用ケース(第15類)、ゴルフバッグ(車付又は車のないもの)、スキー及びサーフボード専用バッグ(第28類);その機能又は用途によって分類される革・模造の革・獣皮から成る特定の商品、例えば、革砥(第8類)、つや出し用革(第21類)、清浄用セーム革(第21類)、被服用革製ベルト(第25類).

第18類 かばん類
かばん類
第18類 傘
傘
第18類 毛皮
毛皮
第18類 乗馬用具
乗馬用具
第19類
金属製でない建築材料
第19類 Non-metallic building materials
タール,ピッチ,建築用又は構築用の非金属鉱物,陶磁製建築専用材料・れんが及び耐火物,リノリューム製建築専用材料,プラスチック製建築専用材料,合成建築専用材料,アスファルト及びアスファルト製の建築用又は構築用の専用材料,ゴム製の建築用又は構築用の専用材料,しっくい,石灰製の建築用又は構築用の専用材料,石こう製の建築用又は構築用の専用材料,繊維製の落石防止網,旗掲揚柱(金属製のものを除く。),建造物組立てセット(金属製のものを除く。),土砂崩壊防止用植生板,窓口風防通話板,区画表示帯,セメント及びその製品,木材,石材,建築用ガラス,人工魚礁(金属製のものを除く。),養鶏用かご(金属製のものを除く。),吹付け塗装用ブース(金属製のものを除く。),セメント製品製造用型枠(金属製のものを除く。),送水管用バルブ(金属製又はプラスチック製のものを除く。),道路標識(金属製又は発光式若しくは機械式のものを除く。),航路標識(金属製又は発光式のものを除く。),貯蔵槽類(金属製又はプラスチック製のものを除く。),石製郵便受け,建具(金属製のものを除く。),屋外用ブラインド(金属製又は織物製のものを除く。),灯ろう,人工池(金属製のものを除く。),可搬式家庭用温室(金属製のものを除く。),墓標及び墓碑用銘板(金属製のものを除く。),石製彫刻,コンクリート製彫刻,大理石製彫刻,鉱物性基礎材料



注釈
第19類には、主として、金属製でない建築建築用及び構築用の専用材料を含む。

この類には、特に、次の商品を含む:建築用半加工木材、例えば、梁、板、パネル;ベニヤ板;建築用ガラス、例えば、ガラス製タイル、建築用の絶縁ガラス、安全ガラス;路面標識用粒状ガラス;花こう岩、大理石、砂利;テラコッタ(建築材料);光電池を組み込んだ屋根材(金属製のものを除く。);墓碑及び墓標(金属製のものを除く。);石製・コンクリート製又は大理石製の像、胸像及び造形品;石製郵便受け;地盤用シート;建築用塗材;足場(金属製のものを除く。);可搬式建造物組立セット(金属製のものを除く。)、例えば、水生動植物の飼育観賞用水槽、鳥類飼育檻、旗ざお及び旗掲揚柱、組立式ポーチ、水泳用プール組立てセット.

この類には、特に、次の商品を含まない:セメント保存剤、セメント防水剤(第1類);耐火剤(第1類);木材保存剤(第2類);離型用油(建築用のもの)(第4類);金属製郵便受け(第6類)及び郵便受け(金属製のもの及び石製のものを除く。)(第20類);金属製の像、胸像、及び造形品(第6類)、貴金属製の像、胸像、及び造形品(第14類)、木製・ろう製・石膏製又はプラスチック製の像、胸像、及び造形品(第20類)、磁器製・陶器製・土器製・テラコッタ製又はガラス製の像、胸像及び造形品(第21類);建築用ではない管(金属製のものを除く。)、例えば、衛生設備の部品としての管(第11類)、非金属製のフレキシブル管・フレキシブルチューブ及びフレキシブルホース(第17類);建築用防湿材料;乗物の窓用ガラス(半製品)(第21類);鳥かご(第21類);マット、リノリウム製敷物その他の床用敷物(第27類);製材前又は未加工の木材(第31類).

第19類
れんが
第19類 建築用ガラス
建築用ガラス
第19類 石製彫刻
石製彫刻
第20類
家具及びプラスチック製品であって他の類に属しないもの
第20類 Furniture and articles not otherwise
海泡石,こはく,荷役用パレット(金属製のものを除く。),養蜂用巣箱,美容院用椅子,理髪用椅子,プラスチック製バルブ(機械要素に当たるものを除く。),貯蔵槽類(金属製又は石製のものを除く。),輸送用コンテナ(金属製のものを除く。),カーテン金具,金属代用のプラスチック製締め金具,くぎ・くさび・ナット・ねじくぎ・びょう・ボルト・リベット及びキャスター(金属製のものを除く。),座金及びワッシャー(金属製・ゴム製又はバルカンファイバー製のものを除く。),錠(電気式又は金属製のものを除く。),クッション,座布団,まくら,マットレス,木製・竹製又はプラスチック製の包装用容器,ししゅう用枠,ネームプレート及び標札(金属製のものを除く。),手持式旗ざお(金属製のものを除く。),うちわ,扇子,植物の茎支持具(金属製のものを除く。),犬小屋,小鳥用巣箱,ペット用ベッド,きゃたつ及びはしご(金属製のものを除く。),郵便受け(金属製又は石製のものを除く。),帽子掛けかぎ(金属製のものを除く。),買物かご,家庭用水槽(金属製又は石製のものを除く。),ハンガーボード,工具箱(金属製のものを除く。),タオル用ディスペンサー(金属製のものを除く。),家具,屋内用ブラインド,すだれ,装飾用ビーズカーテン,日よけ,風鈴,つい立て,びょうぶ,ベンチ,アドバルーン,木製又はプラスチック製の立て看板,食品見本模型,葬祭用具,懐中鏡,鏡袋,靴合わせくぎ(金属製のものを除く。),靴くぎ(金属製のものを除く。),靴びょう(金属製のものを除く。),靴保護金具(金属製のものを除く。),揺りかご,幼児用歩行器,マネキン人形,洋服飾り型類,額縁,石こう製彫刻,プラスチック製彫刻,木製彫刻,経木,しだ,竹,竹皮,つる,とう,木皮,あし,い,おにがや,すげ,すさ,麦わら,わら,牙,鯨のひげ,甲殻,人工角,象牙,角,歯,べっこう,骨,さんご



注釈
第20類には、主として、家具及びそれらのための部品並びに木材、コルク、葦、籐、柳、角、骨、象牙、鯨のひげ、貝殻、こはく、真珠母、海泡石及びこれらの材料の代用品又はプラスチック製品を含む。

この類には、特に、次の商品を含む:金属製家具、キャンプ用家具、銃用ラック、新聞陳列台;屋内窓用ブラインド(シェード);寝具、例えば、マットレス、ベッドベース、まくら;姿見、及び備付け用及び又は化粧用の鏡;ナンバープレート(金属製のものを除く。);小型非金属製品、例えば、ボルト、ねじ、合わせくぎ、家具用キャスター、管固定用環;郵便受け(金属製のもの及び石製のものを除く。).

この類には、特に、次の商品を含まない:実験室用特殊備品(第9類)又は医療用特殊備品(第10類);屋外用金属製ブラインド(第6類)、屋外用ブラインド(金属製のもの及び織物製のものを除く。)(第19類)、織物製屋外用ブラインド(第22類);ベッド用リネン製品、羽毛掛け布団、スリーピングバッグ(第24類);特殊な用途の特定の鏡、例えば、光学製品用鏡(第9類)、外科用又は歯科用鏡(第10類)、バックミラー(第12類)、銃用照準鏡(第13類);その機能又は用途を基準として分類される木材、コルク、葦、籐、柳、角、骨、象牙、鯨のひげ、貝殻、こはく、真珠母、海泡石若しくはこれらの材料の代用品又はプラスチックから成る特定の商品、例えば、宝飾品製造用ビーズ(第14類)、木製床板(第19類)、家庭用バスケット(第21類)、プラスチック製コップ(第21類)、葦製マット(第27類).

第20類 家具
家具
第20類 クッション
クッション
第21類
家庭用又は台所用の手動式の器具、化粧用具、ガラス製品及び磁器製品
第21類 Housewares and glass
デンタルフロス,ガラス基礎製品(建築用のものを除く。),かいばおけ,家きん用リング,化粧用具,おけ用ブラシ,金ブラシ,管用ブラシ,工業用刷毛,船舶ブラシ,家事用手袋,ガラス製又は陶磁製の包装用容器,プラスチック製の包装用瓶,台所用品(「ガス湯沸かし器・加熱器・調理台・流し台」を除く。),清掃用具及び洗濯用具,アイロン台,霧吹き,こて台,へら台,湯かき棒,浴室用腰掛け,浴室用手おけ,ろうそく消し,ろうそく立て,家庭用燃え殻ふるい,五徳,石炭入れ,火消しつぼ,ねずみ取り器,はえたたき,植木鉢,家庭園芸用の水耕式植物栽培器,じょうろ,小鳥かご,小鳥用水盤,ペット用食器,ペット用ブラシ,洋服ブラシ,寝室用簡易便器,貯金箱,お守り,おみくじ,化学物質を充てんした保温保冷具,紙タオル取り出し用金属製箱,せっけん用ディスペンサー,観賞魚用水槽及びその附属品,トイレットペーパーホルダー,花瓶,水盤,ガラス製又は磁器製の立て看板,香炉,靴ブラシ,靴べら,靴磨き布,軽便靴クリーナー,シューツリー,コッフェル,ブラシ用牛毛・たぬきの毛・豚毛及び馬毛



注釈
第21類には、主として、家庭用及び台所用の小型手動式器具並びに化粧用具、ガラス製品及び特定の磁器製品、陶器製品、土器製品、テラコッタ製品又はガラス製品を含む。

この類には、特に、次の商品を含む:家庭用具及び台所用品、例えば、はえたたき、洗濯ばさみ、バースプーン、肉調理用スプーン及びコルク栓抜、並びに給仕用具、例えば、角砂糖挟み、アイストング(氷ばさみ)、パイ取分け用へら及び給仕用レードル;家庭用、台所用及び調理用容器、例えば、花瓶、瓶、貯金箱、台所用・清掃用手おけ、カクテルシェーカー、調理用なべ、非電気式のケトル及び調理用圧力鍋;ミンチ用、粉砕用、プレス用又は破砕用の台所用小型手動式器具、例えば、ニンニクプレス器、くるみ割り器、すりこぎ及びすり鉢;皿立て及びデカンタースタンド;化粧用具、例えば、電気式及び非電気式のくし並びに歯ブラシ、デンタルフロス、ペディキュア用の発泡材でできた足指セパレーター、化粧用パフ、中身入りの携帯用化粧用具入れ;園芸用品、例えば、園芸用手袋、ウィンドーボックス、じょうろ、散水ホース用ノズル;水生動植物の室内飼育観賞用水槽及び陸生動植物の室内飼育・栽培ガラス槽.

この類には、特に、次の商品を含まない:洗浄剤(第3類);金属製の貯蔵・輸送用コンテナ(第6類)、貯蔵・輸送用コンテナ(金属製でないもの。)(第20類);ミンチ用、粉砕用、プレス用又は破砕用の小型器具であって電動式のもの(第7類);かみそり及びひげそり用器具、散髪用バリカン及びつめ切り、マニキュア用及びペディキュア用器具(電動式又は非電動式のもの)、例えば、マニキュアセット、エメリーボード、つめの甘皮用ニッパー(第8類);食卓用刃物類、台所用切削工具類(手持ち工具に当たるものに限る。)、例えば、野菜用シュレッダー、ピザカッター、チーズスライサー(第8類);シラミ取り用のくし、医療用舌擦過器(第10類);電気式調理器具(第11類);化粧用鏡(第20類);その機能又は目的によって分類される特定のガラス製品、磁器製品及び陶器製品、例えば、義歯用陶材(第5類)、眼鏡用レンズ(第9類)、電気絶縁・断熱・防音用グラスウール(第17類)、陶器製タイル(第19類)、建築用ガラス(第19類)、織物用ガラス繊維(第22類).

第21類 やかん
やかん
第21類
皿 食器類
第21類 じょうろ
じょうろ
第22類
ロープ製品、帆布製品、詰物用の材料及び織物用の原料繊維
第22類 Cordage and fibers
船舶用オーニング,ターポリン,帆,原料繊維,衣服綿,ハンモック,布団袋,布団綿,編みひも,真田ひも,のり付けひも,よりひも,綱類,網類(金属製のものを除く。),布製包装用容器,わら製包装用容器,結束用ゴムバンド,雨覆い,織物製屋外用ブラインド,天幕,靴用ろう引き縫糸,ザイル,登山用又はキャンプ用のテント,ウインドサーフィン用のセイル,おがくず,カポック,かんなくず,木毛,もみがら,ろうくず,牛毛・たぬきの毛・豚毛及び馬毛(未加工のものに限る。),羽



注釈
第22類には、主として、帆船製造用の帆及びその他材料、ロープ製品、詰物用材料及び織物用の未加工繊維を含む。

この類には、特に、次の商品を含む:天然若しくは人造の織物用繊維製・紙製又はプラスチックから成るひも及びトワイン;漁網、ハンモック、なわばしご;乗物用カバー(型に合わせていないもの);機能又は目的によって分類されない特定の袋、例えば、洗濯用メッシュバッグ、遺体袋、郵便用集配袋;織物製包装用袋;動物の繊維及び織物用未加工繊維、例えば動物の毛、繭、ジュート、未加工又は加工済みの羊毛、絹繊維.

この類には、特に、次の商品を含まない:金属製ロープ(第6類);楽器用の弦(第15類)及びラケット用糸(第28類);紙製又は厚紙製(第16類)、ゴム製又はプラスチック製(第17類)の詰物用材料;その機能又は目的によって分類される特定の網及び袋、例えば、救命網(第9類)、乗物用網棚(第12類)、旅行用衣服かばん(第18類)、ヘアネット(第26類)、ゴルフバッグ(第28類)、運動用ネット(第28類);その材料に従って分類される織物製を除く包装袋、例えば、紙製又はプラスチック製包装袋(第16類)、ゴム製包装袋(第17類)、革製包装袋(第18類).

第22類 テント
テント
第22類 ロープ
ロープ
第23類
織物用の糸
第23類 Yarns and threads
糸



注釈
第23類は、主として、自然材料製又は織物用合成糸を含む。

この類には、特に、次の商品を含む:織物用ガラス繊維糸、織物用弾性糸、織物用ゴム糸、織物用プラスチック製糸;刺しゅう用糸、かがり糸、縫糸、金属製のこれらの糸を含む;絹紡糸、綿紡糸、毛糸.

この類には、特に、次の商品を含まない:特殊な用途の特定の糸、例えば、電線識別用外被織り込み糸(第9類)、外科用糸(第10類)、貴金属製糸(第14類);その材料に従って分類される糸(織物用のものを除く。)、例えば、金属製締め具(第6類)、締め具(金属製のものを除く。)(第22類)、弾性糸、糸ゴム又はプラスチック製糸(第17類)、ガラス繊維糸(第21類).

第23類 糸
i糸
第24類
織物及び家庭用の織物製カバー
第24類 Fabrics
織物,メリヤス生地,フェルト及び不織布,オイルクロス,ゴム引防水布,ビニルクロス,ラバークロス,ろ過布,布製身の回り品,かや,敷布,布団,布団カバー,布団側,まくらカバー,毛布,織物製テーブルナプキン,ふきん,シャワーカーテン,のぼり及び旗(紙製のものを除く。),織物製トイレットシートカバー,織物製椅子カバー,織物製壁掛け,カーテン,テーブル掛け,どん帳,遺体覆い,経かたびら,紅白幕,黒白幕,ビリヤードクロス,スリーピングバッグ



注釈
第24類には、主として、織物及び家庭用織物製カバーを含む。

この類には、特に、次の商品を含む:家庭用リネン製品、例えば、ベッドカバー、まくらかけ、織物製タオル;紙製ベッドリネン;スリーピングバッグ、スリーピングバッグライナー;蚊帳.

この類には、特に、次の商品を含まない:医療用電気毛布(第10類)及び電気毛布(医療用のものを除く。)(第11類);紙製テーブルリネン(第16類);石綿製防火幕(第17類)、竹製カーテン及び装飾用ビーズカーテン(第20類);馬用毛布(第18類);特殊な用途の特定の織物、例えば、製本用織物(第16類)、電気絶縁・断熱・防音用織物(第17類)、地盤用シート(第19類).

第24類 織物
織物
第24類 布団カバー 枕カバー
布団カバー 枕カバー
第25類
被服及び履物
第25類 Clothing
被服,ガーター,靴下留め,ズボンつり,バンド,ベルト,履物,仮装用衣服,運動用特殊靴,運動用特殊衣服



注釈
第25類には、主として、人用の被服、履物、帽子を含む。

この類には、特に、次の商品を含む:被服、履物及び帽子の部品、例えば、カフス、ポケット、既製裏地、かかと及びかかと当て、バイザー、帽子の枠(骨組);運動用の被服及び履物、例えば、スキー用手袋、運動用及び運動競技用シングレット、サイクリング競技用衣服、柔道衣及び空手衣、フットボール靴、体操用靴、スキー靴;仮装用衣服;紙製被服、紙製帽子(被服);よだれ掛け又は胸当て(紙製のものを除く。);ポケットスクエア;足部保温用マフ(電熱式のものを除く。).

この類には、特に、次の商品を含まない:靴製造用の小型製品、例えば、金属製靴くぎ及び金属製靴合わせくぎ(第6類)及び靴くぎ(金属製のものを除く。)及び靴合わせくぎ(金属製のものを除く。)(第20類)、並びに裁縫用小物(付属品)及び被服、履物及び帽子用留具、例えば、留め具、バックル、ジッパー、リボン、ハットバンド(帽子の山の下部に巻いたリボン革帯・細ひも等の環帯)、帽子及び靴飾り(第26類);特殊な用途に供する被服、履物及び帽子、例えば、保安用ヘルメット(スポーツ用を含む。)(第9類)、防火用被服(第9類)、手術着(第10類)、整形外科用履物(第10類)、並びに特定のスポーツをするときに必須の被服及び履物、例えば、野球用グローブ、ボクシング用グローブ、アイススケート靴、スケート靴(第28類);電熱式被服(第11類);電熱式足部保温用マフ(第11類)、折畳み式乳母車及び乳母車専用の足部保温用マフ(第12類);紙製のよだれ掛け又は胸当て(第16類);紙製ハンカチ(第16類)及び織物製ハンカチ(第24類);動物用被服(第18類);カーニバル用面(第28類);人形用被服(第28類);紙製パーティー用帽子(第28類).

第25類 洋服
洋服
第25類 T-シャツ
T-シャツ
第25類 下着
下着
第25類 靴
靴
第25類 着物・和服
着物・和服
第25類 運動用特殊被服
運動用特殊被服
第25類 運動用特殊靴
運動用特殊靴
第26類
裁縫用品
第26類 Fancy goods
漁網製作用杼,メリヤス機械用編針,電気式ヘアカーラー,針類,被服用はとめ,テープ,リボン,編みレース生地,刺しゅうレース生地,房類,組ひも,編み棒,糸通し器,裁縫箱,裁縫用へら,裁縫用指抜き,針刺し,針箱,造花,腕留め,衣服用き章(貴金属製のものを除く。),衣服用バックル,衣服用バッジ(貴金属製のものを除く。),衣服用ブローチ,帯留,ボンネットピン(貴金属製のものを除く。),ワッペン,腕章,頭飾品,ボタン類,つけあごひげ,つけ口ひげ,ヘアカーラー(電気式のものを除く。),靴飾り(貴金属製のものを除く。),靴はとめ,靴ひも,靴ひも代用金具,人毛



注釈
第26類には、主として、裁縫用品、天然又は人工の髪及び髪の装飾品並びに様々な物を飾るための小さな装飾品(他の類に属するものを除く。)を含む。

この類には、特に、次の商品を含む:かつら、つけあごひげ;髪留め、ヘアバンド(頭飾品);リボン及び蝶形リボン(裁縫用又は髪飾り用);贈答品包装用リボン及び蝶形リボン(紙製のものを除く。);ヘアネット;バックル、ジッパー;チャーム(宝飾品、キーホルダー用のものを除く。);照明が組み込まれた造花のクリスマス用花輪;特定の頭髪カール用品、例えば、電動式又は非電動式のヘアカーラー(手持器具を除く。)、頭髪用カールピン、頭髪用カールペーパー.

この類には、特に、次の商品を含まない:つけまつ毛(第3類);金属製フック(小型金属製品)(第6類)又はフック(金属製のものを除く。)(第20類)、カーテンフック(第20類);特殊な型の針、例えば入れ墨用針(第8類)、磁針(第9類)、医療用針(第10類)、ゲーム用ボールの空気入れポンプ用針(第28類);頭髪カール器、例えば、ヘアアイロン、まつ毛カール器(第8類);植毛用人工毛髪(第10類);宝飾品用チャーム、キーホルダー用チャーム(第14類);特定のリボン及び蝶形リボン、例えば、紙製のリボン及び蝶形リボン(裁縫用小物又は髪飾りを除く)(第16類)、新体操用リボン(第28類);織物用糸(第23類);合成材料製のクリスマスツリー(第28類).

第26類 針
針
第26類 リボン
リボン
第26類 ボタン
ボタン
第27類
床敷物及び織物製でない壁掛け
第27類 Floor coverings
洗い場用マット,畳類,敷物,壁掛け(織物製のものを除く。),人工芝,体操用マット,壁紙



注釈
第27類には、主として、建設済みの床及び壁への敷物として付加される商品を含む。

この類には、特に、次の商品を含む:自動車用カーペット;マット(敷物としてのもの)、例えば、浴室用マット、ドアマット、体操用マット、ヨガ用マット;人工芝;壁紙(織物製壁紙を含む。).

この類には、特に、次の商品を含まない:金属製の床板、床材及び床タイル(第6類)及び床板、床材及び床タイル(金属製のものを除く。)(第19類)、木製床板
(第19類);電気カーペット(第11類);地盤用シート(第19類);ベビーサークル用マット(第20類);織物製壁掛け(第24類).

第27類 じゅうたん
じゅうたん 敷物
第27類 ヨガマット
ヨガマット
第28類
がん具、遊戯用具及び運動用具
第28類 Toys and sporting goods
遊園地用機械器具,ペット用おもちゃ,おもちゃ,人形,囲碁用具,将棋用具,歌がるた,さいころ,すごろく,ダイスカップ,ダイヤモンドゲーム,チェス用具,チェッカー用具,手品用具,ドミノ用具,トランプ,花札,マージャン用具,遊戯用器具,ビリヤード用具,運動用具,釣り具,昆虫採集用具



注釈
第28類には、主として、おもちゃ、ゲーム機、運動用具、ビデオゲーム機器、娯楽及びノベルティの商品、及び特定のクリスマスツリー用品を含む。

この類には、特に、次の商品を含む:娯楽装置及びゲーム機器、そのコントローラーを含む;いたずら用及びパーティー用おもちゃ、例えば、カーニバル用面、紙製パーティー用帽子、紙吹雪用色紙片、パーティーポッパー(パーティー用クラッカー)、クリスマス用クラッカー;狩猟用具及び釣り用具、例えば、釣りざお、釣り用たも網、デコイ、狩猟ゲーム用鳴きおとり;各種の運動及びゲームの用具.

この類には、特に、次の商品を含まない:クリスマスツリー用ろうそく(第4類)、クリスマスツリー用電気式ランプ(第11類)、クリスマスツリー用の菓子及びチョ
コレート製の装飾品(第30類);潜水用具(第9類);性的なおもちゃ及びラブドール(第10類);体操用及び運動用の被服(第25類);特定の体操用具及び運動用具、例えば、保安用ヘルメット、運動用ゴーグル及び運動用マウスガード(第9類)、運動用小火器(第13類)、屋内競技用マット(第27類)、並びに他の機能又は用途によって分類される、特定の釣り用具及び狩猟用具、例えば、狩猟ナイフ、もり(第8類)、猟銃(第13類)、漁網(第22類).

第28類 動物おもちゃ 人形
動物おもちゃ 人形
第28類 トランプ かるた
トランプ かるた
第28類 運動用具
運動用具
第28類 釣り具
釣り具
第29類
動物性の食品及び加工した野菜その他の食用園芸作物
第29類 Meats and processed foods
食用油脂,乳製品,食肉,卵,食用魚介類(生きているものを除く。),冷凍野菜,冷凍果実,肉製品,加工水産物,加工野菜及び加工果実,油揚げ,凍り豆腐,こんにゃく,豆乳,豆腐,納豆,加工卵,カレー・シチュー又はスープのもと,お茶漬けのり,ふりかけ,なめ物,豆,食用たんぱく



注釈
第29類には、主として、動物性食品及び野菜その他の食用園芸作物であって食用のために加工又は保存加工したものを含む。

この類には、特に、次の商品を含む:肉、魚、果物又は野菜を主原料とする食品;食用昆虫類;乳飲料(ミルクを主成分とするもの);代用牛乳、例えば、アーモンドミルク、ココナッツミルク、ピーナッツミルク、ライスミルク、豆乳;保存加工をしたきのこ;加工済みの食用の豆類及びナッツ;食用の加工済み種子(調味料、香辛料を除く。).

この類には、特に、次の商品を含まない:油脂(食用のものを除く)、例えば、精油(第3類)、工業用油(第4類)、医療用ひまし油(第5類);乳児用食品(第5類);食餌療法用食品・飲料・薬剤(第5類);栄養補助食品(第5類);サラダドレッシング(第30類);調味料及び香辛料としての加工済み種子(第30類);チョコレートで覆われたナッツ菓子(第30類);生鮮な未加工の果実、野菜、ナッツ及び種子(第31類);飼料(第31類);生きている動物(第31類);種まき用種子(第31類).

第29類 植物性油脂
植物性油脂
第29類 肉製品
肉製品
第29類 食用肉
食用肉
第29類 食用魚介類
食用魚介類
第29類 加工果物類
ジャム 加工果物類
第29類 牛乳 ヨーグルト
牛乳 ヨーグルト
第30類
加工した植物性の食品(他の類に属するものを除く。)及び調味料
第30類 Staple foods
アイスクリーム用凝固剤,家庭用食肉軟化剤,ホイップクリーム用安定剤,食品香料(精油のものを除く。),茶,コーヒー,ココア,氷,菓子,パン,サンドイッチ,中華まんじゅう,ハンバーガー,ピザ,ホットドッグ,ミートパイ,調味料,香辛料,アイスクリームのもと,シャーベットのもと,コーヒー豆,穀物の加工品,チョコレートスプレッド,ぎょうざ,しゅうまい,すし,たこ焼き,弁当,ラビオリ,イーストパウダー,こうじ,酵母,ベーキングパウダー,即席菓子のもと,パスタソース,食用酒かす,米,脱穀済みのえん麦,脱穀済みの大麦,食用グルテン,食用粉類



注釈
第30類には、主として、植物性食品(果実及び野菜を除く。)であって食用のために加工又は保存加工したもの及び食品の香味を改良するための補助的な材料を含む。

この類には、特に、次の商品を含む:コーヒー飲料、ココア飲料、チョコレート飲料又は茶飲料;食用のために加工した穀物、例えば、オートフレーク、コーンチップス菓子、脱穀済みの大麦、ブルグア(ひき割り小麦)、ミューズリー;ピザ、パイ、サンドイッチ;チョコレートで覆われたナッツ菓子;精油以外の飲料用香味料.

この類には、特に、次の商品を含まない:工業用塩類(第1類);精油からなる食品香料(第3類);医療用茶及び食餌療法用食品・飲料・薬剤(第5類);乳児用食品(第5類);栄養補助食品(第5類);医薬用酵母(第5類)、飼料用酵母(第31類);コーヒー、ココア、チョコレート又は紅茶風味の乳飲料(第29類);スープ、スープのもととしてのブイヨン(第29類);未加工穀物(第31類);生鮮のハーブ(第31類);飼料(第31類).

第30類 茶 コーヒー
茶 コーヒー
第30類 香辛料
香辛料
第30類 ソース
ソース
第30類 米
ç±³
第30類 洋菓子・和菓子
洋菓子・和菓子
第30類 サンドイッチ
サンドイッチ
第31類
加工していない陸産物、生きている動植物及び飼料
第31類 Natural agricultural products
生花の花輪,釣り用餌,ホップ,食用魚介類(生きているものに限る。),海藻類,野菜,糖料作物,果実,麦芽,あわ,きび,ごま,そば(穀物),とうもろこし(穀物),ひえ,麦,籾米,もろこし,飼料用たんぱく,飼料,種子類,木,草,芝,ドライフラワー,苗,苗木,花,牧草,盆栽,獣類・魚類(食用のものを除く。)・鳥類及び昆虫類(生きているものに限る。),蚕種,種繭,種卵,漆の実,未加工のコルク,やしの葉



注釈
第31類には、主として、食用の処理をしていない陸産物及び海産物、生きている動植物及び飼料を含む。

この類には、特に、次の商品を含む:未加工穀物;生鮮の果実及び野菜(洗浄及びつや出ししたもの);飼料用植物絞りかす;未加工の藻類;製材前の木材;ふ化用受精卵;生のきのこ及び生のトリュフ;動物用寝わら、例えば、ペット用芳香砂(寝わら)、ペット用砂敷き紙(寝わら).

この類には、特に、次の商品を含まない:医療用の培養微生物及び蛭(第5類);動物用の栄養補助用飼料添加物(薬剤に属するものを除く。)及び医療用飼料(薬剤)(第5類);半加工木材(第19類);釣用擬似餌(第28類);米(第30類);たばこ(第34類).

第31類 生花
生花
第31類 野菜
野菜
第31類 果物
果物
第31類 苗木
苗木
第31類 食用魚介類(生きているものに限る。)
食用魚介類(生きているものに限る。)
第32類
アルコールを含有しない飲料及びビール
第32類 Light beverages
ビール,清涼飲料,果実飲料,飲料用野菜ジュース,ビール製造用ホップエキス,乳清飲料



注釈
第32類には、主として、アルコール分を含まない飲料及びビールを含む。

この類には、特に、次の商品を含む:アルコールを除去した飲料;清涼飲料;米を主原料とする清涼飲料及び大豆を主原料とする飲料(代用牛乳を除く。);エナジードリンク、アイソトニック飲料、プロテインを強化したスポーツ用清涼飲料;飲料製造用エッセンス及び果実エキス(アルコール分を含まないもの).

この類には、特に、次の商品を含まない:精油からなる飲料用香料(第3類)又は精油以外の香味料(第30類);食餌療法用飲料(第5類);乳飲料、ミルクセーキ(第29類);代用牛乳、例えば、アーモンドミルク、ココナッツミルク、ピーナッツミルク、ライスミルク、豆乳(第29類);調理用レモンジュース、調理用トマトジュース(第29類);コーヒー飲料、ココア飲料、チョコレート飲料又は茶飲料(第30類);ペット用飲料(第31類);アルコール飲料(ビールを除く。)(第33類).

第32類 ビール
ビール
第32類 果実飲料
果実飲料
第33類
ビールを除くアルコール飲料
第33類 Wines and spirits
清酒,焼酎,合成清酒,白酒,直し,みりん,洋酒,果実酒,酎ハイ,中国酒,薬味酒



注釈
第33類には、主として、アルコール飲料(ビールを除く。)、エッセンス及びエキスを含む。

この類には、特に、次の商品を含む:ぶどう酒、酒精強化ワイン;りんご酒、なし酒;スピリッツ、リキュール;アルコールエッセンス、果実のエキス(アルコール分を含むもの)、ビターズ.

この類には、特に、次の商品を含まない:医療用飲料(第5類);アルコールを除去した飲料(第32類);ビール(第32類);アルコール飲料製造用のアルコール分を含まないミキサー(割り材)、例えば、清涼飲料、ソーダ水(第32類).

第33類 日本酒
日本酒
第33類 洋酒
洋酒
第33類 果実酒・カクテル
果実酒・カクテル
第34類
たばこ、喫煙用具及びマッチ
第34類 Smokers articles
たばこ,電子たばこ,喫煙用具,マッチ



注釈
第34類には、主として、たばこ及び喫煙用具、並びにそれらの使用に関する特定の附属品及び容器を含む。

この類には、特に、次の商品を含む:代用たばこ(医療用でないもの);電子たばこ用香味料(精油を除く)、喫煙者用の経口吸入器;喫煙用薬草;かぎたばこ;たばこ及び喫煙用具の使用に関する特定の附属品及び容器、例えば、喫煙用ライター、灰皿、刻みたばこ入れ、かぎたばこ入れ、葉巻貯蔵箱.

この類には、特に、次の商品を含まない:医療用巻たばこ(たばこの葉を用いていないものに限る。)(第5類);電子たばこ用バッテリー及び充電器(第9類);自動車用灰皿(第12類).

第34類 たばこ
たばこ
区分 具体的な役務(第35類~第45類)
第35類
広告、事業の管理又は運営及び事務処理及び小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供
第35類 Advertising and business
広告業,トレーディングスタンプの発行,経営の診断又は経営に関する助言,事業の管理,市場調査又は分析,商品の販売に関する情報の提供,財務書類の作成又は監査若しくは証明,職業のあっせん,競売の運営,輸出入に関する事務の代理又は代行,新聞の予約購読の取次ぎ,速記,筆耕,書類の複製,文書又は磁気テープのファイリング,コンピュータデータベースへの情報編集,電子計算機・タイプライター・テレックス又はこれらに準ずる事務用機器の操作,建築物における来訪者の受付及び案内,広告用具の貸与,タイプライター・複写機及びワードプロセッサの貸与,消費者のための商品及び役務の選択における助言と情報の提供,求人情報の提供,新聞記事情報の提供,自動販売機の貸与,衣料品・飲食料品及び生活用品に係る各種商品を一括して取り扱う小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供,織物及び寝具類の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供,被服の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供,おむつの小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供,履物の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供,かばん類及び袋物の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供,身の回り品の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供,飲食料品の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供,酒類の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供,食肉の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供,食用水産物の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供,野菜及び果実の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供,菓子及びパンの小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供,米穀類の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供,牛乳の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供,清涼飲料及び果実飲料の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供,茶・コーヒー及びココアの小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供,加工食料品の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供,自動車の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供,二輪自動車の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供,自転車の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供,家具の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供,建具の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供,畳類の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供,葬祭用具の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供,電気機械器具類の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供,手動利器・手動工具及び金具の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供,台所用品・清掃用具及び洗濯用具の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供,薬剤及び医療補助品の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供,化粧品・歯磨き及びせっけん類の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供,農耕用品の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供,花及び木の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供,燃料の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供,印刷物の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供,紙類及び文房具類の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供,運動具の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供,おもちゃ・人形及び娯楽用具の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供,楽器及びレコードの小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供,写真機械器具及び写真材料の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供,時計及び眼鏡の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供,たばこ及び喫煙用具の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供,建築材料の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供,宝玉及びその模造品の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供,ペットの小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供



注釈
第35類には、主として、人又は組織が提供するサービスであって:(1)商業に従事する企業の運営若しくは管理に関する援助、又は(2)商業若しくは工業に従事する企業の事業、若しくは、商業機能の管理に関する援助を主たる目的とするもの及び広告事業所であって、すべての種類の商品又はサービスに関するあらゆる伝達手段を用いた公衆への伝達又は発表を主に請け負うものが提供するサービスを含む。

この類には、特に、次のサービスを含む:
他人の便宜のために各種商品を揃え(運搬を除く)、顧客がこれらの商品を見、かつ、購入するために便宜を図ること。当該サービスは、小売店、卸売店、自動販売機、カタログによる注文又はウェブサイト若しくはテレビのショッピング番組などの電子メディアによって提供される場合がある;通信又は登録に係る文書の記載、転記、作成、編集、整理及び数学的又は統計的な資料の編集を行うサービス;広告代理店が行うサービス並びに案内書の直接の又は郵送による配付及び商品見本の配付のようなサービス。この類は、他のサービスに関連する広告、例えば、銀行貸付に関する広告又はラジオによる広告について適用する。

この類には、特に、次のサービスを含まない:
技術者による評価及び報告のような、商業若しくは工業に従事する企業の運営又は管理に直接関係のないサービス(サービスのアルファベット順一覧表参照).

第35類 職業の斡旋 求人
職業の斡旋 求人情報
第35類 広告業
広告業
第35類 小売店 総合小売
小売店 総合小売
第35類 eCommerce
eCommerce
第36類
金融、保険及び不動産の取引
第36類 Insurance and financial
預金の受入れ(債券の発行により代える場合を含む。)及び定期積金の受入れ,資金の貸付け及び手形の割引,内国為替取引,債務の保証及び手形の引受け,有価証券の貸付け,金銭債権の取得及び譲渡,有価証券・貴金属その他の物品の保護預かり,両替,金融先物取引の受託,金銭・有価証券・金銭債権・動産・土地若しくはその定着物又は地上権若しくは土地の賃借権の信託の引受け,債券の募集の受託,外国為替取引,信用状に関する業務,信用購入あっせん,前払式支払手段の発行,ガス料金又は電気料金の徴収の代行,商品代金の徴収の代行,有価証券の売買,有価証券指数等先物取引,有価証券オプション取引,外国市場証券先物取引,有価証券の売買・有価証券指数等先物取引・有価証券オプション取引及び外国市場証券先物取引の媒介・取次ぎ又は代理,有価証券市場における有価証券の売買取引・有価証券指数等先物取引及び有価証券オプション取引の委託の媒介・取次ぎ又は代理,外国有価証券市場における有価証券の売買取引及び外国市場証券先物取引の委託の媒介・取次ぎ又は代理,有価証券先渡取引・有価証券店頭指数等先渡取引・有価証券店頭オプション取引若しくは有価証券店頭指数等スワップ取引又はこれらの取引の媒介・取次ぎ若しくは代理,有価証券等清算取次ぎ,有価証券の引受け,有価証券の売出し,有価証券の募集又は売出しの取扱い,株式市況に関する情報の提供,商品市場における先物取引の受託,生命保険契約の締結の媒介,生命保険の引受け,損害保険契約の締結の代理,損害保険に係る損害の査定,損害保険の引受け,保険料率の算出,建物の管理,建物の貸借の代理又は媒介,建物の貸与,建物の売買,建物の売買の代理又は媒介,建物又は土地の鑑定評価,建物又は土地の情報の提供,土地の管理,土地の貸借の代理又は媒介,土地の貸与,土地の売買,土地の売買の代理又は媒介,骨董品の評価,美術品の評価,宝玉の評価,中古自動車の評価,企業の信用に関する調査,税務相談,税務代理,慈善のための募金,紙幣・硬貨計算機の貸与,現金支払機の貸与,現金自動預け払い機の貸与



注釈
第36類には、主として、財政業務及び金融業務において提供されるサービス及びすべての種類の保険契約に関連して提供されるサービスを含む。

この類には、特に、次のサービスを含む:財政業務又は金融業務に関するサービスは、次のものを含む:(a)銀行業務を行うすべての機関又はこれに関連する両替商若しくは手形交換所のような機関のサービス;(b)信用協同組合、金融会社、貸金業者等のような銀行以外の信用機関のサービス;(c)持株会社の「投資信託」のサービス;(d)株式及び資産の仲介業者のサービス;(e)受託者の保証する金融業務に関連するサービス;(f)旅行者用小切手及び信用状の発行に関連して提供するサービス;分割払い購入資金の貸付け又は賃借り満期購入方式の金融;建築物に係る不動産管理業者のサービス、すなわち、賃貸、鑑定又は融資のサービス;保険に関するサービス、例えば、保険業務を行う代理店又は仲介業者が提供するサービス、被保険者へ提供するサービス、保険引受けのサービス.

第36類 
銀行業 金融業
第36類 保険業
保険業
第36類 証券業
証券業
第36類 不動産業
不動産業
第37類
建設、設置工事及び修理
第37類 Construction and repair
建設工事,建設工事に関する助言,建築設備の運転・点検・整備,船舶の建造,船舶の修理又は整備,航空機の修理又は整備,自転車の修理,自動車の修理又は整備,鉄道車両の修理又は整備,二輪自動車の修理又は整備,映画機械器具の修理又は保守,光学機械器具の修理又は保守,写真機械器具の修理又は保守,荷役機械器具の修理又は保守,火災報知機の修理又は保守,事務用機械器具の修理又は保守,業務用暖冷房装置の修理又は保守,バーナーの修理又は保守,ボイラーの修理又は保守,ポンプの修理又は保守,業務用冷凍機械器具の修理又は保守,電子応用機械器具の修理又は保守,電気通信機械器具の修理又は保守,土木機械器具の修理又は保守,民生用電気機械器具の修理又は保守,照明用器具の修理又は保守,電動機の修理又は保守,配電用又は制御用の機械器具の修理又は保守,発電機の修理又は保守,理化学機械器具の修理又は保守,測定機械器具の修理又は保守,医療用機械器具の修理又は保守,銃砲の修理又は保守,印刷用又は製本用の機械器具の修理又は保守,化学機械器具の修理又は保守,ガラス器製造機械の修理又は保守,漁業用機械器具の修理又は保守,金属加工機械器具の修理又は保守,靴製造機械の修理又は保守,工業用炉の修理又は保守,鉱山機械器具の修理又は保守,ゴム製品製造機械器具の修理又は保守,集積回路製造装置の修理又は保守,半導体製造装置の修理又は保守,食料加工用又は飲料加工用の機械器具の修理又は保守,製材用・木工用又は合板用の機械器具の修理又は保守,繊維機械器具の修理又は保守,たばこ製造機械の修理又は保守,塗装機械器具の修理又は保守,農業用機械器具の修理又は保守,パルプ製造用・製紙用又は紙工用の機械器具の修理又は保守,プラスチック加工機械器具の修理又は保守,包装用機械器具の修理又は保守,ミシンの修理又は保守,貯蔵槽類の修理又は保守,ガソリンステーション用装置の修理又は保守,機械式駐車装置の修理又は保守,自転車駐輪器具の修理又は保守,業務用加熱調理機械器具の修理又は保守,業務用食器洗浄機の修理又は保守,業務用電気洗濯機の修理又は保守,乗物用洗浄機の修理又は保守,自動販売機の修理又は保守,動力付床洗浄機の修理又は保守,遊園地用機械器具の修理又は保守,美容院用又は理髪店用の機械器具の修理又は保守,水質汚濁防止装置の修理又は保守,業務用浄水装置の修理又は保守,業務用廃棄物圧縮装置の修理又は保守,業務用廃棄物破砕装置の修理又は保守,潜水用機械器具の修理又は保守,化学プラントの修理又は保守,原子力発電プラントの修理又は保守,3Dプリンターの修理又は保守,家具の修理,傘の修理,楽器の修理又は保守,金庫の修理又は保守,靴の修理,時計の修理又は保守,はさみ研ぎ及びほうちょう研ぎ,錠前の取付け又は修理,ガス湯沸かし器の修理又は保守,家庭用加熱器(電気式のものを除く。)の修理又は保守,鍋類の修理又は保守,看板の修理又は保守,かばん類又は袋物の修理,身飾品の修理,おもちゃ又は人形の修理,運動用具の修理,ビリヤード用具の修理,遊戯用器具の修理,浴槽類の修理又は保守,洗浄機能付き便座の修理,釣り具の修理,眼鏡の修理,毛皮製品の手入れ又は修理,洗濯,被服のプレス,被服の修理,布団綿の打直し,畳類の修理,煙突の清掃,建築物の外壁の清掃,窓の清掃,床敷物の清掃,床磨き,し尿処理槽の清掃,浴槽又は浴槽がまの清掃,道路の清掃,貯蔵槽類の清掃,電話機の消毒,有害動物の防除(農業・水産養殖業・園芸又は林業に関するものを除く。),医療用機械器具の殺菌・滅菌,土木機械器具の貸与,床洗浄機の貸与,モップの貸与,洗車機の貸与,衣類乾燥機の貸与,衣類脱水機の貸与,電気洗濯機の貸与,鉱山機械器具の貸与,排水用ポンプの貸与,業務用食器乾燥機の貸与,業務用食器洗浄機の貸与



注釈
第37類には、主として、恒久的な建築物の建設において請負人又は下請人が提供するサービス及び物品の原状への修復又はその物理的若しくは化学的な性質を変えずに保存を行う人又は組織が提供するサービスを含む。

この類には、特に、次のサービスを含む:建築物、道路、橋、ダム又は送電線の建設に関連するサービス及び塗装工、配管工、暖房設備取付工又は屋根職人のサービスのように建設分野を専門とする企業が提供するサービス;建設計画の検討のような建設サービスに付随するサービス;造船サービス;工具又は建設用具の賃貸を行うサービス;修理サービス、すなわち、消耗、損傷、劣化又は部分的破損をした物品を良好な状態に戻すこと(不完全になり、原状への修復が必要な既存の建築物又は他の物品の修復)を請負うサービス;電気、家具、器具、工具等の分野における修理サービスのような各種の修理サービス;物品の性質を変えずに原状のまま保存するための保守のサービス(この類の第40類との相違については、第40類の注釈参照).

この類には、特に、次のサービスを含まない:被服又は乗物のような物品の保管を行うサービス(第39類);布地又は被服の染色に関連するサービス(第40類).

第37類 建設業
建設業
第37類 修理・メンテナンス業
修理・保守業
第37類 電気・水道工事
電気・水道工事
第37類 道路建物の清掃
道路建物の清掃
第38類
電気通信
第38類 Communication
電気通信,報道をする者に対するニュースの供給,電話機・ファクシミリその他の通信機器の貸与



注釈
第38類には、主として、少なくとも一人の者が感覚を手段として他の者と通信することを可能にするサービスを含む。当該サービスには、次のものを含む:(1)他の者との会話を可能にするサービス、(2)他の者へメッセージを伝達するサービス、及び(3)他の者との音声又は視覚による通信をさせるサービス(ラジオ及びテレビジョン).

この類には、特に、次のサービスを含む:本質的にラジオ又はテレビジョンの番組の放送を行うサービス.

この類には、特に、次のサービスを含まない:ラジオによる広告サービス(第35類);電話によるマーケティング(テレマーケティング)サービス(第35類).

第38類 電気通信業
電気津信業
第38類 放送事業
放送事業
第39類
輸送、こん包及び保管並びに旅行の手配
第39類 Transportation and storage
鉄道による輸送,車両による輸送,道路情報の提供,自動車の運転の代行,船舶による輸送,航空機による輸送,貨物のこん包,貨物の輸送の媒介,貨物の積卸し,引越の代行,船舶の貸与・売買又は運航の委託の媒介,船舶の引揚げ,水先案内,寄託を受けた物品の倉庫における保管,他人の携帯品の一時預かり,配達物の一時預かり,ガスの供給,電気の供給,水の供給,熱の供給,倉庫の提供,駐車場の提供,有料道路の提供,係留施設の提供,飛行場の提供,駐車場の管理,荷役機械器具の貸与,自動車の貸与,船舶の貸与,自転車の貸与,航空機の貸与,機械式駐車装置の貸与,包装用機械器具の貸与,家庭用冷凍庫の貸与,家庭用冷凍冷蔵庫の貸与,車椅子の貸与,信書の送達,企画旅行の実施,旅行者の案内,旅行に関する契約(宿泊に関するものを除く。)の代理・媒介又は取次ぎ,航空機用エンジンの貸与,業務用冷凍機械器具の貸与,ガソリンステーション用装置(自動車の修理又は整備用のものを除く。)の貸与



注釈
第39類には、主として、人、動物又は物品のある場所から他の場所への輸送(鉄道、道路、水路、空路又はパイプラインによるもの)において提供するサービス及び当該輸送に必然的に関連するサービス並びに物品を保存するため倉庫又は他の建築物に保管することに関するサービスを含む。

この類には、特に、次のサービスを含む:輸送業者によって使用される駅、橋、鉄道渡船等を運営する会社が提供するサービス;輸送用の乗物の賃貸に関連するサービス;海上曳航、荷揚げ、港湾及びドックの機能並びに難破船及びその積荷の引揚げに関連するサービス;発送前の物品のこん包及び仕分けに関連するサービス;仲介業者及び旅行代理店による旅行又は物品の輸送に関する情報、運賃、時刻表及び輸送方法に関する情報を提供するサービス;輸送前の物品又は乗物の点検に関するサービス.

この類には、特に、次のサービスを含まない:輸送業者の広告に関する案内書の配布又はラジオによる広告のようなサービス(第35類);仲介業者又は旅行代理店による旅行者用小切手又は信用状の発行に関するサービス(第36類);人又は物品の輸送中の保険(商取引、火災又は生命に係るもの)に関するサービス(第36類);乗物の保守若しくは修理又は人若しくは物品の輸送に関連する物の保守若しくは修理を行うことにより提供されるサービス(第37類);旅行代理店又は仲介業者によるホテルの部屋の予約に関するサービス(第43類).

第39類 鉄道事業
鉄道事業
第39類 航空事業
航空事業
第39類 運送業・宅配業
運送業・宅配業
第39類 電力・水道・ガス事業
電力・水道・ガス事業
第40類
物品の加工その他の処理
第40類 Material treatment
除染,布地・被服又は毛皮の加工処理(乾燥処理を含む。),裁縫,ししゅう,金属の加工,ゴムの加工,プラスチックの加工,セラミックの加工,木材の加工,紙の加工,石材の加工,剥製,竹・木皮・とう・つる・その他の植物性基礎材料の加工(「食物原材料の加工」を除く。),食料品の加工,義肢又は義歯の加工(「医療材料の加工」を含む。),映画用フィルムの現像,写真の引き伸ばし,写真のプリント,写真用フィルムの現像,製本,浄水処理,廃棄物の再生,核燃料の再加工処理,印章の彫刻,グラビア製版,繊維機械器具の貸与,写真の現像用・焼付け用・引き伸ばし用又は仕上げ用の機械器具の貸与,金属加工機械器具の貸与,製本機械の貸与,食料加工用又は飲料加工用の機械器具の貸与,製材用・木工用又は合板用の機械器具の貸与,パルプ製造用・製紙用又は紙工用の機械器具の貸与,浄水装置の貸与,廃棄物圧縮装置の貸与,廃棄物破砕装置の貸与,化学機械器具の貸与,ガラス器製造機械の貸与,靴製造機械の貸与,たばこ製造機械の貸与,3Dプリンターの貸与,材料処理情報の提供,印刷,廃棄物の収集・分別及び処分,編み機の貸与,ミシンの貸与,家庭用暖冷房機の貸与,家庭用加湿器の貸与,家庭用空気清浄器の貸与,発電機の貸与,印刷用機械器具の貸与,ボイラーの貸与,業務用加湿器の貸与,業務用空気清浄器の貸与,業務用暖冷房装置の貸与



注釈
第40類には、主として、他の類に属しないサービスであって、受託による製造を含む、物品又は無機若しくは有機の物質を機械的又は化学的に加工し又は変形又は生産することにより提供するものを含む。分類上、商品の生産又は製造は他の者の注文及び仕様に応じて、当該生産又は製造を行う場合にのみサービスとみなされる。もし、生産又は製造が、顧客の特定のニーズ、要求又は仕様に合致する商品の注文を満たすために行われるのでない場合、生産又は製造は、生産者の第一次営業活動又は商品に付随するものである。もし、物質又は物品の加工、変形又は生産を行った者がこれらを第三者に販売する場合には、これは通常サービスとは見なされない。

この類には、特に、次のサービスを含む:物品又は物質の変形及びその本質的性質の変化を含むすべての加工(例えば、衣類の染色)に関するサービス。したがって、保守のサービスは、通常は第37類に属するが、当該変化(例えば、自動車用バンパーのクロム処理)を伴う場合には、この類に属する;建築物以外の物質又は物品の製造工程における材料処理のサービス、例えば、切断、成形、研磨又は金属被覆のサービス;(特定の官庁は生産される商品の記載を要求することを踏まえた上での)他者の注文及び仕様に応じた商品の受託による製造、例えば、受託による自動車の製造.

この類には、特に、次のサービスを含まない:修理サービス(第37類);特定の特注製造サービス、例えば、受託による自動車の塗装(第37類).

第40類 金国加工業
金国加工業
第40類 食品加工業
食品加工業
第40類 印刷業
印刷業
第40類 裁縫
裁縫
第41類
教育、訓練、娯楽、スポーツ及び文化活動
第41類 Education and entertainment
当せん金付証票の発売,技芸・スポーツ又は知識の教授,献体に関する情報の提供,献体の手配,セミナーの企画・運営又は開催,動物の調教,植物の供覧,動物の供覧,電子出版物の提供,図書及び記録の供覧,図書の貸与,美術品の展示,庭園の供覧,洞窟の供覧,書籍の制作,映画・演芸・演劇又は音楽の演奏の興行の企画又は運営,映画の上映・制作又は配給,演芸の上演,演劇の演出又は上演,音楽の演奏,放送番組の制作,教育・文化・娯楽・スポーツ用ビデオの制作(映画・放送番組・広告用のものを除く。),放送番組の制作における演出,映像機器・音声機器等の機器であって放送番組の制作のために使用されるものの操作,スポーツの興行の企画・運営又は開催,興行の企画・運営又は開催(映画・演芸・演劇・音楽の演奏の興行及びスポーツ・競馬・競輪・競艇・小型自動車競走の興行に関するものを除く。),競馬の企画・運営又は開催,競輪の企画・運営又は開催,競艇の企画・運営又は開催,小型自動車競走の企画・運営又は開催,音響用又は映像用のスタジオの提供,運動施設の提供,娯楽施設の提供,映画・演芸・演劇・音楽又は教育研修のための施設の提供,興行場の座席の手配,映画機械器具の貸与,映写フィルムの貸与,楽器の貸与,運動用具の貸与,テレビジョン受信機の貸与,ラジオ受信機の貸与,レコード又は録音済み磁気テープの貸与,録画済み磁気テープの貸与,ネガフィルムの貸与,ポジフィルムの貸与,おもちゃの貸与,遊園地用機械器具の貸与,遊戯用器具の貸与,書画の貸与,写真の撮影,通訳,翻訳,カメラの貸与,光学機械器具の貸与



注釈
第41類には、主として、人又は動物の知能を開発するために人又は機関が提供するサービス及び人を楽しませ又は人の注意を引くことを意図したサービスを含む。

この類には、特に、次のサービスを含む:その方法のいかんを問わず、教育又は動物の調教を行うサービス;娯楽又はレクリエーションを基本的な目的とするサービス;文化又は教育のための視覚芸術作品、文芸作品の一般への公開.

第41類 スポーツインストラクター
スポーツインストラクター・トレーナー
第41類 音楽イベント興行業
音楽イベント興行業
第41類 スポーツの興行
スポーツの興行
第41類 運動施設の提供
運動施設の提供
第42類
科学技術又は産業に関する調査研究及び設計並びに電子計算機又はソフトウェアの設計及び開発
第42類 Computer, scientific and legal
気象情報の提供,建築物の設計,測量,地質の調査,機械・装置若しくは器具(これらの部品を含む。)又はこれらの機械等により構成される設備の設計,デザインの考案(広告に関するものを除く。),電子計算機のプログラムの設計・作成又は保守,電子計算機・自動車その他その用途に応じて的確な操作をするためには高度の専門的な知識・技術又は経験を必要とする機械の性能・操作方法等に関する紹介及び説明,医薬品・化粧品又は食品の試験・検査又は研究,建築又は都市計画に関する研究,公害の防止に関する試験又は研究,電気に関する試験又は研究,土木に関する試験又は研究,農業・畜産又は水産に関する試験・検査又は研究,機械器具に関する試験又は研究,計測器の貸与,電子計算機の貸与,電子計算機用プログラムの提供,理化学機械器具の貸与,製図用具の貸与



注釈
第42類には、主として、理論的又は実用的な側面を有する活動分野に関する個別的又は集団的な人により提供されるサービスが含まれる。当該サービスは、化学者、物理学者、エンジニア、コンピュータプログラマー等のような専門家によって提供されるものである。

この類には、特に、次のサービスを含む:科学的及び技術的分野における評価、見積もり、研究及び報告を行うエンジニア及び科学者によるサービス(技術に関する
助言を含む);コンピュータデータ、個人、金融又は財務の情報の安全確保のため、及びデータ及び情報への不正アクセスの検知のためのコンピュータ及び技術に関する役務の提供;医学用科学的研究サービス.

この類には、特に、次のサービスを含まない:事業の調査及び評価(第35類);ワードプロセッサによる文書の作成及びコンピュータファイル管理サービス(第35類);金融及び財政の評価(第36類);採鉱及び原油抽出(第37類);コンピュータ(ハードウエア)の設置及び修理サービス(第37類);医者、獣医、精神分析医等の専門家が提供するサービス(第44類);医療上の処置サービス(第44類);庭園の設計(第44類);法律業務(第45類).

第42類 デザインの設計
デザインの設計
第42類 プログラム
プログラム
第42類 検査業
検査業
第43類
飲食物の提供及び宿泊施設の提供
第43類 Hotels and restaurants
宿泊施設の提供,宿泊施設の提供の契約の媒介又は取次ぎ,飲食物の提供,動物の宿泊施設の提供,保育所における乳幼児の保育,高齢者用入所施設の提供(介護を伴うものを除く。),会議室の貸与,展示施設の貸与,布団の貸与,まくらの貸与,毛布の貸与,家庭用電気式ホットプレートの貸与,家庭用電気トースターの貸与,家庭用電子レンジの貸与,業務用加熱調理機械器具の貸与,業務用調理台の貸与,業務用流し台の貸与,家庭用加熱器(電気式のものを除く。)の貸与,家庭用調理台の貸与,家庭用流し台の貸与,食器の貸与,カーテンの貸与,家具の貸与,壁掛けの貸与,敷物の貸与,おしぼりの貸与,タオルの貸与



注釈
第43類には、主として消費のための飲食物を用意することを目的とする人又は事業所が提供するサービス及び一時宿泊施設を提供しているホテル、下宿屋又は他の事業所において、ベッドや食事を得るために提供されるサービスを含む。

この類には、特に、次のサービスを含む:旅行者の一時宿泊のための予約サービス、特に旅行代理店又は仲介者を通じて行うもの;動物の宿泊施設の提供.

この類には、特に、次のサービスを含まない:常用のための不動産、例えば、家、アパート等の賃貸サービス(第36類);旅行代理店による旅行の手配(第39類);飲食物に関する保存加工サービス(第40類);ディスコの提供(第41類);全寮制学校における教育(第41類);保養所・療養所及び予後保養所における治療・介護・栄養の指導(第44類).

飲食店
ホテル 旅館
第44類
医療、動物の治療、人又は動物に関する衛生及び美容並びに農業、園芸又は林業に係る役務
第44類 Medical, beauty and agricultural
美容,理容,入浴施設の提供,庭園樹の植樹,庭園又は花壇の手入れ,肥料の散布,雑草の防除,有害動物の防除(農業・水産養殖業・園芸又は林業に関するものに限る。),あん摩・マッサージ及び指圧,カイロプラクティック,きゅう,柔道整復,整体,はり治療,医業,医療情報の提供,健康診断,歯科医業,調剤,栄養の指導,動物の飼育,動物の治療,動物の美容,介護,植木の貸与,農業用機械器具の貸与,医療用機械器具の貸与,漁業用機械器具の貸与,美容院用又は理髪店用の機械器具の貸与,芝刈機の貸与



注釈
第44類には、主として人又は事業所が人及び動物に提供する医療ケア、衛生及び美容ケアを含む。また、農業、園芸及び林業の分野に関連するサービスを含む。

この類には、特に、次のサービスを含む:人の処置に関する医学上の分析サービス(例えば、X線検査及び血液サンプルの採取);人工授精サービス;薬局における助言;動物の飼育;植物の育成に関するサービス、例えば、庭の手入れ;花の芸術に関するサービス、例えば、庭園の設計、花の飾り付け.

この類には、特に、次のサービスを含まない:有害動物の駆除(農業、水産養殖業、園芸及び林業用に関するものを除く。)(第37類);灌漑用機械器具の設置及び修理サービス(第37類);救急車による輸送(第39類);動物のと殺サービス及び剥製(第40類);木材の伐採及び加工(第40類);動物の調教サービス(第41類);運動のためのヘルスクラブの提供(第41類);医学用科学的研究サービス(第42類);動物の宿泊施設の提供(第43類);高齢者用入所施設の提供(介護を伴うものを除く。)(第43類).

第44類 理容業・美容業
理容業・美容業
第44類 マッサージ業
マッサージ業
第44類 医業・歯科業
医業・歯科業
第44類 庭園又は花壇の手入れ
庭園又は花壇の手入れ
第45類
冠婚葬祭に係る役務その他の個人の需要に応じて提供する役務(他の類に属するものを除く。)、警備及び法律事務
第45類 Personal
金庫の貸与,ファッション情報の提供,結婚又は交際を希望する者への異性の紹介,婚礼(結婚披露を含む。)のための施設の提供,葬儀の執行,墓地又は納骨堂の提供,工業所有権に関する手続の代理又は鑑定その他の事務,訴訟事件その他に関する法律事務,登記又は供託に関する手続の代理,著作権の利用に関する契約の代理又は媒介,社会保険に関する手続の代理,施設の警備,身辺の警備,個人の身元又は行動に関する調査,占い,身の上相談,ペットの世話,乳幼児の保育(施設において提供されるものを除く。),家事の代行,後見,衣服の貸与,祭壇の貸与,火災報知機の貸与,消火器の貸与,装身具の貸与



注釈
第45類には、特に、次のサービスを含む:個人、組織及び会社に対して法律家によりなされるサービス;人の身体的安全及び有形財産の安全に関するサービス、例えば、調査及び監視サービス;社会的イベントに関し、個人に提供されるサービス、例えば、社交上の付き添いサービス、結婚相談所、葬儀の執行サービ
ス.

この類には、特に、次のサービスを含まない:商業に従事する企業の職務又は業務において直接的に提供される専門的なサービス(第35類);金融又は財政に関するサービス及び保険サービス(第36類);旅行者の添乗又は案内(第39類);警備輸送(第39類);人に対するあらゆる形態の教育に関するサービス(第41類);歌手又はダンサーによる上演(第41類);コンピュータソフトウェアの保護用プログラムの設計・作成又は保守のサービス(第42類);コンピュータ及びインターネット保安に関する助言及びデータの暗号化サービス(第42類);人又は動物に関し、医療、衛生又は美容上のケアを施すために他人が提供するサービス(第44類);特定の貸与サービス(サービスのアルファベット順一覧表及びサービスの分類に関する一般的注釈(b)を参照。).

第45類 式場紹介業
式場紹介業
第45類 法律事務・士業
法律事務・士業
第45類 警備
警備
第45類 占い・身の上相談
占い・身の上相談

商標登録insideNews: 採用できない商品・役務名について | 経済産業省 特許庁

、指定商品・指定役務の内容及び範囲が明確でないとき、区分が相違するとき、指定商品・役務の表示中に登録商標が用いられているときなどには、商標法第6条に基づく拒絶の理由が通知されます。そこで、特許庁は、商標法第6条の拒絶の理由の対象となるもので、出願人が間違いやすい、「採用できない商品・役務名」の例を一覧として作成いたしました。

情報源: 採用できない商品・役務名について | 経済産業省 特許庁

例 ”その他本類に属する商品(その他本類に属する役務)”、(他の類に属するものを除く。)、・・・であって他の類に属しないもの のような記載は不明確な例として一覧表に挙げられています。

商標法上の公報

商標公報とは

商標は、工業所有権(産業財産権)四法の1つのカテゴリーですが、特許庁は出願された商標についての情報と登録された商標についての情報をそれぞれ公報という形で発行しています。この公報発行は、出願と登録について広く一般の人々に知らせることを目的としており、制度変革や情報技術の発達に応じて形を変えてきています。広義には、商標公報(Trademark Gazette)は商標分野で発行される公報を包括的に指しますが、狭義には、商標公報は商標掲載公報(商標法第18条第3項:Publication of Registered Trademark)を指し、設定の登録がなされた商標権を公示するための公報を言います。また、商標分野では、大きく分けて出願情報を公開する公報(公開商標公報、公開国際商標公報)と、権利情報を公示する公報(公告・登録・商標公報、国際商標公報)と、それ以外の公報があります。特に、公開情報と権利情報の各公報を取り違えないようにしましょう。

商標法上の公報の種類と法的な効果

種類 公報の内容
1 公開商標公報 (Publication of Unexamined Trademark Application or Trademark Application Publication) 公開商標公報は、商標登録出願があったときに発行される公報で、出願の内容を速やかに公表する目的で発行されます。防護標章登録出願があったときも同様に公開商標公報が発行されます。公開商標公報は出願されたことを公表しているだけですので、公開商標公報で発行されていることを以てその公開された商標が登録されていることにはならず、言い換えればまだ商標権とはなっていません。出願日から2から3週間程度で公開商標公報は発行されます。
2 公開国際商標公報 (Publication of International Trademark Application) 公開国際商標公報は日本を指定とする国際商標登録出願(所謂、マドプロ、マドリッドプロトコルによる国際登録出願)が出願された場合に、その内容を公表するための公報です。マドプロの国際登録出願は原則出願日が登録日という取り扱いをしていますが、日本の商標制度に合わせてみると、出願されて日本の指定があるだけの段階ではまだ審査を経ていない訳ですので、日本の出願公開(商標法第12条の2)と合わせた取り扱いをします。国際登録番号が付与されているものが公表されますが、まだ権利化はされていません。日本以外の国の基礎番号と共に商品及び役務の訳も一緒に公表されます。公開国際商標公報は出願日から5カ月程度、指定通知日から2カ月程度で発行されます。
3 公告・登録・商標公報 (Publication of Registered Trademark) 商標公報は商標権の設定登録があったときに発行される商標掲載公報(狭義)です。登録査定の後、登録料を納付し、設定の登録が行われると商標公報が発行され、商標公報は設定登録から3乃至4週間程度で発行されます。この商標公報の内容が設定登録時の権利内容となります。但し、実務的には商標登録の権利内容は登録原簿により把握されます。大正11年から平成9年3月までは商標の公告公報(付与前異議申立とリンク)として発行され、平成9年4月から商標公報(付与後異議とリンク)となっています。現行法では、商標掲載公報に公表された商標登録に対し、その公報の発行日から2カ月以内に登録異議申立てを行なうことができます。
4 国際商標公報 (Publication of Registered International Trademark) 国際商標公報は日本を指定する国際商標登録出願について保護の拡張(国内登録)があったときに発行されます。国内の登録があった日を登録日として公表します。登録番号は国内の登録番号を付与することはなく、出願時の国際登録番号がそのまま使用されます。国内出願の登録査定通知に該当するのが保護認容声明(SA登録)で、その後で本国側での登録料の納付により権利化されます。存続期間は、国際商標登録出願については出願日から計算されますので、国内の登録日は存続期間の期間計算の基礎にはなりません。
5 商標書換登録公報 (Publication of Reclassification on Registered Trademark) 商標書換登録公報は書換登録があったときに発行されます。書換登録は、旧商品区分のもとで登録された商標権の指定商品を、国際分類に基づく現行の商品区分及び指定商品に書き換えたものを登録する作業で、商標・役務の区分を新しいものに合わせる作業になります。平成4年3月31日までにされた商標登録出願に適用される商品区分が旧区分ですので、現在は書換が必要な商標登録はほぼ存在しない状態となっています。
6 補正公報 (Publication of Amendment) 商標登録出願は、出願後直ぐに公開商標公報の発行準備となることから、補正の内容について、一緒に公開することができません。そのため、商標法第75条第2項第3号に基づき、補正公報を発行します。正式名称を「出願公開後における補正の掲載」といい、公開・国際商標公報に収録されます。
7 訂正公報 (Publication of Correction) 訂正公報は公開・国際商標公報、商標掲載公報の掲載内容に誤りがあり、それが当庁側の原因による場合には、掲載内容の誤りを訂正して発行する公報をいいます。なお、商標には訂正審判がありませんので、訂正審判とは関係がありません。
8 審決公報 (Decision on Appeal/Trial Gazette or Appeal Board Decision Gazette) 登録異議の申立ての確定決定、審判の確定審決、再審の確定決定又は確定審決を対象としています。
9 判決公報 (Judicial Decision Gazette) 判決公報は審決等に対する訴えの確定判決を対象とします。
10 判定公報 (Advisory Opinion Gazette) 判定対象の権利侵害等について、特許庁が厳正・中立な立場で判断した判定結果を公表し、権利範囲の判断等の参考情報として発行します。
11 特許庁公報 (JPO Publication) 出願公開後に拒絶査定、出願放棄・取下・却下等がなされた場合、商標・防護標章・国際商標の更新登録があったとき、公示送達、出願公開後における商標登録出願により生じた権利の承継、商標権の消滅、登録異議の申立て、審判請求、再審請求又はこれらの取下げ、商標法第4条第1項第17号の規定による指定(ぶどう酒又は蒸留酒の産地)をしたとき、またはその指定を取り下げたときの各場合にそれぞれ発行されます。商標目録も特許庁公報の1つで、正式には、登録商標目録、更新登録商標目録、更新登録防護標章目録と言う名称であり、その名称が併記されます。

商標公報の例

商標公報4829411
商標登録第4829411号
(商標公報4829411)

公報発行の時期

  • 商標公報 : 毎週火曜日、設定登録から3から4週間程度
  • 公開・国際商標公報 : 毎週木曜日、出願日から2から3週間程度、公開国際商標公報は出願日から5カ月程度、指定通知日から2カ月程度
  • 審決公報 : 毎月最終金曜日
  • 特許庁公報 : 商標拒絶査定、出願放棄・取下・却下リスト:原則3月毎に1回発行、商標目録:原則月1回発行

公報発行媒体

商標分野では平成22年(2009年)1月からCD-ROMの発行媒体であったものをインターネットを利用し、商標公報・商標書換登録公報、公開商標公報・公開国際商標公報・国際商標公報を発行(記録形式:SGML形式)しています。インターネット利用による公報発行の1週間後に商標・商標書換登録公報情報CD-ROM、公開・国際商標公報情報CD-ROMを発行しています。
商標公報の媒体としては、紙→CD-ROM→インターネットの順で進化しており、紙は4331000号が最終番号、CD-ROMは5282845号が最終番号です。また、現在の付与後異議の前の付与前異議の制度(平成9年3月までの発行形態)では、紙媒体で商標公報(公告)大正11-000001 ~ 平成09-046393と商標公報(登録)紙 1 ~ 368898があります。公開商標公報の媒体としては、CD-ROM→インターネットの順で進化しており、CD-ROMは2000-000001 ~ 2009-091270、インターネットは2009-091271 ~となっています。

公報と特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)の違い

公報は、特許法第193条第1項等の規定に基づき、発明等を公開・公表するために発行するものですが、特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)は、既に発行された公報と同等の情報を蓄積し、検索機能を付加したデータベースの総称です。即ち、特許情報プラットフォームにおける産業財産権情報の検索サービスの提供と公報発行は同じインターネットにより行われますが同義ではありません。と特許庁のサイトでは説明されています。特許情報プラットフォームでは、公報と同等の情報が蓄積されておりますが、特許情報プラットフォームを通じた情報の提供が法的に「公報の発行」とはならないとされています。実はインターネット利用による公報発行は専用の公報発行サイト(https://www.publication.jpo.go.jp/index.action)があり、そこからダウンロードできます。この公報発行サイトでは公開公報、特許・実用新案公報、登録実用新案公報、意匠公報、商標公報、公開・国際商標公報、審決公報及び特許庁公報を発行(ダウンロード可能)しています。発行の時点などの法的な意味にこだわりがなければ、特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)の情報は公報内容と全く同じですので、特に区別しなくても良いかと思います。特許情報プラットフォームも何等かの原因でダウンすることもあり、それでも法的には公報発行できるとしたかったのではないかと思われます。なお、権利譲渡又は実施許諾の用意に関する公報掲載申込みサービスは、特許、実用新案、意匠だけのサービスで、商標について権利譲渡又は実施許諾の用意の掲載申し込みはできません。

備考類似の商品・役務

備考類似とは

備考類似とは、類似商品・役務審査基準中の「備考」において商品・役務について「類似と推定する」旨を表す記載がある商品・役務の対応関係を言います。この備考類似については、特許庁のサイトに備考類似商品・役務一覧表があり、これに基づいて下の一覧表を作成しています。なお、特許庁のサイトの備考類似商品・役務一覧表には第35類の小売等役務(小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供)が記載されていませんが、ある商品を取扱う小売等役務については、その商品と備考類似の関係にある商品と備考類似として扱うこととされています。

備考類似商品・役務一覧表

[類 指定商品・役務 ⇔ 類 指定商品・役務] 1 写真材料 ⇔ 9 写真機械器具
2 印刷インキ ⇔ 2 謄写版用インキ
2 防錆グリース ⇔ 4 液体燃料
3 歯磨き ⇔ 21 歯ブラシ
4 液体燃料 ⇔ 4 工業用油
4 工業用油脂 ⇔ 29 食用油脂
5 薬用酒 ⇔ 33 薬味酒
6 かな床 はちの巣 ⇔ 8 くわ 鋤 レーキ(手持ち工具に当たるものに限る。)
6 金属製金具 ⇔ 18 洋傘金具
6 金属製金具 ⇔ 25 靴くぎ 靴びょう 靴保護金具
6 金属製金具 ⇔ 25 げた金具
6 金属製金具 ⇔ 26 靴はとめ 靴ひも代用金具
6 金属製建具 ⇔ 20 つい立て びょうぶ
6 金庫 ⇔ 20 つい立て びょうぶ
6 金庫 ⇔ 20 ベンチ
7 家庭用食器洗浄機 家庭用電気式ワックス磨き機 家庭用電気洗濯機 家庭用電気掃除機 電気ミキサー ⇔ 9 テレビジョン受信機 ラジオ受信機 音声周波機械器具 映像周波機械器具
8 くわ 鋤 レーキ(手持ち工具に当たるものに限る。) ⇔ 8 手動工具(「すみつぼ類・皮砥・鋼砥・砥石」を除く。)
8 洋食ナイフ ⇔ 8 スプーン フォーク
8 電気かみそり及び電気バリカン ⇔ 9 テレビジョン受信機 ラジオ受信機 音声周波機械器具 映像周波機械器具
9 写真機械器具 ⇔ 9 デジタルカメラ
9 テレビジョン受信機 ラジオ受信機 音声周波機械器具 映像周波機械器具 ⇔ 8 電気かみそり及び電気バリカン
9 テレビジョン受信機 ラジオ受信機 音声周波機械器具 映像周波機械器具 ⇔ 9 電気アイロン 電気式ヘアカーラー 電気ブザー
9 テレビジョン受信機 ラジオ受信機 音声周波機械器具 映像周波機械器具 ⇔ 10 家庭用電気マッサージ器
9 テレビジョン受信機 ラジオ受信機 音声周波機械器具 映像周波機械器具 ⇔ 11 家庭用電熱用品類
9 テレビジョン受信機 ラジオ受信機 音声周波機械器具 映像周波機械器具 ⇔ 21 電気式歯ブラシ
9 電子管 半導体素子 電子回路(電子計算機用プログラムを記憶させた電子回路を除く。) ⇔ 9 電気通信機械器具
9 電線及びケーブル ⇔ 17 絶縁テープ 絶縁用ゴム製品
9 家庭用テレビゲームおもちゃ 携帯用液晶画面ゲームおもちゃ用のプログラムを記憶させた電子回路及びCD-ROM ⇔ 28 囲碁用具 歌がるた 将棋用具 さいころ すごろく ダイスカップ ダイヤモンドゲーム チェス用具 チェッカー用具 手品用具 ドミノ用具 トランプ 花札 マージャン用具
9 電子出版物 ⇔ 41 電子出版物の提供
9 電子計算機用プログラム ⇔ 42 電子計算機用プログラムの提供
11 ボイラー ⇔ 11 温気暖房装置 温気炉 温水暖房装置 蒸気暖房装置 放熱器
11 ガス湯沸かし器 ⇔ 11 ガスストーブ
11 ガス湯沸かし器 ⇔ 11 加熱器
11 加熱器 ⇔ 11 火鉢類
11 火鉢類 ⇔ 20 つい立て びょうぶ
11 火鉢類 ⇔ 20 ベンチ
11 水道蛇口用座金 水道蛇口用ワッシャー ⇔ 18 洋傘金具
11 水道蛇口用座金 水道蛇口用ワッシャー ⇔ 25 靴くぎ 靴びょう 靴保護金具
11 水道蛇口用座金 水道蛇口用ワッシャー ⇔ 25 げた金具
11 水道蛇口用座金 水道蛇口用ワッシャー ⇔ 26 靴はとめ 靴ひも代用金具
12 航空機の「タイヤ チューブ」 ⇔ 12 自動車の「タイヤ チューブ」
12 航空機の「タイヤ チューブ」 ⇔ 12 二輪自動車の「タイヤ チューブ」
12 航空機の「タイヤ チューブ」 ⇔ 12 自転車の「タイヤ チューブ」
12 自動車の「タイヤ チューブ」⇔ 12 二輪自動車の「タイヤ チューブ」
12 自動車の「タイヤ チューブ」⇔ 12 自転車の「タイヤ チューブ」
12 二輪自動車の「タイヤ チューブ」⇔ 12 自転車の「タイヤ チューブ」
14 宝石箱 ⇔ 20 つい立て びょうぶ
14 宝石箱 ⇔ 20 ベンチ
14 身飾品(「カフスボタン」を除く。)⇔ 14 カフスボタン
14 身飾品(「カフスボタン」を除く。)⇔ 14 宝玉及びその模造品
14 カフスボタン ⇔ 26 衣服用き章(貴金属製のものを除く。) 衣服用バッジ(貴金属製のものを除く。) 衣服用バックル 衣服用ブローチ 帯留 ボンネット ピン(貴金属製のものを除く。) ワッペン 腕章
14 宝玉及びその模造品 ⇔ 26 衣服用き章(貴金属製のものを除く。) 衣服用バッジ(貴金属製のものを除く。) 衣服用バックル 衣服用ブローチ 帯留 ボンネット ピン(貴金属製のものを除く。) ワッペン 腕章
17 ゴム製又はバルカンファイバー製の座金及びワッシャー ⇔ 18 洋傘金具
17 ゴム製又はバルカンファイバー製の座金及びワッシャー ⇔ 25 靴くぎ 靴びょう 靴保護金具 げた金具
17 ゴム製又はバルカンファイバー製の座金及びワッシャー ⇔ 26 靴はとめ 靴ひも代用金具
17 農業用プラスチックフィルム ⇔ 20 すだれ
17 農業用プラスチックフィルム ⇔ 22 日よけ
18 かばん金具 がま口口金 蹄鉄 ⇔ 18 洋傘金具
18 かばん金具 がま口口金 蹄鉄 ⇔ 25 靴くぎ 靴びょう 靴保護金具
18 かばん金具 がま口口金 蹄鉄 ⇔ 25 げた金具
18 かばん金具 がま口口金 蹄鉄 ⇔ 26 靴はとめ 靴ひも代用金具
18 かばん類 袋物 ⇔ 21 洗面用具入れ
18 洋傘金具 ⇔ 20 カーテン金具 金属代用のプラスチック製締め金具 くぎ・くさび・ナット・ねじくぎ・びょう・ボルト・リベット及びキャスター(金属製のものを除く。) 座金及びワッシャー(金属製・ゴム製又はバルカンファイバー製のものを除く。) 錠(電気式又は金属製のものを除く。)
18 洋傘金具 ⇔ 26 被服用はとめ
19 建具(金属製のものを除く。) ⇔ 20 つい立て びょうぶ
20 つい立て びょうぶ ⇔ 20 家具
20 ベンチ ⇔ 20 家具
20 すだれ ⇔ 22 雨覆い 天幕 日覆い よしず
20 カーテン金具 金属代用のプラスチック製締め金具 くぎ・くさび・ナット・ねじくぎ・びょう・ボルト・リベット及びキャスター(金属製のものを除く。) 座金及びワッシャー(金属製・ゴム製又はバルカンファイバー製のものを除く。) 錠(電気式又は金属製のものを除く。) ⇔ 25 靴くぎ 靴びょう 靴保護金具
20 カーテン金具 金属代用のプラスチック製締め金具 くぎ・くさび・ナット・ねじくぎ・びょう・ボルト・リベット及びキャスター(金属製のものを除く。) 座金及びワッシャー(金属製・ゴム製又はバルカンファイバー製のものを除く。) 錠(電気式又は金属製のものを除く。) ⇔ 25 げた金具
20 カーテン金具 金属代用のプラスチック製締め金具 くぎ・くさび・ナット・ねじくぎ・びょう・ボルト・リベット及びキャスター(金属製のものを除く。) 座金及びワッシャー(金属製・ゴム製又はバルカンファイバー製のものを除く。) 錠(電気式又は金属製のものを除く。) ⇔ 26 靴はとめ 靴ひも代用金具
20 クッション 座布団 まくら マットレス ⇔ 20 寝台
20 寝台 ⇔ 20 クッション 座布団 まくら マットレス
20 寝台 ⇔ 22 衣服綿 ハンモック 布団袋 布団綿
20 寝台 ⇔ 24 かや 敷布 布団 布団カバー 布団側 まくらカバー 毛布
20 揺りかご 幼児用歩行器 ⇔ 28 囲碁用具 歌がるた 将棋用具 さいころ すごろく ダイスカップ ダイヤモンドゲーム チェス用具 チェッカー用具 手品用具 ドミノ用具 トランプ 花札 マージャン用具
21 くし ⇔ 26 かんざし こうがい 丸ぐし
22 日よけ ⇔ 22 雨覆い 天幕 日覆い よしず
25 靴くぎ 靴びょう 靴保護金具 ⇔ 26 被服用はとめ
25 げた金具 ⇔ 26 被服用はとめ
26 被服用はとめ ⇔ 26 靴はとめ 靴ひも代用金具
26 衣服用き章(貴金属製のものを除く。) 衣服用バッジ(貴金属製のものを除く。) 衣服用バックル 衣服用ブローチ 帯留 ボンネットピン(貴金属製のものを除く。) ワッペン 腕章 ⇔ 26 ボタン類
27 ござ 花むしろ ⇔ 27 敷物
27 敷物 ⇔ 27 人工芝
28 囲碁用具 歌がるた 将棋用具 さいころ すごろく ダイスカップ ダイヤモンドゲーム チェス用具 チェッカー用具 手品用具 ドミノ用具 トランプ 花札 マージャン用具 ⇔ 28 おもちゃ 人形
29 マーガリン ⇔ 29 バター
29 干しのり 焼きのり ⇔ 29 お茶漬けのり ふりかけ
29 調理用野菜ジュース ⇔ 32 トマトジュース
30 ウーロン茶 紅茶 ⇔ 30 コーヒー及びココア
30 氷砂糖(菓子) 水あめ(菓子) ⇔ 30 氷砂糖(調味料) 水あめ(調味料)
30 強化米 ⇔ 30 米
30 コーヒー ⇔ 32 コーヒーシロップ
32 トマトジュース ⇔ 32 飲料用野菜ジュース
33 中国酒 ⇔ 33 にんじんきなてつぶどう酒

区分数を入力する出願料、登録料、更新登録料の計算 特許庁(JPO)費用💰

下記の項目で、区分数を選択すると、特許庁(JPO)の費用(印紙代)が自動的に計算されます。

商標登録出願料(印紙代)の計算

区分数 なら、登録料(印紙代)は 円です。
商標登録料(印紙代)の計算

区分数 なら、登録料(印紙代)は 円です。
分納の場合は5年毎に 円です。
更新登録料(印紙代)の計算

区分数 なら、更新登録料(印紙代)は 円です。
分納の場合は5年毎に 円です。

商標登録insideNews: 外国知的財産庁が提供するPDF形式優先権証明書の取扱いについて | 経済産業省 特許庁

情報源: 優先権証明書として提出された 外国知的財産庁が提供するPDF形式の等の証明書の取扱いについて | 経済産業省 特許庁

外国での出願を最初の出願とする優先権主張を伴う我が国における出願で、欧州連合知的財産庁(EUIPO)、ニュージーランド知的財産庁、トルコ特許庁、シンガポール知的財産庁(IPOS)から発行されたPDFファイルの証明書を印刷して特許庁(JPO)に正式な優先権証明書として提出できることになります。なお、カラーで発行されたPDF形式の出願謄本等の証明書については、最初の出願と内容が実質的に同一であることを確認できるよう、すべてカラーで印刷出力する必要があります。

なお、オンライン出願ソフトにおいては、現時点において、改称への対応をしていませんので、欧州連合知的財産庁を最初の出願とする優先権主張を伴う商標登録出願をオンラインで行う場合は、商標登録出願の【パリ条約による優先権等の主張】欄の【国名】に、改称前と同様「域内市場における調和のための官庁(商標及び意匠)」と記載してください。(欧州共同体商標意匠庁(OHIM)の改称に係る取扱いについてより)

以下、特許庁のサイトより抜粋。

1.欧州連合知的財産庁(EUIPO)

欧州連合意匠出願又は欧州連合商標出願を最初の出願とする優先権主張を伴う我が国における出願において、欧州連合知的財産庁が提供するPDF形式の出願謄本等の証明書(各ページに認証コード(identification code)が付されているもの)を印刷出力し提出した場合には、優先権証明書の提出があったものとして取り扱います。ただし、印刷出力した書面において、認証コードが確認できないもの(不鮮明な場合を含む)は、欧州連合知的財産庁の認証がないものとして扱い、優先権証明書として認められませんので御注意ください。

2.ニュージーランド知的財産庁(IPONZ)

ニュージーランドの意匠登録出願又は商標登録出願を最初の出願とした優先権主張を伴う出願において、ニュージーランド知的財産庁が提供するPDF形式の出願謄本等の証明書を印刷出力し提出した場合には、優先権証明書の提出があったものとして取り扱います。ただし、印刷出力した書面において、認証コードが確認できないもの(不鮮明な場合を含む)は、ニュージーランド知的財産庁の認証がないものとして扱い、優先権証明書として認められませんので御注意ください。

3.トルコ特許庁(TPE)

トルコの特許出願、意匠登録出願又は商標登録出願を最初の出願とした優先権主張を伴う出願において、トルコ特許庁がPDF形式等のデータを印刷して発行した出願謄本等の証明書とともに当該証明書に付属する書面(トルコ特許庁のホームページにて当該証明書に付された署名の真正性の確認に必要なIDコードが記載されているもの)を提出した場合には、優先権証明書の提出があったものとして取り扱います。

4.シンガポール知的財産庁(IPOS)

シンガポールの意匠登録出願又は商標登録出願を最初の出願とした優先権主張を伴う出願において、シンガポール知的財産庁がPDF形式等のデータを印刷して発行した出願謄本等の証明書を提出した場合には、優先権証明書の提出があったものとして取り扱います。

商標登録+α: 音商標の登録の基準🎵

音商標

音商標は平成27年4月から受付が開始された新しいタイプの商標の1つです。審査に際しては、音に由来する識別力が鍵となります。審査基準から識別力が認められるパターンは2つあり、1つは音が言語的要素を含む場合(所定のリズムを背景に日本語などで製品名・企業名等を読み上げる場合)で、もう1つは原則として識別力が認められないものの使用による識別力を認めるべき場合(secondary meaning: 使用による特別顕著性)です。この使用による特別顕著性を得るための基準としては、使用に係る商標、及び商品・役務の使用開始時期及び使用期間、使用地域、当該商品・役務の販売数量等並びに広告宣伝の方法及び回数等を総合考慮するとされており、通常の文字商標の3条2項の基準と同じとされています。

音商標に識別力有りとされるパターン

実際の音商標の審査例

*画像部分をクリックするとpopup画面でSoundcloudによる音再生が可能となります。(AMPを除く。)

登録例

[wc_row] [wc_column size=”one-third” position=”first”] [sg_popup id=”4″ event=”click”]
商標登録5804565号
商願2015-29907 商標登録5804565号 大正製薬株式会社
[/sg_popup] [/wc_column] [wc_column size=”one-third”] [sg_popup id=”5″ event=”click”]
商標登録5805582号
商願2015-29817 商標登録5805582号 味の素株式会社
[/sg_popup] [/wc_column] [wc_column size=”one-third” position=”last”] [sg_popup id=”6″ event=”click”]
商標登録5886594号
商願2015-61489 商標登録5886594号 カルビー株式会社
[/sg_popup] [/wc_column] [/wc_row]

拒絶査定例

[wc_row] [wc_column size=”one-third” position=”first”] [sg_popup id=”7″ event=”click”]
商願2015-29853
商願2015-29853 株式会社円谷プロダクション
[/sg_popup] [/wc_column] [wc_column size=”one-third”] [sg_popup id=”8″ event=”click”]
商願2015-30069
商願2015-30069 一般財団法人ヤマハ音楽振興会
[/sg_popup] [/wc_column] [wc_column size=”one-third” position=”last”] [sg_popup id=”9″ event=”click”]
商願2015-30191
商願2015-30191 三井住友カード株式会社
[/sg_popup] [/wc_column] [/wc_row]

審査中(使用による識別性を証明する資料待ち)

[wc_row] [wc_column size=”one-third” position=”first”] [sg_popup id=”10″ event=”click”]
商願2015-29981
商願2015-29981 インテル・コーポレーション
[/sg_popup] [/wc_column] [wc_column size=”one-third”] [sg_popup id=”11″ event=”click”]
商願2015-56552
商願2015-56552 ダンロップスポーツ株式会社
[/sg_popup] [/wc_column] [wc_column size=”one-third” position=”last”] [sg_popup id=”12″ event=”click”]
商願2016-9844
商願2016-9844 LINE株式会社
[/sg_popup] [/wc_column] [/wc_row]

商標登録insideNews: 商品・サービス国際分類表 第11-2017版 (主な変更点)

商品・サービス国際分類〔第11-2017版〕」は、平成29年1月1日以降の商標登録出願に適用されます。主な変更点は以下の通りとなります。特許庁のサイトより

追加例 (日本提案)

第7類 「rubber tracks being parts of crawlers on construction machines」(土木機械用ゴムクローラ) 09A03
第9類 「humanoid robots with artificial intelligence」(人工知能搭載のヒューマノイドロボット)09E99
第9類 「audio mixers」(オーディオミキサー(音響機器))11B01
第11類 「chocolate fountains, electric」(電気式チョコレートファウンテン)09E28 11A06
第12類 「electric bicycles」(電動自転車)12A06
第15類 「melodicas」(鍵盤ハーモニカ)24E01
第16類 「washi」(和紙)25A01
第25類 「judo uniforms」(柔道衣)24C01
第28類 「toy robots」(おもちゃのロボット)24A01
第30類 「instant rice」(即席米飯)32F03 32F06
第41類 「sado instruction [tea ceremony instruction]」(茶道の教授)41A01
第43類 「washoku restaurant services」(和食の提供)42B01
第45類 「kimono dressing assistance」(着物の着付け)42C01

追加例(他庁提案)

第9類 「charging stations for electric vehicles」(電気自動車用充電装置)11A01
第9類 「smart rings」(指輪型携帯情報端末)11B01 11C01
第9類 「electronic interactive whiteboards」(電子式双方向ホワイトボード)11C01
第9類 「electronic sheet music, downloadable」(ダウンロード可能な電子楽譜)26A01 26D01
第16類 「printed sheet music」(印刷された楽譜)26A01
第19類 「plastic landscape edgings」(造園用プラスチック製縁取り材)07A03
第21類 「lint removers, electric or non-electric」(くず取り器(電動式のもの又は電動式でないもの))11A06 19A06
第29類 「guacamole [mashed avocado]」(グアカモーレ(アボカドのディップ))32F04
第29類 「galbi [grilled meat dish]」(カルビ(網焼き肉料理))32F01
第39類 「cash replenishment of automated teller machines」(現金自動預金支払機への現金補充)39B01 39Z99
第43類 「reception services for temporary accommodation [management of arrivals and departures]」(一時宿泊施設の提供のための受付及び案内(到着及び出発の管理))42A01 42A02
第45類 「conducting religious ceremonies」(宗教儀式の実施)42Z99
第45類 「leasing of internet domain names」(インターネットドメイン名の貸与)42X90

類移行

第4類 「benzene」(ベンゼン)01A01→第1類
第5類 「bracelets for medical purposes」(医療用腕環)10D01→第10類
第8類 「needle-threaders」(糸通し器)19B03→第26類
第9類 「socks, electrically heated」(電熱式ソックス)11A06→第11類
第26類「reins for guiding children」(幼児連れ歩き用安全ひも)21A01→第18類
第28類「scrapers for skis」(スキー用スクレーパー)24C01→第8類
第28類「wax for skis」(スキーワックス)05D01→第4類

類移行+表示変更

第21類「pig bristles」(豚の剛毛34E07)→第22類「pig bristles*」(豚の剛毛)34E07(類移行&表示変更)、若しくは第21類「pig bristles for brush-making」(ブラシ製造用豚の剛毛)34E07(追加)
★豚の剛毛等動物の毛は、未加工のものが第22類、特定の商品用に加工されたものは当該商品が属する類と整理され、第21類に「ブラシ製造用豚の剛毛」が追加されました。

類移行+表示変更により、類、日本語訳、類似群が変化

第6類「tool handles of metal」(工具用金属製柄13B01)→第8類「handles for hand-operated hand tools」(手動式の手持工具用柄)13A01 13B01(類移行&表示変更)
第6類「knife handles of metal」(ナイフ用金属製柄13A01)→第8類「knife handles」(ナイフ用柄)13A01(類移行&表示変更)
第6類「scythe handles of metal」(大がま用金属製柄13A01)→第8類「scythe handles」(大がま用柄)13A01(類移行&表示変更)
第6類「broom handles of metal」(ほうき用金属製柄19A06)→第21類「broom handles」(ほうき用柄)19A06(類移行&表示変更)
★11版より、各種商品の「柄」は、当該商品の帰属する類で採択することとなります。

類移行+追加により、類、日本語訳、類似群が変化

第3類 「medicated soap」(薬用せっけん)04A01→第5類 「medicated soap」(医療用せっけん)01B01(類移行)
第5類 「medicated shampoos」(医療用シャンプー)01B01(追加)
第5類 「medicated toiletry preparations」(医療用化粧品、せっけん類及び歯磨き)01B01(追加)
第5類 「medicated dentifrices」(医療用歯磨き)01B01(追加)
★「medicated」は、「薬用」と訳していましたが、11版より、第5類に医療用の化粧品、せっけん類及び歯磨きが属することが明確になり、「医療用」と理解するのが適切となりました。なお、医療用か否かがあいまいな「薬用」の文字は、11版より、せっけん類、化粧品、歯磨き関連商品に使用することはできません。
第3類 「disinfectant soap」(消毒用せっけん)04A01→第5類「disinfectant soap」(消毒用せっけん)01B01(類移行)、若しくは第5類 「antibacterial soap」(抗菌せっけん)01B01(追加)
★薬剤の範ちゅうの商品として、上記商品が国際分類表の第5類に追加又は類移行しました。

類移行+表示変更等により、類、日本語訳、類似群が変化

第16類「chaplets」(ロザリオの祈りを載せた本)26A01→第14類「chaplets」(チャプレット(ロザリオ))21A02(類移行)
第16類「rosaries」(ロザリオの祈りを載せた本)26A01→第14類「rosaries」(ロザリオ)21A02(類移行)
★chaplets及びrosariesは、第16類に属していたことから、我が国では、これまで本として理解されていましたが、カトリック教徒が祈りの際に用いるビーズの紐であって、ネックレスに類似する商品であることから、11版より第14類となります。

rosary

第20類「flagpoles」(旗ざお)19B22→第6類「flagpoles of metal」(金属製旗ざお及び旗掲揚柱)07A01 19B22(類移行&表示変更)、若しくは第19類「flagpoles, not of metal」(旗ざお及び旗掲揚柱(金属製を除く。))07A03 07C01 19B22(追加)
★旗ざおは、11版より、金属製のものが第6類、非金属製のものが第19類となります。

第8類 「ladles for wine」(ぶどう酒製造用ひしゃく)13B01→第21類 「ladles for serving wine」(ぶどう酒給仕用レードル)19A05 (類移行&表示変更)
第8類 「nutcrackers」(くるみ割り器)19A05 →第21類(類移行)
第8類 「sugar tongs」(角砂糖挟み)19A05 →第21類(類移行)
★ミンチ・粉砕・プレス又は破砕用の台所用小型手動式器具、給仕用具は第21類となります。

類移行+表示変更等により、類、日本語訳が変化

第18類「gut for making sausages」(ソーセージ用腸管)18C11→第29類「sausage casings, natural or artificial」(天然又は人工のソーセージ用ケーシング)18C11(類移行&表示変更)
★ソーセージ用の腸管は、ソーセージ製造用の加工済み動物性商品として、11版より第29類となります。

第20類「sleeping bags for camping」(キャンプ用寝袋)24C03→第24類「sleeping bags」(スリーピングバッグ)24C03(類移行&表示変更)
★スリーピングバッグは、 キャンプ用寝袋は第20類、家庭用寝袋は第24類で採用していましたが、11版よりその区別なく第24類となります。

類移行により、類、類似群が変化

第29類「piccalilli」(ピカリリー)32F04 →第30類「piccalilli」(ピカリリー)31A02 32F04(類移行)
★ピカリリーは、第29類に属していたことから、これまで加工野菜として理解されていましたが、調味料の範ちゅうの商品として、11版より第30類となります。

表示変更+追加 日本語訳、類似群が変化

第11類「ice boxes」(アイスボックス)19A04→第11類「cool boxes, electric」(電気式クーラーボックス)09E12 11A06(表示変更)
第11類 「ice chests」(アイスボックス)19A04→第11類「coolers, electric」(電気式クーラーボックス)09E12 11A06(表示変更)
第21類「non-electric portable coldboxes」(携帯用アイスボックス(電気式のものを除く。)19A04→第21類「portable cool boxes, non-electric」(携帯用クーラーボックス(電気式のものを除く。))19A04(表示変更)
第21類「non-electric portable coolers (Am.)」(携帯用アイスボックス(電気式のものを除く。))19A04→第21類「portable coolers, non-electric」(携帯用クーラーボックス(電気式のものを除く。))19A04(表示変更)
第21類「cold packs for chilling food and beverages」(食品及び飲料の保冷用アイスパック)19B50(追加)
★冷蔵用の商品は、11版より電気式のものが第11類、非電気式のものが第21類となります。

追加+類移行等により、類、日本語訳、類似群が変化

第29類「milk substitutes」(代用牛乳)31D01 32F05(追加)
第29類「almond milk」(アーモンドミルク)31D01(追加)
第29類「coconut milk」(ココナッツミルク)31D01(追加)
第29類「rice milk [milk substitute]」(ライスミルク(代用牛乳))31D01→第29類「rice milk」(ライスミルク)31D01(表示変更)
第29類「soya milk [milk substitute]」(豆乳)32F05→第29類「soya milk」(豆乳)32F05(表示変更)
第29類「milk of almonds for culinary purposes」(料理用アーモンドミルク)32F04→第29類「almond milk for culinary purposes」(料理用アーモンドミルク)31D01 (表示変更)
第29類「coconut milk for culinary purposes」(料理用ココナッツミルク)31D01 (追加)
第29類「rice milk for culinary purposes」(料理用ライスミルク)31D01(追加)
第32類「milk of almonds [beverage]」(アーモンド飲料)29C01→第29類「almond milk-based beverages」(アーモンドミルクを主原料とする飲料)29C01(類
移行&表示変更)
第29類「coconut milk-based beverages」(ココナッツミルクを主原料とする飲料)29C01(追加)
★植物由来の「○○ milk」の表示を含む各種商品は、11版より、第29類となります。なお、 「○○ milk」の表示を含まない「soya-based beverages, other than milk substitutes」(固有番号:320053、大豆ベースの飲料(牛乳代用物を除く。)29C01などは、現行のまま第32類となります。

追加により、類が変化

第1類 「transmission oil」(トランスミッションオイル)05B01
★トランスミッションオイルは、これまで第4類で採用していましたが、上記商品が「transmission fluid」(固有番号:010644、トランスミッション液05B01)と同様の商品として、国際分類表に追加されたことにより、11版より、第1類となります。
第6類 「shoe pegs of metal」(金属製靴くぎ)22A02
第20類「shoe pegs, not of metal」(靴くぎ(金属製のものを除く。))22A02
第6類 「shoe dowels of metal」(金属製靴合わせくぎ)22A02
第20類「shoe dowels, not of metal」(靴合わせくぎ(金属製のものを除く。))22A02
★靴金具関連の商品は、これまで第25類で採用していましたが、上記商品が国際分類表に追加されたことにより、11版より、金属製は第6類、非金属製は第20類となります。
第11類「disinfectant apparatus for medical purposes」(医療用消毒装置)10D01
★医療用の滅菌用及び消毒用の器具は、これまで第10類で採用していましたが、上記商品が国際分類表に追加されたことにより、11版より、第11類となります。
第30類「chocolate-based spreads」(チョコレートを主原料としたスプレッド)32F04
★「チョコレートスプレッド」は、これまで第29類で採用していましたが、上記商品が国際分類表に追加されたことにより、11版より、第30類となります。
第37類「rental of dish washing machines」(食器洗浄機の貸与)42X13 42X24
第37類「rental of dish drying machines」(食器乾燥機の貸与)42X13 42X24
★「食器洗浄機の貸与」及び「食器乾燥機の貸与」は、これまで第43類で採用していましたが、 上記役務が、食器の洗浄・乾燥という役務の提供の用に供される物品の貸与であることを理由に国際分類表に追加されたことにより、11版より、第37類となります。

表示変更+追加により、日本語訳、類似群が変化

第14類「charms [jewellery, jewelry (Am.)] 」(鎖用宝飾品21A02)→第14類「jewellery charms」(宝飾品用チャーム)21A02 21B01 21D01(表示変更)
第14類「charms for jewellery」(宝飾品用チャーム)21A02 21B01 21D01(追加)
第14類「charms for key rings」(キーホルダー用チャーム)13C02(追加)
第14類「charms for key chains」(キーホルダー用チャーム)13C02(追加)
第26類「charms, other than for jewellery, key rings or key chains」(チャーム(宝飾品、キーホルダー用のものを除く。))21A02 21A03 21B01(追加)
★「charms」(チャーム)は、宝飾品・キーホルダーに用いられるチャームが第14類、宝飾品、キーホルダー用ではないものが第26類となります。

表示変更+追加により、日本語訳が変化

第42類「internet security consultancy」(インターネットセキュリティに関する指導及び助言)42P02(追加)
第42類「data encryption services」(データの暗号化処理)42P02(追加)
第45類「security consultancy」(保安に関する助言)42T01→第45類「physical security consultancy」(身体上の保安に関する助言)42T01(表示変更)
第45類「baggage inspection for security purposes」(安全目的の手荷物点検)42T01→第45類「security screening of baggage」(手荷物のセキュリティ検査)42T01(表示変更)
★データ及び情報の安全性を確保するためのコンピュータ技術サービスは第42類、有形財産及び個人の身体的保護のためのセキュリティサービスは第45類となります。

優先権主張を伴う商標登録出願

商標登録出願は、特許出願とは異なり、新規性などの出願の時間的な登録要件が審査されることは稀で、現実には出願日が問題となるのは先後願の関係ぐらいです。しかし、商標出願制度は先願主義を採用していますので、時を争って出願するような場合では外国からの出願には優先権の主張が伴う場合があります。商標制度で利用される優先権(priority)は、同盟国に先の出願日に出願したと同等の取り扱いを促すパリ条約の優先権で、特許制度のような国内優先権はありません。また、商標制度の優先期間は6カ月です。

1.商標登録出願の優先権が認められる要件

  • 出願人の同一性(商標登録出願の出願人が優先権証明書の出願人と同一又はその承継人であること)
  • 優先期間内の出願であること
  • 願書に記載された商標と優先権証明書の商標が同一であること
  • 指定商品・指定役務の全部もしくは一部に優先権証明書に記載された指定商品・指定役務が含まれること

2.優先権主張をする商標出願の記載方法

願書の「【代理人】」の欄の次に「【パリ条約による優先権等の主張】」の欄を設け、その欄に「【国名】」、「【出願日】」、「【出願番号】」を設けて国名、出願日、出願番号を記載します。

優先権主張の願書の記載例
優先権主張の願書の記載例

3.優先権証明書の提出

優先権証明書の提出は出願日から3月以内に「優先権証明書提出書」(特施規第27条の3の3様式第36を準用)に証明書を添付して提出します。欧州連合知的財産庁(EUIPO)やニュージーランド知的財産庁が提供するPDF形式の優先権証明書を印刷出力し(カラーのものはカラー印刷で)提出した場合には、優先権証明書の提出があったものとして取り扱われます。しかし欧州連合知的財産庁が発行するデータベースの抄録(Extract from the database containing European Union trade mark applications)は優先権証明書とは取り扱われません。

4.運用上、同一と判断される例

a.シリーズ商標を基礎とする商標出願

シリーズ(連続)商標は、インド、シンガポール、英国、ニュージーランド、ブルネイなどで利用できる制度で、1つの出願に商標のバリエーションが複数含まれるものを言います。優先権主張の基礎出願が他のパリ条約同盟国のシリーズ商標の出願である場合には、優先権証明書に記載される複数の商標の1つが優先権主張をする商標出願の商標と一致するか否かが判断されます。

b.米国の立体商標出願を基礎とする商標出願

米国の商標実務として、立体を表す商標見本に、陰影を表すために細線や濃淡を用いることが認められていますが、日本の実務ではこれが認められていません。このため優先権証明書と優先権主張をする商標出願の間で、商標見本の相違が、陰影を表すために細線や濃淡に過ぎない場合には、原則として同一の商標として取り扱われます。

c.標準文字からなる商標出願

標準文字を用いた場合には、各国の電子出願システムに応じた種々のフォントが用意されることになりますが、厳密にはシステムに応じて一致しないことが生じます。そこで運用として標準文字の場合には、フォントの違いを考慮せずに、実質的に同一商標として取り扱われます。また、日本では標準文字で使用される文字は全角文字だけですので、優先権証明書の商標が半角文字であった場合にも文字が同じものであれば全角半角を問わずに原則として同一の商標として取り扱われます。

商標法第5条第3項に規定する標準文字の指定について | 経済産業省 特許庁

商標法第5条第3項に規定する標準文字の指定について

情報源: 商標法第5条第3項に規定する標準文字の指定について | 経済産業省 特許庁

平成28年9月23日に、新しい標準文字が指定され、当該指定は、平成29年1月1日から適用されます。平成29年1月1日前にした商標登録出願については、前に指定した標準文字が適用されます。変更点は、字体が変わる文字がある点で、比較的にあまり使用頻度の高くない文字で変更が行われます。

標準文字として認められない例
1.図形のみの商標、図形と文字の結合商標
2.特許庁長官の指定文字以外の文字を含む商標
3.文字数の制限30文字を超える文字数(スペースも文字数に加える。)からなる商標
4.縦書きの商標、2段以上の構成からなる商標
5.ポイントの異なる文字を含む商標
6.色彩を付した商標
7.文字の一部が図形的に、又は異なる書体で記載されている商標
8.花文字など特殊文字、草書体など特殊書体で記載された商標
9.スペースの連続を含む商標

標準文字とは
標準文字商標とは(独立行政法人工業所有権情報・研修館)

letters00

商標関連情報 平成14年~平成21年

商標関連情報(アーカイブ) 平成14年~平成21年

平成14年~平成21年の過去の商標法改正などを掲示しています。(旧Website(updatedinfo.htm)からの移設ページです。)

平成21年商標早期審査・審理の運用変更[2010/12/27up]

商標の審査には通常出願から6カ月~1年程度かかります。しかし、早期審査という制度を利用すると、出願からおよそ1カ月半~3カ月半程度で審査結果が来ることになっております。従来、商標の早期審査を受けるためには要件は、「権利化について緊急性を要する出願」と定義されており、この要件に合致するもののみ早期審査を受けることが出来ました。しかし、2009年1月より早期審査の要件が改正され、「出願人又はライセンシーが、出願商標を既に使用している商品・役務又は使用の準備を相当程度進めている商品・役務のみを指定している出願」も早期審査の対象となりました。この要件によれば「使っている商標」や「使う予定のある商標」について、実際に使用している(又は使用予定)指定商品/役務に限定をすることにより、早期審査を受けられることになります。(しかも、印紙代はかかりません。)例えば、昔から商標を使用していたがまだ商標権を取得していなくて、この商品(例えば商品「どら焼き」)についての商標だけ急いで権利が欲しい場合等には、この早期審査制度を利用することにより、早期に権利化が可能となります。他にも、商品化まで時間が無くて、兎にも角にも急いで商標権が欲しい場合にも、指定商品(役務)の限定により、早期に権利化が可能となります。

平成20年商標法改正の概要[2009/5/7up]

<平成20年6月1日より変更>

商標関係料金が大幅に引き下げられました。例えば、1区分あたりの登録時印紙代は66,000円から37,600円、1区分あたりの更新時印紙代は151,000円から48,500円となっております。

<平成21年4月1日より変更>

  • 拒絶査定不服審判を請求できる期間が30日以内から3ヶ月以内に拡大しています。
  • 通常使用権及び専用使用権に係る現行の登録事項のうち、「対価」については今後登録事項から除外されます。
  • 登録後の手続(例:通常使用権の設定)において、登録申請受付日が効力発生日(登録日)とみなされます。

商標の使用又は商標の使用の意思に関する運用[2007/4/4up]

  • 商標を出願する際は、商標を使用する商品(役務)を指定する必要がありますが、その商品(役務)は45つの区分に分類されています。また、区分内でも類似群というコードで更に細かく分類されています。
  • 平成19年4月1日以降に出願された案件については、1区分内で類似群が8つ以上の商品(役務)を指定した場合は、審査で商標の使用意思の確認が行われます。使用意思を証明するには、意見書等の提出と共に、雑誌等の印刷物や請求書等の取引書類を提出したり、商標の使用を開始する意思を明記した文書及び事業計画書を提出したりすることが考えられます。
  • また、小売等役務についても、互いに類似しない小売等役務を複数指定した場合は、審査で商標の使用意思の確認が行われます。小売等役務の中でも、衣料品・飲食料品及び生活用品に係る各種商品を一括して取り扱う小売業等(総合小売等)を個人が指定した場合や法人が指定しても総合小売等役務を行っていると認められない場合も、審査で商標の使用意思の確認が行われます。

平成18年商標法改正の概要[2006/10/26up]

商標法の一部が改正され、平成19年4月1日から特例小売商標登録出願が可能となる予定です。特例小売商標登録出願は、商品を販売するための付随的なサービスにすぎないとされていた「小売サービス」を指定して商標登録を受けられるようにすることで、小売・卸売業者の業務上の信用を保護することを目的としております。そして、小売店における看板・制服・買い物かご等に使用される商標が、小売サービスに係る登録商標の使用として直接的に保護されるようになります。

審査は以下のように行われる予定です。(1)平成19年4月1日から平成19年6月30日までに行った小売サービスを指定役務とする出願同士は、同日出願として審査が行われます。(2)ただし、スーパーマーケット等の総合小売サービス以外の小売サービスについては、既存の商品区分間でクロスサーチを行い、取扱商品の類似群に他人の類似商標が登録されていないことが前提となります。(3)また、他人の周知・著名商標でないこと等の一般的登録要件を満たすことも必要とされます。(4)その上で、平成19年4月1日の前から使用されている商標の出願が優先されます。例えば互いに類似している商標A・B・Cの出願が並存したとして、商標Aのみが平成19年4月1日の前から使用されている場合は商標Aのみ、商標A・Bが平成19年4月1日の前から使用されている場合は商標A・Bのみ、いずれも使用されていない場合はくじで選ばれた商標のみが登録を受けられることになります。

なお、平成18年9月1日から商工会議所・商工会・NPO法人・中間法人等の社団についても団体商標登録出願(商標法7条)ができるようになっております。ただし、地域団体商標出願(商標法7条の2)については、未改正ですので、従来どおり所定の組合のみが出願できます。

国際出願の個別手数料の変更[2005/4/7up]

平成17年5月2日より、国際出願で米国を指定した場合の個別手数料が456スイスフランから367スイスフランに変更になります。また、国際登録の更新においても米国の個別手数料は544スイスフランから452スイスフランに変更されます。

地域団体商標制度の導入[2005/4/7up]

現在、地域団体商標制度の導入について国会で審議されています。この制度は、従来登録が認められにくかった地域名と商品名からなる商標を、農協等の団体が使用することによって、複数の都道府県にまたがるくらい広く知られるようになった場合には、その団体に地域団体商標として登録を認めるというものです。地域ブランドの保護強化を図る制度として期待されます。なお、この制度による出願は平成18年4月1日からできる予定です。

欧州共同体の国際登録出願での指定について[2004/7/17up]

欧州共同体は第77番目の加盟国としてマドリッドプロトコルに加盟し、2004年10月1日から国際登録出願において欧州共同体の指定が可能になります。欧州共同体を指定した出願について、OHIM(the Office for Harmonization in the Internal Market)によって拒絶されなければ、OHIMで直接出願し若しくは登録されたものと同じように25の欧州共同体(EC)の加盟国で商標が有効に保護されることになります。

アメリカ合衆国の国際登録商標出願での指定について[2003/9/30up]

アメリカ合衆国は2003年8月2日に第59番目の加盟国としてマドリッドプロトコルに加盟しております。その結果、2003年11月2日から国際登録商標出願において米国の指定が可能になります。

国際商標登録出願に関する改正点(平成15年1月1日施行)[2002/12/25up]

今回の改正では、日本を領域指定する国際登録出願についての個別手数料の二段階納付制度の導入と補正の範囲が改められています。
日本を領域指定して国際商標登録出願をする場合の個別手数料については、国内出願と同様、国際登録前に出願料に相当する金額を納付し、登録査定後に登録料に相当する金額を納付できるようになりました。また、日本を領域指定する国際商標登録出願について補正できる対象から「商標登録を受けようとする商標」を削除し、商標自体については補正できないことを明らかにしました。改正前では日本を指定して国際商標登録出願をする場合は国際登録前に個別手数料を一括して納付することが必要で、国際商標登録出願が拒絶された場合に登録料に相当する金額が払い戻されないという不都合がありましたが、この点が解消されます。また、補正の制限はマドリッド協定及び同議定書並びに共通規則の解釈によるものです。

区分補正での不足分の追徴[2002/10/24up]

特許庁からのお知らせで、本年1月以降の出願で区分が適正でないものについては、拒絶理由通知前に削除補正をしないと区分の不足分が追徴される可能性があるとのことです。以下、特許庁のホームページからの抜粋です。”改正前第42類に属していた役務が、改正後は第42類~第45類の4つの類に分けられましたので、同一の役務の範囲を指定した場合であっても、改正前は1区分分の出願料及び登録料(以下、「料金」という。)であったものが、改正後は4区分分の料金が必要となる場合があります。例えば、改正前は「第42類 医薬品・化粧品又は食品の試験・検査又は研究、宿泊施設の提供、医業、施設の警備」を指定すると1区分分の料金でしたが、改正後は、各役務の属する区分が変更されたことにより、「第42類 医薬品・化粧品又は食品の試験・検査又は研究、第43類 宿泊施設の提供、第44類 医業、第45類 施設の警備」となりますので、指定役務の範囲が同一であっても4区分分の料金が必要となります。また、本年1月以降、誤って改正前の区分に従って、「第42類 医薬品・化粧品又は食品の試験・検査又は研究、宿泊施設の提供、医業、施設の警備」を指定し、一区分分の料金を納付した商標登録出願については、各役務が上述のように4つの区分に属することから、商標法第6条第2項に係る拒絶理由の対象となる他、出願料が3区分分不足するとして手続補正指令の対象にもなりますので、この点についてもご注意下さい。この場合、審査着手前であれば、自発補正によって、指定役務を改正後の区分に従って、例えば、「第42類 医薬品・化粧品又は食品の試験・検査又は研究」のみに、又は「第43類 宿泊施設の提供、第44類 医業」のみに減縮すると、出願料は前者が1区分分で、後者が2区分分で済みますし、拒絶理由や手続補正指令からも回避できます(後者の場合は手続補正書提出時に1区分分の料金納付が必要)ので、本事例のような商標登録出願をされてしまった場合は、指定役務をご確認の上、必要な場合は指定役務の補正を行うことをお勧めします。”

平成14年9月1日施行の商標法改正[2002/8/26up]

  • 商標を付した商品をインターネットを通じて提供した場合も“商標の使用”と明文化されました。例えば、コンピュータ・プログラムを実行するとパソコンの画面に商標が表示されるようにしたコンピュータ・プログラムをインターネットで送信する行為が該当します。具体的には、「コンピュータ・プログラム」を指定して商標登録した場合には、第三者がそのような使用をすれば商標権を侵害する可能性があり、また権利者がそのような使用をしていれば不使用であるとして商標登録が取り消されることもないことが明文化されたわけです。尚、「コンピュータ・プログラム」は平成14年1月1日施行の法改正によって商品に含まれることになっています。
  • パソコン等の画面に商標を表示して役務(サービス)を提供した場合も“商標の使用”と明文化されました。例えば、パソコンや携帯情報端末等で気象情報を提供するサービスを行っている場合に、その画面上に商標を表示する行為が該当します。具体的には、「気象情報の提供」を指定して商標登録した場合には、第三者がそのような使用をすれば商標権を侵害する可能性があり、また権利者がそのような使用をしていれば不使用であるとして商標登録が取り消されることもないことが明文化されたわけです。尚、情報提供サービスは「~に関する情報」というように、個別具体的に指定することが必要です。

かんたん商標出願講座 INPIT Channel 商標_動画(リンク)

これから商標登録出願を考えている方に、出願書類の作成についてご理解していただくための動画シリーズです。全13動画 INPIT–工業所有権情報・研修館

INPIT–工業所有権情報・研修館のWebsite