商標登録insideNews: 香りと手触りを商標申請=米国でカップ酒-菊正宗:時事ドットコム

時事ドットコム 菊正宗酒造(神戸市)は27日、日本酒の「カップ酒」の香りと瓶の手触りなどを米国で商標として登録申請したと発表した。カップ酒の輸出を始めるに当たり、香りなどを商標として保護する米国の制度を活用する。

情報源: 香りと手触りを商標申請=米国でカップ酒-菊正宗:時事ドットコム

写真を見ると、アルミ缶のようなイメージですが、香りと手触りに識別性があるということらしいので、違う素材なのでしょう。また、酒の香りに識別性ありということをを米国審査官に説明するのは、ひと苦労とは思います。

[TMEP 1202.13] Scent. The scent of a product may be registrable if it is used in a nonfunctional manner. See In re Clarke, 17 USPQ2d 1238, 1239-40 (TTAB 1990); In re Pohl-Boskamp GmbH & Co., 106 USPQ2d 1042, 1052 (TTAB 2013) (finding that peppermint scent mark for “pharmaceutical formulations of nitroglycerin” failed to function as a mark and noting the insufficiency of applicant’s evidence of acquired distinctiveness in light of evidence that the use of peppermint scent by others in the relevant marketplace (i.e., pharmaceuticals) tends to show that such scents are more likely to be perceived as attributes of ingestible products than as indicators of source)).

関連する投稿

FavoriteLoadingAdd to favorites