商標登録insideNews: 日本ネーミング大賞2021 9月1日募集開始 | 一般社団法人日本ネーミング協会

日本ネーミング大賞は、ネーミングの重要性を広く社会に発信することで、ネーミングの質と価値の向上を図り、生活文化をゆたかにし、産業の進展に寄与することを目的に賞賛すべき優れたネーミングを選出・表彰するアワードです。

情報源: 日本ネーミング大賞

2回目となる2021年度は、新たな3つの改革が盛り込まれています。
1.カテゴリーの整理—15カテゴリーあった部門を整理し、5部門に集約することで審査の公平性を保ちます。
2.「ルーキー部門/賞」の新設–発売や発表から日が浅く、認知度が低い商品やサービスのためのネーミングに着目します。
3.「地域ソウルブランド部門/賞」の新設 *2021年度は北海道エリアが対象です。

【応募対象】2020年10月1日から2021年9月30日までの間に、日本国内で販売または提供されている「商品名」「サービス名」「社名」等であり、そのネーミングは商標登録されていること。また、一般世人の間に広く知られ、親しまれていること。
【応募費用】ネーミング1件につき5,500円(税込)

アワードの発表は2021年12月2日が予定されています。

naming award

米国特許商標庁 (USPTO) 商標_動画 (embedded) vol.23

1.Final roundtable on the notice of proposed rulemaking on the Trademark Modernization Act, 1:46:04

Final roundtable on the notice of proposed rulemaking on the Trademark Modernization Act

2.Meet the IP Attachés: Unified to Serve, 0:56

Meet the IP Attachés: Unified to Serve

商標登録insideNews: ヤフー、日本の「Yahoo!」商標権取得 1785億円で | 日本経済新聞

Zホールディングス(HD)傘下のヤフーは5日、「Yahoo!(ヤフー)」ブランドをライセンス手数料なしで国内で永久に利用する契約を投資ファンドの米アポロ・グローバル・マネジメントと結んだと発表した。ヤフーは対価として1785億円をアポロに支払う。手数料負担がなくなり、中長期的な企業価値向上につながるという。ヤフーとアポロの契約では、ヤフーが「ヤフー」「ヤフー!ジャパン」の商標権を取得することを

情報源: ヤフー、日本の「Yahoo!」商標権取得 1785億円で: 日本経済新聞

sns