米国特許商標庁(USPTO) 商標_動画 (embedded) vol.14

Invention-Con 2019

商標登録insideNews: Tesla files for CYBRTRK, Cybertruck trademarks in advance of Nov 21 pickup truck reveal – Electrek

The highly-anticipated Tesla pickup truck will be unveiled on November 21, just a week from now. In advance of this unveiling, Tesla has filed for a trademark with some non-standard spelling. It looks like they will be stylizing the name of the truck as: “CYBRTRK.” Update: Tesla has sent out invites to the Cybrtrk event.  Tesla […]

情報源: Tesla files for CYBRTRK, Cybertruck trademarks in advance of Nov 21 pickup truck reveal – Electrek

米国商標 Ser.88682748

Word Mark CYBRTRK
G & S: Land vehicles; electric vehicles; trucks; pick-up trucks; automobiles; and structural parts therefor
Serial Number 88682748
Filing Date November 6, 2019
Owner (APPLICANT) Tesla, Inc. CORPORATION
(From TESS, USPTO)

The Tesla Truck will WIN, 8:03

商標登録insideNews: Booking.com Case Gets Supreme Court Review in Trademark Test – Bloomberg

The U.S. Supreme Court agreed to use a case involving Booking.com to consider whether businesses can get federal trademark protection for website names that center on a commonly used word.

情報源: Booking.com Case Gets Supreme Court Review in Trademark Test – Bloomberg

Booking.com – Be a Booker, 0:16

米国商標実務 最終拒絶理由通知への対応

米国商標のプロセキューションでは、審査官(examining attorney)との意見が合わずに、”This is a final action”と記載された最終拒絶理由(Final Office Action)が出されることもあります。審査官が新たな拒絶理由を第2若しくはそれ以降の拒絶理由通知で提示してきた場合には、先に提示された拒絶理由についても最終とされることはなく、出願の係属が維持されるべきとなっています。もし最終拒絶理由が出された場合では、原則的に次の3つの対応策があり(TEMP §715.01), その通知の発行日(issue date)から6か月の期間内での応答が求められます。

  1. 再検討要求(request for reconsideration)を提出[オフィシャルフィーは現在無料、但し2020.8から400USDに変更予定]
  2. 審判部への審判請求(filing a notice of appeal to TTAB)(see TMEP §§1501–1501.07)[Ex parte appeal, 200 USD per class}
  3. 商標規則2.146に従う長官への請願(petition to the Director)[FC7005: 100 USD]

再検討要求(request for reconsideration)

最終拒絶理由に対する最も簡単な応答は、概ね審査官の意見に賛同する形での再検討要求の提出になります。再検討要求を提出する場合には、TEASの”Request for Reconsideration after Final Action”のページを立ち上げて応答をします。再検討要求を提出する場合には、原則的には全ての拒絶理由を解消する場合に限られます。再検討要求をしながら並行(concurrently)して審判部(TTAB)への審判請求や長官への請願をすることもでき、再検討要求と共に審判請求がなされた場合には、審判部は審判請求を認定し、審判についての答弁書などの提出期限のような手続を停止し、再検討要求による審査のために審査官に出願を差し戻します(TMEP §715.04; TBMP §1204)。再検討要求をしても審判部への審判請求のための期間は延長にはならないとの規定があります。また、再検討要求を提出しても全ての拒絶理由の解消とはならない場合、審判請求をする場合を除いて、出願を放棄するものとなります(37 C.F.R. §2.63(b)(4))。これら以外にも補正より出願の拒絶が解消される場合には、審査官は職権での訂正を認めることもできます(TMEP §715.02)。
もし識別性がないという理由で最終拒絶理由が出された場合に、補助登録への変更することは最終拒絶に対する適切な対応とされています。指定商品や指定役務の記載についての最終拒絶理由が出されている場合には、許容される指定商品や指定役務の記載が示唆されていることが多く、この場合には、示唆される補正を再検討要求の中で行えば拒絶理由を解消して、公告決定を得ることができます。

審判部への審判請求(Ex parte appeals to TTAB)

最終拒絶理由で示された審査官の考え方に反論する場合には、審判部への審判請求の通知を提出します(37 C.F.R. § 2.141)。審判部への審判請求は、最終拒絶理由通知の発行日から6か月の期間内に費用(200USD per class)を伴って請求することができます。期限内に審判請求をすることができなかった場合には、長官への請願により回復させた場合を除き、審判部も救済できないことになっています。出願人は、審判請求の通知の提出の後、60日以内に審判請求書(Appeal Brief)を提出します。複数区分の出願についての審判請求をする場合、もし審判請求費用が全区分の費用よりも少ない場合には、出願人はどの区分についての費用かを述べる必要があります。もし出願人が費用の割り当てについて述べていない場合には、審判部は期限を設けて出願人が残りを全て払うか審判請求にかかる区分を示すかを聞き、期限内に区分の特定ができない場合には、最も小さな番号の区分から審判請求料を充当します。再検討要求をしながら並行(concurrently)して審判部への審判請求もできるため、区分ごとに審判請求で審査の意見に反論しながら、再検討要求で一部の区分の審査官の意見への賛同をして権利化も進めることができます。再検討要求を提出しても全ての拒絶理由の解消とはならない場合、結果として出願を放棄することになるため、出願を維持するために審判請求をすることが必要になる場合もあります。出願人が審判主請求書(applicant’s main appeal brief)が提出された後、審判部は審査官に答弁書(examining attorney’s brief)を提出することになります。審判請求をしながら同時に出願の補正をする場合には、審判請求の通知の提出と共に補正書を提出する必要があります(TBMP §1205)。出願の記録については、審判請求前に終了するものとされ、審判請求の通知の後には証拠の提出はできないものとされています。しかし、審判請求後に、出願人若しくは審査官が証拠を導入したいと望む場合には、その要求を審判部に行って審判を停止させ、出願を審査に差し戻すことができます(filing of a request for suspension of an appeal and remand filed together with a request for reconsideration. USPTO currently proposes a new fee of $400 beginning 2020.8) 。また、審判手続において、以前に挙げられていなかった争点により商標を登録できないと審判部が思う場合、審判部は審判を停止してその争点について審査官に審査させることができます。査定系審判の審決では、審判部は審査官の決定を検討し、それが正しく決定されたかを決定し、その論理について正しいかを決める必要はないとされています。審決についての再審、再検討、変更についての要求は、審決の日から1ヶ月以内に提出する必要があり、審判部は十分な理由があればその期間を延長できます。審決に不服の場合は、連邦巡回控訴裁判所(United States Court of Appeals for the Federal Circuit)に提訴することができます。

長官への請願(petition to the Director)

米国特許商標庁の行政処分によって損害が生じたと思う出願人や当事者は、米国特許商標庁長官に対して請願を行って救済を求めることができます。この請願(petition)制度は、様々な類型のもの(TMEP §1703 Specific Types of Petitions)がありますが、その1つとして最終拒絶理由が出された後の請願(37 C.F.R. §2.63(b)(2))もあります。規則37 C.F.R. §2.63(b)(2)のもとでは、実質的な拒絶理由がなく必須要件の実質は手続的なものであるために、請願が適する場合に、請願が許されるとされています。請願は救済が求められる行政処分の発行日から2か月以内に提出する必要があります。

商標登録insideNews: Under Armour trademark dispute hits family start-up company with Boise ties | ktvb.com

“I understand they have to be aggressive about their brand, but this is overreach,” Leigh Gill, the Shorts’ lawyer, added. “No one is going to be confused.”

情報源: Under Armour trademark dispute hits family start-up company with Boise ties | ktvb.com

情報源: Under Armour Threatens a Small Oregon Business—Because They Can – Blogtown – Portland Mercury

商標登録insideNews: Fee Setting and Adjusting | USPTO

米国特許商標庁(uspto)で米国商標登録の出願料や維持費用についての値上げが検討されています。現段階は未だ意見募集の段階ですが、来年(2020)の3月にFederal Registerでの改定案が出され、7月に Federal Registerに最終案が発表され、来年(2020)の8月には実施予定となっています。現行の電子出願TEAS RFの275USDが350USDに、TEASPlusが225USDが250USDになる予定です。petitionの申請は100USDから250USD、Request for Reconsideration $400(new), Section 8 225USd, Section 15 225USD, Section 71 225USDが予定されています。また、新規な料金として、Audit(TTAB’s pleading)の後に商品や役務を削除する場合には、1つの商品、役務あたり100USDの費用を要することが予定されています。TTABは1区分辺り200USDの値上げを検討しています。

As part of the USPTO’s continued commitment to f

情報源: Fee Setting and Adjusting | USPTO

商標登録insideNews: TEAS login requirement | USPTO

On October 26, 2019, we are changing how customers access the Trademark Electronic Application System (TEAS) and TEASi (international). To access and file forms, you will need to log in to a USPTO.gov account with a two-step authentication.

情報源: TEAS login requirement | USPTO

[コメント]米国商標出願の提出(Initial application forms)、意見書の提出(response forms)は、TEASのシステム内に準備された手順に従って画面上作成し、それをUSPTOに提出する仕組みになっています。10月26日からは、TEASのシステムに入るためには、2段階の認証に基づくログインが必要になるとの改正です。また、ログインしたセッションはセキュリティの見地から30分でタイムアウトになります。ログインに必要なアカウントは、MYUSPTOを利用してセッティングします。出願や補正書は、ログインした状態でのみ提出できますので、ログインせずに不適切な出願などをすることは防止されることになります。

米国商標実務: 使用証明についての変更点(2019年12月21日施行)

電子出願を必須とし、紙やFAXでの提出は受け付けなくなるとするUSPTOのルール改正が12月21日(10月5日に施行予定であったものが変更)に施行されますが、このルール改正と共に、受理される使用見本の要件(requirements for acceptable specimens)に関するルールも改正されます。

先ず、商品若しくは役務についてのウエブサイト(website)による使用見本(例えば、商標を使用している製品の紹介ページのスクリーンショット)では、URLとアクセス若しくは印刷の日を記載することが必須となります。アーティストの描写、プリンターの証明、コンピューターのイラスト、デジタル画像、または商標の表示の仕方についての類似の模造、または§2.51で必要な標章のコピーは、適切な使用見本とはなりません。使用を証明しようとする商標が表示されたラベルやタグは、商品と共に示されることが必要となり、商品と切り離されたタグやラベルの拡大写真は受理できない使用見本となります。包装に商標が表示されている場合には、写真では包装の外観だけはなく、包装の中身がその商品であることを示すことが求められます。使用見本は、恒常的な実際の取引における使用での態様が必要とされ、権利の維持のために準備されたものは受理できないものとなります。商品についての使用では、売り場での特質によるものを要します。

2.56 Specimens
(a) An application under section 1(a) of the Act, an amendment to allege use under § 2.76, a statement of use under § 2.88, an affidavit or declaration of continued use or excusable nonuse under § 2.160, or an affidavit or declaration of use or excusable nonuse under § 7.36 must include one specimen per class showing the mark as actually used in commerce on or in connection with the goods or services identified. When requested by the Office as reasonably necessary to proper examination, additional specimens must be provided.
(b)(1) A trademark specimen must show use of the mark on the goods, on containers or packaging for the goods, on labels or tags affixed to the goods, or on a display associated with the goods. To constitute a display associated with the goods, a specimen must show use of the mark directly associated with the goods and such use must be of a point-of-sale nature. The Office may accept another document related to the goods or the sale of the goods when it is impracticable to place the mark on the goods, packaging for the goods, or displays associated with the goods.

(2) A service mark specimen must show the mark as used in the sale of the services, including use in the performance or rendering of the services, or in the advertising of the services. The specimen must show a direct association between the mark and the services.

(3) A collective trademark or collective service mark specimen must show how a member uses the mark on the member’s goods or in the sale of the services, including use in the performance or rendering of the services, or advertising of the member’s services.

(4) A collective membership mark specimen must show use by members to indicate membership in the collective organization.

(5) A certification mark specimen must show how a person other than the owner uses the mark to reflect certification of regional or other origin, material, mode of manufacture, quality, accuracy, or other characteristics of that person’s goods or services; or that members of a union or other organization performed the work or labor on the goods or services.

(c) A clear and legible photocopy, photograph, web page printout, or other similar type of reproduction of an actual specimen that meets the requirements of paragraphs (a) and (b) of this section is acceptable. The reproduction must show the entire specimen or enough of the specimen that the nature of the specimen, the mark, and the good or service with which the mark is used are identifiable. A web page must include the URL and access or print date. An artist’s rendering, a printer’s proof, a computer illustration, digital image, or similar mockup of how the mark may be displayed, or a photocopy of the drawing required by § 2.51, are not proper specimens.

(d) The specimen must be submitted through TEAS in a file format designated as acceptable by the Office, unless:

(1) The mark consists of a scent, flavor, or similar non-traditional mark type, in which case the specimen may be mailed to the Office, pursuant to § 2.190(a), without resort to the procedures set forth in § 2.147; or

(2) Submission on paper is permitted under § 2.23(c) or is accepted on petition pursuant to § 2.147.

商標登録insideNews: Uber tries to brake Florida salon app’s trademark | New York Post

Carolina Vengoechea, 45, tells The Post that Uber has demanded she give up the name of her beauty salon app, called “BeauBer.” But she has refused, arguing that the name is the combination of her two job titles, beautician and barber — and has nothing to do with the San Francisco-based company.Vengoechea says she has already turned down multiple settlement offers from the $60 billion Uber, which is hell-bent on destroying trademarks that include its name. Unless the company backs down, she said, she will be forced to face them in court next year.

情報源: Uber tries to brake Florida salon app’s trademark

US Serial 87904306

米国下院司法委員会(House Judiciary Committee) vol.1 商標_動画(embedded)

Counterfeits and Cluttering, 2:28:21

Subcommittee on Courts, Intellectual Property, and the Internet | Counterfeits and Cluttering: Emerging Threats to the Integrity of the Trademark System and the Impact on American Consumers and Businesses

INTA Commends United States Congress for Inclusion of Lanham Act in Hearing on Counterfeiting

Statement delivered before the United States House Subcommittee on Courts, Intellectual Property, and the Internet Committe

情報源: Statement of Commissioner for Trademarks Mary Boney Denison before the United States House Subcommittee on Courts, Intellectual Property, and the Internet Committee on the Judiciary | USPTO

商標登録insideNews: Supreme Court to Rule On Two Trademark Litigation Cases Next Term – Maier & Maier

The Supreme Court has granted certiorari to two cases that could have significant impacts on trademark litigation. In Lucky Brands Dungarees, Inc., et al. v. Marcel Fashions, Inc., the Court will address whether new, un-litigated defenses in response to newly asserted claims are permissible with federal preclusion principles. Meanwhile, in Romag Fasteners, Inc. v. Fossil, […]

情報源: Supreme Court to Rule On Two Trademark Litigation Cases Next Term – Maier & Maier – Patent Attorneys

Marcel Fashions Group, Inc. v. Lucky Brand Dungarees, Inc., No. 17-0361 (2d Cir. 2018)

Romag Fasteners, Inc. v. Fossil, Inc.