ベトナム商標制度

制度概要

ベトナムは東南アジアに位置する社会主義共和制の国家であり、ハノイを首都とします。商標権の存続期間は出願から10年です。商標登録出願は、ベトナム国家知的財産庁(National Office of Intellectual Property of Vietnam: NOIP)に対して行います。

vietnam00

特異な制度

1)指定商品/役務のオフィシャルフィー加算(7個以上)
ベトナムでは、指定商品や指定役務は6つまでは基本料金で出願可能ですが、7指定商品以降は、別途指定商品数に応じてオフィシャルフィーが加算されます。

2)カタカナ、ひらがな、漢字は原則として商標登録が出来ない
ベトナムでは商品取引において、読み書きが可能な公用語であるベトナム語や、世界で広く使用されている英語が主となっております。この関係から、ベトナムでの取引において通常使用されない以下の言語は、ベトナムにおいて広く周知となっていない限り登録が出来ません。

カタカナ、ひらがな、漢字、ハングル、中国簡体字等。

従って、上記言語で構成されている商標について登録を得るためには、例えばベトナム語や英語と併記をして出願をするか、周知性を獲得している場合にはその立証が必要となります。この場合、商標登録された際には、不使用取消審判で消滅することを防ぐため、登録商標と同じく併記した状態で商標の使用をすることが肝要です。

ベトナム語での「商標

drawit-diagram-2

マドプロには加盟していますか?

ベトナムはマドプロに加盟しております。従って、日本国において登録がある場合にはマドプロで申請をすることが可能です。

ベトナム政府機関費用のページ