商標登録insideNews: サンボーンジャパン、『少女前線』の正式タイトルを『ドールズフロントライン』に変更 | Social Game Info

サンボーンジャパン、『少女前線』の正式タイトルを『ドールズフロントライン』に変更 2018年07月17日 12時39分更新 リスト 注目ワード :  白猫プロジェクトTCG 音速スケーターズ! 秘宝探偵 サンボーンジャパンは、本日(7月17日)、スマートフォン向けキャラクター育成&戦略シミュレーションゲーム『少女前線』の正式タイトルを『ドールズフロントライン』に変更することを明らかにした。

情報源: サンボーンジャパン、『少女前線』の正式タイトルを『ドールズフロントライン』に変更 | Social Game Info

[コメント]記事からは、譲渡契約の実行の前に、第3者に商標権が譲渡されていたということになるかと思います。商標権者というのは、商標原簿に商標権者として記載されている者に限りますので、移転の申請がある場合には、旧商標権者から新商標権者への譲渡を証する書面、例えば譲渡書や譲渡契約書を移転の申請書と共に提出することが必要です。同じ商標権者から譲渡を証する書面が2つ順番に出された場合、先に提出された方が優先されます。契約の時点が先でも後に譲渡を証する書面とその申請書を出した場合には、譲渡は認められません。従って、契約しただけでは、譲渡が完了したことにならず、特許庁からの移転の完了の通知を待つ必要があります。移転できない場合、契約の不履行になりますので、返金もしくは賠償請求ができますが、時間は間違いなく無駄になったものと思われます。

関連する投稿

FavoriteLoadingAdd to favorites