商標登録insideNews:「門外不出」のブドウで大阪産ワインをブランド化へ 復権狙う地元ワイナリー | SankeiBiz

かつて全国一のブドウ産地だった大阪で“復権”を目指す地元ワイナリーと大阪府が、「大阪産ワイン」のブランド化に向けた連携を進めている。看板となるブドウは同府羽曳野…

情報源: 「門外不出」のブドウで大阪産ワインをブランド化へ 復権狙う地元ワイナリー (1/2ページ) – SankeiBiz(サンケイビズ):自分を磨く経済情報サイト

かつて日本一のブドウ栽培を誇った大阪で、西日本初の公設ワイン研究施設が、地元産ワインの復権へ奮闘している。昨年には、温暖化に負けないブドウの新品種登録を農林水産…

情報源: 大阪ワイン復権へ奮闘! 温暖化に負けないブドウの新品種登録も出願 (1/2ページ) – zakzak:夕刊フジ公式サイト

このたび、ラボを活用した研究成果として、府内ワイナリーで育成した醸造用ぶどうの新品種「大阪R N-1(おおさか あーる えぬ-わん)」を、農林水産省に品種登録出願しました。「大阪R N-1」は着色良好なぶどうで、ピノ・ノワールやメルローといった一般的な赤ワイン醸造用ぶどうと異なり、果皮の色が濃く果肉まで暗赤色に着色する上、果実のアントシアニン含量が極めて高いことが特徴です。

情報源: [農林][報道]アントシアニンが豊富で、果肉まで着色するワイン用ぶどう「大阪R N-1」の品種登録を出願 | 大阪府立環境農林水産総合研究所

関連する投稿

FavoriteLoadingAdd to favorites

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA