法埋第䞉号什元・五・䞀䞃 特蚱法等の䞀郚を改正する法埋(商暙法の䞀郚改正) 

商暙法の䞀郚改正

第四条 商暙法昭和䞉十四幎法埋第癟二十䞃号の䞀郚を次のように改正する。

条文シフト

第十䞉条の二第五項䞭「第癟五条の二」を「第癟五条の二の十䞀」に改める。➡[特蚱法に査蚌制床が導入されたための条文シフト]

公益著名商暙の通垞䜿甚暩の蚱諟

第䞉十䞀条第䞀項ただし曞を削る。➡[公益著名商暙の通垞䜿甚暩の蚱諟が可胜既に什和1幎5月27日に斜行しおいたす。]

損害賠償額算定方法の芋盎し

第䞉十八条第䞀項䞭「その譲枡した商品の数量以䞋この項においお「譲枡数量」ずいう。に、商暙暩者又は専甚䜿甚暩者がその䟵害の行為がなければ販売するこずができた商品の単䜍数量圓たりの利益の額を乗じお埗た額を、商暙暩者又は専甚䜿甚暩者の䜿甚の胜力に応じた額を超えない限床においお」を「次の各号に掲げる額の合蚈額を」に改め、同項ただし曞を削り、同項に次の各号を加える。
侀 商暙暩者又は専甚䜿甚暩者がその䟵害の行為がなければ販売するこずができた商品の単䜍数量圓たりの利益の額に、自己の商暙暩又は専甚䜿甚暩を䟵害した者が譲枡した商品の数量次号においお「譲枡数量」ずいう。のうち圓該商暙暩者又は専甚䜿甚暩者の䜿甚の胜力に応じた数量同号においお「䜿甚盞応数量」ずいう。を超えない郚分その党郚又は䞀郚に盞圓する数量を圓該商暙暩者又は専甚䜿甚暩者が販売するこずができないずする事情があるずきは、圓該事情に盞圓する数量同号においお「特定数量」ずいう。を控陀した数量を乗じお埗た額
二 譲枡数量のうち䜿甚盞応数量を超える数量又は特定数量がある堎合商暙暩者又は専甚䜿甚暩者が、圓該商暙暩者の商暙暩に぀いおの専甚䜿甚暩の蚭定若しくは通垞䜿甚暩の蚱諟又は圓該専甚䜿甚暩者の専甚䜿甚暩に぀いおの通垞䜿甚暩の蚱諟をし埗たず認められない堎合を陀く。におけるこれらの数量に応じた圓該商暙暩又は専甚䜿甚暩に係る登録商暙の䜿甚に察し受けるべき金銭の額に盞圓する額➡[暩利者の生産・販売胜力を超えた郚分の損害を認定 䟵害品の販売数量が暩利者の生産胜力や販売胜力(䜿甚盞応数量)を超える堎合、その超えた個数分はラむセンス料盞圓額での損害賠償を求めるこずができたす。]

”平成31幎3月特蚱庁の特蚱・意匠・商暙制床の芋盎し”より
第䞉十八条第五項䞭「前二項」を「第䞉項及び前項」に改め、同項を同条第六項ずし、同条第四項を同条第五項ずし、同条第䞉項の次に次の䞀項を加える。
 裁刀所は、第䞀項第二号及び前項に芏定する登録商暙の䜿甚に察し受けるべき金銭の額に盞圓する額を認定するに圓た぀おは、商暙暩者又は専甚䜿甚暩者が、自己の商暙暩又は専甚䜿甚暩に係る登録商暙の䜿甚の察䟡に぀いお、圓該商暙暩又は専甚䜿甚暩の䟵害があ぀たこずを前提ずしお圓該商暙暩又は専甚䜿甚暩を䟵害した者ずの間で合意をするずしたならば、圓該商暙暩者又は専甚䜿甚暩者が埗るこずずなるその察䟡を考慮するこずができる。
➡[この新しい第4項は”ラむセンス料盞圓額の増額”ず題されおいたす。い぀から適甚されるのかずいう疑問に぀いお—過去の改正付則によれば、”䞀郚斜行日以埌にした行為に぀いお適甚し、䞀郚斜行日前にした行為に぀いおは、なお埓前の䟋による。”ずなる芋蟌みです。斜行日は什和幎月日より幎以内ですが、未だ具䜓的な斜行日は未定です。]

条文シフト

第䞉十九条䞭「、第癟五条」の䞋に「曞類の提出等、第癟五条の二の十䞀」を加え、「曞類の提出等、」を削る。➡[特蚱法に査蚌制床が導入されたための条文シフト]

囜際登録出願の補正期間の延長

第六十八条の二十八第䞀項䞭「により指定された期間内」を「による通知を受けた埌は、事件が審査、審刀又は再審に係属しおいる堎合」に改める。
➡[囜際商暙登録出願に係る補正手続の期間の延長]

商暙登録α: 拒絶理由通知に察する意芋曞蚘茉䟋#105

特蚱庁審査官等から受けた拒絶理由通知等に察し、反論した「意芋曞、審刀請求曞」の具䜓䟋を小川特蚱商暙事務所のサむトから転茉しおおりたす。

本願商暙「」×「」

出願番号  商願2016-147425
商  暙「」
商品区分  第20類、第24類
適甚条文商暙法第条項号
拒絶理由 「」は、
  登録第5237678号「」 匕甚商暙、
  登録第5719850号「」 匕甚商暙
 ず類䌌する。

出願商暙・商暙登録第5981221号
匕䟋商暙・商暙登録第5237678号
匕甚商暙2・商暙登録第5719850号

意芋曞における反論

 拒絶理由通知曞においお、本願商暙は、登録第号商願の商暙以䞋、「匕甚商暙」ずいう及び、登録第号商願の商暙以䞋、「匕甚商暙」ずいうず同䞀又は類䌌であっお、その商暙登録に係る指定商品ず同䞀又は類䌌の商品に䜿甚するものであるから、商暙法第条第項第号に該圓するず認定されたした。しかしながら、本出願人は、本願商暙はあくたでも「」党䜓で䞀連䞀䜓の商暙であり、匕甚商暙及びの「」からなる匕甚商暙ずは、倖芳、称呌及び芳念のいずれにおいおも玛れるこずのない非類䌌の商暙であるず考えたすので、前蚘認定には承服できず、以䞋に意芋を申し述べたす。

本願商暙ず匕甚商暙の構成
  たず、本願商暙は、願曞の商暙登録を受けようずする商暙の蚘茉からも明らかなように、やや小さめな「」の英文字を暪曞きしお䞊段䞭倮に配眮し、たたその䞊段の英文字よりも倧きく暪曞きした「」の英文字を䞋段に配眮し、か぀「」ず「」の文字の間に「」ず同じくらいに暪幅のある手曞き颚の暪ラむンを付けお、党䜓を玺色で統䞀し䞀䜓に「§」ず曞した態様からなるもので、いわば「」ずいうベッドの䞊に、手曞き颚の暪ラむンであらわした「マットレス」を敷いお、その䞊に「」を寝かせたむメヌゞの商暙でありたす。そしお、指定商品を第類「クッションたくらマットレス家具ベッド゜ファヌベッドベッド甚マットレス」17C01 20A01及び、第類「敷垃垃団カバヌ垃団偎たくらカバヌ毛垃垃補身の回り品垃団」17B01 17C01ずするものでありたす。これに察し、匕甚商暙は、やや小さく「」ず曞した手曞き颚の英文字ずその右暪に配した氎平線からの日の出颚の図圢郚分ずからなる䞊段郚分ず、その䞋に倧きく「」ず暪曞きした英文字ずからなる䞋段郚分を有する二段構成の商暙で、同じく指定商品を第類「クッション座垃団たくらマットレス」17C01及び第類「かや敷垃垃団垃団カバヌ垃団偎たくらカバヌ毛垃」17C01ずするものでありたす。たた、匕甚商暙は、やや小さく「」ず玺色で暪曞きした英文字を䞊段䞭倮に配し、その䞋に倧きく「」ず玺色で暪曞きした英文字を配しお䞋段を構成し、か぀その䞊䞋段の右端を囲うように圢成されたオレンゞ色の䞉日月図圢を備えた態様からなるもので、同じく指定商品を第類「家具ベッド゜ファヌベッドベッド甚マットレス揺りかごスリヌピングバッグクッション座垃団たくらマットレスカヌテン金具ベンチ屋内甚ブラむンド装食甚ビヌズカヌテン日よけ」13C01 17C01 20A01 20C01 20D02 24A01 24C03及び、第類「カヌテン垃補身の回り品織物補テヌブルナプキンふきんテヌブル掛けかや敷垃垃団垃団カバヌ垃団偎たくらカバヌ毛垃」17B01 17C01 19A05 19A06 20C01 を指定商品に含むものでありたす。

本願商暙ず匕甚商暙の察比
  たず、倖芳の点に぀いおみるず、本願商暙ず匕甚商暙ずは、「」の暪曞き英文字郚分の存圚に共通性はあるものの、本願商暙の「」の文字及びその䞋の暪幅のある手曞き颚の暪ラむンの存圚ず、匕甚商暙の「」の文字や日の出図圢・䞉日月図圢の存圚ずの違いにより、䞡者は倖芳䞊明瞭に識別できるものず考えたす。
  たた、芳念の点に぀いおみるず、本願商暙の「」は、その䞊段の英文字郚分「」が「日本」を意味する単語であり、たた䞋段の英文字郚分「」が「眠る人」や「幌児・子䟛の寝巻」「゜ファヌベッド」などの寝具類をあらわす既存の英単語でありたすので、共に日本人に慣れ芪したれた甚語であり、本願指定商品ずの関係にあっお、党䜓ずしお「日本向きの寝具類」「日本人向けの寝具類」などをむメヌゞさせる商暙でありたす。本出願人は、この本願商暙の遞定に際しお、「日本人による日本人のための高密床圢状蚘憶マットレスを提䟛したい。そしおより充実した眠りを届けたい。」ずのコンセプトの䞋に、この「」ずいうネヌミングを考え、本願商暙の劂き態様「」ずいうベッドの䞊に、手曞き颚の暪ラむンであらわした「マットレス」を敷いお、その䞊に「」を寝かせたむメヌゞの態様を考えたわけでありたす。これに察し、匕甚商暙は、「」が「真実の、本圓の」等を意味し、「」が䞊述したように「幌児・子䟛の寝巻」「゜ファヌベッド」等の寝具類を意味する単語でありたすので、党䜓ずしお、「真の眠りを誘う寝具類」などをむメヌゞさせるものず思いたす。よっお、本願商暙「§」ず匕甚商暙の「」ずは、芳念䞊も玛れるこずのない、非類䌌の商暙であるず考えたす。
 そこで、次に称呌の点に぀き怜蚎したすず、本願商暙「§」は、二段構成ですが、党䜓が同じ曞䜓で曞され、か぀䞊述の劂く党䜓ずしお「日本向きの寝具類」、「日本人向けの寝具類」の劂き挠然ずしおではあっおも䞀぀の意味合いをむメヌゞさせるものでありたすから、そのむメヌゞに合わせお党䜓を䞀連に称呌するのが自然であるず考えたす。それ故、本願商暙は垞に「ゞャパンスリヌパヌ」ずのみ称呌されるべきものず思いたす。この点、審査官殿は、本願商暙䞭の「」の郚分は、指定商品ずの関係にあっお商暙の芁郚を構成せず、「」の郚分に識別力を認め、単に「」ず称呌される堎合もあるずみお今般の拒絶理由通知を発しおきたのではないかず掚察したすが、そのような認定はおかしいず考えたす。確かに「」の文字は、やや倧きく曞されおいる関係で目立぀態様ではありたす。しかし、この「」の文字は特殊な造語でも、栌別著名な商暙でもありたせん。この「」は、幌児・子䟛の寝巻、゜ファヌベッド等を意味する普通の単語で、いわゆる寝具類をむメヌゞさせる蚀葉ずしお埓前より普通に甚いられおおりたす。それ故、「」の郚分は指定商品ずの関係にあっお識別力の匱い郚分で、やや倧きく曞されおはいおも、この郚分を単独で抜出し、称呌・芳念し取匕するこずは無いものず思われたす。寝具類を䞻䜓ずする指定商品ずの関係で、寝具類をむメヌゞさせる「」の文字郚分は単独で商暙の芁郚、即ち単独で自他商品識別力を生じる郚分ずはなり埗ないず考えたす。これだけでは、䜕の「スリヌパヌ」か分かりたせん。「ゞャパンスリヌパヌ」、「トゥルヌスリヌパヌ」ず䞀䜓䞀連に把握し、称呌・芳念しおこそ識別暙識たる商暙の圹割を果たし埗るものず思いたす。
 ずころで、テレビショッピング等においおは、匕甚商暙の商暙が頻繁に玹介され、その宣䌝効果もあっお、匕甚商暙は䜎反発マットレスのブランドずしおかなり有名になっおきおいるのかも知れたせん。しかし、たずえそうだずしおも、それはあくたでも「」「トゥルヌスリヌパヌ」ずしお有名なのであっお、決しお「」「スリヌパヌ」単独で有名なわけではありたせん。ペヌゞ䞊における匕甚商暙の呌び名の衚瀺を芋おも「トゥルヌスリヌパヌ」ずしおおり、呌び方も垞に「トゥルヌスリヌパヌ」ずしお商品玹介をしおおりたす。単なる「スリヌパヌ」ではありたせん。「」「スリヌパヌ」自䜓は、「マットレス等寝具類」をむメヌゞさせる蚀葉であり、本願指定商品ずの関係にあっおはむしろ識別力の匱い蚀葉でありたす。匕甚商暙はあくたでも「」「トゥルヌスリヌパヌ」ずしお、把握され称呌・芳念されるブランドでありたす。単に「」「スリヌパヌ」ず称呌・芳念したのでは特城がなく、䜕の「スリヌパヌ」寝具類なのか、認識できないからです。
 それ故、匕甚商暙を称呌する取匕者・需甚者も単に「スリヌパヌ」ずは呌ばないはずです。匕甚商暙は、二段曞きの商暙ではあっおも、あくたでも「」「トゥルヌスリヌパヌ」ずしお把握され、称呌・芳念されるものず思いたす。その様に䞀䜓に把握され、称呌・芳念されるからこそ、商暙ずしおの識別機胜を果たすのでありたす。これに察し、本願商暙は前述のように、党䜓を「ゞャパンスリヌパヌ」ず䞀連に称呌しお、「日本向きの寝具類」、「日本人向けの寝具類」の劂き䞀぀の意味合いをむメヌゞさせるものでありたすので、そのむメヌゞに合わせお党䜓を䞀連に「ゞャパンスリヌパヌ」ず称呌するのが自然であり、単に「スリヌパヌ」ず称呌されるこずはないず考えたす。したがっお、本願商暙の称呌「ゞャパンスリヌパヌ」ず、匕甚商暙の称呌「トゥルヌスリヌパヌ」ずは、前半に「ゞャパン」ず「トゥルヌ」ずいう違いがあり、称呌䞊も十分に識別可胜な非類䌌の商暙でありたす。
  ずころで、過去の商暙登録䟋をみたすず、類䌌矀の指定だけでも、「」「」の文字を含む商暙登録䟋は以䞋のように数倚く芋受けられたす。
 䟋えば、
登録4314221  米囜法人
登録5140185   英囜法人
登録5217956 クラりンスリヌパヌ ダヌマン(æ ª)
登録5237678  (æ ª)オヌクロヌンマヌケティング ←匕甚商暙
登録5286072     倧宗(æ ª)
登録5340028   クヌルゞェルスリヌパヌ  ナニヌ(æ ª)
登録5672882   (æ ª)むンタヌナル
登録5706359   (æ ª)ファミリヌ・ラむフ
登録5719850  (æ ª)オヌクロヌンマヌケティング ←匕甚商暙
 このうち、は、今般の匕甚商暙ですが、「」「」の文字は、匕甚商暙の出願以前からも寝具類等を指定した商暙の䞭に甚いられおおりたす。仮に、匕甚商暙の「」の郚分が著名であるずすれば、以埌の出願に係るなどの登録商暙は存圚しなかったはずですが、珟実にはこのように倚数の「」「」を含む登録商暙が存圚しおいたす。これは「」自䜓が、著名な商暙だずいうわけではないからでありたしょう。これら登録商暙の存圚は、匕甚商暙が仮に著名であったずしおも、それは「」「トゥルヌスリヌパヌ」ずいう䞀連の称呌・芳念をしたずきのこずであり、決しお「」自䜓に栌別の著名性があるこずを意味するものではありたせん。なお、この登録商暙の䞭に、本出願人の登録商暙「 」が含たれおいたすが、今般の本願商暙「 」の出願は、この「 」倩䜿のマットレスに続く「」シリヌズの䞀貫ずしお出願したもので、今埌も販売寝具類の特城を生かした「」シリヌズを垂堎に提䟛しおいく予定でおりたす。
 ずころで、本出願人は、幎平成幎月より、カタログショッピングで、実際に本願商暙を甚いた圢状蚘憶マットレスの販売を始め珟圚に至っおおりたす。「」を掲茉したカタログは過去に賌入経隓のある顧客リストに基づき毎月䞇郚ほど配垃しおおりたす。今たでのずころ幎月号から幎月号たでありたすので、そのカタログの衚玙及び該圓ペヌゞを第号蚌乃至第号蚌ずしお提出したす。この通販カタログで受泚を受けた「」マットレスの数は、幎月から幎月末日たでの幎半ほどで、本以䞊に䞊っおいたす第号蚌参照。「」マットレスは、たたペヌゞ䞊でも幎月から販売を開始しおおりたすので、そのペヌゞアドレスを提瀺するずずもに、そのペヌゞ「本通」の写しを第号蚌ずしお提出したす。ペヌゞアドレスこのペヌゞ䞊からの受泚数に぀いおは集蚈しおおりたせんが、少なくずもカタログショッピングの分の皋床は受泚しおいるものず思われたす。
 以䞊のように、本出願人は、幎月から「 」の販売をカタログショッピングやペヌゞを通じお幎半以䞊に亘っお継続しおおりたすので、本出願人の「 」ゞャパンスリヌパヌはもうかなりの知名床を埗おいるものず思いたす。これらのカタログやペヌゞの掲茉からも分かるように、「日本人による日本人のための高密床圢状蚘憶マットレス」ずいうコンセプトで「」を売り出しおおり、前述したように、そのカタログも毎月玄䞇郚ほどを配垃しおおりたすので、売り出しから幎半ではありたすが、もうかなりの顧客局に知られおいるものず思いたす。そしお、このように、それなりの知名床を埗お、カタログショッピングだけでも既に本以䞊の売䞊を蚘録しおいる状況にあるわけですが、匕甚商暙を取り扱う䌚瀟や取匕者から商暙が玛らわしいずいうような苊情を受けたり、「」の賌入者からトゥルヌスリヌパヌだず思っお賌入したら違っおいたずいうような苊情を受けたりしたこずは䞀床もありたせん。぀たり、実際の商取匕垂堎においおは、本願商暙「」ゞャパンスリヌパヌず匕甚商暙「」トゥルヌスリヌパヌずの間で具䜓的な出所の混同はおきおおりたせん。これは本願商暙ず匕甚商暙ずが類䌌しないこずの䜕よりの蚌巊でありたす。
 たずめ
 本願商暙は、以䞊のように、二段曞きした商暙ではあっおも、同䞀曞䜓で暪ラむンを含め党䜓が䞀䜓のものずしお把握できたすし、䞀連に「ゞャパンスリヌパヌ」ず称呌しお決しお冗長にならず、称呌しやすい商暙です。たた、挠然ずではありたすが、党䜓ずしお「日本向きの寝具類」、「日本人向けの寝具類」ずいうような意味合いを芳念させるもので、䞊䞋を分断しお䞀方を取り出し発音すべき理由はありたせん。䟋えば、䞊段の「」を無芖しお䞋段「」のみを取り出しお本願商暙を把握したのでは、「日本人による日本人のための寝具類」ずいう出願人が思いを蟌めた芳念・むメヌゞは生じたせん。指定商品「マットレス」ずの関係にあっお「日本人向けのマットレス等寝具類」「ゞャパンスリヌパヌ」をむメヌゞさせるこずもできたせん。たた、「ゞャパンの郚分も「」スリヌパヌの郚分も同䞀曞䜓で玺色に統䞀され比范的バランスを保っお配眮されおおり、「」の文字がやや小さいものの「ゞャパンスリヌパヌ」ず䞀気に称呌できたす。特に、「」ゞャパンの郚分は䞊段郚分にあり、称呌䞊重芁な䜍眮を占め、党䜓で䞀぀の抂念を感じさせるこずから、この「」の郚分を省略しお発声するこずは通垞ありたせん。省略したのでは䜕の「スリヌパヌ」寝具類かよく分からなくなりたす。そしお、党䜓ずしお䞀連に称呌しお語呂がよく称呌しやすいため、取匕者・需芁者は䞀連に「ゞャパンスリヌパヌ」ず称呌するのが自然であるず考えられたす。本願商暙は幎月より䞊で、又幎月よりカタログショッピングで、販売を開始し、既に幎半を経過しおおりたすが、この間、匕甚商暙ずの間で混同を生じたずいう圢跡は勿論ありたせん。それ故、本願商暙「 」ゞャパンスリヌパヌず匕甚商暙「 」トゥルヌスリヌパヌずは、倖芳・称呌及び芳念のいずれにおいおも玛れるこずのない非類䌌の商暙であるず考えたす。
むすび
 以䞊のように、本願商暙ず匕甚商暙ずは、倖芳及び芳念䞊類䌌しないこずは勿論、称呌䞊も、本願商暙「ゞャパンスリパヌ」ず匕甚商暙「トゥルヌスリヌパヌ」ずでは前半の称呌の差異によっお、語感語調を党く異にし、聎者をしお決しお玛れるこずはないものず思料したす。

商暙登録α: 拒絶理由通知に察する意芋曞蚘茉䟋目次

商暙登録α: 拒絶理由通知に察する意芋曞蚘茉䟋#104

特蚱庁審査官等から受けた拒絶理由通知等に察し、反論した「意芋曞、審刀請求曞」の具䜓䟋を小川特蚱商暙事務所のサむトから転茉しおおりたす。

本願商暙「」×「なおしや」「治し家」

出願番号  商願2016-85614
商  暙「」
商品区分  第41類、第44類
適甚条文商暙法第条項号
拒絶理由 「」は、) 登録第4813200号「なおしや又兵衛」 匕甚商暙、) 登録第4813201号「なおしや又兵衛」 匕甚商暙、) 登録第5487333号「治し家」 匕甚商暙、ず類䌌する。

出願商暙・商暙登録第5976996号
匕䟋商暙・商暙登録第4813200号
匕甚商暙・商暙登録第4813201号
匕䟋商暙・商暙登録第5487333号

意芋曞における反論

【意芋の内容】
理由に぀いお
 拒絶理由通知曞の理由においお、審査官殿は、本願の指定に係る指定圹務䞭には、医垫でない出願人が業ずしお行うこずが犁止されおいる圹務「医業」を含むものであり、たた、歯科医垫でない出願人が業ずしお行うこずが犁止されおいる圹務「歯科医業」を含むものであり、たた、薬剀垫、医垫、歯科医垫でない出願人が業ずしお行うこずが犁止されおいる圹務「調剀」を含むものであるから、本願商暙は、商暙法第条第項柱曞の芁件を具備しないず指摘されたした。この指摘に察し、本出願人は本日付けで手続補正曞を提出し、第類の指定圹務䞭より、ご指摘の圹務である「医業」、「歯科医業」及び「調剀」を削陀する補正を行いたした。これにより、この理由に関しおは、最早拒絶の理由がなくなったものず思料したす。
理由に぀いお
拒絶理由通知曞の理由においお、審査官殿は、本願商暙「」は、以䞋の登録商暙ず同䞀又は類䌌であっお、その商暙登録に係る指定圹務ず同䞀又は類䌌の圹務に぀いお䜿甚するものであるから、商暙法第条第項第号に該圓するず認定されたした。
 登録第号商願「なおしや又兵衛」 匕甚商暙
 登録第号商願「なおしや又兵衛」 匕甚商暙
 登録第号商願「治し家」 匕甚商暙
 そしお、特に、本願の第類に関しおは、䞊蚘匕甚商暙、が類䌌し、本願の第類に関しおは、䞊蚘匕甚商暙が類䌌するず指摘されおおりたす。しかしながら、本出願人は、本願商暙ず匕甚各商暙ずは、第類や第類の圹務に぀いお䜿甚されるずいう性栌䞊、芖芚や芳念にり゚むトをもっお識別されるもので、倖芳、称呌及び芳念のいずれにおいおも玛れるおそれはなく、たた、䞡商暙間で圹務の出所の混同を生じるおそれのある特段の事情も芋出し埗ないこずから、これらを総合的に勘案すれば、䞡商暙は互いに玛れるこずのない非類䌌の商暙であるず考えたすので、䞊蚘認定には承服できず、以䞋に意芋を申し述べたす。
本願商暙の構成
 本願商暙は、アルファベットの文字「」「」「」「」「」「」を単玔に暪䞀列に䞊べお「」ず䞀連に蚘茉した暙準文字からなるもので、第類「技芞・スポヌツ又は知識の教授セミナヌの䌁画・運営又は開催電子出版物の提䟛図曞及び蚘録の䟛芧図曞の貞䞎曞籍の制䜜興行の䌁画・運営又は開催映画・挔芞・挔劇・音楜の挔奏の興行及びスポヌツ・競銬・競茪・競艇・小型自動車競走の興行に関するものを陀く。運動斜蚭の提䟛嚯楜斜蚭の提䟛」及び、今般補正したずおり、第類「矎容理容入济斜蚭の提䟛あん摩・マッサヌゞ及び指圧カむロプラクティックきゅう柔道敎埩はり医療情報の提䟛健康蚺断栄逊の指導動物の飌育動物の治療動物の矎容介護」を指定圹務ずするものでありたす。本願商暙は、願曞の商暙登録を受けようずする商暙にも瀺すように、単に欧文字で「」ず蚘茉した態様からなるものでありたすが、これは「なお、幞せに」ず蚀う願いを蟌めた日本語を組合せお䜜った「造語」でありたす「なお」ず「しあ」の組合せ。そしお、この「なおしあ」をアルファベット衚蚘「」にしたのには理由がありたす。本出願人は、本願圹務を提䟛するタヌゲットずしお、女性や若幎局を芋据えおいたす。鍌灞や接骚院、敎䜓などの分野においおは顧客は幎配局が䞭心であり、その屋号の倚くは挢字やひらがなに接骚院などを付けお○○○接骚院などずしおおりたす。前蚘匕甚商暙も、等で怜玢するず「治し家鍌灞院」ず衚瀺しお圹務の提䟛を行っおいたす。本出願人は、若者局や女性局に察し、このような堅い倖芳や日本的なむメヌゞを軜枛・差別化し、気軜にカラダのケアが出来る堎所ずしおのネヌミングを怜蚎し、アルファベット衚蚘「」に至りたした。フィットネス甚の蚭備があり、カラダを動かし぀぀も、䞍調に察するケアも受けられる。そしお屋号も垢抜けた感じで、芪しみ易いもの。その結果がボディコンディショニングの「」です。䟋えば、䞀般人にずっお、本願指定圹務䞭の運動指導や敎䜓ずいうのは、必ずしも必須ではないのかも知れたせんが、身䜓が健康であれば、「なお幞せになれる」ずいう思いは誰にでもあるず思いたす。本願商暙は、その様な思いを蟌めお䜜ったもので、「なお幞せに」ず蚀う願いを蟌めお運動指導や敎䜓等の圹務提䟛及びその提䟛斜蚭の運営を行うこずを想定しお、たた、特に若者局や女性をタヌゲットずしお、垢抜けた感じで芪しみやすい「」ず名付けたものでありたす。ずはいえ、単に欧文字で「」ず蚘茉しただけの商暙ですので、この態様からは、特に特定の芳念を生じるものではありたせん。たた、このような特定の芳念を生じない態様故、本願商暙「」に接する取匕者・需芁者は、そのアルファベットの字面を远っお「ナ・オ・シ・ア」ず、䞀音䞀音を明確に発声し称呌するものず思いたす。

匕甚商暙の構成
 これに察し、匕甚商暙は、暪長長方圢の囲いの䞭に、「なおしや又兵衛」ず曞した態様で、挢字の「又兵衛」の文字を䞭倮に倧きく曞し、その䞊方巊偎に小さくひらがなで「なおしや」ず曞し、たた「又兵衛」の䞋方䞭倮寄りに曎に小さな欧文字で「」ず曞しおなるものでありたす。たた、匕甚商暙は、「なおしや又兵衛」ず曞した態様で、匕甚商暙の「なおしや又兵衛」の右偎に同じくらいの玺色の暪長長方圢を配眮し、その䞭に䞉段の欧文字で「」ず曞した態様からなるものでありたす。そしお、これら匕甚商暙には共に、「なおしや」の右暪に「のこぎり」、「家」、「スパナ」、「収玍ラック」等の盎し道具や盎し察象物の図圢を配眮しおおりたす。そしお、これら匕甚商暙は、本願商暙ず第類「技芞・スポヌツ又は知識の教授セミナヌ・講挔䌚の䌁画・運営又は開催」の圹務を共通にするものでありたす。
 次に、匕甚商暙は、挢字ずひらがなで「治し家」ず暙準文字で蚘茉した態様からなるもので、第類「治療院における又は蚪問もしくは人材掟遣による医療・矎容・あん摩・マッサヌゞ・指圧・鍌灞・カむロプラクティック・柔道敎埩・気功・枩熱療法・アロマテラピヌ・リフレク゜ロゞヌに関する治療・指導・助蚀及び情報の提䟛電子蚈算機端末の通信ネットワヌクによるものを含む。治療院斜蚭の提䟛枩熱治療機噚・噚具の貞䞎又はその取次ぎ」を指定圹務ずするものでありたす。
本願商暙ず匕甚商暙の察比
 以䞋、本願商暙ず匕甚商暙を察比したす。なお、商暙の類吊は、出願商暙及び匕甚商暙がその倖芳、称呌又は芳念等によっお需芁者に䞎える印象、蚘憶、連想等を総合しお党䜓的に芳察し、出願商暙を指定商品又は指定圹務に䜿甚した堎合に匕甚商暙ず出所混同のおそれがあるか吊かにより刀断するのが䞀般的であり、審査の基準ずもされおおりたすので、以䞋、それに倣っお怜蚎いたしたす。
倖芳に぀いお
 本願商暙は、前述のように、欧文字で「」ず䞀連に曞した暙準文字からなるものでありたす。
 これに察し、匕甚商暙は、暪長長方圢の囲いの䞭に、「なおしや又兵衛」ず曞しおなり挢字の「又兵衛」の文字を䞭倮に倧きく曞し、その䞊方巊偎に小さくひらがなで「なおしや」ず曞し、たた「又兵衛」の䞋方䞭倮寄りに曎に小さく目立たない欧文字で「」ず曞しおいる、たた、匕甚商暙は、匕甚商暙の「なおしや又兵衛」の右偎に同じくらいの倧きさの玺色の暪長長方圢を配眮し、その䞭に欧文字で䞉段に「」ず曞した態様からなるものでありたす。たた、匕甚商暙は、挢字ずひらがなで「治し家」ず暙準文字で蚘茉した態様からなるものでありたす。したがっお、本願商暙ず匕甚商暙ずでは、倖芳䞊党く異なり、互いに玛れるこずはありたせん。
芳念に぀いお
 次に、芳念の点に぀いおみたすず、本願商暙の「」は、前述のように、「なお、幞せに」ず蚀う願いを蟌めお造った造語商暙で、䞻に運動指導や敎䜓等の圹務及びその提䟛斜蚭名ずしお甚いるものでありたすが、その欧文字「」の態様より、特定の芳念を生じさせるものではありたせん。本出願人は、単にダむ゚ットや䜓力づくりずいうだけでなく、敎䜓の技術を組み合わせお、「肩こり、腰痛、姿勢改善」などのマンツヌマン指導を行い、将来的には、「治療」ず「運動」を同じ斜蚭で行い管理できる総合型の圹務提䟛及びその斜蚭の提䟛を念頭に眮いた事業展開を図ろうずしおおりたすが、「」はそのような提䟛サヌビス及び提䟛斜蚭名屋号に甚いるものであり、「なお、幞せに」ずいう日本語を組み合わせお即ち「なお」ず「しあ」を組合せお、「」ず衚瀺したした。しかし、この欧文字からなる造語の「」からは、具䜓的に特定の芳念を生じさせるものではありたせん。これに察し、匕甚商暙やは、その「なおしや又兵衛」の郚分から、「物を修理する又兵衛」「盎し屋の又兵衛」の劂き意味合いを芳念させ、たた、匕甚商暙からは「治し家」ずいう態様より、「治しの専門家」の劂き芳念を生じさせるものでありたす。したがっお、䜕ら芳念の生じない本願商暙「」ず、「物を修理する又兵衛」「盎し屋の又兵衛」の劂き意味合いを芳念させる匕甚商暙の「なおしや又兵衛」ずは、芳念䞊比范すべくもなく、互いに玛れるこずはありたせん。たた、匕甚商暙は「治し家」ずいう態様より、「治しの専門家」ず蚀った芳念を生じさせるものでありたすが、これも、䜕ら芳念の生じない本願商暙ずは、芳念䞊比范すべくもなく、互いに玛れるこずはありたせん。よっお、本願商暙は、これら匕甚商暙ず互いに芳念䞊も類䌌するこずはありたせん。
称呌に぀いお
 そこで、次に、称呌の点に぀いお怜蚎したす。第類に関する本願商暙ず匕甚商暙の称呌に぀いお
 本願商暙の「」は、アルファベットの文字「」「」「」「」「」「」を単玔に暪䞀列に䞊べた態様より、たた、特定の芳念を生じさせない造語商暙であるこずにより、必然的にこの文字「」に接する取匕者・需芁者は、その字面を远っお「ナ・オ・シ・ア」ずいう具合に、䞀音䞀音を明確に発声し称呌するものず思いたす。意味の分からない造語の欧文字を発声するずきには、䞀音ず぀字面を远っお慎重に発音するのが通䟋だからです。
 これに察し、本願商暙ず第類の圹務を共通にする匕甚商暙、は、暪長長方圢の囲いの䞭に、挢字の「又兵衛」を䞭倮に倧きく曞し、その䞊方巊偎に小さくひらがなで「なおしや」ず曞し、たた「又兵衛」の䞋方䞭倮寄りに曎に小さくほずんど読めない皋床に目立たない欧文字で「」ず曞した構成郚分より成りたすので、匕甚商暙からは、単に「マタベ゚」あるいは粟々「ナオシダマタベ゚」ず称呌するのが自然であるず考えたす。小さく曞したひらがな「なおしや」の郚分のみを抜出し、単に「ナオシダ」ずだけ称呌するようなこずはたずないず思いたす。なぜなら、その「なおしや」の郚分は䞭倮に倧曞されお圧倒的な存圚感を瀺す「又兵衛」の文字に比べお小さく識別力の匱い郚分で、称呌出来ないこずはありたせんが、業皮を衚すような蚀葉であり「なおしや」の右暪に配眮された「のこぎり」、「家」、「スパナ」、「収玍ラック」等の盎し道具や盎し察象物の図圢の存圚ず盞俟っお、「なおしや」「盎し屋」のむメヌゞを膚らたせおおり、識別郚分ず蚀うよりも単に業皮の俗語「盎し屋」を連想ないし衚す郚分ず捉えるこずができ、看者の泚意をほずんど匕かないからです。この商暙を芋た人は、通垞、小さく曞され商暙の芁郚ずならないような「なおしや」の郚分は無芖し、圧倒的に目立぀倧きな「又兵衛」を抜出しお「マタベ゚」ず称呌するものず思いたす。あるいは、「なおしや」を業皮を衚す蚀葉ず認識しお「盎し屋の又兵衛」修理屋の又兵衛ず捉え、「ナオシダマタベ゚」ず称呌するものず思われたす。「なおしや」を業皮の俗語ず捉えるなら、このひらがな文字は「盎し屋」、即ち「修理屋」ず認識されるはずです。家具や家の修理をどこかに頌むのに、単に「なおしや」「盎し屋」「修理屋」ず呌ぶだけではどこの修理屋か刀別できたせん。少なくずも「マタベ゚」や「ナオシダマタベ゚」ず称呌するこずで、初めおどこの盎し屋修理屋なのかを刀別するこずができたす。それ故、匕甚商暙から「なおしや」だけを抜出しお称呌するこずは基本的には無いず考えたす。匕甚商暙からは単に「マタベ゚」あるいは粟々業皮名を頭に配しお「ナオシダマタベ゚」ず称呌するのが自然ずみるべきです。したがっお、「ナ・オ・シ・ア」ず称呌されお䞀音䞀音明瞭に称呌される本願商暙ず、この「マタベ゚」や「ナオシダマタベ゚」ず少なくずも第䞀音目にアクセントを眮いお䞀気に称呌される匕甚商暙ずでは、語感語調が党く異なり、称呌䞊も玛れるこずのない非類䌌の商暙であるず考えたす。
 ずころで、本出願人は、このように匕甚商暙は、単に「マタベ゚」あるいは「ナオシダマタベ゚」ず称呌するのが自然であり、単に「ナオシダ」ず称呌されるこずはないず考えたすが、審査官殿は、匕甚商暙からは、「なおしや」のひらがな郚分より、単に「ナオシダ」の称呌も生じ埗るず刀断しお、今般の拒絶理由通知を発しおきたのではないか思いたす。この点に関し、本出願人は、仮に、匕甚商暙の「なおしや」の郚分から単に「ナオシダ」の称呌が生じたずしおも、やはり本願商暙「」の称呌ず、匕甚商暙の称呌「ナオシダ」ずは十分に識別でき、称呌䞊も類䌌するこずはないず考えたすので、念の為、以䞋に意芋を申し述べたす。即ち、本願商暙の称呌は、前述したように、「」ず欧文字で衚蚘された特定の意味を持たない造語商暙であるずの態様により、字面を远っお䞀音䞀音ハッキリず「ナ・オ・シ・ア」ず称呌されるこず、先に述べたずおりでありたす。これに察し、匕甚商暙は「なおしや」の郚分から仮に単独で「ナオシダ」の称呌が生じたずしおも、このひらがな「なおしや」からは、その右暪の盎し道具や盎し察象等の図圢郚分の存圚ず盞俟っお、「盎し屋」「修理屋」のむメヌゞが盎ぐに浮かぶため、取匕者・需芁者はその意味合いを蟌めお称呌するものず思いたす。だずすれば、この「なおしや」からは、「盎し屋」「修理屋」をむメヌゞないし連想しお、語頭音「ナ」ず語尟音「ダ」にややアクセントを眮いお䞀気に「ナオシダ盎し屋」修理屋ず称呌するのが自然ではないかず思いたす。この「なおしや」は「盎し屋」(修理屋)をむメヌゞすれば、本願商暙のように䞀音䞀音慎重に「ナ・オ・シ・ダ」ずいう具合に発声するこずはなく、少なくずも語頭にアクセントを眮いお「ナオシダ盎し屋」修理屋」ず䞀気に発声されるものず思いたすので、䞡商暙は語感語調を党く異にし、称呌䞊玛れるこずはないず考えたす。そしお、それに加えお、本願商暙ず匕甚商暙ずは、党く同䞀の音ではなく、語尟音に「ア」ず「ダ」の違いがありたす。この「ア」ず「ダ」は、語尟音であり、母音を共通にするものではありたすが、それぞれ比范的きちんず発声される音ですので、僅か音ずいう短い音構成の䞭では聎別も容易であり、䞡者を称呌した堎合の音の匷匱やむントネヌションの違いもあっお、語感語調を異にし、称呌䞊も決しお玛れるこずはないず考えたす。それ故、仮に匕甚商暙から単に「ナオシダ」の称呌が生じたずしおも、䞀音䞀音明瞭に称呌される本願商暙「ナ・オ・シ・ア」ずは、称呌䞊も玛れるものではありたせん。
第類の圹務に関する本願商暙ず匕甚商暙の称呌に぀いお
 次に、第類の圹務に関する本願商暙「」ず匕甚商暙「治し家」の称呌に぀いおですが、本願商暙」が、前述のように、䞀音䞀音ハッキリず「ナ・オ・シ・ア」ず称呌されるのに察し、匕甚商暙は慣れ芪しんだ挢字ずひらがなの「治し家」からなる構成態様のため、この文字からは「治しの専門家」治療の専門家ずいう芳念をむメヌゞしお、語頭音「ナ」ず語尟音「ダ」にアクセントを眮き、䞀気に「ナオシダ」ず称呌するものず思われたす。それ故、この匕甚商暙の「治し家」は、本願商暙「」のように䞀音䞀音きちんず字面を远っお「ナ・オ・シ・ア」ず称呌されるようなこずはありたせん。たた、本願商暙ず匕甚商暙ずは語尟音に「ア」ず「ダ」の違いもあり、それぞれ比范的きちんず発声される音ですので、母音が共通するずは蚀え、「ア」ず「ダ」の聞き分けは十分可胜であり、党䜓に匷音匱音の違いもあっお䞡者は語感語調を異にし、称呌䞊玛れるこずはないず考えたす。䟋えば、䞀音䞀音明瞭に「ナ・オ・シ・ア」ず称呌される本願商暙からは、「治し家」治療の専門家をむメヌゞできたせんが、語頭音に匷音「ナ」を䌎っお䞀気に「ナオシダ」ず称呌すれば「治し家」治しの専門家治療の専門家をむメヌゞするこずができたす。したがっお、これらは語感語調の違いが明らかで、称呌䞊玛れるこずはないず考えたす。その意味でも語尟音の「ア」ず「ダ」の違いにより、たた匷音匱音から受ける党䜓の語感語調の違いや称呌から浮かべるむメヌゞの違いにより、䞡者は十分に識別可胜な商暙同士ず考えたす。
 運動、敎䜓等の圹務提䟛及びその斜蚭名ずしおのネヌミングの䜿甚態様及び取匕者・需甚者の芳察力に぀いお ずころで、本願商暙は、前述のように、䞻に運動指導や敎䜓等提䟛する圹務の名前及びその提䟛斜蚭の名前看板に甚いるものでありたすので、このような圹務の提䟛に係る取匕者・需芁者は、斜蚭の看板「」を芋、あるいは本出願人のサむトの衚瀺「」の欧文字を芖芚的に認識しお称呌したすので、先ずは、芖芚的認識から本願商暙の把握がスタヌトしたす。ずころで、本出願人は、先にも觊れたしたように、若者局や女性をタヌゲットずしおいたすので、ネヌミングから堅い倖芳や日本的なむメヌゞを軜枛・差別化し、気軜にカラダのケアが出来る堎所をむメヌゞするように、アルファベット衚蚘の「」を遞定したした。フィットネス甚の蚭備があり、カラダを動かし぀぀も、䞍調に察するケアも受けられる。そしお屋号も垢抜けた感じで、芪しみ易いもの。その結果がボディコンディショニングの「」ずいうネヌミングです。そしお、䞀般需芁者もそうですが、特に、本圹務提䟛のタヌゲット局である女性や若者ずいう需芁者局のネヌミングに察する鋭い芳察力を考慮するず、アルファベットの「」ず、䞻に挢字・ひらがなからなる匕甚商暙「なおしや又兵衛」「治し家」ずでは党く違った印象を持぀はずであり、䞡者は明確に識別できるものず思いたす。本出願人は、先にも觊れたしたように、単にダむ゚ットや䜓力づくりずいうこずではなく、敎䜓の技術を組み合わせ、「肩こり、腰痛、姿勢改善」などのマンツヌマン指導を行い、将来的には、「治療」ず「運動」を同じ斜蚭で行い管理できる総合型の斜蚭の提䟛を目指しおおり、「」はそのようなサヌビスや斜蚭を提䟛するための特に、女性や若者局をタヌゲットずしたネヌミングいわば屋号ずしお甚いたす。具䜓的には、提䟛圹務のネヌミング、圹務広告ぞの掲茉、提䟛斜蚭の看板、提䟛圹務に関するサむト等に本願商暙を甚いるこずになりたす。それ故、本圹務の提䟛を受ける取匕者・需芁者は、本願商暙をたずは芖芚的に認識し脳裏に印象付けるこずになりたす。そしお、称呌するずきにも芖芚的に受ける印象、むメヌゞを念頭に眮いお、称呌するこずになりたす。そのような運動、敎䜓等の圹務提䟛及びその斜蚭名ずしおのネヌミングの䜿甚態様や、取匕者・需甚者の通垞の芳察力を前提に、䞡商暙の類吊を怜蚎したすず、本願商暙ず匕甚商暙ずは、アルファベットのみからなる本願商暙ず、図圢混じりの挢字ひらがなからなる匕甚各商暙ずいう態様、党䜓から受ける印象に倧きな違いがあり、䞡者は倖芳および芳念䞊明瞭に識別できたす。たた、称呌䞊も本願商暙「ナ・オ・シ・ア」ず匕甚商暙「ナオシダ」なおしや、盎し屋、治し家ずは、発声の仕方が異なり、語感語調を異にし、僅か音ずいう短い音構成の䞭で、語尟音の「ア」ず「ダ」の違いもあり、党䜓の識別力の差異に倧きな圱響を及がし、䞡者は本圹務の取匕者・需甚者をしお明確に識別できるもので、決しお類䌌するものではないず考えたす。

むすび
 以䞊の次第でありたすので、本願商暙「」ず、匕甚商暙、、の「なおしや又兵衛」、「なおしや又兵衛」、「治し家」ずは非類䌌の商暙であり、本願商暙は、商暙法第条第項第号の芏定に該圓するものではなく十分に登録適栌性を有するものず考えたす。そしお、本願商暙ず匕甚各商暙ずは、称呌の点でたずえやや近䌌する面があったずしおも、その称呌も「ナ・オ・シ・ア」ず「ナオシダ」ずいう語感語調の違いがあっお十分に識別でき、たた、倖芳から受けるむメヌゞ・印象も明らかに違っおいお倖芳䞊明確に区別でき、芳念においおも盞玛れるおそれはなく、たた、本願商暙ず匕甚各商暙ずの間で圹務の出所の混同を生じるような特段の事情も存圚しないこずから、これらを総合的に勘案すれば、䞡商暙は互いに玛れるおそれのない非類䌌の商暙であるず考えたす。
よっお、本願商暙は、十分に登録適栌性を有するものず思料したすので、再床ご審査の䞊、本願に登録査定を賜りたすようお願い申し䞊げたす。
                              以䞊

商暙登録α: 拒絶理由通知に察する意芋曞蚘茉䟋目次

商暙登録α: 拒絶理由通知に察する意芋曞蚘茉䟋#103

特蚱庁審査官等から受けた拒絶理由通知等に察し、反論した「意芋曞、審刀請求曞」の具䜓䟋を小川特蚱商暙事務所のサむトから転茉しおおりたす。

本願商暙 「SWEET ROUGEスりィヌトルヌゞュ」×「ルヌゞュ」

出願番号  商願2015-117295
商  暙 「SWEET ROUGEスりィヌトルヌゞュ」
商品区分  第30類
適甚条文 商暙法第条項号
拒絶理由 「SWEET ROUGEスりィヌトルヌゞュ」は「ルヌゞュ」ず類䌌する。

出願商暙 商暙登録第5895700号
匕䟋商暙・商暙登録第4065793号

意芋曞における反論

【意芋の内容】
 拒絶理由通知曞においお、本願商暙は、登録第号商願平の商暙以䞋、「匕甚商暙」ずいうず同䞀又は類䌌であっお、その商暙登録に係る指定商品ず同䞀又は類䌌の商品に䜿甚するものであるから、商暙法第条第項第号に該圓するず認定されたした。しかしながら、本出願人は、本願商暙はあくたでも「 スりィヌトルヌゞュ」党䜓で䞀連䞀䜓の商暙であり、単に「ルヌゞュ」からなる匕甚商暙ずは、倖芳、称呌及び芳念のいずれにおいおも玛れるこずのない非類䌌の商暙であるず考えたすので、前蚘認定には承服できず、以䞋に意芋を申し述べたす。

 たず、本願商暙は、願曞の商暙芋本から明らかなように、英文字の「」を䞊段に、カタカナ文字の「スりィヌトルヌゞュ」を䞋段に配眮しお、「スりィヌトルヌゞュ」ず二段に曞した態様からなるもので、指定商品を「第30類 茶,コヌヒヌ,ココア」ずするものでありたす。これに察し、匕甚商暙は、カタカナ文字の「ルヌゞュ」を䞊段に、英文字の「」を䞋段に配眮しお、単に「ルヌゞュ」ず二段に曞した態様からなるもので、同じく指定商品を「第30類 コヌヒヌ及びココア,茶」ずするものでありたす。したがっお、本願商暙ず匕甚商暙ずは、倖芳䞊類䌌しないこずは明らかでありたす。

 たた、本願商暙の「スりィヌトルヌゞュ」は、その䞊段の英文字郚分「」が、「甘い、甘矎な」等の意味を有する英語の「」ず、「ルヌゞュ、口玅、ほお玅」等の意味を有する英語の「」ずからなるもので、「甘矎なルヌゞュ」「甘矎な口玅」「甘矎で愛らしい口玅」等の意味合いを有し、たた、䞋段の片仮名郚分「スりィヌトルヌゞュ」も同様の意味合いを有するものでありたす。
 即ち、本願商暙䞭の「スりィヌト」の蚀葉は、商品「コヌヒヌ」等の味芚を、ある意味で瀺唆する蚀葉ではあっおも、本願商暙はその「スりィヌト」の蚀葉のみから成るものではなく、あくたでも「スりィヌト」ず「ルヌゞュ」の぀の単語を組み合わせお䞍可分䞀䜓ずした造語からなるものでありたす。そしお、党䜓ずしお「甘矎なルヌゞュ」「甘矎な口玅」「甘矎で愛らしい口玅」ずいった䞀定のたずたった意味合いを生じさせるものでありたすが、本願指定商品「コヌヒヌ」等ずの関係にあっおこの「スりィヌトルヌゞュ」の商暙は、「モカの持぀甘い銙り」をむメヌゞしたものであり、「スりィヌト」単䜓でも、「ルヌゞュ」単䜓でも、このむメヌゞを衚珟できるものではありたせん。それ故、本願商暙は、「」ず「」の間にやや間隔を空けた態様ではあっおも、あくたでも党䜓を䞀䜓のものずしお把握し称呌すべき商暙で、䞀連に称呌しお決しお冗長にならず、無理なく䞀連に称呌・芳念できるものであり、巊右を分断しお把握すべき性質のものでは無いず考えたす。
 これに察し、匕甚商暙は、単に「ルヌゞュ」ず曞しおなるもので、単に「ルヌゞュ」「口玅」「ほお玅」等の意味合いを生じさせるものにすぎず、本願商暙のような「甘矎なルヌゞュ」「甘矎な口玅」のような芳念、あるいは、指定商品「コヌヒヌ」等ずの関係にあっお、「モカの持぀甘い銙り」をむメヌゞさせるものではありたせん。この「モカの持぀甘い銙り」のむメヌゞは、「スりィヌト」単䜓でも、「ルヌゞュ」単䜓でも、決しおこれを衚珟できるものではありたせん。
 よっお、本願商暙「スりィヌトルヌゞュ」ず匕甚商暙「ルヌゞュ」ずは、芳念䞊も玛れるこずのない、非類䌌の商暙でありたす。

そこで、次に称呌の点に぀き怜蚎したすず、本願商暙「スりィヌトルヌゞュ」は、党䜓が䞀連に曞され、か぀䞊述の劂く党䜓ずしお䞀぀の意味合いを生じさせるものでありたすから、垞に党䜓を䞀連に称呌するのが自然であり、「スりィヌトルヌゞュ」ずのみ称呌されるべきものず思料したす。この点、審査官殿は、本願商暙䞭の「スィヌト」の郚分は、指定商品ずの関係にあっお、芁郚を構成せず、埓っお「ルヌゞュ」のみに識別力を認め、単に「ルヌゞュ」のみの称呌も生じるずみお今般の拒絶理由通知を発したのではないかず掚察したすが、そのような認定はおかしいず考えたす。本願商暙は、前述のように、前段ず埌段を分けるこずなくあくたでも同䞀曞䜓でバランスよく䞀連に曞された態様です。たた、党䜓ずしおたずたった特定の意味合いを芳念させ、又はむメヌゞさせるものであり、分断しお䞀方を取り出し発音すべき理由はありたせん。䟋えば、前段の「」を無芖しお埌段「」のみを取り出しお本願商暙を把握したのでは、「甘矎なルヌゞュ」ずいうたずたった芳念は生じたせんし、指定商品「コヌヒヌ」ずの関係にあっお「モカの持぀甘い銙り」をむメヌゞさせるこずもできたせん。たた、「」スりィヌトの郚分も「」ルヌゞュの郚分もバランスよく配され軜重の差なく称呌できたす。特に、「」スりィヌトの郚分は前段郚分にあり、称呌䞊重芁な䜍眮を占め、この郚分を省略しお発音するこずは通垞ありたせん。そしお、党䜓ずしお䞀連に称呌しお語呂がよく称呌しやすく、䞀連に称呌するのが自然であるず考えられたす。よっお、本願商暙はあくたでも「スりィヌトルヌゞュ」ずのみ称呌されるものず思料したす。
 ずころで、過去の商暙登録䟋を芋るず、䟋えば、第類コヌヒヌを指定商品ずする、あるいはこれず類䌌ず刀断される第類のコヌヒヌ等の小売又は卞売の業務においお行われる顧客に察する䟿益の提䟛などの圹務を指定圹務ずする商暙同士においお、以䞋のような䞊存登録䟋が存圚したす。
 即ち、
む「マりンテン」登録596856、30類、暪山商店第号蚌が有りながら、別人により「スりィヌトマりンテン」登録5189053、30類、ワタル株匏䌚瀟第号蚌が登録されおいたすし、
ロ「」登録1113534、30類、山内本子第号蚌が有りながら、別人により、「 」登録5024471、30類、日糧補パン株匏䌚瀟第号蚌が登録されおいたす。たた、
ハ「」登録5393762、35類、株匏䌚瀟ワむ・ペット第号蚌が有りながら、別人により、「」登録5624287、30類、森氞補菓株匏䌚瀟第号蚌が登録されおいたすし、
ニ「」登録5165067、35類、株匏䌚瀟スむヌトガヌデン第号蚌が有りながら、別人により、「ガヌデン」登録5207630、30類、株匏䌚瀟シェルガヌデン第号蚌が登録されおいたす。
 これらは、指定商品・圹務等が党お抵觊関係にありたすので、「」「」「スりィヌト」の郚分も䞀䜓ずなった商暙、即ち「 スりィヌト マりンテン」、「 」、「 」「」に関しおは、前埌分断できない䞀䜓の商暙ずしお理解され把握されたからこそ、単なる「マりンテン」、「」、「」「ガヌデン」ずの䞊存登録が認められたものず思料したす。
 本願商暙「スりィヌトルヌゞュ」ずお同様でありたす。党䜓ずしお䞀䜓䞍可分の商暙ず芋るべきでありたす。そこで、本願商暙の称呌である「スりィヌトルヌゞュ」ず匕甚商暙の称呌である「ルヌゞュ」ずを察比するず、「スィヌト」の称呌の有無によっお、䞡者は音数及び語感語調が党く異なり明確に識別できるものず考えたすので、䞡者は称呌䞊も盞玛れるこずのない非類䌌の商暙であるず考えたす。
 以䞊のように、本願商暙は、あくたでも、「スりィヌトルヌゞュ」ずのみ䞀連に称呌されるべきものであり、それ故に匕甚商暙の称呌である単なる「ルヌゞュ」ずは、類䌌するこずはありたせん。本願商暙ず匕甚商暙ずは、倖芳及び芳念䞊類䌌しないこずは勿論、称呌䞊も「スィヌト」の称呌の有無によっお語感語調を党く異にし、聎者をしお決しお玛れるこずはないものず思料したす。

商暙登録α: 拒絶理由通知に察する意芋曞蚘茉䟋目次

商暙法38条3項の盞圓な察䟡額での損害賠償請求

商暙法第条の぀の蚈算方法

商暙暩䟵害に察しおは、商暙法第38条の第項から第項の各項にそれぞれの損害額の蚈算方法が挙られおいたす。

第の蚈算方法は、「損害額」「䟵害者の譲枡等数量」×「暩利者の単䜍あたりの利益」-「販売できない事情による控陀額」38条1項です。

第の蚈算方法は、「損害額」「䟵害者が埗た利益」38条2項です。

しかし、これらの損害額の蚈算方法では、商暙暩者自らが登録商暙を䜿甚しおいない堎合、38条1項又は2項に定める逞倱利益lost Profitが存圚しないものず認定される傟向にあり、実際には䜿甚しおいない䞍䜿甚商暙暩に基づく損害賠償請求の堎合は、38条3項の第の蚈算方法を利甚できるものずなっおいたす。

第の蚈算方法は、「損害額」=「䟵害前提で合意される䜿甚料盞圓額」38条3項です。「䜿甚料盞圓額」は、䟋えば「䟵害者の売䞊高」×「䜿甚料率」ずなりたす。

第の蚈算方法は、「損害額」=「圓該商暙暩の取埗及び維持に通垞芁する費甚に盞圓する額」38条4項です。

商暙法第条第項

商暙法第38条第3項は平成10幎に「通垞受けるべき金銭の額」を「受けるべき金銭の額」に改正されお「通垞」の文蚀が削陀されおいたす。䜿甚暩料盞圓額に抑えお蟌たれおしたっお、䟵害者が䟵害し埗であるずいうような状況を回避するように改正されおいたす。商暙法第38条第3項で芏定されおいる䜿甚暩料盞圓額は最小限の金銭額ずされおいお、䟵害者が実際の損害額がこれより少額であるこずを䞻匵しお損害賠償を枛額させるこずはできないずされおおり、逆に䜿甚暩料盞圓額以䞊の損害があったこずを立蚌しお請求するこずも可胜です。なお、平成31幎3月1日に閣議決定された「特蚱法等の䞀郚を改正する法埋案」は什和元幎5月10日に可決・成立し、5月17日に法埋第3号ずしお公垃されおいたす斜行日は未定(2019.5.21時点)。その改正法によれば、ラむセンス料盞圓額による損害賠償額の算定には、”暩利が䟵害されたこずを前提ずしお合意されるであろう䜿甚暩料”を考慮できるず芏定されおいたす。

法改正された新項裁刀所は、第䞀項第二号及び前項に芏定する登録商暙の䜿甚に察し受けるべき金銭の額に盞圓する額を認定するに圓た぀おは、商暙暩者又は専甚䜿甚暩者が、自己の商暙暩又は専甚䜿甚暩に係る登録商暙の䜿甚の察䟡に぀いお、圓該商暙暩又は専甚䜿甚暩の䟵害があ぀たこずを前提ずしお圓該商暙暩又は専甚䜿甚暩を䟵害した者ずの間で合意をするずしたならば、圓該商暙暩者又は専甚䜿甚暩者が埗るこずずなるその察䟡を考慮するこずができる。

商暙法第条第項

第4項は、TPP参加に応じお蚭けられた芏定で、環倪平掋パヌトナヌシップ協定の条文18.74 条では、「商暙の䞍正䜿甚に぀いお法定損害賠償制床又は远加的損害賠償制床を蚭けるこず」を参加囜に矩務付けおおり、その商暙暩の取埗及び維持に通垞芁する費甚に盞圓する額を最䜎限の損害額ずしお請求可胜です。䟵害者の売り䞊げ額が零か少額の堎合に有効です。

損害䞍発生の抗匁

損害䞍発生の抗匁は、「登録商暙に類䌌する暙章を第䞉者がその補造販売する商品に぀き商暙ずしお䜿甚した堎合であっおも、圓該登録商暙に顧客吞匕力が党く認められず、登録商暙に類䌌する暙章は䜿甚するこずが第䞉者の商品の売䞊げに党く寄䞎しおいないこずが明らかなずきは、埗べかりし利益ずしおの実斜料損害額の損害も生じおいないずいうべきである。」ずの最高裁平成幎月日刀決平6オ1102号小僧寿し事件に由来したす。

裁刀䟋による䜿甚料率の算定

事件番号・刀決日 損害認定額 䜿甚料率 原告請求額or率 商暙
1 平成21幎(ワ)第123号 東京地裁平成22幎8月31日刀決 150侇5666円 10%被告売䞊額 原告補品定䟡×5% カルティ゚
2 平成21幎(ワ)第13559号 倧阪地裁平成24幎12月13日刀決 836䞇円 棟圓たり10䞇円 4億0528侇1000円 ナニキュヌブ
3 平成23幎(ワ)第21532号 東京地裁平成25幎3月7日刀決 723侇9915円 豚肉㎏圓たり13円 (組合員の䜿甚蚱諟を参考) 2611侇7650円 ペヌグルトン
4 平成24幎(ネ)第10010号 知財高裁平成25幎3月25日刀決 2799侇7164円 限界利益の1.5% 3億6960䞇円 ナヌナニヌナ
5 平成22幎(ワ)第44788号 東京地裁平成25幎3月22日刀決 37侇2341円 売䞊額1(重耇登録埌暩利消滅) 854侇9033円 和幞
6 平成24幎(ワ)第24872号 東京地裁平成26幎1月31日刀決 8470侇7677円 化粧品販売の売䞊額の1.5 1億0395䞇円 Pierarejeunneピ゚ラレゞェンヌ
7 平成27幎(ワ)第8132号 東京地裁平成28幎2月9日刀決 330䞇円 䜿甚料率に䟝存しない 880䞇円 なごみ
8 平成28幎(ワ)第38082号 東京地裁平成30幎2月8日刀決 95䞇円 1か月圓たりの䜿甚料5䞇×営業期間 330䞇円 アロマグランデ
9 平成30幎(ネ)第2025号 倧阪高裁平成31幎2月21日刀決 311侇1970円 売䞊高の0.2 5856侇3079円 LIGHTING SOLUTION


第䞉十八条損害の額の掚定等
 商暙暩者又は専甚䜿甚暩者が故意又は過倱により自己の商暙暩又は専甚䜿甚暩を䟵害した者に察しその䟵害により自己が受けた損害の賠償を請求する堎合においお、その者がその䟵害の行為を組成した商品を譲枡したずきは、その譲枡した商品の数量以䞋この項においお「譲枡数量」ずいう。に、商暙暩者又は専甚䜿甚暩者がその䟵害の行為がなければ販売するこずができた商品の単䜍数量圓たりの利益の額を乗じお埗た額を、商暙暩者又は専甚䜿甚暩者の䜿甚の胜力に応じた額を超えない限床においお、商暙暩者又は専甚䜿甚暩者が受けた損害の額ずするこずができる。ただし、譲枡数量の党郚又は䞀郚に盞圓する数量を商暙暩者又は専甚䜿甚暩者が販売するこずができないずする事情があるずきは、圓該事情に盞圓する数量に応じた額を控陀するものずする。
 商暙暩者又は専甚䜿甚暩者が故意又は過倱により自己の商暙暩又は専甚䜿甚暩を䟵害した者に察しその䟵害により自己が受けた損害の賠償を請求する堎合においお、その者がその䟵害の行為により利益を受けおいるずきは、その利益の額は、商暙暩者又は専甚䜿甚暩者が受けた損害の額ず掚定する。
 商暙暩者又は専甚䜿甚暩者は、故意又は過倱により自己の商暙暩又は専甚䜿甚暩を䟵害した者に察し、その登録商暙の䜿甚に察し受けるべき金銭の額に盞圓する額の金銭を、自己が受けた損害の額ずしおその賠償を請求するこずができる。
 商暙暩者又は専甚䜿甚暩者が故意又は過倱により自己の商暙暩又は専甚䜿甚暩を䟵害した者に察しその䟵害により自己が受けた損害の賠償を請求する堎合においお、その䟵害が指定商品又は指定圹務に぀いおの登録商暙曞䜓のみに倉曎を加えた同䞀の文字からなる商暙、平仮名、片仮名及びロヌマ字の文字の衚瀺を盞互に倉曎するものであ぀お同䞀の称呌及び芳念を生ずる商暙、倖芳においお同芖される図圢からなる商暙その他の圓該登録商暙ず瀟䌚通念䞊同䞀ず認められる商暙を含む。第五十条においお同じ。の䜿甚によるものであるずきは、その商暙暩の取埗及び維持に通垞芁する費甚に盞圓する額を、商暙暩者又は専甚䜿甚暩者が受けた損害の額ずするこずができる。
 前二項の芏定は、これらの芏定に芏定する金額を超える損害の賠償の請求を劚げない。この堎合においお、商暙暩又は専甚䜿甚暩を䟵害した者に故意又は重倧な過倱がなか぀たずきは、裁刀所は、損害の賠償の額を定めるに぀いお、これを参酌するこずができる。
第䞉十八条損害の額の掚定等2019幎3月1日閣議決定版 斜行日未定
第䞉十八条第䞀項䞭「その譲枡した商品の数量以䞋この項においお「譲枡数量」ずいう。に、商暙暩者又は専甚䜿甚暩者がその䟵害の行為がなければ販売するこずができた商品の単䜍数量圓たりの利益の額を乗じお埗た額を、商暙暩者又は専甚䜿甚暩者の䜿甚の胜力に応じた額を超えない限床においお」を「次の各号に掲げる額の合蚈額を」に改め、同項ただし曞を削り、同項に次の各号を加える。

䞀 商暙暩者又は専甚䜿甚暩者がその䟵害の行為がなければ販売するこずができた商品の単䜍数量圓たりの利益の額に、自己の商暙暩又は専甚䜿甚暩を䟵害した者が譲枡した商品の数量次号においお「譲枡数量」ずいう。のうち圓該商暙暩者又は専甚䜿甚暩者の䜿甚の胜力に応じた数量同号においお「䜿甚盞応数量」ずいう。を超えない郚分その党郚又は䞀郚に盞圓する数量を圓該商暙暩者又は専甚䜿甚暩者が販売するこずができないずする事情があるずきは、圓該事情に盞圓する数量同号においお「特定数量」ずいう。を控陀した数量を乗じお埗た額

ニ 譲枡数量のうち䜿甚盞応数量を超える数量又は特定数量がある堎合商暙暩者又は専甚䜿甚暩者が、圓該商暙暩者の商暙暩に぀いおの専甚䜿甚暩の蚭定若しくは通垞䜿甚暩の蚱諟又は圓該専甚䜿甚暩者の専甚䜿甚暩に぀いおの通垞䜿甚暩の蚱諟をし埗たず認められない堎合を陀く。におけるこれらの数量に応じた圓該商暙暩又は専甚䜿甚暩に係る登録商暙の䜿甚に察し受けるべき金銭の額に盞圓する額

第䞉十八条第五項䞭「前二項」を「第䞉項及び前項」に改め、同項を同条第六項ずし、同条第四項を同条第五項ずし、同条第䞉項の次に次の䞀項を加える。

新蚭 裁刀所は、第䞀項第二号及び前項に芏定する登録商暙の䜿甚に察し受けるべき金銭の額に盞圓する額を認定するに圓た぀おは、商暙暩者又は専甚䜿甚暩者が、自己の商暙暩又は専甚䜿甚暩に係る登録商暙の䜿甚の察䟡に぀いお、圓該商暙暩又は専甚䜿甚暩の䟵害があ぀たこずを前提ずしお圓該商暙暩又は専甚䜿甚暩を䟵害した者ずの間で合意をするずしたならば、圓該商暙暩者又は専甚䜿甚暩者が埗るこずずなるその察䟡を考慮するこずができる。

商暙登録α: 拒絶理由通知に察する意芋曞蚘茉䟋#102

特蚱庁審査官等から受けた拒絶理由通知等に察し、反論した「意芋曞、審刀請求曞」の具䜓䟋を小川特蚱商暙事務所のサむトから転茉しおおりたす。

本願商暙「販促ナビ」×「販促ナビゲヌタヌ」

「販促ナビゲヌタヌ販促」、
「販促」
出願番号  商願
商  暙 「販促ナビ」
商品区分  第類、第42類
適甚条文商暙法第条項号
拒絶理由 「販促ナビ」は「販促ナビゲヌタヌ」「販促」ず類䌌する。

出願商暙・商暙登録第5761560号
出願商暙・商暙登録第5761560号
匕䟋商暙・商暙登録第4318995号
匕䟋商暙・商暙登録第4318995号
匕䟋商暙・商暙登録第4852229号
匕䟋商暙・商暙登録第4852229号
匕甚商暙・商暙登録第5500935号
匕甚商暙・商暙登録第5500935号

意芋曞における反論

 拒絶理由通知曞においお、本願商暙は、以䞋の登録商暙いずれも株匏䌚瀟ネクスりェむ所有ず同䞀又は類䌌であっお、その商暙に係る指定商品ず同䞀又は類䌌の商品に぀いお䜿甚するものであるから、商暙法第条第項第号に該圓する、ずの認定を受けたした。
 匕甚商暙登録第4318995商願平10-030243 販促ナビゲヌタヌ 類
 匕甚商暙登録第4852229商願2000-071713  販促ナビゲヌタヌ販促 353842類
 匕甚商暙登録第5500935商願2011-093581  販促出版ゎヌルドサヌビス 3542類
 しかしながら、本出願人は、本願商暙ず匕甚商暙ずは、倖芳称呌および芳念のいずれにおいおも類䌌せず、取匕者・需甚者をしお決しお玛れるこずのない非類䌌の商暙であるず思料したすので、斯かる認定には承服できず、以䞋に意芋を申し述べたす。

本願商暙は、願曞の商暙の蚘茉からも明らかなように、「販促」の挢字ず「ナビ」の片仮名文字を前埌に配しお「販促ナビ」ず䞀連に曞しおなるものでありたす。
 これに察し、匕甚商暙は、挢字ず片仮名文字で「販促ナビゲヌタヌ」ず䞀連に曞しおなるものであり、匕甚商暙は、挢字ず片仮名文字の「販促ナビゲヌタヌ」を䞊段に、挢字ず欧文字の「販促」を䞋段にそれぞれ配しお、「販促ナビゲヌタヌ販促」ず二段に構成しおなるものでありたす。たた、匕甚商暙は、「販促」の文字を䞭倮に倧きく曞し、その巊䞊に「」の文字を小さく、たた、右䞋に「出版ゎヌルドサヌビス」の文字を小さくそれぞれ配しおなるものでありたす。
 したがっお、本願商暙ず匕甚商暙ずは、倖芳䞊類䌌しないこずは明らかでありたす。

たた、本願商暙の「販促ナビ」は、「販売促進」の略語ずしおの「販促」の文字ず、「」航行、航法、航海(術)、運行指瀺などの意味を持぀英単語。目的地たでの経路や道順、移動方法の案内のこず。を略した「」、即ち片仮名衚蚘では「ナビ」の文字を結合した態様からなるものでありたす。そしお、この態様より「販促の案内」の劂き意味合いを暗瀺させるものでありたすが、本願の指定商品・指定圹務ずの関係にあっおは、具䜓的に特定の意味合いを生じさせるものではなく、その意味で、本願商暙は特定の芳念を生じさせない造語商暙でありたす。
 ずころで、この「ナビ」は、䜕の略かず蚀えば、通垞は「ナビゲヌション」であっお、「ナビゲヌタヌ」ではありたせん。甚語蟞兞e-wordによれば、䜍眮情報システムの分野では、画面に地図を衚瀺しお珟圚地から目的地たでの道順や所芁時間などを案内するこずをナビゲヌションずいいたすが、自動車向けのシステムを「カヌナビゲヌションシステム(カヌナビ)」、歩行者向けに公共亀通機関の乗り換え案内などを統合したシステムを「歩行者ナビゲヌション(歩行者ナビ)」などずいうようでありたす。぀たり、「ナビ」は、「カヌナビ」、即ち「カヌナビゲヌションシステム」に代衚されるように、「」ナヌザヌが目的ぞたどり着けるように手助けする機胜のこず。サむト内の階局を衚す「パンくずリスト」、関連情報ぞの「リンク」、「サむトマップ」等がある。の略語「」の片仮名衚蚘「ナビ」であっお、「」「ナビゲヌタヌ」操瞊士。航海士。自動車ラリヌなどで、運転者に速床や方向の指瀺を䞎える同乗者。の略語ではありたせん。
 これに察し、匕甚商暙の芁郚を構成する「販促ナビゲヌタヌ」「販促」「販促」は、「販促」ず「」「ナビゲヌタヌ」操瞊士。航海士。自動車ラリヌなどで、運転者に速床や方向の指瀺を䞎える同乗者。の結合された商暙であっお、党䜓ずしお「販売促進のためのナビゲヌタヌ販売促進のための操瞊者販売促進のための操瞊士販売促進のための航法士販売促進のための航空士」等の意味合いを暗瀺させるものでありたすが、本願の指定商品・指定圹務ずの関係にあっおは、やはり具䜓的に特定の明確な芳念を生じさせるこずのない造語商暙でありたす。「」操瞊士。航海士。自動車ラリヌなどで、運転者に速床や方向の指瀺を䞎える同乗者。ず「」ナヌザヌが目的ぞたどり着けるように手助けする機胜のこず。サむト内の階局を衚す「パンくずリスト」、関連情報ぞの「リンク」、「サむトマップ」等がある。ずは異なりたすし、それらやその略語を「販促」の文字ず結び付けお造語ずした本願商暙「販促ナビ」ず匕甚商暙「販促ナビゲヌタヌ」「販促」等ずは、芳念䞊も玛れるこずのない非類䌌の商暙でありたす。

そこで、次に、称呌の点に぀き怜蚎したす。
  本願商暙は、前述のように、「販促」の挢字ず「ナビ」の片仮名文字を前埌に配しお「販促ナビ」ず䞀連か぀簡朔に曞しおなるものであるずころ、このような本願商暙の態様からは垞に「ハン゜クナビ」の称呌が生じるものず思料したす。挢字ず片仮名文字ずから構成された商暙ではありたすが、䞡郚分はバランスよく配され、たた同曞、同倧、同間隔で䞀連䞀䜓に曞されおおり、しかも䞀連に称呌しお称呌しやすい商暙であるこずから、垞に䞀連に「ハン゜クナビ」ずのみ称呌されるものず思料したす。
 䞀方、匕甚商暙は「販促ナビゲヌタヌ」「販促」「販促」の態様よりなるずころ、これより「ハン゜クナビゲヌタヌ」の称呌が生じるものず思料したす。審査官殿は、匕甚商暙の「販促ナビゲヌタヌ」「販促」「販促」がやや冗長であるこずから、これらを称呌する堎合、短瞮しお単に「ハン゜クナビ」ず称呌される堎合もあるのではないかず考え、本願の匕甚商暙ずしおこの件を今般匕いおきたのではないかず思料したすが、各匕甚商暙からは、単に「ハン゜クナビ」の称呌を生じるこずはなく、䞀連䞀䜓の態様より、垞に「ハン゜クナビゲヌタヌ」ず称呌されるものず思料したすので、決しお称呌䞊も玛れるこずはないものず考えたす。「販促ナビゲヌタヌ」「販促」の態様からは、玠盎に「ハン゜クナビゲヌタヌ」ず称呌できたす。やや冗長な印象を受けたすが、「ナビゲヌタヌ」「」の蚀葉自䜓は䞀぀の意味合いを持぀単語ですので、䞀連に称呌するのが玠盎です。「ナビ」ず「ゲヌタヌ」を区切っお読むようなこずはしたせん。「ナビゲヌタヌ」ず䞀連に称呌しお称呌しにくいものでもありたせん。
したがっお、本願商暙の称呌「ハン゜クナビ」ず各匕甚商暙の称呌「ハン゜クナビゲヌタヌ」ずを察比するず、䞡者は埌段の「ナビ」ず「ナビゲヌタヌ」ずの違いがあり、これら䞡者を䞀連に称呌したずきには、「ゲヌタヌ」の音の有無で別異の印象を受け、称呌䞊も明瞭に識別できるものず思料したす。
  そしお、このこずは過去の商暙登録䟋の存圚からも蚀い埗るこずでありたす。
 即ち、過去の商暙登録䟋を芋るず、䟋えば、審査官殿の匕甚された「販促ナビゲヌタヌ」は、株匏䌚瀟ネクスりェむの所有に係るものですが類䌌矀35B01ほか、匕甚商暙、登録4852229、平成12幎6月27日出願、平成17幎4月1日登録第号蚌、この先願商暙の存圚にも拘わらず、これず類䌌矀35B01を共通にする株匏䌚瀟ヒロモリの埌願商暙「販促ナビ」類䌌矀35B01、登録4530578、平成12幎9月12日出願、平成13幎12月21日登録第2号蚌が登録されおおりたす先願が出願䞭に埌願が登録されたケヌス。
 この登録䟋などは、たさに「販促ナビゲヌタヌ」ず「販促ナビ」を非類䌌の商暙ず刀断したケヌスであり、䞡者非類䌌ず刀断したからこそ、埌願「販促ナビ」の登録が認めたられたものでありたす。
 そしお又、類類類などの指定商品や指定圹務を共通にする出願においお、「ナビケヌタヌ」ず「ナビ」の称呌䞊の差異が存圚するずいうこずで、䞡商暙非類䌌扱いずされ䞊存登録が認められたケヌスが倚数ありたす。
「セヌルスナビゲヌタヌ」類䌌矀42P02、登録4077149、平成7幎8月15日出願、平成9幎10月31日登録、株匏䌚瀟マロネむト、株匏䌚瀟ゞェヌ゚ヌ゚ル第号蚌ず、
「セヌルスナビ」類䌌矀42P02、登録4162808、平成8幎10月2日出願、平成10幎7月3日登録、タカダモヌタヌ株匏䌚瀟第号蚌。
「゚コナビ」類䌌矀42P02、42X11ほか、登録4792116、平成15幎9月26日出願、平成16幎8月6日登録、株匏䌚瀟倧林組第号蚌ず、
「ナビゲヌタヌ」類䌌矀42P02、42X11ほか、登録5118417、平成19幎4月17日出願、平成20幎3月14日登録、倧和ハりス工業株匏䌚瀟第号蚌。
「サポヌトナビゲヌタヌ」類䌌矀42P02、登録4829129、平成16幎1月26日出願、平成16幎12月24日登録、パヌ゜ナルコンピュヌタ株匏䌚瀟第号蚌ず、
「フォヌバル・サポヌトナビ」類䌌矀42P02、登録5077757、平成17幎12月9日出願、平成19幎9月14日登録、株匏䌚瀟フォヌバル第号蚌。
「」類䌌矀42P02、42X11、登録4580877、平成12幎11月16日出願、平成14幎6月28日登録、゜リュヌションむノベヌタ株匏䌚瀟第号蚌ず、
「」類䌌矀42P02、42X11、登録5664619、平成25幎11月1日出願、平成26幎4月18日登録、ミダマ株匏䌚瀟第号蚌。
「」類䌌矀11C01、42P02、42X11、登録5464057、平成23幎8月3日出願、平成24幎1月20日登録、株匏䌚瀟゚クスラント第号蚌ず、
「ナビゲヌタヌ」類䌌矀11C01、42P02、42X11、登録5684920、平成26幎2月21日出願、平成26幎7月11日登録、株匏䌚瀟第号蚌。
 これらの䞊存登録䟋からも分かるように、「」「ナビゲヌタヌ」ず「」「ナビ」ずは、商暙の類吊刀断においお、非類䌌のものず刀断されおおりたす。商暙の類吊刀断は時代の倉遷により倉わり埗るものですが、ここに挙げた䟋はを陀き、粟々ここ幎皋床のものであり、昚幎登録された䟋もいく぀かありたすので、このような登録䟋は螏襲されお然るべきものでありたす。
 審査官殿のような考え方に埓えば、これらの商暙のうち、埌願に係るの商暙は、指定商品・圹務に同䞀又は類䌌のものを含んでいる関係䞊、それぞれ先願の存圚により拒絶されおいたはずでありたす。しかし、珟実には登録されおおりたす。
 これは、「」「ナビゲヌタヌ」の付く商暙ず、「」「ナビ」の付く商暙ずでは、他の郚分が共通しおいおも、その違いによっお非類䌌の商暙であるず刀断されたからにほかなりたせん。
 然るに、これら「販促ナビゲヌタヌ」ず「販促ナビ」、「セヌルスナビゲヌタヌ」ず「セヌルスナビ」、「゚コナビ」ず「ナビゲヌタヌ」、「サポヌトナビゲヌタヌ」ず「フォヌバル・サポヌトナビ」、「」ず「」、「」ず「ナビゲヌタヌ」ずがそれぞれ䞊存できお、本願商暙「販促ナビ」ず匕甚商暙「販促ナビゲヌタヌ」「販促」「販促」ずが䞊存できないずされる謂われは党くありたせん。
 これらの商暙が登録できたのず同様に、本願商暙は前埌分断できない䞀䜓䞍可分の商暙ずしお、登録されお然るべきでありたす。

 以䞊のように、本願商暙は、あくたでも、「ハン゜クナビ」ずのみ䞀連に称呌されるべきものであり、それ故に各匕甚商暙の称呌である「ハン゜クナビゲヌタヌ」ずは、類䌌するこずはありたせん。本願商暙ず各匕甚商暙ずは、倖芳及び芳念䞊類䌌しないこずは勿論、称呌䞊も「ナビ」ず「ナビゲヌタヌ」の称呌の差異によっお語感語調を党く異にし、聎者をしお決しお玛れるこずはないものず思料したす。
 よっお、本願商暙ず匕甚商暙ずは非類䌌の商暙であり、本願商暙は商暙法第条第項第号に該圓するものではなく、登録適栌なものず考えたす。
 以䞊

商暙登録α: 拒絶理由通知に察する意芋曞蚘茉䟋目次

商暙登録α: 拒絶理由通知に察する意芋曞蚘茉䟋#101

特蚱庁審査官等から受けた拒絶理由通知等に察し、反論した「意芋曞、審刀請求曞」の具䜓䟋を小川特蚱商暙事務所のサむトから転茉しおおりたす。

本願商暙「」9, 35, 42類 条項号、条項号

出願番号  商願
商  暙 「」
商品区分  第9類、第35類、第42類
適甚条文商暙法条項号、第条項号、第条第項第号
拒絶理由 第4条1項11号の関係もあり、商品・圹務を枛瞮した。
意芋曞における反論

出願商暙・商暙登録第5729085号
出願商暙・商暙登録第5729085号
匕䟋商暙・商暙登録第1745731号
匕甚商暙2・商暙登録第1759387号

意芋曞における反論

 拒絶理由通知曞においお、審査官殿は、拒絶理由においお、本願商暙は、䞋蚘の登録商暙ず同䞀又は類䌌であっお、その商暙登録に係る指定商品指定圹務ず同䞀又は類䌌の商品圹務に぀いお䜿甚するものであるから、商暙法第条第項第号に該圓するず指摘されおいたす。
           蚘
登録第1745731号商公昭59-040888「メルセヌブ」第類他曞換埌党区分
登録第1759387号商公昭59-057068「」第類他曞換埌党区分
しかしながら、本出願人は本日付けで手続補正曞を提出し、䞡匕甚商暙に係る指定商品又は指定圹務ず同䞀又は類䌌する指定商品である第類の「電気通信機械噚具電子蚈算機電子蚈算機甚プログラムその他の電子応甚機械噚具及びその郚品」類䌌矀11B01、11C01、11C02を削陀し、第類の指定ずしおは、䞡匕甚商暙ず同䞀又は類䌌するこずのない「むンタヌネットを利甚しお受信し及び保存するこずができる音楜ファむルむンタヌネットを利甚しお受信し及び保存するこずができる画像ファむル録画枈みビデオディスク及びビデオテヌプ電子出版物」ずする補正を行いたした。
 たた、本願は他に、第類「電子蚈算機システム及び通信ネットワヌクシステムの運甚による事業の管理及びそれに関するコンサルティング電子蚈算機による電子デヌタファむルの管理電子蚈算機甚デヌタベヌスぞの情報構築・情報線集電子蚈算機又は電子蚈算機情報網の操䜜に関する運甚管理」、䞊びに、第類「電子蚈算機システムにおけるデヌタのバックアップ凊理電子蚈算機甚デヌタの回埩電子蚈算機甚プログラムの倉換及び電子蚈算機甚デヌタの倉換電子蚈算機甚プログラムの蚭蚈・䜜成又は保守電子蚈算機の貞䞎電子蚈算機端末による通信におけるサヌバヌの蚘憶装眮の蚘憶領域の貞䞎電子蚈算機甚プログラムの提䟛」を指定しおおりたすが、これらの指定圹務も、䞡匕甚商暙に係る指定商品又は指定圹務ず同䞀又は類䌌するこずはありたせん。
 よっお、本願商暙ず各匕甚商暙ずは、商暙の類吊を論じるたでもなく、指定商品又は指定圹務が同䞀又は類䌌せず、商暙法第条第項第号に該圓しないものず思料したす。

 次に、審査官殿は、拒絶理由においお、次のように認定しおおられたす。
「 本願商暙「」は、「メヌル」を意味する「」の文字ず、「保存する」を意味する「」の文字を結合し「」ず曞しおなり、「メヌルを保存する」の意味合いを容易に認識させたす。そしお、「」の語が、䞊蚘意味合いで䜿甚されおいる実情がありたす埌蚘を参照しおください。。
 しおみれば、本願商暙をその指定商品・圹務䞭、䟋えば、埌蚘の商品・圹務に぀いお䜿甚するずきは「メヌルを保存する機胜のある電子蚈算機メヌルを保存する機胜のある電子蚈算機甚プログラムメヌルを保存する機胜のある電子蚈算機甚プログラムの蚭蚈・䜜成又は保守メヌルを保存する機胜のある電子蚈算機甚プログラムの提䟛」等を内容ずする商品・圹務の品質、質、機胜、内容を衚瀺しおなるにすぎないものず認めたす。
 したがっお、この商暙登録出願に係る商暙は、商暙法第条第項第号に該圓し、前蚘商品・圹務以倖の商品・圹務に぀いお䜿甚するずきは、商品・圹務の品質・質の誀認を生じさせるおそれがありたすから、商暙法第条第項第号に該圓したす、ずしおおりたす。

埌蚘
「」の芋出しの䞋、「Mail Saver・・・AL-Mail32で遞択した耇数のメヌルをファむルに保存するプラグむン・・・ダりンロヌド・・・゜フト名Mail Saver1.0・・・ファむルmailsave.lzh / 17,312Bytes / 2001.6.17」ずの蚘茉がありたすホヌムペヌゞアドレス http://www.vector.co.jp/soft/dl/win95/net/se197108.html。
「サむボりズマニュアル」の芋出しの䞋、「メヌルデヌタを退避する・・・コマンドを実行する・・・メヌルデヌタの退避・・・幎月日ず察象ナヌザヌIDを指定し、指定した日より前に送受信されたメヌルデヌタをemlファむルに曞き出したす。・・・環境 Windowsサヌバヌ・・・コマンド・・・ag.exe -x mailsave -path (保存フォルダの絶察パス) -date yyyy/mm/dd -uid (察象ナヌザヌID) -e (実行時間(秒))・・・補足・・・操䜜ログは、メヌルデヌタを退避させるフォルダのpathの指定に関わらず、(むンストヌルディレクトリ)/mailsave.logに保存されたす。」ずの蚘茉がありたすホヌムペヌゞアドレス http://manual.cybozu.co.jp/office8/admin/mail/commandline.html。

埌蚘
第類「電子蚈算機電子蚈算機甚プログラム」
第類「電子蚈算機システム及び通信ネットワヌクシステムの運甚による事業の管理及びそれに関するコンサルティング電子蚈算機による電子デヌタファむルの管理電子蚈算機甚デヌタベヌスぞの情報構築・情報線集電子蚈算機又は電子蚈算機情報網の操䜜に関する運甚管理」
第類「電子蚈算機システムにおけるデヌタのバックアップ凊理電子蚈算機甚デヌタの回埩電子蚈算機甚プログラムの倉換及び電子蚈算機甚デヌタの倉換電子蚈算機甚プログラムの蚭蚈・䜜成又は保守電子蚈算機の貞䞎電子蚈算機端末による通信におけるサヌバヌの蚘憶装眮の蚘憶領域の貞䞎電子蚈算機甚プログラムの提䟛。 」

 しかしながら、埌蚘の䜿甚䟋は、「Mail Saver1.0」ずいうものであっお、「Mail Save」でも䞀連の「MailSave」でもありたせん。あくたでも゜フトりェアの䜿甚䟋は「Mail Saver1.0」であり、Web䞊のURLにたたたた「mailsave.1zh17.312Bytes2001.6.17」ずしおいるだけでありたす。
 たた、サむボりズのWebサむトにあっお「サむボりズマニュアル」の芋出しの䞋、「メヌルデヌタを退避する・・・コマンドを実行する・・・メヌルデヌタの退避・・・幎月日ず察象ナヌザヌIDを指定し、指定した日より前に送受信されたメヌルデヌタをemlファむルに曞き出したす。・・・環境 Windowsサヌバヌ・・・コマンド・・・ag.exe -x mailsave -path (保存フォルダの絶察パス) -date yyyy/mm/dd -uid (察象ナヌザヌID) -e (実行時間(秒))・・・補足・・・操䜜ログは、メヌルデヌタを退避させるフォルダのpathの指定に関わらず、(むンストヌルディレクトリ)/mailsave.logに保存されたす。」ずの蚘茉があるのかも知れたせんがホヌムペヌゞアドレス http://manual.cybozu.co.jp/office8/admin/mail/commandline.html、たたたたそのような蚘茉がそのサむトの説明文にあったず蚀うだけのこずであっお、取匕者・需甚者間で普通に䜿甚され、広く普及しおいるずいった蚀葉ではありたせん。
 たしお、「」の蚀葉が、本願指定商品・圹務ずの関係で、特定の品質、質、機胜、内容を衚瀺するものずしお広く取匕者・需甚者に認識され、䜿甚されおいるずいった事実もありたせん。成る皋、蚀葉の意味合いずしおは、「メヌルを保存する」ずいった意味合いも出るのかも知れたせん。そのこずを吊定するものではありたせん。しかし、䞀般的には、「」がそのような意味合いを衚す蚀葉熟語ずしお理解され、確立されおいる事実はありたせん。「」が、ある䞀぀の商品を衚す蚀葉熟語ずしおコンピュヌタ・電子・通信等を扱う業界においお確立され流通されおいればただしも、そのような事実がない以䞊、本願商暙を以お、単に品質、機胜、内容等衚瀺だず蚀うこずはできないものず思料したす。
 審査官殿ご指摘のように、「メヌルを保存する」ずいった意味合いで、本願指定商品や圹務に察しお「」を䜿甚する時は、「メヌルを保存する機胜のある電子蚈算機メヌルを保存する機胜のある電子蚈算機甚プログラムメヌルを保存する機胜のある電子蚈算機甚プログラムの蚭蚈・䜜成又は保守メヌルを保存する機胜のある電子蚈算機甚プログラムの提䟛」等を内容ずする商品・圹務の品質等を、暗瀺させる堎合があるのかも知れたせん。
 しかし、それはあくたでも間接的にそのような意味合いも衚瀺する暗瀺させる堎合があるかも知れないずいった皋床のものであり、「」の蚀葉が、䞀矩的に「メヌルを保存する」ずいった意味合いに取られるわけでもありたせん。「」の蚀葉も「メヌル」の他に、「郵䟿物」「郵䟿制床」「(昔の)鎖かたびら」「〈動物の〉うろこ, 甲矅(ら)」等の意味合いがありたす。たた、「」の蚀葉も、「セヌブ, 救う, 助ける, 貯める, 浮く, 節する」等のいろいろな意味があっお、䞀矩的に品質・内容等を衚瀺するものではありたせん。「セヌブ」の意味合いも、「saveセヌブ, 救う, 助ける, 貯める, 浮く, 節する」のほかに、「deliver届ける, 匕き枡す, 産む, 配る, 匕枡す, セヌブ」、「rescue救う, 救い出す, 救出す, 助ける, セヌブ」、「extricate救出する, 助け出す, 掘り出す, セヌブ」、「free自由にする, 救い出す, 攟぀, セヌブ」、「liberate自由にする, セヌブ」、「emancipate解攟する, セヌブ」、「ransom莖う, セヌブ」等、いろいろな意味があり、決しお䞀矩的ではありたせん。
 したがっお、「」が䞀矩的に「メヌルを保存する」ずいった意味合いを衚瀺し、商品・圹務の特定の品質、質、機胜、内容のみを取匕者・需甚者に䞎えるずは蚀い埗ないず考えたす。
 その意味で、本願商暙が指定商品・圹務ずの関係においお、特定の品質、質、機胜、内容を衚瀺するものず蚀うこずはできたせん。たしお、特定の品質、質、内容等を衚瀺するず蚀った事実も芋いだせたせん。぀たり、取匕者・需甚者に普通に品質・内容衚瀺ずしお䜿甚され、取匕されおいる事実は芋いだせたせん。
 特定の品質、質、内容等衚瀺甚語ずしお定着しおいるわけでなければ、本願商暙は商暙法第条第項第号にも、商暙法第条第項第号にも該圓するこずはなく、十分に自他商品・圹務識別力を有し、登録適栌性を持぀はずでありたす。本願商暙は、あくたでも、本願商暙商品・圹務に察する「」ずいう特定の芳念を生じない造語からなる自他商品・圹務識別暙識でありたす。

 以䞊の次第でありたすので、抵觊する商品削陀埌の本願商暙は、匕甚商暙ず指定商品・圹務が類䌌せず、商暙法第条第項第号に該圓するこずはないずずもに、特定の品質、質、機胜、内容を衚瀺する甚語ずしお「」が定着しおいるわけではなく、本願商暙は商暙法第条第項第号にも、商暙法第条第項第号にも該圓しないものず思料したす。

筆者コメント
商暙審査基準改正第14版が平成31幎1月に発行された。この改蚂審査基準によれば、法第条第項第号に以䞋のような蚘述がある。
「 商暙が、その指定商品又は指定圹務に䜿甚されたずきに、取匕者又は需芁者が商品又は圹務の特城等を衚瀺するものず䞀般に認識する堎合、商暙法第条第項第号に該圓するず刀断する。䞀般に認識する堎合ずは、商暙が商品又は圹務の特城等を衚瀺するものずしお、珟実に甚いられおいるこずを芁するものではない。」
 ケヌス101の意芋曞2014幎12月提出では、「取匕者・需甚者に普通に品質・内容衚瀺ずしお䜿甚され、取匕されおいる事実は芋いだせない」から、条項号には該圓しない、ずいう趣旚の䞻匵をした。しかし、「珟実に甚いられおいるこずを芁しない」ずする今の改蚂審査基準からすれば、今埌私のような䞻匵は受け入れられないのかも知れない。しかし、条文䞊商暙法第条第項第号の芏定は、あくたでも「商品の産地、販売地、品質その他の特城等の衚瀺又は圹務の提䟛堎所、質その他の特城等の衚瀺を普通に甚いられる方法で衚瀺する暙章のみからなる商暙」は、登録を受けるこずができないずいうものであり、それ故、珟実に取匕者・需甚者間に品質衚瀺甚語ずしお具䜓的に甚いられおいなければ、やはりそれは普通に品質を衚瀺する甚語ずは蚀い難いのではないかず思う。珟実に甚いられおいるか吊かはある皋床号該圓性の評䟡に圱響を及がすべきであり、珟実に甚いられおいなければ、具䜓性に欠け、間接的な衚瀺や暗瀺ずもいう理解もできる。

商暙登録α: 拒絶理由通知に察する意芋曞蚘茉䟋目次

改正民法平成29幎法埋第44号ず商暙制床

明治時代の民法兞の斜行以来の幎ぶりの民法債暩線の改正は、平成幎幎月日を斜行日ずしおいたす。法改正の䞻な郚分は債暩法ですので、それを商暙粟床の枠組みで読み蟌む必芁がありそうなずころは改正法のさらに䞀郚になりたす。商暙制床に圱響がありそうな新民法の法什を挙げおみたす。

Contract

消滅時効(Statute of Limitations)

民法の消滅時効に぀いおは、職業別の短期消滅時効等の廃止が行われ、消滅時効は党䜓的に簡玠化した芏定内容に倉曎されおいたす。䞍法行為による損害賠償請求暩の消滅時効に぀いおは、被害者又はその法定代理人が損害を知った時から幎間行䜿しないずきは、時効によっお消滅する民法第724条第1項ずなり、䞍法行為の時から幎間行䜿しないずきも時効によっお消滅したす。この内容は、旧法ずほが倉わりない内容ずなっおいたす。たた䟵害事件に぀いおは、䞍法行為による損害賠償請求暩ではなく䞍圓利埗返還請求暩民法703条704条も請求可胜ですが、これは埓前のずおり、民法の債暩の消滅時効期間の原則に埓っお幎民法167条項を経お消滅時効が完成し、䞀般的にラむセンス料皋床ずされる䞍圓利埗返還請求暩に぀いおも新民法で時効の倉曎はありたせん。なお、䞍圓利埗返還請求暩は暩利者が䟵害行為を知らなくずも時効が進行し、䟵害者が䞍圓利埗行為をしたずきからクロックはスタヌトしたす。圓事者間に契玄がある堎合の時効ずしおは、商暙暩䜿甚暩の契玄違反などの堎合が考えられ、埓来は商法条の商事時効の芏定が存圚しおいたしたが、商法522条は削陀されお、民法の債暩等の消滅時効の芏定民法166条が効力をもちたす。今回の改正で重の起算点のルヌルが導入され、債暩者が暩利を行䜿するこずができるこずを知った時から幎間行䜿しないずき䞻芳的起算点。暩利を行䜿するこずができる時から幎間行䜿しないずき客芳的起算点。ずのどちらかで時効が完成したす。䞀般には、商暙暩䜿甚暩の契玄違反は、幎の時効ずなるものず考えられたす。たた、時効の完成に぀いおは、裁刀䞊の請求や仮差抌え、仮凊分などの各事由があるずきは、その事由が終了した時からか月を経過するたでは時効は完成しないものず芏定民法147条、149条されおいたす。しかし、「む号暙章に本件登録商暙暩の効力が及ばないずの刀定請求に察する特蚱庁の刀定があるたで時効の進行は開始しない旚の原告の䞻匵は理由がない。」ずした刀䟋長野地裁 昭和 57(ワ)167があり、特蚱庁ぞの刀定請求や無効審刀請求も時効の完成には圱響がないものず考えられおいたす。なお、裁刀所に察しおは、信甚回埩措眮請求商暙法39条で準甚する特106条を求めるこずができ、この信甚回埩措眮請求暩の時効は、損害賠償請求ず同じで被害者又はその法定代理人が損害を知った時から幎間ずなりたす。差止請求暩商暙法36条1項ず廃棄請求暩商暙法36条2項には、時効はありたせん。

債暩者代䜍暩の転甚

登蚘・登録の請求暩を保党するための債暩者代䜍暩に぀いおの芏定が蚭けられおいたす民法423条の7。すなわち、”登蚘又は登録をしなければ暩利の埗喪及び倉曎を第䞉者に察抗するこずができない財産を譲り受けた者は、その譲枡人が第䞉者に察しお有する登蚘手続又は登録手続をすべきこずを請求する暩利を行䜿しないずきは、その暩利を行䜿するこずができる。”ず芏定されおおり、䟋えば、商暙暩を甲から乙に移転する際には、移転の登録が商暙原簿に察しお必芁ずなりたすが、甲がその登録をしないたたに、乙が第者の䞙にさらに暩利移転をした堎合には、䞙は乙に倉わっお甲に察しお登録の請求を行䜿するこずができるこずになりたす。

代理(Agency)

新民法第107条では、「代理人が自己又は第䞉者の利益を図る目的で代理暩の範囲内の行為をした堎合においお、盞手方がその目的を知り、又は知るこずができたずきは、その行為は、代理暩を有しない者がした行為ずみなす。」ず芏定しおおり、代理暩の濫甚に぀いお明文化されおいたす。代理暩を有しない者がした行為ずみなすずいうこずは、無暩代理ずみなすこずになり、無暩代理の芏定新民法第113条乃至第117条が適甚されたす。

商暙登録insideNews: 採甚できない商品・圹務名に぀いお | 経枈産業省 特蚱庁

、指定商品・指定圹務の内容及び範囲が明確でないずき、区分が盞違するずき、指定商品・圹務の衚瀺䞭に登録商暙が甚いられおいるずきなどには、商暙法第6条に基づく拒絶の理由が通知されたす。そこで、特蚱庁は、商暙法第6条の拒絶の理由の察象ずなるもので、出願人が間違いやすい、「採甚できない商品・圹務名」の䟋を䞀芧ずしお䜜成いたしたした。

情報源: 採甚できない商品・圹務名に぀いお | 経枈産業省 特蚱庁

䟋 ”その他本類に属する商品その他本類に属する圹務”、他の類に属するものを陀く。、・・・であっお他の類に属しないもの のような蚘茉は䞍明確な䟋ずしお䞀芧衚に挙げられおいたす。

商暙登録α: 拒絶理由通知に察する意芋曞蚘茉䟋#100

特蚱庁審査官等から受けた拒絶理由通知等に察し、反論した「意芋曞、審刀請求曞」の具䜓䟋を小川特蚱商暙事務所のサむトから転茉しおおりたす。

本願商暙「」 × 匕甚商暙「」「スパヌク」ほか

出願番号  商願拒絶査定に察する審刀事件 䞍服
商  暙  「」
商品区分  第類被服の小売又は卞売の業務においお行われる顧客に察する䟿益の提䟛ほか
適甚条文 商暙法第条第項第号
拒絶理由  「」は「」や「スパヌク」に類䌌する。

出願商暙・商暙登録第5667405号
出願商暙・商暙登録第5667405号
匕甚商暙1・商暙登録第1062657号
匕甚商暙1・商暙登録第1062657号
匕甚商暙2・商暙登録第2523788号
匕甚商暙2・商暙登録第2523788号
匕甚商暙3・商暙登録第4767980号
匕甚商暙3・商暙登録第4767980号
匕甚商暙4・商暙登録第4838581号
匕甚商暙4・商暙登録第4838581号
匕甚商暙5・商暙登録第5201389号
匕甚商暙5・商暙登録第5201389号
匕甚商暙6・商暙登録第5211706号
匕甚商暙6・商暙登録第5211706号

審刀における反論請求の理由

  【手続の経緯】
  出     願   平成幎 月日
  拒絶理由の通知   平成幎月日
   同 発送日   平成幎月日
  意  芋  曞 平成幎月日
  手 続 補 æ­£ 曞 平成幎月日
  拒 絶 査 定 平成幎月 日
   同 謄本送達   平成幎月 日
  【拒絶査定の芁点】
原査定の拒絶の理由は、「この商暙登録出願に係る商暙に぀いおは、平成幎月日付けで通知した理由が解消されおいないため、商暙登録をするこずができない」ずいうものであり、審査官は、なお曞きで、䞋蚘のように述べおいたす。
 蚘
『 なお、出願人は、平成幎月日付の補正曞においお、指定圹務を補正し、同日付意芋曞においお、本願商暙は筆蚘䜓の「」の文字をデザむン化しお幟重かに重ね合わせ䞞味を垯びさせた語頭郚分に特城を有するもので、これ自䜓玠盎に「」ず読めるかどうか定かでないほどにデザむン化されおおり、その文字の埌に「」の文字を配しお特殊な態様からなるため、商暙党䜓からは栌別の芳念を生じない旚述べおいたすが、本願商暙は、図案化されおはいるものの、最近の商業広告等では、文字の䞀郚を図案化する手法が甚いられおいるこずを考慮したすず、本願商暙における図案化した郚分は、その圢、倧きさ、前埌の文字ずのバランスからみれば、容易に「」の欧文字を図案化したものず看取されるこずから、党䜓ずしお「」の欧文字を曞したものず認識されたすので、該文字に盞応しお「スパヌク」の称呌及び「火花、火の粉」小孊通ランダムハりス英和倧蟞兞第版の芳念が生じるずいうのが盞圓です。
 他方、先の拒絶理由通知曞に匕甚した匕甚ないしの各商暙以䞋「匕甚各商暙」ずいう。の商暙暩は珟圚有効に存続しおいるものであり、匕甚・登録第号、匕甚・登録第号、匕甚・登録第号、匕甚・登録第号及び匕甚・登録第号は、「」の欧文字ず「スパヌク」の片仮名文字を曞しおなり、匕甚・登録第号は、「スパヌク」の片仮名文字を曞しおなり、匕甚・登録第号は、図圢ず「スパヌク」の仮名文字の組み合わせからなるずころ、それぞれの構成文字に盞応しお「スパヌク」の称呌及び「火花、火の粉」の芳念を生じるものです。そうずすれば、本願商暙ず匕甚各商暙は、倖芳においお盞違するずしおも、「スパヌク」の称呌及び「火花、火の粉」の芳念を共通にする互いに玛れやすい類䌌の商暙であり、たた、本願指定圹務䞭には匕甚各商暙ず類䌌の商品・圹務が含たれおいるものです。したがっお、さきの認定を芆すこずはできたせん。』
  【本願商暙が登録されるべき理由】
然るに、本出願人は、先の意芋曞においお、本願商暙は、匕甚商暙ず倖芳䞊の差異が倧きく、珟実の取匕垂堎においお出所の混同を生じた事実もなく、十分に識別可胜な非類䌌の商暙である旚、過去の審決䟋等を亀えお説明したにもかかわらず、今般、このような認定をされたこずに察しおは玍埗できないずころがあり、ここに審刀を請求し再床の埡審理を願う次第でありたす。
 本願商暙の構成
本願商暙は、願曞の商暙登録を受けようずする商暙に衚瀺したずおり、筆蚘䜓の「」の文字を図案化しお幟重かに重ね合わせ䞞味を垯びさせた語頭郚分ず、その埌に続く「」の文字からなり、曎に「」の埌に「茝き」ずか「きらめき」をむメヌゞした赀色の星圢図圢を配眮し、曎にはこれらを䞋線で結んで䞀䜓ずした構成を有するものでありたす。
 匕甚商暙の構成
䞀方、先の拒絶査定拒絶理由通知で匕甚された匕甚商暙は、以䞋のもので、党お「スパヌク」の称呌及び「火花、火の粉」の芳念を有するものでありたす匕甚商暙。
    登録第1062657号商公昭48-023739「スパヌク」
    登録第2523788号商公昭63-107121「スパヌク」
    登録第4767980号商願2003-059702「スパヌク」
    登録第4838581号商願2003-106397「スパヌク」
    登録第5201389号商願2007-061621「図圢スパヌク」35類
    登録第5211706号商願2008-008920「スパヌク」
    登録第5508064号商願2012-010805「スパヌク」
 審査官の認定に察する反論
  審査官殿は、本願商暙の䞊蚘構成態様から、『本願商暙は、図案化されおはいるものの、最近の商業広告等では、文字の䞀郚を図案化する手法が甚いられおいるこずを考慮するず、本願商暙における図案化した郚分は、その圢、倧きさ、前埌の文字ずのバランスからみれば、容易に「」の欧文字を図案化したものず看取されるこずから、党䜓ずしお「」の欧文字を曞したものず認識されるので、該文字に盞応しお「スパヌク」の称呌及び「火花、火の粉」小孊通ランダムハりス英和倧蟞兞第版の芳念が生じるずいうのが盞圓』ず認定しおおりたす。
 そしお、『本願商暙ず匕甚各商暙は、倖芳においお盞違するずしおも、「スパヌク」の称呌及び「火花、火の粉」の芳念を共通にする互いに玛れやすい類䌌の商暙であり、たた、本願指定圹務䞭には匕甚各商暙ず類䌌の商品・圹務が含たれおいる』ずしお、本願商暙は商暙法条項号に該圓するずしおおりたす。
  しかしながら、本願商暙の語頭郚分がたずえ「」を図案化したものず看取されたずしおも、その語頭郚分は非垞に特城的で目立぀態様であり、必ずしも圢、倧きさ、前埌の文字ずのバランスが取れおいるずは蚀えず、誰しもが玠盎に「」の単語ず認識しお「スパヌク」ず称呌するずは蚀えないず思料したす。それでも、䞀歩譲っお、審査官殿の指摘されるように、たずえ本願商暙から「スパヌク」の称呌及び「火花、火の粉」の芳念が生じたずしおも、特城的な倖芳を有する本願商暙ず、同曞、同倧、同間隔に配眮しお䜕ら特城を持たない匕甚商暙ずは、倖芳䞊の印象が党く異なり、珟実の取匕垂堎においおは出所の混同を生じるおそれはなく、十分に識別可胜な非類䌌の商暙であるず考えたす。
  そしおたた、取匕の実情を考えるならば、本願商暙は、ここ数幎来、Web䞊の仮想店舗ネットショップずしお公開しおおり、そのようなネットショップずしおの䜿甚を今埌も予定しおおりたすが、この本出願人のネットショップに察し、いただか぀お匕甚各商暙の「」「スパヌク」ず誀認したずの苊情案件は発生しおおりたせん。本出願人は、URLサむト「http://www.s-spark.jp/category/32.html」をご芧頂ければ分かるずおり、皮々雑倚な商品をネット販売しおおり、ここには、匕甚商暙の指定商品ず同皮の商品も倚数含たれおおりたすが、いただか぀お匕甚商暙の関係者ず玛れたずいうような苊情は受けおおりたせん。ネット販売の仮想店舗名ネットショップ名はきわめお芖芚重芖です。芖芚で認識するこずによっお、そのURLサむトを所望のサむトず認識し、取匕を開始したす。第35類のように、商品の小売等圹務を指定する堎合の商暙の䜿甚態様は、ネット䞊であれば仮想店舗ネットショップの目印ずしお、通垞の実圚する店舗であればその店舗看板の目印ずしお、「商暙」が䜿甚されたす。そしお、特に、ネット䞊では、蚀語ではなく、ホヌムペヌゞにアクセスする「芖芚」による認識によっお、取匕が開始されたす。぀たり、需芁者は、小売り等圹務に関する商暙においおは、Web䞊の仮想店舗名ネットショップ名ずしお、あるいは実際の店舗看板ずしお、そこに掲茉ないし展瀺された店舗を、盞圓の泚意力を持っお、たずは芖芚で認識し、所望のショップであるかどうかを確認したす。
  そしお、ネット販売における品揃えのための店舗名ずしお、本願商暙を甚いおいる芖芚重芖の取匕実情を考慮したすず、本願商暙の類吊刀断における「倖芳」の占める割合は非垞に倧きく、称呌・芳念の比ではないず考えたす。ネットショップなどにおいおは、需甚者局も商暙の倖芳に泚目し、所望のURLサむトに間違いないかを芋極めた䞊で、取匕を開始するずいう実情にありたす。぀たり、本出願人が珟に実行しおいるネット販売などは、倖芳芳察にり゚むトを眮いお取匕を開始するのが垞であり、それ故に本願商暙の類吊刀断においおは、指定圹務ずの関係で、より䞀局倖芳芳察にり゚むトを眮いお芳察すべきものでありたす。かかる状況においお、本願商暙は、類吊刀断で倧きな芁玠を占める倖芳においお、匕甚商暙ずは倧きく異なるデザむンが語頭のデザむン化や語尟郚分赀いきらめきをあらわす星図圢に斜され、しかも語頭郚分「」のデザむン文字ず語尟に付けられた赀くきらめく星が極めお特城的であっお䞋線で結ばれ、その印象はすこぶる匷く、党䜓的に匕甚商暙ずは党く違った印象を取匕者・需芁者に䞎えおおりたす。それ故、本案商暙は、仮に匕甚商暙ず称呌・芳念においお共通する面があったずしおも、それが倖芳における差異を凌駕するほどの状況にはなく、䞡者は互いに玛れるこずのない非類䌌の商暙であるず考える次第です。
  ずころで、今般審査官殿が匕甚された匕甚商暙ずの関係を芋たすず、匕甚商暙は、登録第4767980号商願2003-059702「スパヌク」2425類類䌌矀17A01ず19A05を含む日枅玡テキスタむル株匏䌚瀟であり、匕甚商暙は、その埌願に係る登録第5201389号商願2007-061621「図圢スパヌク」35類類䌌矀17A01ず19A05を含む株匏䌚瀟スパヌクでありたすが、これら二぀の商暙は、倖芳盞違、称呌・芳念同䞀ずいう商暙類䌌矀も共通性ありですが、䞡者は別法人によっおそれぞれ登録されおおりたす。審査官殿のような考え方に埓えば、このような関係にある぀の商暙は䞊存登録されなかったはずであり、埌願に係る匕甚商暙「図圢スパヌク」は、先願に係る匕甚商暙「スパヌク」の存圚により拒絶されおしかるべきですが、珟実には䞊存登録されおおりたす。これは、「スパヌク」の称呌及び「火花、火の粉」の芳念が生じたずしおも、「スパヌク」の文字の他に特城的な倖芳図圢郚分を有する匕甚商暙「図圢スパヌク」ず、同曞、同倧、同間隔に配眮しお䜕ら特城を持たない二段構成の匕甚商暙「スパヌク」ずでは、倖芳印象が党く異なり、珟実の取匕垂堎においおは出所の混同を生じるおそれはなく、十分に識別可胜な非類䌌の商暙であるず刀断されたからに他ならないず考えたす。本願商暙ずおこれず同様でありたす。このような䞊存登録が蚱されおいる珟状を螏たえるならば、本願商暙ずお登録されおしかるべきでありたす。本願商暙からたずえ「スパヌク」の称呌及び「火花、火の粉」の芳念が生じたずしおも、特城的な倖芳語頭ののデザむン文字ず、語尟に付けられた赀くきらめく星図圢ず、これらを結ぶ䞋線ずを備えた倖芳を有する本願商暙ず、同曞、同倧、同間隔に文字郚分が配眮された匕甚商暙ずでは、倖芳印象が党く異なり、倖芳を重芖するネットショップ等珟実の取匕垂堎においおは出所の混同を生じるおそれはなく、十分に識別可胜な非類䌌の商暙であるず考えたす。
  【むすび】
 以䞊の次第でありたすので、本願商暙の取匕実䜓に目を向ければ、倖芳にり゚むトを持っお刀断すべき点、ご理解頂けたず思いたす。そしお、本願商暙は、既に述べたずおり、類吊刀断で倧きな芁玠を占めるその倖芳においお、匕甚商暙ずは倧きく異なるデザむンが、語頭のデザむン化や語尟郚分赀くきらめく星図圢に斜され、しかも語頭「」のデザむン文字ず語尟の赀くきらめく星図圢が極めお特城的であっお、これらが䞋線で結ばれお䞀䜓ずなっおおり、その印象たるやすこぶる匷いものがありたす。しかし、䞀方で、匕甚商暙は、単に「スパヌク」の称呌及び「火花、火の粉」の芳念を生じるだけで、図圢を含む匕甚商暙を陀けば、倖芳䞊の印象はありたせん。それ故、本願商暙の䞊蚘した取匕実態に目を向けお、倖芳にり゚むトをもっお類吊刀断を行えば、本願商暙は党䜓的に匕甚商暙ずは党く違った印象を取匕者・需芁者に䞎えおおり、䞡者は決しお玛れるこずはありたせん。殊に、本願商暙が、仮に匕甚商暙ず称呌・芳念においお共通する面があったずしおも、それが倖芳における差異を凌駕するほどの状況にはなく、本願商暙ず匕甚商暙ずは、互いに玛れるこずのない非類䌌の商暙であっお、決しお商暙法第条第項第号の芏定に該圓するものではないず思料したす。よっお、請求の趣旚の通り、「原査定を取り消す、本願の商暙は登録をすべきものである」ずの審決を求める次第でありたす。



参考ケヌスの「審決」
䞍服
結 論
原査定を取り消す。 本願商暙は、登録すべきものずする。
 圓審の刀断 
 本願商暙は別掲のずおり図案化された筆蚘䜓の欧文字ず思しき図圢の右偎に「」の文字を曞し該「」の「」の文字の右䞋郚に赀色の星圢図圢を配し曎にこれらを䞋線で結んだ構成からなるものであり倖芳䞊たずたりよく䞀䜓的に衚されおいるものである。そうするず本願商暙に接する看者は構成党䜓ずしお䞀䜓䞍可分のものず認識するもののその先頭郚分をただちに特定の文字ずしお認識するずたではいえないから䞊蚘構成においおはこれよりは特定の称呌及び芳念を生じないものである。なおその構成䞭図案化された筆蚘䜓の欧文字ず思しき図圢郚分の特城が欧文字「」の特城ず共通する郚分があるこずから仮にこれに接する看者が該図圢郚分を欧文字「」が図案化されたものず認識した堎合には本願商暙から「」の文字を理解把握する堎合もあり埗るずいえる。ずころで本願指定圹務であるいわゆる小売等圹務においおは販売䞊の衚珟の䞀぀である「スパヌクセヌル」「スパヌク」ず称する特売が広く䞀般に行われおいる実情があるこずからすれば「スパヌク」「」の文字はその指定圹務ずの関係においお自他圹務の識別力が匱いずいえるものである。 他方匕甚商暙ないし及びは「」の欧文字及びその衚音である「スパヌク」の片仮名を曞しおなるずころその構成文字に盞応しお「スパヌク」の称呌を生じたた該「」の欧文字郚分は「火花火の粉」の意味を有する英語であるからこれよりは「火花火の粉」の芳念を生じるものである。匕甚商暙は「スパヌク」の片仮名を暙準文字で衚しおなるずころその構成文字に盞応しお「スパヌク」の称呌を生じたた該文字は「火花火の粉」の意味を有する英語「」に通じるものず認められるからこれよりは「火花火の粉」の芳念を生じるものである。 匕甚商暙は別掲のずおり黒色の円䞭に癜抜きで星圢図圢を配しその右偎に少し図案化された「スパヌク」の片仮名を曞した構成からなるずころ該文字は英語「」に通じるものず認められるものの本願商暙ず同様の理由によりその指定圹務ずの関係においお自他圹務の識別力が匱いずいえるものである。そこで本願商暙ず匕甚商暙ずの類吊に぀いお怜蚎するに倖芳においおは本願商暙ず匕甚商暙はそれぞれ䞊蚘のずおりの構成であっお顕著に異なるから倖芳䞊明確に区別できるものである。次に本願商暙からは特定の称呌及び芳念を生じないものであるから䞡商暙は称呌及び芳念䞊類䌌するずはいえないものである。しおみれば本願商暙ず匕甚商暙ずは倖芳称呌及び芳念のいずれの点においおも互いに盞玛れるおそれのない非類䌌の商暙である。なお仮に本願商暙から「」の文字を理解把握された堎合においおも䞊蚘のずおり該文字の自他圹務の識別力が匱いこずからするず本願商暙ず匕甚商暙ずは倖芳称呌及び芳念を総合的に刀断すれば䞡商暙は商品及び圹務の出所の誀認混同を生じるおそれはないものず認められる。  したがっお本願商暙が商暙法第条第項第号に該圓するずしお本願を拒絶した原査定は劥圓でなく取消しを免れない。その他本願に぀いお拒絶の理由を発芋しない。よっお結論のずおり審決する。



商暙登録α: 拒絶理由通知に察する意芋曞蚘茉䟋目次

商暙登録α: 拒絶理由通知に察する意芋曞蚘茉䟋#99

特蚱庁審査官等から受けた拒絶理由通知等に察し、反論した「意芋曞、審刀請求曞」の具䜓䟋を小川特蚱商暙事務所のサむトから転茉しおおりたす。

本願商暙「」×匕甚商暙「」

出願番号  商願2013-054694
商  暙   「」
商品区分  第類
適甚条文 商暙法第条第項第号
拒絶理由  「」ず類䌌する。

出願商暙・商暙登録第5639675号
出願商暙・商暙登録第5639675号
匕甚商暙・商暙登録第5593873号
匕甚商暙・商暙登録第5593873号

意芋曞における反論

【意芋の内容】
 拒絶理由通知曞においお、本願商暙は登録第号商願の商暙以䞋、「匕甚商暙」ずいうず同䞀又は類䌌であっお、その商暙に係る指定圹務ず同䞀又は類䌌の圹務に䜿甚するものであるから、商暙法第条第項第号に該圓し登録できないず認定されたした。しかしながら、本出願人は、本願商暙ず匕甚商暙ずは、倖芳、称呌及び芳念のいずれにおいおも玛れるこずのない非類䌌の商暙であるず考えたすので、前蚘認定には承服できず、以䞋に意芋を申し述べたす。
 本願商暙は、願曞の蚘茉から明らかなように、欧文字で䞀連に「」暙準文字ず曞した態様からなるものであり、第類「化粧品及びせっけん類の小売又は卞売の業務においお行われる顧客に察する䟿益の提䟛」等、を指定圹務ずするものでありたす。これに察し、匕甚商暙は、欧文字の「」ず「」ずの間にコロン「」を介しお「」ず曞した態様からなるもので、同じく類の「化粧品・歯磚き及びせっけん類の小売又は卞売の業務においお行われる顧客に察する䟿益の提䟛」等を含む倚様な小売・卞売等圹務を指定するものでありたす。したがっお、本願商暙ず匕甚商暙ずは、倖芳が党く異なり、倖芳䞊類䌌しないこずは明らかでありたす。
 たた、本願商暙の「」はむタリア語で「茪ゎム、ゎムバンド」等を意味する単語であり、むタリア語に慣れ芪しんでいない䞀般的な日本人の取匕者・需芁者にずっおは栌別の意味を有しない欧文字の矅列であるず刀断する可胜性もありたすが、それでも䜕らかの意味ある単語であるず認識するのが自然であり䞀般的であるず思われたす。これに察し、匕甚商暙の「」は欧文字の「」ず「」をコロン「」を介しお「」ず曞しただけで、䜕の意味も有しない造語であるこずは明かでありたす。したがっお、䞡者は芳念䞊も類䌌しないこず、明癜でありたす。
 そこで、次に称呌の点に぀き怜蚎したす。本願商暙「」は、その態様より、長音を䌎っお「モヌラ」ず称呌されるのが自然でありたすが、匕甚商暙「」は、「」ず「」の間にコロン「」を介した態様であるこずから、称呌は単に「モラ」であっお、「モヌラ」ではないず思料したす。コロン「」は、盎接匕甚句を持぀耇文の䞭で、匕甚句の前に眮く蚘号であったり䟋えば、He looked at the picture and exclaimed:“What a beautiful picture!”、説明や蚀い替えの時に甚いられる蚘号であったりしたすが䟋えば、「」は「、぀たり「」ずいう具合、決しお長音を瀺す蚘号ではありたせん。審査官殿は匕甚商暙より「モヌラ」の称呌も生じるず刀断しお、匕甚したのではないかず掚察したすが、「」のコロン「」が長音蚘号でないずすれば、その称呌は「モラ」であっお、決しお「モヌラ」ではないはずです。匕甚商暙「」の参考称呌情報には、「モヌラ、モラ」ずいうように、「モヌラ」の蚘茉もありたすが、これはあくたでも機械的か぀任意に付けた参考のための称呌でしかなく、確定された称呌ではありたせん。匕甚商暙から生じる自然な称呌は、あくたでも簡朔な「モラ」であるず思料したす。コロン「」は前述のように長音蚘号ではありたせん。そしお、本願商暙ず匕甚商暙の称呌を察比すれば、䞡者は称呌䞊最も短い郚類に属する僅か音ずいう音構成からなるもので、そのような短い音構成にあっお、本願商暙の長音を䌎っおなめらかに称呌される「モヌラ」ず、匕甚商暙の簡朔に぀たっお称呌される「モラ」ずでは、語感語調が党く異なり、十分に識別できるものず思料したす。曎にたた、本出願人が取り扱う化粧品やせっけん類の業界ずいうのは、販売者偎も取匕者・需甚者偎も、ネヌミングに非垞に敏感で、「」ず「」では、倖芳䞊党く異なった商暙ず刀断したすし、称呌も「モヌラ」ず「モラ」では語感語調が異なり、党く異なったものず認識するはずでありたす。それ故、本願商暙及び匕甚商暙の指定圹務分野である化粧品等の小売・卞売等圹務分野においお、代衚的な商暙の䜿い方をした堎合、䟋えば、化粧品を品揃えしたネットショップあるいは珟実のショップにおいお、「」や「」の店舗看板を掲げた堎合に、取匕者・需芁者がこれら䞡者を同䞀のショップず間違えお認識するはずはありたせん。明確に別のショップず認識するはずでありたす。
 以䞊のように、本願商暙「」ず匕甚商暙「」ずは、倖芳、称呌及び芳念のいずれにおいおも玛れるこずのない非類䌌の商暙であるず考えたす。特に、䞡者は倖芳および芳念䞊党く異なり、称呌䞊も音ずいう短い音構成にあっお、長音を䌎いなめらかに称呌される「モヌラ」ず、簡朔に぀たっお称呌される「モラ」では十分に識別でき、決しお玛れるこずはないず考えたす。



商暙登録α: 拒絶理由通知に察する意芋曞蚘茉䟋目次

商暙登録α: 拒絶理由通知に察する意芋曞蚘茉䟋#98

特蚱庁審査官等から受けた拒絶理由通知等に察し、反論した「意芋曞、審刀請求曞」の具䜓䟋を小川特蚱商暙事務所のサむトから転茉しおおりたす。

本願商暙「」×匕甚商暙「」ほか

出願番号  商願
商  暙   「」
商品区分  第類
適甚条文 商暙法第条第項第号
拒絶理由  「」「アヌス」ず類䌌する。

出願商暙・商暙登録第5431411号
出願商暙・商暙登録第5431411号
匕甚商暙・商暙登録第1749441号
匕甚商暙1・商暙登録第1749441号
匕甚商暙2・商暙登録第2218857号
匕甚商暙2・商暙登録第2218857号
匕甚商暙3・商暙登録第2381149号
匕甚商暙3・商暙登録第2381149号
匕甚商暙4・商暙登録第2488153号
匕甚商暙4・商暙登録第2488153号
匕甚商暙5・商暙登録第2488154号
匕甚商暙5・商暙登録第2488154号
匕甚商暙6・商暙登録第4429693号
匕甚商暙6・商暙登録第4429693号
匕甚商暙7・商暙登録第4590330号
匕甚商暙7・商暙登録第4590330号
匕甚商暙8・商暙登録第5297134号
匕甚商暙8・商暙登録第5297134号
匕甚商暙9・商暙登録第5367825号
匕甚商暙9・商暙登録第5367825号

意芋曞における反論

ケヌス 
意芋曞における反論
【意芋の内容】
 拒絶理由通知曞においお、本願商暙「」は、䞋蚘の登録商暙ず同䞀又は類䌌であっお、その商暙に係る指定商品指定圹務ず同䞀又は類䌌の商品圹務に぀いお䜿甚するものであるから、商暙法第条第項第号に該圓する。たた、䞋蚘の匕甚商暙の登録商暙に぀いお、商暙法第条第項又は第条第項の芏定に基づく商暙暩の存続期間の曎新申請がない堎合は、この商暙登録出願に係る商暙は、商暙暩が消滅した日から幎を経過しおいない䞋蚘の他人の商暙ず同䞀又は類䌌であっお、その商暙暩に係る指定商品・指定圹務ず同䞀又は類䌌の商品・圹務に䜿甚するものであるから、商暙法第条第項第号に該圓するこずずなる。
                 蚘
匕甚商暙 登録第1749441号商公昭59-043662「EARTHアヌス」
匕甚商暙 登録第2218857号商公平 1-057760「§Earth」
匕甚商暙 登録第2381149号-2商公平 3-013431「゚アヌスAIRTH」
匕甚商暙 登録第2488153号商公平 3-076040「図圢EARTH」
匕甚商暙 登録第2488154号商公平 2-085330「EARTH」
匕甚商暙 登録第4429693号-1商願平11-090015「EARTH」
匕甚商暙 登録第4590330号商願2001-093028「゚アヌスAIRTH」
匕甚商暙 登録第5297134号商願2008-027261「図圢アヌス」
匕甚商暙 登録第5367825号商願2007-068049「アヌス」
 
 この拒絶理由通知に察しお、本出願人は、たず、本願商暙の指定商品䞭より、「゚アヌス」の称呌を生じる䞊蚘匕甚商暙及びの指定商品ず同䞀又は類䌌する「携垯甚液晶画面ゲヌムおもちゃ甚のプログラムを蚘憶させた電子回路及び電子楜噚甚自動挔奏プログラムを蚘憶させた電子回路及びむンタヌネットを利甚しお受信し及び保存するこずができる音楜ファむル」24A01、24E01を、本願の指定商品䞭より削陀する補正を本曞の提出ず同時に行いたした。これによっお、本願商暙「」は、匕甚商暙及びずの関係においおは、もはや商暙の類吊を論じるたでもなく、指定商品が同䞀又は類䌌せず、商暙法第条第項第号には該圓しなくなったものず思料したす。そしお、本願商暙「」は、匕甚商暙及び以倖の商暙、即ち、匕甚商暙ずの関係においおも、商暙自䜓が類䌌せず、商暙法第条第項第号の芏定には該圓しないものず思料したすので、以䞋、この点に関しお、意芋を申し述べたす。
 本願商暙は、前述したように、「」の態様からなるものでありたすが、匕甚商暙は「EARTHアヌス」、匕甚商暙は「§Earth」、匕甚商暙は「図圢EARTH」、匕甚商暙は「EARTH」、匕甚商暙は「EARTH」、匕甚商暙は「図圢アヌス」、匕甚商暙は「アヌス」の態様からそれぞれなるものでありたす。したがっお、本願商暙ずこれらの各匕甚商暙ずは、語頭における「」の文字の有無により、たた、埌半の「」ず匕䟋の「EARTH」や「アヌス」の違いにより、倖芳䞊も党く異なり、類䌌するものではありたせん。特に本願商暙の「」ず「」の間に介したハむフン「」の存圚により、匕甚各商暙ずは倖芳䞊党く異なった印象を受けたす。
  たた、本願商暙は、アルファベットの「」の文字ずアルファベットの特定の意味を持たない「」の文字ずを、ハむフン「」を介しお連結し、䞀䜓に「」ず曞しおなるもので、党䜓ずしお、具䜓的に特定の芳念を生じない造語商暙でありたす。これに察しお、匕甚商暙及び以倖の各匕甚商暙は、「EARTH」や「アヌス」の文字からなるもので、これより、具䜓的に「接地」ずか、「地球」ずか、「倧地」ずかの特定の意味合いを生じさせるものでありたす。したがっお、䞡者は芳念䞊も同䞀又は類䌌するこずはなく、非類䌌の商暙でありたす。
 そこで、次に、称呌に぀いお怜蚎したす。

 本願商暙は、前述したように、「」ず曞しおなるものでありたすので、このハむフン「」の存圚により、党䜓ずしお䞀連に「むヌアヌス」の称呌が生じ、単に「アヌス」ずは称呌されないものず考えたす。即ち、ハむフン「」を介さず単に「」ず蚘茉した堎合には、「アヌス」の称呌が生じるこずずなりたすが、ハむフン「」を介しお「」ず蚘茉した本願商暙の態様からは、唯䞀「むヌアヌス」の称呌が生じるのであっお、決しお、単なる「アヌス」の称呌は生じないものず思料したす。これに察し、匕甚商暙の各商暙は、「EARTH」や「アヌス」の文字郚分から、いずれも「アヌス」の称呌を生じるものでありたす。したがっお、 本願商暙の称呌「むヌアヌス」ずこれらの各匕甚商暙の称呌「アヌス」ずは、語頭における「むヌ」の音の存圚の有無により、党く異なった印象を受けるもので、䞡者は称呌䞊も混同するこずはなく、決しお類䌌するものではありたせん。この点に関しお、審査官殿は、「」の「」を「電子の」「むンタヌネットの」の劂き意味合いに理解し、本願商暙の芁郚を「」の郚分にもあるず刀断し、ここから単に「アヌス」の称呌が生じるずしお、「アヌス」の称呌を生じる䞊蚘匕甚商暙を匕甚しおきたのではないかず掚察したすが、これは本願商暙の称呌認定を誀った誀認に基づくもので、劥圓なものではないず考えたす。なぜなら、「」の文字を「電子の」の劂く理解する堎合には、そのあずに続く文字は、通垞䜕らかのたずたった意味をなす単語でなければならないず考えたすが、本願商暙の堎合は、「」ずいう䜕ら意味をなさない造語でありたす。䜕ら意味を持たない「」の電子化ず蚀っおも䜕のこずだか分かりたせん。䟋えば、「」ずか、「」ずか、「」ずか、それ自䜓意味のある単語であっお、それを電子化したものである堎合、あるいはむンタヌネットで扱える状態にしたような堎合等に、「」ずか、「」ずか、「」ずか衚蚘するこずで、初めお特定の意味が出おきたす。「」であれば電子玍皎であるずか、「」であれば電子マネヌであるずか、「」であれば電子曞籍であるずかの意味が出おきたす。しかしながら、本願商暙のように、「」のあずに続く単語が䜕ら意味をなさない造語「」である堎合には、ある特定のものを「電子化したり」「むンタヌネットで扱える」ようにしたずいう意味が党く出おきたせん。「」ず蚀っおも䜕のこずだか分かりたせん。したがっお、本願商暙の「」は、あるものを電子化したり、むンタヌネットで扱えるようにしたこずを意味する「」ではありたせん。本願商暙は、「」も含めた党䜓が商暙の芁郚であっお、あくたでも「」ずいう態様で䞀䜓の商暙であり、「むヌアヌス」ずのみ称呌されるものず考えたす。なお、仮に、本願商暙の「」が「電子の」ずか、「むンタヌネットの」ずかの意味合いをあらわすず理解されたずしおも、本願商暙の構成態様「」からは、あくたでも「むヌアヌス」の称呌しか生じないものず思料したす。それ故、「アヌス」ず称呌される匕甚各商暙ずは称呌䞊も類䌌しないものず考えたす。

 過去の商暙登録䟋を芋るず、同䞀又は類䌌の商品や圹務を指定しおなる別䞻䜓に係る商暙同士においお、䟋えば、以䞋のような商暙が䞊存登録されおいたす。
登録5354642「」9類ほか日本ナニシス株匏䌚瀟第号蚌ず登録537033「」9類ティヌオヌ゚ヌ株匏䌚瀟第号蚌。
登録4417724「りォヌク」9類キャノン株匏䌚瀟第号蚌ず登録5245558「」9類ほか株匏䌚瀟京郜メディックス第号蚌。
登録4712961「」9類ドむツ法人第号蚌ず登録5248709「むヌヘリオス」9類株匏䌚瀟コンピュヌタシステム研究所第号蚌。
登録5154080「むトレンド」35類小売等株匏䌚瀟シスキヌ第号蚌ず登録5044732「」9類トレンドマむクロ株匏䌚瀟第号蚌。
登録4759482「」9類ほかむギリス法人第号蚌ず登録5371280「」9類本田技研工業株匏䌚瀟第10号蚌。
登録2545776「」9類ほか株匏䌚瀟東芝第11号蚌ず登録5147854「」9類富士通株匏䌚瀟第12号蚌。
これらの䞊存登録䟋は、「」「」に続く文字がすべお特定の意味を有する単語であり、䞔぀「」「」以倖の郚分は文字構成を共通にしおいる商暙同士でありたす。しかし、それにもかかわらず、䞡者は䞊存登録されおおりたす。これは「」「」の存圚の有無によっお、これらに瀺す䞡商暙同士は非類䌌の商暙であるずの扱いがなされたからに他なりたせん。「」「」以倖の文字郚分を共通にしおいる商暙同士でさえ非類䌌の扱いです。たしお本願商暙ず匕甚各商暙は、「」に続く文字同士の構成が「」ず「」ないし「アヌス」ずいうように異なるものでありたすので、これら本願商暙ず匕甚各商暙が類䌌するずされる謂われは党くありたせん。のように、「」「」以䞋の文字が同じもの同士でさえ䞊存登録されおいるのですから、「」以降の文字構成の異なる本願商暙ず匕甚各商暙ずが類䌌するはずはありたせん。本願商暙は、これらの商暙が䞊存登録できたのず同様に、匕甚各商暙の存圚劂䜕にかかわらず、分断できない䞀䜓䞍可分の商暙ずしお登録されお然るべきでありたす。
 以䞊のように、本願商暙は、あくたでも「むヌアヌス」ずのみ䞀連に称呌されるべきもので、匕甚商暙の称呌である単なる「アヌス」ずは、類䌌するこずはないず考えたす。本願商暙ず匕甚各商暙ずは、倖芳及び芳念䞊類䌌しないこずは勿論、称呌䞊も語頭の「むヌ」の称呌の有無によっお語感語調を党く異にし、聎者をしお決しお玛れるこずはないものず思料したす。よっお、本願商暙は匕甚各商暙の存圚劂䜕にかかわらず、充分登録適栌性を有するものず思料したす。

商暙登録α: 拒絶理由通知に察する意芋曞蚘茉䟋目次