商標登録insideNews:「期間徒過後の救済規定に係るガイドライン」の改訂について | 特許庁

「期間徒過後の救済規定に係るガイドライン」は、特許法、実用新案法、意匠法及び商標法における期間徒過について「正当な理由」があるときの期間徒過後の救済規定に関し、救済要件の内容、当該要件に係る判断の指針及び救済規定の適用を受けるために必要な手続を例示することにより、救済が認められるか否かについて出願人等の予見可能性を確保することを目的として、公表しております。

情報源: 「期間徒過後の救済規定に係るガイドライン」の改訂について | 経済産業省 特許庁

help

期間徒過後の救済規定に係るガイドライン(pdf)

登録名義人の表示変更手続

登録名義人の表示変更の概略 商標権の登録名義人の表示変更は、商標権の登録原簿の記載事項を変更するための手続で、所定の書面を特許庁に提出することで行われます。表示変更の種類としては、住所(居所)変更、名称(氏名)変更、国籍 …