商標登録&紛争 最高裁(昭和33年 (オ) 1104号)橘正宗事件

最高裁(昭和33年 (オ) 1104号)橘正宗事件

[審判決日]昭和36年6月27日判決

争点

取引上相互に紛れることのない商品同士であっても、同一または類似の商標をこれらの商品に使用する場合に同一営業主の製造または販売と誤認混同される虞がある場合に商標法上の類似の商品となるのか?

判示事項

商品同士が取引上相互に紛れるか否かで類否を決めると言う基準ではなく、同一または類似の商標をこれらの商品に使用する場合に同一営業主の製造または販売と誤認混同される虞があるかどうかで商品の類否の基準とすべきである。また、商品清酒については正宗は酒醸造業者間に用い慣らされたところのものであり、特定人の標章として商品の出所を表示する標章としての性質を有せず、その部分が取引では省略されることがあると判断した。

続きを読む“商標登録&紛争 最高裁(昭和33年 (オ) 1104号)橘正宗事件”

日本・商標 最高裁判決、平成9年3月11日判決 平成6(オ)1102(小僧寿し事件)

[国名]日本 [事件名]小僧寿し事件 [審判決日] 平成9年3月11日 [裁判所・決定機関]最高裁判所 [キーワード]損害不発生の抗弁 [争点]1.フランチャイズ契約により結合した企業グループの名称は、商標法26条1項1 …

日本・商標 最高裁判決、平成27年(受)第1876号(エマックス事件)

[国名]日本 [事件名]平成27年(受)第1876号(エマックス事件) [審判決日]最判平成29.2.28 [裁判所・決定機関]最高裁 [キーワード]除斥期間 権利濫用 商標法4条1項10号 不競法2条1項1号 [争点] …

商標登録&紛争 ASAHIロゴマーク事件

東京高裁 H8.1.25 平成6年(ネ)1470号事件 争点 商号及び商標の一部を構成する、デザインされた文字の書体が近い場合に、そのデザイン書体の文字は著作物か否か。 判示事項 いわゆるデザイン書体も文字の字体を基礎と …

商標登録&紛争 よか石けん商標権侵害事件

判決日 平成28年11月30日 事件番号 平成 28年 (ネ) 10073号 商標権侵害行為差止請求控訴事件 知的財産高等裁判所 ”よかせっけん” 結合商標の類比判断、称呼及び観念の共通部分は外観の相違を凌駕するものでは …

あずきバー審決取消請求事件

平成25年1月24日判決、平成24年(行ケ)第10285号 審決取消請求事件 本件は、あずきバーについての商標登録出願に拒絶査定が出され、その拒絶査定不服審判でも拒絶理由があるとした審決を知財高裁が差し戻した件です。商標 …