商標登録insideNews: ウェブ会議を利用した審決取消訴訟について | 知的財産高等裁判所

ウェブ会議 審決取消訴訟

令和4年7月 ウェブ会議について 現在、知財高裁では、Teamsというアプリケーションを利用して、インターネット回線を介して裁判所及び当事者が映像と音声の送受信により同時に通話をするとともに、文書ファイル等の送受信や編集がその場で可能な方法を用いて、争点及び証拠の整理の手続を行う審理(ウェブ会議)が行われています。裁判所は、事件の内容、代理人の有無等を考慮し、事件ごとにウェブ会議による手続を行うかどうかを判断します。 ウェブ会議による手続の方法としては、双方の代理人等がウェブ会議機能を利用する方法(書面による準備手続)と一方の代理人等が裁判所に出頭して他方の代理人等がウェブ会議機能を利用する方法(弁論準備手続)があります。

情報源: ウェブ会議を利用した審決取消訴訟について | 知的財産高等裁判所

裁判所(COURTS IN JAPAN) 商標_動画(embedded/playlist) youtube icon

Microsoft Teams is a proprietary business communication platform developed by Microsoft, as part of the Microsoft 365 family of products. Teams allows communities, groups, or teams to join through a specific URL or invitation sent by a team administrator or owner.

ウェブ会議 審決取消訴訟

商標登録insideNews:「ビジネスコート」、10月業務開始 企業訴訟集約 | 日本経済新聞

ビジネス裁判所 10月から

東京高裁と東京地裁は22日、東京都目黒区に庁舎を新設し、企業の紛争や手続きなど、ビジネスに関連する訴訟を集中して取り扱う「ビジネス・コート」として10月から業務を始めると発表した。全国の裁判所で初めての設置となる。知財高裁のほか、東京地裁の商事部、知財部などを地上5階・地下1階建ての建物に集約する。

情報源: 「ビジネス・コート」、10月業務開始 企業訴訟集約: 日本経済新聞

企業の海外進出により国際的で複雑な法的争いが増えるなか、ビジネス関係の訴訟を専門的に扱う裁判所「ビジネス・コート」が2021年にも東京・中目黒に誕生する。現在の霞が関の庁舎から、企業関係の訴訟や手続きを扱う知的財産高裁や東京地裁の関係部門がまとめて移転。テレビ会議システムを整備し、課題である迅速な審理の実現を目指す。「今後、難しい訴訟が増えるのは明らか。円滑なビジネスを支える裁判所が求められる…中目黒駅近くの関東信越厚生局の庁舎跡地に、地上5階・地下1階の「東京高地裁中目黒分室(仮称)」を建設。知的財産高裁のほか東京地裁の「知財部」、会社更生や株主代表訴訟などを扱う「商事部」、民事再生や破産手続きを担当する「破産再生部」がまとめて移転する。新庁舎には最新の映像音響機器を設置。テレビ会議システムで遠隔地の裁判所などと結び、代理人弁護士らが上京しなくても打ち合わせをできるようにすることで、争点整理や審理のスピードアップを図る。

情報源: 「ビジネス・裁判所」誕生へ 審理、より速く: 日本経済新聞

ビジネス裁判所 中目黒
目黒区中目黒2-4-14(建設中)from Google map

裁判所(COURTS IN JAPAN) 商標_動画(embedded/playlist) youtube icon

(2022.7.26追記)

2022.07.22 知的財産高等裁判所・東京地方裁判所中目黒庁舎(ビジネス・コート)への移転について

情報源: 東京地方裁判所 中目黒庁舎(ビジネス・コート) | 裁判所

Business Court will open in October.pdf icon

新しい中目黒庁舎では、知的財産高等裁判所は5階で、東京地裁の知的財産部は4階になります。知的財産高等裁判所は10月11日(火)(8:30 am)に業務開始予定、東京地裁の知的財産部【民事第29部/第40部/第46部/第47部】は10月17日(月)(8:30 am)に業務開始予定とされています。By Train NAKAMEGURO Sta. About 8-min walk EBISU Sta. About 11-min walk

(2022.8.21 追記)

【NHK】特許権の侵害や企業買収などビジネスに関する訴訟や手続きを集中的に取り扱う裁判所、通称「ビジネス・コート」が全国で初めて東…

情報源: ビジネス分野特化の裁判所「ビジネス・コート」東京に初開設へ | NHK

商標登録insideNews: 利益相反の同僚弁護士、裁判から「排除」できず 最高裁 | 日本経済新聞

利益相反を抱える弁護士と同じ事務所だった相手方弁護士を、裁判から強制的に外すことは可能か――。こうした点が争われた許可抗告審で、最高裁第2小法廷(草野耕一裁判長)は16日までに、「具体的に禁止する法律は見当たらない」として、排除の申し立て自体ができないと判断した。対象となったのは、エイズウイルス(HIV)の治療薬をめぐり特許権侵害があったとして、塩野義製薬などが米医薬大手、ギリアド・サイエンシ

情報源: 利益相反の同僚弁護士、裁判から「排除」できず 最高裁: 日本経済新聞

jsct01
三宅坂 最高裁判所