商標登録insideNews: GI登録めぐり生産者対立も 「ブランド保護」置き去り:時事ドットコム

愛知県特産の「西尾の抹茶」が、地域ブランド産品を保護する地理的表示(GI)登録を抹消された。ブランドを守るより、手頃な価格の抹茶を栽培して販売拡大を図りたいとする生産者の判断が優先されたためだ。登録をめぐり生産者同士の争いが起こっているケースもあり、制度を管轄する農林水産省は「ブランドが地域全体の財産だという基本的な考えが置き去りになっている」(幹部)と嘆いている。

情報源: GI登録めぐり生産者対立も 「ブランド保護」置き去り:時事ドットコム

商標登録insideNews: 地理的表示、初の取り下げ 愛知産「西尾の抹茶」―高級特化から転換、安価販売も:時事ドットコム

地理的表示(GI)産品として法的に名称が守られている愛知県のブランド茶「西尾の抹茶」が、2月中にも同産品の登録から外れることが1日、分かった。生産団体は手間のかかる伝統的な製法を続けてブランドを守り、高級路線を維持するより、生産コストを下げて安価で拡販する必要があると判断。近く登録の取り下げを農林水産省に申請する。取り下げは制度開始以来初めて。 GIは地域のブランド農林水産品を保護する制度で、2015年にスタート。「夕張メロン」などが製法や品質の要件とともに登録されている。他の産品との差別化につ…

情報源: 地理的表示、初の取り下げ 愛知産「西尾の抹茶」―高級特化から転換、安価販売も:時事ドットコム

商標登録insideNews: パッケージもそっくり…宇治抹茶の中国産模倣品が海外にも 世界的な抹茶ブームで | 日本食糧新聞電子版

中国で宇治抹茶の模倣品が多く出始め、従来日本が販売していた東南アジアをはじめ、海外でも販売されるようになり大きな実害が出始めている。また中国で「宇治」の商標登録が茶を含む第30類の項目で中国企業によって出願され、宇治茶の使用にも制限が出る事態になりかねないとの懸念も出ており、今後の開拓分野である輸出にも影響が出ることも心配されている。

情報源: パッケージもそっくり…宇治抹茶の中国産模倣品が海外にも 世界的な抹茶ブームで – 日本食糧新聞電子版

「宇治」の地名が中国国内において、中国企業などに茶関係で商標登録・出願されている問題で、京都府と宇治市、府茶協同組合などでつくる訪中団が11月下旬、中国・北京の国家知識産権局商標局を初めて訪れ、宇治茶ブランドの保護を要請した

情報源: 中国で「宇治」商標登録横行 「茶ブランド保護を」京都の訪中団が要請  | 京都新聞