商標登録insideNews: GI大阪産ワイン発表会 認知度上げる試み | 読売テレビニュース

GI大阪産ワイン

GI(ジーアイ)は地理的表示をあらわす国が定めた地域ブランドの保護制度だ。大阪でつくられた6社のワインが昨年認定を受け、国税庁がその発表会を26日開いた。消費者には信頼できる産品だが、認知度は今一つ。広く知ってもらうための試行錯誤が続く。

情報源: GI大阪産ワイン発表会 認知度上げる試み|読売テレビニュース

GI「大阪ワイン」記念発表会~歴史あるぶどうとワインの物語~, 2:37:57

GI「大阪ワイン」記念発表会~歴史あるぶどうとワインの物語~

地理的表示(GI)保護制度 vol.2 🍶酒類(しゅるい)の地理的表示

GI大阪産ワイン

商標登録insideNews: 阪大が英語表記を商標出願 大阪公立大との騒動受け | 朝日新聞デジタル

 大阪大学が英語表記を「The University of Osaka」として、特許庁に商標登録を出願していたことがわかった。受理は4月22日付。 英語表記を巡っては、来年度に開学予定の「大阪公立大」…

情報源: 阪大が英語表記を商標出願 大阪公立大との騒動受け:朝日新聞デジタル

Osaka university PR 【PV】、2:23

Osaka university PR 【PV】

OSAKA University Promotion Video (Full ver.)、12:46

OSAKA University Promotion Video (Full ver.)

商標登録insideNews: 大阪公立大の英語表記、阪大が商標登録でも異議を検討 | 朝日新聞デジタル

商標登録insideNews: ぶどう酒の地理的表示(GI)に「大阪」が指定されました! | 大阪府立環境農林水産総合研究所

地方独立行政法人大阪府立環境農林水産総合研究所のサイトです。この度、令和3年6月30日付で、ぶどう酒の地理的表示「大阪」が国税庁長官より指定を受けました。大阪府で収穫されたぶどうのみを使用し、一定の基準(※)を満たしたぶどう酒が「大阪」ワインとして認証され、市場に流通することになります。

情報源: [農林][お知らせ]ぶどう酒の地理的表示(GI)に「大阪」が指定されました! | 大阪府立環境農林水産総合研究所

GI大阪白
GI大阪赤
GI大阪ロゼ
ロゴは大阪ワイナリー協会のサイトから転載

大阪ワイン紹介動画(10分)

大阪ワイン紹介動画(10分)

商標登録insideNews: 堺の有名店・天ぷら大吉 酷似の北新地の店と和解 | 産経ニュース

深夜に行列ができることで有名な「天ぷら大吉」(堺市)が、店名や看板が酷似した店にブランドを侵害されたとして、「大阪天ぷら大吉北新地」(大阪市北区)に対し、店名の使用差し止めなどを求めた訴訟が、大阪地裁で和解したことが26日、分かった。和解は2月25日付。

情報源: 堺の有名店・天ぷら大吉 酷似の北新地の店と和解 – 産経ニュース

【特集】大行列の名店と“そっくり”の『天ぷら店』看板も“貝殻を床に捨てる”のも似ているが「違う」 経営者男性を直撃(2021年1月19日), 8:24

【特集】大行列の名店と“そっくり”の『天ぷら店』看板も“貝殻を床に捨てる”のも似ているが「違う」 経営者男性を直撃(2021年1月19日)

商標登録insideNews: G20でも提供 大阪名物「泉だこ」ブランド化への道のり – 産経ニュース

G20でも提供 大阪名物「泉だこ」ブランド化への道のり 大阪名物・たこ焼きに欠かせない、関西になくてはならない食材のタコ。関西で圧倒的な知名度を誇るのは兵庫県産の「明石ダコ」だが、実は、地元、大阪にもブランド化したタコがある。泉州地域産の天然ものの「泉(いずみ)だこ」だ。魚庭(なにわ)の海ともいわれる大阪湾で育まれる豊富な魚介類を代表する味にしたい-。地元の漁協関係者の熱い思いがブランドを育てている

情報源: G20でも提供 大阪名物「泉だこ」ブランド化への道のり – 産経ニュース
続きを読む“商標登録insideNews: G20でも提供 大阪名物「泉だこ」ブランド化への道のり – 産経ニュース”

商標登録insideNews:「門外不出」のブドウで大阪産ワインをブランド化へ 復権狙う地元ワイナリー | SankeiBiz

かつて全国一のブドウ産地だった大阪で“復権”を目指す地元ワイナリーと大阪府が、「大阪産ワイン」のブランド化に向けた連携を進めている。看板となるブドウは同府羽曳野…

情報源: 「門外不出」のブドウで大阪産ワインをブランド化へ 復権狙う地元ワイナリー (1/2ページ) – SankeiBiz(サンケイビズ):自分を磨く経済情報サイト

かつて日本一のブドウ栽培を誇った大阪で、西日本初の公設ワイン研究施設が、地元産ワインの復権へ奮闘している。昨年には、温暖化に負けないブドウの新品種登録を農林水産…

情報源: 大阪ワイン復権へ奮闘! 温暖化に負けないブドウの新品種登録も出願 (1/2ページ) – zakzak:夕刊フジ公式サイト

このたび、ラボを活用した研究成果として、府内ワイナリーで育成した醸造用ぶどうの新品種「大阪R N-1(おおさか あーる えぬ-わん)」を、農林水産省に品種登録出願しました。「大阪R N-1」は着色良好なぶどうで、ピノ・ノワールやメルローといった一般的な赤ワイン醸造用ぶどうと異なり、果皮の色が濃く果肉まで暗赤色に着色する上、果実のアントシアニン含量が極めて高いことが特徴です。

情報源: [農林][報道]アントシアニンが豊富で、果肉まで着色するワイン用ぶどう「大阪R N-1」の品種登録を出願 | 大阪府立環境農林水産総合研究所