商標登録insideNews: グッチVSルイ・ヴィトン 高級ブランドの仁義なき戦い【テレ東経済ニュースアカデミー】|テレ東BIZ

世界の高級ブランドの舞台裏で起きていた家族の壮絶な戦い、ブランド間の熾烈な競争について徹底解説します。高級ブランドのグッチを創業したグッチ家をめぐる壮絶な争いが殺人事件にまで発展する様子を描いた映画「ハウス・オブ・グッチ」が公開されています。また昨年末には、世界最大のブランド複合企業=LVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)をめぐるスキャンダルが欧州では話題となりました。グッチ最大のライバルであり、ルイ・ヴィトンを傘下にもつLVMHが、何と民間人をスパイしていたという疑惑です。

情報源: グッチVSルイ・ヴィトン 高級ブランドの仁義なき戦い【テレ東経済ニュースアカデミー】|テレ東経済ニュースアカデミー|テレ東BIZ(テレビ東京ビジネスオンデマンド)

グッチVSルイ・ヴィトン 高級ブランドの仁義なき戦い【テレ東経済ニュースアカデミー】、40:19

グッチVSルイ・ヴィトン 高級ブランドの仁義なき戦い【テレ東経済ニュースアカデミー】

映画『ハウス・オブ・グッチ』本予告<1月14日(金)全国公開>, 2:18

映画『ハウス・オブ・グッチ』本予告<1月14日(金)全国公開>

商標登録insideNews: Interbrandの2021 Best Global Brands リポートでテスラが競合を追い抜く Interbrand|下野新聞 SOON

【ニューヨーク2021年10月20日PR Newswire=共同通信JBN】*テクノロジー企業が引き続き上位を占める一方、セフォラがランクイン*テスラ(14位)が最も順位を上げ、再ランキング入りした2020年と比べて、ブランド価値を過去最高の184%増加させ、この1年間で最も急成長したブランドに*セフォラ(100位)は2021年唯一の初登場企業。

情報源: Interbrandの2021 Best Global Brandsリポートでテスラが競合を追い抜く Interbrand|共同通信PRワイヤー|下野新聞 SOON(スーン)

https://interbrand.com/best-global-brands/
日本企業は2021年は、トヨタ(07)、本田技研工業(25)、ソニー(41)、日産(59)、任天堂(70)、キヤノン(79)、パナソニック(88)で、自動車3社、電気電子4社というところとなっています。

interbrand2021
Screenshot from interbrand website

商標登録news動画: ブロックチェーンで本物証明 高級ブランド模造品対策 (2021年4月21日)テレ東BIZ

ブロックチェーンで本物証明 高級ブランド模造品対策 (2021年4月21日),0:30

ブロックチェーンで本物証明 高級ブランド模造品対策 (2021年4月21日)

高級ブランドグループ、LVMH=モエヘネシー・ルイ・ヴィトンとカルティエ、プラダは20日、模造品対策としてブロックチェーンを使い商品を「本物」と証明する仕組みづくりを目指して団体を設立したと発表しました。すでにLVMH傘下の「ルイ・ヴィトン」や「ブルガリ」などでは試験的に運用していて、他のブランドにも参加を呼びかけ、業界の統一的な基準作りを目指すということです。

商標登録insideNews: JAPANブランド育成支援事業 (METI/経済産業省関東経済産業局)

本事業は、全国展開や海外展開、インバウンド需要の獲得のために、新商品・サービス開発や販路開拓・ブランディング等の取組を中小企業者等が行う場合や、複数の中小企業者を対象とした全国展開や海外展開、インバウンド需要の獲得のための支援を、中小企業者や地域の支援機関等が行う場合に、その経費の一部を補助することにより、地域中小企業の全国・海外への販路開拓、ブランド確立を図るとともに、地域経済の活性化及び地域中小企業の振興に寄与することを目的としています。

情報源: JAPANブランド育成支援事業 (METI/経済産業省関東経済産業局)

続きを読む“商標登録insideNews: JAPANブランド育成支援事業 (METI/経済産業省関東経済産業局)”

商標登録insideNews: 令和2年度 技術・ブランド・知的財産ビジネスプランコンテスト | 日本弁理士会

コンテストの概要技術・ブランド・デザインなどの知的財産を用いた、新たな萌芽的ビジネスプランを発掘・表彰します。さらに、表彰を受けた案件に対しては、弁理士等によるフォローアップを行い、ビジネスプランを育成します。賞の種類日本弁理士会会長賞 … 賞状及び副賞 賞金50万円 (1者)日本弁理士会特別賞 … 賞状及び副賞 賞金20万円 (1者)日本弁理士会奨励賞 … 賞状及び副賞 賞金10万円 (1者)その他(若干) <受賞者特典>知的財産権取得のための申請(出願)費用の一部補助弁理士等による知的財産経営コンサルティング等のフォローアップ

情報源: 令和2年度 技術・ブランド・知的財産ビジネスプランコンテスト | 日本弁理士会

商標登録insideNews: 日本発のブランド価値ランキング「Best Japan Brands 2020」トップ100、1位は「TOYOTA」 | Web担当者Forum

インターブランドジャパンは、日本発のブランドを対象としたブランド価値ランキング「Best Japan Brands 2020」を発表した。独自のブランド価値評価手法「Brand Valuation」を用いて、ブランドの持つ価値を金額換算している。今年で12回目。

情報源: 日本発のブランド価値ランキング「Best Japan Brands 2020」トップ100、1位は「TOYOTA」【IBJ調べ】 | Web担当者Forum

情報源: ブランドランキング – Japan’s Best Brands 2020 – インターブランドジャパン

商標登録insideNews: Holden brand killed off in Australia by General Motors – CNN

General Motors (GM) is killing off the iconic Holden brand and pulling out of Australia and New Zealand, the latest in a series of moves to shrink the US carmaker’s global presence as it ramps up investments in electric and autonomous vehicles.The company announced Sunday that it would retire the Holden brand, which has existed in Australia for more than 160 years, by 2021. It will also shutter its sales, design and engineering operations in Australia and New Zealand.

情報源: Holden brand killed off in Australia by General Motors – CNN

General Motors axes the Holden brand | ABC News, 2:57

Holden brand retirement announcement reaction | Supercars Trackside, 12:03

商標登録insideNews: インターブランド「Best Global Brands 2019」レポート:時事ドットコム

[株式会社インターブランドジャパン]「ブランド価値」によるグローバル・ブランドランキングTOP100を発表世界最大のブランディング会社インターブランドは、グローバルのブランド価値評価ランキング「Best Global Brands 2019」を発表しました。本ランキングは、グローバルに事業展開を行うブランドを対象に、そのブランドが持つ価値を金額に換算してランキング化するもので、レポートの発表は2000年から今年で20回目となります。・今年で20回目のBest Global Brandsを発表・2…

情報源: インターブランド「Best Global Brands 2019」レポート:時事ドットコム

Best Global Brands 2019
Best Japan Brands 2019