商標登録insideNews: 農産物のブランド品種 海外での無断栽培防ぐ組織設立へ | NHK

ブランド品種 海外保護組織設立へ

国内で開発された農産物のブランド品種が海外で無断で栽培されるケースが相次ぐ中、農林水産省は、こうした栽培を防ぐための対応などを一元的に行う組織を国の研究機関である農研機構や都道府県などと連携して設立することになりました。

情報源: 農産物のブランド品種 海外での無断栽培防ぐ組織設立へ | NHKブランド品種 海外保護組織設立へ

農林水産省は2日、農産物のブランド品種の海外流出防止をめざす検討会がまとめた提言書を公表した。研究機関や企業などが保有する品種の知的財産を保護する新機関の設置に向け、2023年度に農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)が持つ一部の品種の海外登録を始める。3年以内の新設を検討する。農水省は農産物の知財を管理する組織の創設に向け、5月に

情報源: 農産物の知財管理、新組織を3年以内に 農水省が検討: 日本経済新聞external site icon2

商標登録insideNews:「改正種苗法」施行 2021年4月10日から 海外へ持ち出し禁止品種を公表 農水省 | NHKニュース
商標登録insideNews: シャインマスカット、許諾料逸失100億円 中国で栽培拡大 農水省試算 |日本農業新聞

ブランド品種 海外保護組織設立へ

Amid a series of cases in which branded varieties of agricultural products developed in Japan are cultivated overseas without permission, the Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries will set up an organization that centrally handles measures to prevent such cultivation, etc. It was decided to establish it in cooperation with the organization and prefectures.

83 / 100