商標登録insideNews: Germany Introduces A New Wine Hierarchy Based On Geography | Forbes

On January 27, 2021 the new German wine law came into force. It introduces a new kind of hierarchy for German wines based on its geographic origin. In a way it can be seen as a remodelling of the system that previously existed with the aim to improve the overall quality of German wine as well as to fit better with the EU system. The four primary geographic “levels” for a German quality wine (Qualitätswein) are now Area, Region, Village, and Vineyard.

情報源: Germany Introduces A New Wine Hierarchy Based On Geography

記事によるとQualitätswein、Landwein、Deutscher Wein – without geographic originの3つのレベルがあり、トップレベルのQualitätsweinは、Vineyard (Einzellage)、Village (Ortsweine)、Region、Area wine (Anbaugebiete)の4つのレベルがあります。Vineyardの中にさらにGewann, sub-plot, may be specified、Grosses Gewächs、Erstes Gewächs、Einzellageの4つのカテゴリがあり、Grosses Gewächsがgrand cruと同等とされています。

続きを読む“商標登録insideNews: Germany Introduces A New Wine Hierarchy Based On Geography | Forbes”

商標登録insideNews: Wine and Spirit Companies Trademark Alert: Check your Trademarks to Ensure they are not “Deceptive” | Hodgson Russ LLP – JDSupra

The United States Patent and Trademark Office Trademark Trial and Appeal Board (the “TTAB”) recently published a precedential decision regarding the treatment of trademarks for wine and spirits and their potential for being “deceptively misdescriptive” pursuant to Section 2(a) of the Lanham Act, 15 U.S.C. § 1052(a). Section 2(a) has three provisions, all of which are relevant to the alcoholic beverage industry. In this new precedential decision, the TTAB held that “[t]erms that are not specifically place names, but which may have ‘geographical association,’ may provide bases for claims under the general deceptiveness provision of Section 2(a).”

情報源: Wine and Spirit Companies Trademark Alert: Check your Trademarks to Ensure they are not “Deceptive” | Hodgson Russ LLP – JDSupra

商標登録insideNews:「門外不出」のブドウで大阪産ワインをブランド化へ 復権狙う地元ワイナリー | SankeiBiz

かつて全国一のブドウ産地だった大阪で“復権”を目指す地元ワイナリーと大阪府が、「大阪産ワイン」のブランド化に向けた連携を進めている。看板となるブドウは同府羽曳野…

情報源: 「門外不出」のブドウで大阪産ワインをブランド化へ 復権狙う地元ワイナリー (1/2ページ) – SankeiBiz(サンケイビズ):自分を磨く経済情報サイト

かつて日本一のブドウ栽培を誇った大阪で、西日本初の公設ワイン研究施設が、地元産ワインの復権へ奮闘している。昨年には、温暖化に負けないブドウの新品種登録を農林水産…

情報源: 大阪ワイン復権へ奮闘! 温暖化に負けないブドウの新品種登録も出願 (1/2ページ) – zakzak:夕刊フジ公式サイト

このたび、ラボを活用した研究成果として、府内ワイナリーで育成した醸造用ぶどうの新品種「大阪R N-1(おおさか あーる えぬ-わん)」を、農林水産省に品種登録出願しました。「大阪R N-1」は着色良好なぶどうで、ピノ・ノワールやメルローといった一般的な赤ワイン醸造用ぶどうと異なり、果皮の色が濃く果肉まで暗赤色に着色する上、果実のアントシアニン含量が極めて高いことが特徴です。

情報源: [農林][報道]アントシアニンが豊富で、果肉まで着色するワイン用ぶどう「大阪R N-1」の品種登録を出願 | 大阪府立環境農林水産総合研究所

商標登録insideNews: Disputes over geographical indications of wine trademarks | China Business Law Journal

Foreign geographical indications (GIs) may be granted protection even without a trademark registration in China. GIs are indications that identify a good as originating from a certain region or locality, where a given quality, reputation or other characteristic of the good is essentially attributable to the natural or humanistic features of the place indicated. What if an indication is accredited as a GI in its country of origin – is it sufficient to be granted protection in China without being registered as a trademark? On 10 January 2011, Fujian Longwang Trading filed an application to the Trademark Office for registration of Trademark No. 9037930 “罗曼尼·康帝” (disputed trademark, Chinese transliteration of “Romanee-Conti”) on class 33 goods of “Wine; Whiskey”. The application was approved for registration on 21 January 2012.

情報源: Disputes over geographical indications of wine trademarks

注册号9037930
 无效宣告 实审裁文发文 结束 2019年11月13日

日本国で保護する他の国・地域の地理的表示(GI・酒類) vol. 1 欧州連合(EU)

日本国で保護する欧州連合(EU)の地理的表示(GI) (国税庁のWebsiteより)

 番号 名称 産地の範囲 酒類区分 (参考)翻訳の例
 1 Inländerrumaustria オーストリア共和国 蒸留酒 インレンダールム
 2 Jägertee/Jagertee/Jagateeaustria オーストリア共和国 その他の酒類 イェーガーテー/ヤーガーテー/ヤーガテー
 3 Тракийска низинаbulgaria ブルガリア共和国 ぶどう酒 トラキイスカ・ニズィナ
 4 Дунавска равнинаbulgaria ブルガリア共和国 ぶどう酒 ドゥナフスカ・ラヴニナ
 5 Ζιβανία/Τζιβανία/Ζιβάνα/Zivaniacyprus キプロス共和国 蒸留酒 ジヴァニア/ジヴァニア/ジヴァナ/ジヴァニア
 6 Κουμανδαρίαcyprus キプロス共和国 ぶどう酒 クマンダリア
 7 Budějovické pivoczech チェコ共和国 その他の酒類 ブジェヨヴィツケー・ピヴォ
 8 Budějovický měšťanský varczech チェコ共和国 その他の酒類 ブジェヨヴィツキー・ムニェシュチャンスキー・ヴァル
 9 České pivoczech チェコ共和国 その他の酒類 チェスキー・ピヴォ
 10 Českobudějovické pivoczech チェコ共和国 その他の酒類 チェスコブジェヨヴィツケー・ピヴォ
 11 Bayerisches Biergermany ドイツ連邦共和国 その他の酒類 バイエリッシェス・ビア
 12 Münchener Biergermany ドイツ連邦共和国 その他の酒類 ミュンヘナー・ビア
 13 Korn/Kornbrandgermanyaustriabelgium ドイツ連邦共和国・オーストリア共和国・ベルギー王国 蒸留酒 コルン/コルンブラント
 14 Frankengermany ドイツ連邦共和国 ぶどう酒 フランケン
 15 Mittelrheingermany ドイツ連邦共和国 ぶどう酒 ミッテルライン
 16 Moselgermany ドイツ連邦共和国 ぶどう酒 モーゼル
 17 Rheingaugermany ドイツ連邦共和国 ぶどう酒 ラインガウ
 18 Rheinhessengermany ドイツ連邦共和国 ぶどう酒 ラインヘッセン
 19 Brandy de Jerezspain スペイン 蒸留酒 ブランディ・デ・ヘレス
 20 Pacharán navarrospain スペイン その他の酒類 パチャラン・ナバーロ
 21 Alicantespain スペイン ぶどう酒 アリカンテ
 22 Bierzospain スペイン ぶどう酒 ビエルソ
 23 Cataluñaspain スペイン ぶどう酒 カタルーニャ
 24 Cavaspain スペイン ぶどう酒 カバ
 25 Empordàspain スペイン ぶどう酒 エンポルダー
 26 Jerez/Xérès/Sherryspain スペイン ぶどう酒 ヘレス/シェレス/シェリー
 27 Jumillaspain スペイン ぶどう酒 フミージャ
 28 La Manchaspain スペイン ぶどう酒 ラ・マンチャ
 29 Málagaspain スペイン ぶどう酒 マラガ
 30 Manzanilla-Sanlúcar de Barramedaspain スペイン ぶどう酒 マンサニージャ・サンルーカル・デ・バラメーダ
 31 Navarraspain スペイン ぶどう酒 ナバーラ
 32 Penedèsspain スペイン ぶどう酒 ペネデス
 33 Prioratspain スペイン ぶどう酒 プリウラット
 34 Rías Baixasspain スペイン ぶどう酒 リアス・バイシャス
 35 Ribera del Duerospain スペイン ぶどう酒 リベラ・デル・ドゥエロ
 36 Riojaspain スペイン ぶどう酒 リオハ
 37 Ruedaspain スペイン ぶどう酒 ルエダ
 38 Somontanospain スペイン ぶどう酒 ソモンターノ
 39 Torospain スペイン ぶどう酒 トロ
 40 Utiel-Requenaspain スペイン ぶどう酒 ウティエル・レケーナ
 41 Valdepeñasspain スペイン ぶどう酒 バルデペーニャス
 42 Valenciaspain スペイン ぶどう酒 バレンシア
 43 Suomalainen Marjalikööri/ Suomalainen Hedelmälikööri/  Finsk Bärlikör/ Finsk Fruktlikör/ Finnish berry liqueur/ Finnish fruit liqueurfinland フィンランド共和国 その他の酒類 スオマライネン・マルヤリコーリ/ スオマライネン・ヘデルマリコーリ/ フィンスク・バールリコール/ フィンスク・フルクトリコール/ フィニッシュ・ベリー・リキュール/ フィニッシュ・フルーツ・リキュール
 44 Suomalainen Vodka/ Finsk Vodka/ Vodka of Finlandfinland フィンランド共和国 蒸留酒・その他の酒類 スオマライネン・ヴォトゥカ/ フィンスク・ヴォトゥカ/ ウォッカ・オブ・フィンランド
 45 Armagnacfrance フランス共和国 蒸留酒 アルマニャック
 46 Calvadosfrance フランス共和国 蒸留酒 カルバドス
 47 Cognac/  Eau-de-vie de Cognac/ Eau-de-vie des Charentesfrance フランス共和国 蒸留酒 コニャック/ オドゥビィ・ドゥ・コニャック/ オドゥビィ・デ・シャラントゥ
 48 Rhum de la Martiniquefrance フランス共和国 蒸留酒 ラム・ドゥ・ラ・マルティニック
 49 Alsace/Vin d’Alsacefrance フランス共和国 ぶどう酒 アルザス/ヴァン・ダルザス
 50 Beaujolaisfrance フランス共和国 ぶどう酒 ボジョレー
 51 Bergeracfrance フランス共和国 ぶどう酒 ベルジュラック
 52 Bordeauxfrance フランス共和国 ぶどう酒 ボルドー
 53 Bourgognefrance フランス共和国 ぶどう酒 ブルゴーニュ
 54 Chablisfrance フランス共和国 ぶどう酒 シャブリ
 55 Champagnefrance フランス共和国 ぶどう酒 シャンパーニュ
 56 Châteauneuf-du-Papefrance フランス共和国 ぶどう酒 シャトーヌフ・デュ・パップ
 57 Corbièresfrance フランス共和国 ぶどう酒 コールビエール
 58 Coteaux du Languedoc / Languedocfrance フランス共和国 ぶどう酒 コトー・デュ・ラングドック/ラングドック
 59 Côtes de Provencefrance フランス共和国 ぶどう酒 コート・ドゥ・プロヴァンス
 60 Côtes du Rhônefrance フランス共和国 ぶどう酒 コート・デュ・ローヌ
 61 Côtes du Roussillonfrance フランス共和国 ぶどう酒 コート・デュ・ルシヨン
 62 Gravesfrance フランス共和国 ぶどう酒 グラーブ
 63 Haut-Médocfrance フランス共和国 ぶどう酒 オーメドック
 64 Margauxfrance フランス共和国 ぶどう酒 マルゴー
 65 Médocfrance フランス共和国 ぶどう酒 メドック
 66 Minervoisfrance フランス共和国 ぶどう酒 ミネルヴォア
 67 Pauillacfrance フランス共和国 ぶどう酒 ポイヤック
 68 Pays d’Ocfrance フランス共和国 ぶどう酒 ペイドック
 69 Pessac-Léognanfrance フランス共和国 ぶどう酒 ペサック・レオニャン
 70 Pomerolfrance フランス共和国 ぶどう酒 ポムロール
 71 Saint-Emilionfrance フランス共和国 ぶどう酒 サンテミリオン
 72 Saint-Julienfrance フランス共和国 ぶどう酒 サンジュリアン
 73 Sancerrefrance フランス共和国 ぶどう酒 サンセール
 74 Saumurfrance フランス共和国 ぶどう酒 ソミュール
 75 Sauternesfrance フランス共和国 ぶどう酒 ソーテルヌ
 76 Val de Loirefrance フランス共和国 ぶどう酒 ヴァル・ドゥ・ロワール
 77 Ρετσίνα Αττικήςgreece ギリシャ共和国 ぶどう酒 レツィーナ・アティキス
 78 Σάμοςgreece ギリシャ共和国 ぶどう酒 サモス
 79 Békési Szilvapálinkahungary ハンガリー 蒸留酒 ベーケーシ・シルヴァパーリンカ
 80 Gönci Barackpálinkahungary ハンガリー 蒸留酒 グンツィ・バラツクパーリンカ
 81 Kecskeméti Barackpálinkahungary ハンガリー 蒸留酒 ケチケメーティ・バラツクパーリンカ
 82 Szabolcsi Almapálinkahungary ハンガリー 蒸留酒 サボルチ・アルマパーリンカ
 83 Szatmári Szilvapálinkahungary ハンガリー 蒸留酒 サトマーリ・シルヴァパーリンカ
 84 Törkölypálinkahungary ハンガリー 蒸留酒 トゥルクゥイパーリンカ
 85 Újfehértói meggypálinkahungary ハンガリー 蒸留酒 ウーイフェヘールトーイ・メッジパーリンカ
 86 Tokaj/Tokajihungary ハンガリー ぶどう酒 トカイ/トカイ
 87 Irish Creamireland アイルランド その他の酒類 アイリッシュ・クリーム
 88 Irish Whiskey/ Uisce Beatha Eireannach/ Irish Whiskyireland アイルランド 蒸留酒 アイリッシュ・ウィスキー/ イシュケ・バハー・エールナック/ アイリッシュ・ウィスキー
 89 Grappaitaly イタリア共和国 蒸留酒・その他の酒類 グラッパ
 90 Astiitaly イタリア共和国 ぶどう酒 アスティ
 91 Barbarescoitaly イタリア共和国 ぶどう酒 バルバレスコ
 92 Bardolinoitaly イタリア共和国 ぶどう酒 バルドリーノ
 93 Bardolino Superioreitaly イタリア共和国 ぶどう酒 バルドリーノ・スペリオーレ
 94 Baroloitaly イタリア共和国 ぶどう酒 バローロ
 95 Bolgheri/Bolgheri Sassicaiaitaly イタリア共和国 ぶどう酒 ボルゲリ/ボルゲリ・サッシカイア
 96 Brachetto d’Acqui / Acquiitaly イタリア共和国 ぶどう酒 ブラケット・ダクイ/アクイ
 97 Brunello di Montalcinoitaly イタリア共和国 ぶどう酒 ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ
 98 Campaniaitaly イタリア共和国 ぶどう酒 カンパーニア
 99 Chiantiitaly イタリア共和国 ぶどう酒 キアンティ
 100 Chianti Classicoitaly イタリア共和国 ぶどう酒 キアンティ・クラシコ
 101 Conegliano – Prosecco/ Conegliano Valdobbiadene – Prosecco/ Valdobbiadene – Proseccoitaly イタリア共和国 ぶどう酒 コネリアーノ・プロセッコ/ コネリアーノ・ヴァルドビアデーネ・プロセッコ/ ヴァルドビアデーネ・プロセッコ
 102 Dolcetto d’Albaitaly イタリア共和国 ぶどう酒 ドルチェット・ダルバ
 103 Franciacortaitaly イタリア共和国 ぶどう酒 フランチャコルタ
 104 Lambrusco di Sorbaraitaly イタリア共和国 ぶどう酒 ランブルスコ・ディ・ソルバーラ
 105 Lambrusco Grasparossa di Castelvetroitaly イタリア共和国 ぶどう酒 ランブルスコ・グラスパロッサ・ディ・カステルヴェトロ
 106 Marsalaitaly イタリア共和国 ぶどう酒 マルサーラ
 107 Montepulciano d’Abruzzoitaly イタリア共和国 ぶどう酒 モンテプルチャーノ・ダブルッツォ
 108 Proseccoitaly イタリア共和国 ぶどう酒 プロセッコ
 109 Siciliaitaly イタリア共和国 ぶどう酒 シチリア
 110 Soaveitaly イタリア共和国 ぶどう酒 ソアーヴェ
 111 Toscana/Toscanoitaly イタリア共和国 ぶどう酒 トスカーナ/トスカーノ
 112 Valpolicellaitaly イタリア共和国 ぶどう酒 ヴァルポリチェッラ
 113 Vernaccia di San Gimignanoitaly イタリア共和国 ぶどう酒 ヴェルナッチャ・ディ・サン・ジミニャーノ
 114 Vino Nobile di Montepulcianoitaly イタリア共和国 ぶどう酒 ヴィーノ・ノビレ・ディ・モンテプルチャーノ
 115 Originali lietuviška degtinė/ Original Lithuanian vodka リトアニア共和国 蒸留酒・その他の酒類 オリギナリ・リエトゥヴィシュカ・デクティネ/ オリジナル・リトゥアニアン・ヴォトカ
 116 Genièvre/Jenever/Genevernetherlandsbelgiumgermanyfrance オランダ王国・ベルギー王国・ドイツ連邦共和国・フランス共和国 蒸留酒・その他の酒類 ジェニエーヴル/ユネーフェル/ジュネフェル
 117 Polska Wódka/Polish vodka ポーランド共和国 蒸留酒・その他の酒類 ポルスカ・ヴトゥカ/ポーリッシュ・ヴォトカ
 118 Herbal vodka from the North Podlasie Lowland aromatised with an extract of bison grass/ Wódka ziołowa z Niziny Północnopodlaskiej aromatyzowana ekstraktem z trawy żubrowej ポーランド共和国 蒸留酒・その他の酒類 ハーバル・ヴォトカ・フロム・ザ・ノース・ポドラシエ・ロウランド・アロマタイズド・ウィズ・アン・エクストラクト・オブ・バイソン・グラス/ ヴトゥカ・ジョウォーヴァ・ズ・ニジニ・プウノツノポダラスキエイ・アロマティゾヴァナ・エクストラクテム・ズ・トラヴィ・ジュブロヴェイ
 119 Alentejoportugal ポルトガル共和国 ぶどう酒 アレンテージョ
 120 Bairradaportugal ポルトガル共和国 ぶどう酒 バイラーダ
 121 Dãoportugal ポルトガル共和国 ぶどう酒 ダン
 122 Douroportugal ポルトガル共和国 ぶどう酒 ドウロ
 123 Lisboaportugal ポルトガル共和国 ぶどう酒 リスボア
 124 Madeira /Vinho da Madeira /Vin de Madère /Madère /Madera /Madeira Wijn /Vino di Madera /Madeira Wein /Madeira Wineportugal ポルトガル共和国 ぶどう酒 マデイラ/ヴィーニョ・ダ・マデイラ/ヴァン・ドゥ・マデール/マデール/マデーラ/マデイラ・ウェイン/ヴィーノ・ディ・マデーラ/マデイラ・ヴァイン/マデイラ・ワイン
 125 Oporto/ Port/ Port Wine/ Porto/ Portvin/ Portwein/ Portwijn/ vin de Porto/ vinho do Portoportugal ポルトガル共和国 ぶどう酒 オーポルト/ポート/ポート・ワイン/ポルト/ポートヴィン/ポルトヴァイン/ポルトウェイン/ヴァン・ドゥ・ポルト/ヴィーニョ・ド・ポルト
 126 Tejoportugal ポルトガル共和国 ぶどう酒 テージョ
 127 Vinho Verdeportugal ポルトガル共和国 ぶどう酒 ヴィーニョ・ヴェルデ
 128 Coteştiromania ルーマニア ぶどう酒 コテシティ
 129 Cotnariromania ルーマニア ぶどう酒 コトナリ
 130 Dealu Mareromania ルーマニア ぶどう酒 デアル・マーレ
 131 Murfatlarromania ルーマニア ぶどう酒 ムルファトラール
 132 Odobeştiromania ルーマニア ぶどう酒 オドベシュティ
 133 Panciuromania ルーマニア ぶどう酒 パンチウ
 134 Recaşromania ルーマニア ぶどう酒 レカシュ
 135 Svensk Vodka/Swedish Vodkasweden スウェーデン王国 蒸留酒・その他の酒類 スヴェンスク・ヴォトカ/スウェディッシュ・ヴォトカ
 136 Vipavska dolina スロベニア共和国 ぶどう酒 ヴィパウスカ・ドリナ
 137 Vinohradnícka oblasť Tokajslovakia スロバキア共和国 ぶどう酒 ヴィノフラドニーツカ・オブラスティ・トカイ
 138 Scotch Whiskyuk 英国 蒸留酒 スコッチ・ウィスキー
 139 Ouzo/Ούζοgreececyprus ギリシャ共和国・キプロス共和国 蒸留酒・その他の酒類 ウゾ/ウーゾ

商標登録insideNews: 成熟する中国のワイン市場 | 地域・分析レポート – ジェトロ

中国のワイン消費量は、2014年以降世界5位を維持しており、所得の増加に伴いワイン市場は今後も拡大するものと思われる。山東省を代表するワインメーカーである張裕をはじめ、国産ワインと輸入ワインの発展状況などについてレポートする。

情報源: 成熟する中国のワイン市場 | 地域・分析レポート – 海外ビジネス情報 – ジェトロ

张裕母品牌(英语) CHANGYU ENG

商標登録insideNews: 日本ワイン、30日から表示厳格化 「王国」山梨 思い交錯 最上位品PR/原料不足で非表示も :日本経済新聞

日本で作られるワインの表示ルールが30日から厳しくなる。国産ブドウだけを使い、国内で醸造したものしか「日本ワイン」をうたえなくなる。産地を表示する場合、その地で取れたブドウを85%使う必要がある。ワイン王国、山梨県にとって商機に映るが、単純ではない。問題は原料の生産減。確保が難しいと産地表示を見送る例もある

情報源: 日本ワイン、30日から表示厳格化 「王国」山梨 思い交錯 最上位品PR/原料不足で非表示も :日本経済新聞

商標登録insideNews: 酒類の地理的表示として灘五郷、北海道の指定へ|国税庁

別紙 地理的表示「灘五郷」生産基準 平成30年6月28日指定 1 酒類の産地に主として帰せられる酒類の特性に関する事項 (1)酒類の特性について 灘五郷の清酒は総じて、味わいの要素の調和がとれており、後味の切れの良さを有している。その中でも貯蔵したものは、秋上がりして香味が整いまろやかさを増して飲み飽きしない酒質となる。 また、純米吟醸酒・吟醸酒は、華やかな果実様の香りと幅のある味わいが相まって香味の調和が整うとともに、更に後味の切れの良い酒質となる。

情報源: 別紙 地理的表示「灘五郷」生産基準|国税庁

北海道は、国内の他のぶどう栽培地に比べ、冷涼でぶどうの生育期の積算温度が低い。このため、アメリン&ウィンクラー(カリフォルニア大学デービス校)の分類では、北海道一帯が国内のぶどう生産地としては数少ない、最も冷涼な気候区分「RegionⅠ」に区分される。そのため、ドイツ系品種及びフランス系品種のうちシャルドネ、ピノ・ノワールの栽培適地とされ、とりわけ、欧州系白品種には国内でも最も適した気候とされている。

情報源: 別紙 地理的表示「北海道」生産基準|国税庁

wine

灘五郷は、西郷、御影郷、魚崎郷、西宮郷、今津郷の5つの地域からなる日本を代表する酒どころです。灘五郷酒造組合 果実酒の北海道は特性、品種、製法、酒類の特性を維持するための管理に関する事項が定められています。ワインクラスター北海道は地理的表示「北海道」使用管理事務局として業務実施要領に基づく確認を担当します。

情報源: 国税庁/清酒「灘五郷」、ぶどう酒「北海道」を地域ブランドとして保護(2018.06.28)|流通ニュース

情報源: 国税庁 「灘五郷」「北海道」を地理的表示制度の産地名に指定 : KaikeiZine

酒類の地理的表示として灘五郷を指定する件
第1 名称

灘五郷

(注) 酒類の地理的表示に関する表示基準(平成 27 年 10 月国税庁告示第 19号。以下「表示基準」という。)第9項((地理的表示の保護))の規定に基づき、その翻訳及び「種類」、「型」、「様式」、「模造品」等の表現を伴い使用される場合も保護の対象となる。

第2 産地の範囲

兵庫県神戸市灘区、東灘区、芦屋市、西宮市

第3 酒類区分

清酒

第4 生産基準
1 酒類の産地に主として帰せられる酒類の特性に関する事項
(1) 酒類の特性について
灘五郷の清酒は総じて、味わいの要素の調和がとれており、後味の切れの良さを有している。その中でも貯蔵したものは、秋上がりして香味が整いま
ろやかさを増して飲み飽きしない酒質となる。また、純米吟醸酒・吟醸酒は、華やかな果実様の香りと幅のある味わいが相まって香味の調和が整うとともに、更に後味の切れの良い酒質となる。
(2) 酒類の特性が酒類の産地に主として帰せられることについて
イ 自然的要因
灘五郷は西郷・御影郷・魚崎郷・西宮郷・今津郷の総称であり、北は六甲連峰を背にし、南は大阪湾を望む東西に長い帯状の地域である。(以下、本生産基準において「灘五郷」とは、兵庫県神戸市灘区、東灘区、芦屋市、西宮市とする。)冬季には西からの季節風が明石海峡で収束して山添いに強く吹き抜け、山頂に当たって六甲おろしとなって吹き降りてくる。このような地形は寒造りに極めて適した気候をもたらしている。灘五郷の海辺に迫る山系の急斜面は、東西の 10kmの間に9本の急流を集めていたことから、古くはこの水力を利用した水車精米により、高品質な白米を数多く得ることができたほか、沿岸部に接して船積みの便に恵まれたこともあって、この地域の酒造業を発展させてきた。また、宮水に代表される、この地域の地層を通って湧き出る地下水は、酵母の増殖に必要なクロールやカリウムなどのミネラル分を適度に含み、着色の原因となる鉄分をほとんど含まない、酒造りに適した硬水をもたらす。これを仕込み水として醸造することにより、強く健全な発酵を促し、味わいの要素の調和がとれ、後味の切れの良い酒質が形成されてきた。
ロ 人的要因
灘五郷の清酒の特性は、丹波杜氏の影響を強く受けてきた。丹波杜氏とは、南部杜氏、越後杜氏とともに日本三大杜氏の一つに挙げられる酒造技術者集団であり、勤勉であると同時に、高度な醸造技術によって米の特性を引き出すとともに、灘五郷の気候や水の特性を熟知し、これを活かすことによって味わいの要素の調和がとれ、後味の切れの良さを有した秋上がりのする酒を醸してきた。伝統的な酒造技術を有する杜氏らが活躍する一方で、灘五郷に籍を置く蔵元には大学で発酵学や醸造学を専攻した技術者・研究者が多く在籍し、丹波杜氏の高度な醸造技術について、科学的知見による裏付けを行うとともに、より一層の向上のための技術開発を進めてきた。こうした技術者・研究者が技術交流を行う民間の組織である「灘酒研究会」もまた、灘五郷の蔵元の酒造技術向上及び人材育成に寄与してきた。灘酒研究会は、水部会・米部会・醸造部会・酒質部会・管理部会・編集部会の6部会制を構成して幅広い活動を続けており、「灘酒研究会会報」をはじめ、昭和 44 年には灘の酒造技術を集大成した「灘酒」を、昭和 63 年には「続・灘酒」を発行するなど、酒造技術の周知に努めてきたほか、平成 22 年には酒質審査委員会を発足し、「灘の生一本」の酒質を認定審査している。このような技術者・研究者による研究・技術開発及び灘酒研究会を通した技術交流は、味わいの要素の調和がとれ、後味の切れの良さという灘五郷らしい清酒の特性を護持し、更に磨きをかける上で大きな役割を果たしてきた。更に域内の地下水の流路調査及び水質変化の監視を目的として、灘五郷酒造組合は昭和 28 年に神戸市と合同で灘地区地下水調査会を、昭和 29 年に西宮市と合同で宮水保存調査会を設立し、冬夏の井水定期一斉分析調査を実施しているほか、事業工事などに伴う地下水の影響についての調査研究を通じて、域内の地下水の品質維持だけでなく、灘五郷らしい清酒の特徴を形づくる水質について灘酒研究会と共に研鑽を深めてきた。これらの官民・地域一体となった灘酒研究会に代表されるような人材育成と酒造技術向上の取組みにより、味わいの要素の調和がとれ、後味の切れの良さという灘五郷らしい清酒の特性が時を越えて現代まで脈々と受け継がれ、寒造りの温度条件を再現できる四季醸造設備の導入等により、年間を通じて灘五郷の特性を維持している。
2 酒類の原料及び製法に関する事項
地理的表示「灘五郷」を使用するためには、次の事項を満たしている必要がある。
(1) 原料
イ 米及び米こうじに国内産米(農産物検査法(昭和 26 年法律第 144 号)により3等以上に格付けされたものに限る。)のみを用いたものであるこ
と。
ロ 水に灘五郷内で採水した水のみを用いたものであること。
ハ 酒税法第3条第7号に規定する「清酒」の原料を用いたものであること。ただし、酒税法施行令第2条に規定する清酒の原料のうち、アルコール
(原料中、アルコールの重量が米(こうじ米を含む。)の重量の 100 分の25 を超えない量で用いる場合に限る。)以外は用いることができないも
のとする。
(2) 製法
イ 酒税法第3条第7号に規定する清酒の製造方法により、灘五郷内において製造されたものであること。
ロ 製造工程上、貯蔵する場合は灘五郷内で行うこと。
ハ 消費者に引き渡すことを予定した容器に灘五郷内で詰めること。
3 酒類の特性を維持するための管理に関する事項
地理的表示「灘五郷」を使用するためには、当該使用する酒類を酒類の製造場(酒税法(昭和 28 年法律第6号)第 28 条第6項又は第 28 条の3第4項の規定により酒類の製造免許を受けた製造場とみなされた場所を含む。)から移出(酒税法第 28 条第1項の規定の適用を受けるものを除く。)するまでに、当該使用する酒類が「酒類の産地に主として帰せられる酒類の特性に関する事項」及び「酒類の原料及び製法に関する事項」を満たしていることについて、次の団体(以下「管理機関」という。)により、当該管理機関が作成する業務実施要
領に基づく確認を受ける必要がある。

管理機関の名称:灘五郷酒造協同組合
住所:兵庫県神戸市東灘区御影本町5丁目 10 番 11 号
電話番号:078-841-1101
ウェブサイトアドレス:www.nadagogo.ne.jp/
4 酒類の品目に関する事項
清酒

酒類の地理的表示として北海道を指定する件
第1 名称
北海道

(注) 酒類の地理的表示に関する表示基準(平成 27 年 10 月国税庁告示第 19号。以下「表示基準」という。)第9項((地理的表示の保護))の規定に基づき、その翻訳及び「種類」、「型」、「様式」、「模造品」等の表現を伴い使用される場合も保護の対象となる。

第2 産地の範囲
北海道

第3 酒類区分
ぶどう酒

第4 生産基準
1 酒類の産地に主として帰せられる酒類の特性
(1)酒類の特性について
イ 官能的要素
白ワインは、色合いは、一般的に透明に近いものから淡黄色を有している。香りは、豊かで、華やかな花や青リンゴや柑橘系の果実の香り(アロマ)を有している。味わいは、豊かな酸味を有し、辛口のものではその酸味が鮮明に感じられ、甘口のものでは酸味と甘味の調和が取れ、いずれも
フルーティで軽快である。赤ワインは、色合いは、一般的に薄めの鮮紅色からやや濃い赤紫色を有している。香りは、スパイスや果実の香り(アロマ)を有しているもののほか、軽快な熟成香(ブーケ)を有しているものがある。味わいは、中程度もしくは軽めであり、はっきりとした酸味と穏やかな渋味を有し、長期熟成した場合でも果実味が感じられる。
ロゼワインは、色合いは、一般的に紫系からオレンジ系の色合いを有している。香りは、豊かな果実の香り(アロマ)を有している。味わいは、甘口のものでは原料ぶどうを連想させる程良い甘味と酸味のバランスが良く、辛口のものではその酸味が鮮明に感じられ、いずれもフルーティで爽
やかである。
ロ 化学的要素
北海道のワインは、アルコール分、総亜硫酸値、揮発酸値及び総酸値が次の要件を満たすものをいい、発泡性を有するものも含む。
(イ)アルコール分は 14.5%以下。
(ロ)総亜硫酸値は 350mg/kg 以下。
(ハ)揮発酸値は 1.5g/L 以下。
(ニ)原則として補酸することなく、果汁糖度 21%未満のぶどうを原料とした場合には、総酸値が白ワイン及びロゼワインで 5.8g/L 以上(酒石酸換算、以下同じ。)、赤ワインで 5.2g/L 以上、果汁糖度 21%以上のぶどうを原料とした場合には、総酸値が白ワイン及びロゼワインで 5.4g/L 以上、赤ワインで 4.8g/L 以上であるものをいう。
(2)酒類の特性が酒類の産地に主として帰せられることについて
イ 自然的要因
北海道は、国内の他のぶどう栽培地に比べ、冷涼でぶどうの生育期の積算温度が低い。このため、アメリン&ウィンクラー(カルフォルニア大学デービス校)の分類では、北海道一帯が国内のぶどう生産地としては数少ない、最も冷涼な気候区分「RegionⅠ」に区分される。そのため、ドイツ系品種及びフランス系品種のうちシャルドネ、ピノ・ノワールの栽培適地とされ、とりわけ、欧州系白品種には国内でも最も適した気候とされている。北海道のぶどう栽培地(主要な地域は、余市町(後志)、岩見沢市(空知)、富良野市(上川)、池田町(十勝)である)では、4~10 月の日照時間が 1100時間以上と長く、気温の日較差が大きくなるため、糖度の高いぶどうが収穫できる。また、4~10 月の月平均気温が 15℃以下と冷涼であるため、有機酸が豊富に含有するぶどうが収穫できる。なお、国内の他の地域では、このような有機酸が豊富に含有するぶどうを収穫するため、標高の高い場所でぶどう栽培することが多いが、北海道は標高 200m 以下であったとしてもこのようなぶどうが栽培されている。さらに、国内の他のぶどう栽培地に比べ、湿度が低く、4~10 月の降水量が 700mm 以下と少ないため、カビ等を原因とする病気の発生が抑えられ、総じて健全な状態でぶどうを収穫できるという特徴がある。このような自然環境により栽培されたぶどうにより、北海道のワインの特性が形成されている。なお、通年で気温が低いため、自然の状態でも醸造後のワインの貯蔵温度を低めに維持することができ、果実味が製品化まで維持できる。
ロ 人的要因
北海道では、明治8年にアメリカ系ぶどうを札幌に移植し、翌9年には開拓使の開拓殖産業として「札幌葡萄酒製造所」が開設された。最初のワインは地場のヤマブドウにより製造されたが、その後、コンコード等のアメリカ系ぶどうが使用されるようになり、明治 20 年に民間に払い下げられ、大正2年に廃業するまで製造が行われた。その後、産業としてのワイン製造は中断していたが、昭和 40 年頃より、寒冷地に適したヴィニフェラ種の品種選抜や、ヤマブドウとの交配によるぶどう育種及びワイン醸造方法が模索され始めた。昭和 59 年に道産ワイン懇談会が設立されると、製造者間の情報交換が活発になり、ぶどうの栽培及びワイン醸造方法は飛躍的に発展していった。北海道のワインの製造は、ぶどう栽培の発展と深い関わりを持っている。広大な面積を有し、大規模生産が可能な北海道では、ワイン用ぶどうは垣根栽培を主としてきたが、冬期間の寒さが厳しく、降雪量の多い地域もあることから、栽培方法に独自の工夫を行ってきた。例えば、豪雪地帯(後志、空知など)では、雪害による枝折れを防止するとともにぶどう樹が雪に埋まることで外気から遮断される保温効果によりぶどう樹の凍結を防ぐことが可能なため、主としてぶどう樹を斜めに仕立てた片側水平コルドンを採用している。また、降雪量が少なく厳寒となる地帯(十勝など)では、凍結を防止するため、冬期間ぶどう樹を土中埋没し、越冬させることもある。このような、北海道の自然環境に対応するぶどう栽培方法についても、ワイン製造業者による独自努力の他、道産ワイン懇談会による活動により確立してきたと言える。この他、北海道の自然環境に適応したヤマブドウ種やハイブリッド種といったぶどう栽培方法に限定されない耐寒性品種の開発も積極的に行っている。また、有機酸が豊富に含有するぶどうを原料とすることから、官能的に酸味を増す目的での補酸は行わず、色調の安定化、亜硫酸調整等の目的で pH調整が必要になる場合にとどめるという製法を採用してきた。

2 酒類の原料・製法に関する事項
地理的表示「北海道」を使用するためには、次の事項を満たしている必要がある。
(1)原料
イ 果実に北海道で収穫されたぶどう(次に掲げる品種に限る。)のみを用いたものであること。ヴィニフェラ種(ミュラー・トゥルガウ、ケルナー、バッカス、ペルレ、ゲヴュルツトラミナー、リースリング、モリオ・マスカット、ジーガレーベ、ザラジュンジェ、イルサイ・オリベル、シャルドネ、ソービニヨン・ブラン、ピノ・ブラン(ヴァイスブルグンダー)、ピノ・グリ、ミュスカ(マスカット・オットネル)、オクセロア、ムスカテラー、ツバイゲルト、レンベルガー、トロリンガー、ロンド、ドルンフェルダー、レゲント、ピノ・ノワール(シュペートブルグンダー)、メルロー、カベルネ・ソービニヨン、アルモ・ノワール、カベルネ・フラン、カベルネ・クービン、カベルネ・ミトス、カベルネ・ドルサ、アコロン、パラス)、ラブラスカ種(ナイヤガラ、ポートランド、デラウェア、旅路、キャンベル・アーリー、ニューヨーク・マスカット、コンコード、レッド・ナイアガラ)、ヤマブドウ種(マスカット・ハンブルグ・アムレンシス(北醇)、岩松5号、ヒマラヤ、アムレンシス、コワニティ)、ハイブリッド種(セイベル 9110、セイベル 5279、セイベル 10076、セイベル 13053、清見、ふらの2号、清舞、山幸、清見とアムレンシスのハイブリッド、ヤマソービニヨン、山フレドニア)
ロ 酒税法第3条第 13 号に規定する「果実酒」の原料を用いたものであること。ただし、同法第3条第 13 号ニに規定する香味料は、ぶどうの果汁又はぶどうの濃縮果汁(いずれも北海道で収穫されたぶどうのみを原料としたものに限る。)に限り用いることができる。
ハ 果汁糖度が、ヴィニフェラ種は 16.0%以上、ラブラスカ種は 13.0%以上、ヤマブドウ種及びハイブリッド種は15.0%以上であるぶどうを用いたこと。ただし、ぶどう栽培期間の天候が不順であった場合には、当該ぶどう栽培期間を含む暦年内に収穫されたぶどうに限り、それぞれの必要果汁糖度を1.0%下げることができる。
ニ 原則として水、アルコール及びスピリッツを使用していないこと。ブランデーについては、他の容器に移し替えることなく移出することを予定した容器内で発酵させたものに、発酵後、当該容器に加える場合に限り使用すること。
(2)製法
イ 酒税法第3条第 13 号に規定する「果実酒」の製造方法により北海道内において製造されたものであり、「果実酒等の製法品質表示基準(平成 27 年10 月国税庁告示第 18 号)」第1項第3号に規定する「日本ワイン」であること。
ロ 酒税法第3条第 13 号ロ、ハ又はニに規定する製造方法により、糖類を加える場合には、その加えた糖類の重量の合計が、果実に含まれる糖類の重量以下であること。
ハ 酒税法第3条第 13 号ニに規定する香味料(以下単に「香味料」という。)を加える場合は、当該加える香味料に含有される糖類の重量が当該香味料を加えた後の果実酒の重量の 100 分の 10 を越えないこと。
ニ 補酸する前の果汁の総酸値が 7.5g/L 未満である場合の補酸は、官能的に酸味を増す目的とみなし認めない。ただし、果汁糖度が 21%以上であり、かつ、補酸する前の果汁の総酸値が 7.5g/L 以上の場合に限り、色調の安定化、亜硫酸調整等の品質保全の目的で pH 調整を行う必要最小限の補酸として 1.0g/L まで認める。
ホ 除酸剤については、総酸値を 2.0g/L 低減させるまで加えることができること。
ヘ 製造工程上、貯蔵する場合は北海道内で行うこと。
ト 消費者に引き渡すことを予定した容器に北海道内で詰めること。
3 酒類の特性を維持するための管理に関する事項
(1)地理的表示「北海道」を使用するためには、当該使用する酒類を酒類の製造場(酒税法(昭和 28 年法律第6号)第 28 条第6項又は第 28 条の3第4項の規定により酒類の製造免許を受けた製造場とみなされた場所を含む。)から移出(酒税法第 28 条第1項の規定の適用を受けるものを除く。)するまでに、当該使用する酒類が「酒類の産地に主として帰せられる酒類の特性に関する事項」及び「酒類の原料及び製法に関する事項」を満たしていることについて、次の団体(以下「管理機関」という。)により、当該管理機関が作成する業務実施要領に基づく確認を受ける必要がある。
管理機関の名称:地理的表示「北海道」使用管理委員会
住所:北海道小樽市色内1丁目1番 12 号 小樽運河ターミナル
NPO法人ワインクラスター北海道内
電話番号:0134-64-5581
※ 同管理委員会に対しては、道産ワイン懇談会が蓄積している知見を提供するなど、継続的なサポートを行う。
(2)管理機関は、業務実施要領に基づき、ぶどう栽培期間の天候が不順であったと認める場合には、直ちにその旨を公表する。
4 酒類の品目に関する事項
果実酒

商標登録insideNews: 清酒「灘五郷」、ぶどう酒「北海道」地理的表示指定に関するパブコメ募集開始/国税庁|食品産業新聞社ニュースWEB

国税庁は24日から5月28日まで「酒類の地理的表示として灘五郷を指定する件(案)」と「同北海道を指定する件(案)」に対する意見募集を実施する。

情報源: 清酒「灘五郷」、ぶどう酒「北海道」地理的表示指定に関するパブコメ募集開始/国税庁|食品産業新聞社ニュースWEB

商標登録insideNews: 「河内」「柏原」ワイン、消滅の危機-新ルール「地域産ぶどう使用85%以上」中小ワイナリー直撃、“ぶどう争奪戦”も – 産経WEST

今年10月から始まるワインの地名表示の新基準をめぐり、全国の中小ワイン事業者が消滅の危機を迎えているという。これまでは海外や他地域からのぶどうをまぜても「地元産…

情報源: 「河内」「柏原」ワイン、消滅の危機-新ルール「地域産ぶどう使用85%以上」中小ワイナリー直撃、“ぶどう争奪戦”も(1/4ページ) – 産経WEST

ワインで地名を表示できる場合(国税庁のサイト(pdf)より)

  1. ワインの産地名(「東京ワイン」、「東京」 等)の表示⇒地名が示す範囲内にぶどう収穫地(85%以上使用)と醸造地がある場合
  2. ぶどうの収穫地名(「東京産ぶどう使用」 等)の表示⇒地名が示す範囲内にぶどう収穫地(85%以上使用)がある場合
  3. 醸造地名(「東京醸造ワイン」 等)の表示⇒地名が示す範囲に醸造地がある場合(併せて「東京は原料として使用したぶどうの収穫地ではありません」等の表示が必要)

「国産ワイン」輸入原料はNG?表示基準で新ルールへ(15/06/11)、0:52