商標登録insideNews: 双子の名前発表はもうすぐ?「パンダ」の命名事情 | 東洋経済オンライン 

上野動物園で6月23日に生まれた双子のジャイアントパンダが10月1日に100日齢を迎えた。9月28日の体重は、雄も雌も5550gで全く同じ。動ける範囲も広がってきた。歯は9月28日時点で雄が5本、雌が8本生えている。これ…

情報源: 双子の名前発表はもうすぐ?「パンダ」の命名事情 | 雑学 | 東洋経済オンライン | 社会をよくする経済ニュース

商標登録insideNews: カタカナ9文字以内 上野動物園の双子パンダ名前を7日から募集開始 |日刊スポーツ

未来へ明るさを」 双子パンダの名前に込めた思い(2021年10月9日), 1:02

「未来へ明るさを」 双子パンダの名前に込めた思い(2021年10月9日)
シャオシャオ(暁暁)とレイレイ(蕾蕾)に決定。

商標登録insideNews: カタカナ9文字以内 上野動物園の双子パンダ名前を7日から募集開始 |日刊スポーツ

東京都の小池百合子知事は6日の定例会見で、6月23日に誕生した上野動物園の双子のジャイアントパンダについて、名前の募集を始めると発表した。募集期間は8月7日から20日まで。雄、雌それぞれの名前をカタカナ9文字以内で、動物園公式サイト(応募フォームは7日午前9時半にオープン)、または上野動物園内などに設置された応募箱から応募する。多摩動物公園、葛西臨海水族園、井の頭自然文化園、上野恩賜公園管理所、井の頭恩賜公園案内所にも設置。応募は誰でも可能で、1人1回まで。名前の選定は、名前候補選考委員会での検討などを経て決定し、発表される。

情報源: カタカナ9文字以内 上野動物園の双子パンダ名前を7日から募集開始 – 社会 : 日刊スポーツ

名前募集に19万超の応募 上野の双子赤ちゃんパンダ(2021年8月31日), 0:30

商標登録insideNews: 日本ネーミング大賞2021 9月1日募集開始 | 一般社団法人日本ネーミング協会

日本ネーミング大賞は、ネーミングの重要性を広く社会に発信することで、ネーミングの質と価値の向上を図り、生活文化をゆたかにし、産業の進展に寄与することを目的に賞賛すべき優れたネーミングを選出・表彰するアワードです。

情報源: 日本ネーミング大賞

2回目となる2021年度は、新たな3つの改革が盛り込まれています。
1.カテゴリーの整理—15カテゴリーあった部門を整理し、5部門に集約することで審査の公平性を保ちます。
2.「ルーキー部門/賞」の新設–発売や発表から日が浅く、認知度が低い商品やサービスのためのネーミングに着目します。
3.「地域ソウルブランド部門/賞」の新設 *2021年度は北海道エリアが対象です。

【応募対象】2020年10月1日から2021年9月30日までの間に、日本国内で販売または提供されている「商品名」「サービス名」「社名」等であり、そのネーミングは商標登録されていること。また、一般世人の間に広く知られ、親しまれていること。
【応募費用】ネーミング1件につき5,500円(税込)

アワードの発表は2021年12月2日が予定されています。

naming award

商標登録insideNews: 第1回『日本ネーミング大賞』の大賞に「鼻セレブ」 優秀賞に大正14年発売の「救心」も:中日新聞Web

ネーミングに関わる全ての人や企業のための団体「日本ネーミング協会」は2日、今年最も称賛すべき「商品名」「サービス名」「社名」などを選ぶ『日本ネーミング大賞2020』の授賞式を開催。大賞には王子ホールディングス、王子ネピアの「鼻セレブ」が選出された。

情報源: 第1回『日本ネーミング大賞』の大賞に「鼻セレブ」 優秀賞に大正14年発売の「救心」も:中日新聞Web

『日本ネーミング大賞2020』
【最優秀賞(大賞)】鼻セレブ(日用品・雑貨)
【優秀賞(各部門)】ガリガリ君(菓子・アイス・スイーツ)
カップヌードル(食品・調味料・サプリ)
午後の紅茶(飲料)
一番搾り(アルコール)
救心(医薬品系)
NONIO(化粧品・トイレタリー)
ウォシュレット(家電・ゲーム)
PayPay(情報サービス・アプリ)
宅急便(旅行・交通・物流)
東京スカイツリー(不動産・商業施設)
SKYLINE(自動車)
AIRism(アパレル)
MUJI(屋号)
(CIAO)ちゅ~る(その他)

TOTOの登録商標「ウォシュレット」が「日本ネーミング大賞2020」優秀賞を受賞|TOTOのプレスリリース

情報源: TOTOの登録商標「ウォシュレット」が「日本ネーミング大賞2020」優秀賞を受賞|TOTOのプレスリリース

日産自動車は12月2日、一般社団法人日本ネーミング協会が主催する「日本ネーミング大賞2020」において、「スカイライン」が優秀賞を受賞したと発表した。

情報源: 日産の「スカイライン」が「日本ネーミング大賞2020」の優秀賞を受賞!|ハッチバック|Motor-Fan[モーターファン]

爆笑・太田、スピーチ中に光代社長を横目でチラ見/「日本ネーミング大賞2020」授賞式, 4:33

爆笑・太田、スピーチ中に光代社長を横目でチラ見/「日本ネーミング大賞2020」授賞式

商標登録insideNews: 田中義剛、商品のネーミングミスで1億円以上損「発売して10日ぐらいで…」 : スポーツ報知

 タレントの田中義剛(60)が、3日放送のTBS系「坂上&指原のつぶれない店」に出演し、自身が経営をする花畑牧場の商品のネーミングで1億円以上損した失敗談を初告白した。

情報源: 田中義剛、商品のネーミングミスで1億円以上損「発売して10日ぐらいで…」 : スポーツ報知

[コメント]記事の内容は、商標を出願して登録する意味がよくわかる失敗談と思います。”天使”でお菓子分野で文句をつけるのは、推測ですが、もちろん”天使”をブランドとする会社だろうと思われます。

Morinaga Corporate Video、6:16

商標登録insideNews: 消費者にアピール①識別②信用③品質 売れ筋野菜 名前が決め手 | 日本農業新聞

「アメーラ」「インカのめざめ」「のびすぎでんねん」など個性的な名前の野菜が、消費者の高い認知度を背景に需要を伸ばしている。味や特徴を名前に託し、消費者の注目を集め心をつかむ。農産物のブランド戦略で、品種名や商標などのネーミングは欠かせない要素の一つとなってきた。

情報源: 日本農業新聞 – 消費者にアピール①識別②信用③品質 売れ筋野菜 名前が決め手

[コメント]韓国でも農林水産物の商標登録が大きくその数を増やしているというニュースがありました。農産物や水産物のブランド戦略は、欠かせない状況になってきています。

商標登録insideNews: 「巨峰」は正式名称ではなかった!?意外な名前トリビアいろいろ | マイナビニュース

情報源: 「巨峰」は正式名称ではなかった!?意外な名前トリビアいろいろ | マイナビニュース

もともと商標や登録商標であった名称が普通名称化することは商標の希釈化(ダイリュウション又はディリューション:dilution)の1つです。また”普通名称化させる”は英語で”genericize”とも言います。折角、取得した登録商標を希釈させないことも商標の運用上、重要なブランド戦略となります。ちなみに、巨峰事件は大阪地裁 平成13年(ワ)第9153号、うどんすき事件は東京高裁 平成9年(行ケ)第62号、正露丸事件は東京高裁 昭和35年(行ケ)第32号になります。

商標登録insideNews: 世界が仰天した「日本車の変な名前」ワースト7 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

(Forbes JAPANの)筆者は過去約30年間にわたり、日本の自動車業界を中心に執筆活動を行なってきた。日本車の車名にはオデッセイやランドクルーザー、MX-5など、他のどんな言語に訳してもクールな響きを持つものも多い。しかし、なかには「一体なんでこんな名前をつけてし

情報源: 世界が仰天した「日本車の変な名前」ワースト7 名前が男性器の車も | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

この記事に挙げらているものの他に、35年ほど前にトヨタはセリカXX(ダブルエックス)という車を発売しておりましたが、ダブルエックスは映画での度合の強い成人指定を意味することもあり、当時いかがなものかと物議を醸しだしておりました。また、日本で販売されていない車で”VENZA”というトヨタ車もあり、その車を所有するアメリカ人は日本では”トイレットシート(便座)”の意味だと笑っていた例もあります。折角のネーミングも言語が異なれば不適切な言葉なることもあり、そのような事にならないように事前に調べることをネガティブチェック(negative check)と呼んでいます。

商標登録insideNews: 山形県、水稲新品種「山形112号」の 名称募集 平成28年8月31日(水)まで

平成30年(2018年)秋にデビュー(予定)する新食感のお米の名前が募集中となっています。最優秀賞は賞金112000円だそうです。山形の水。山形の大地。山形の四季。「つや姫」を生んだ篤農の国、山形から、しっかりとした粒感、大粒で新食感のお米の誕生です。一粒一粒に、生産者の思いと丹精がこめられています。山形112号ブランド化戦略実施本部事務局のWebsiteより。お米ブランドの商標調査が肝かもですね。

ネーミングのポイント

商標登録を前提とした賢いネーミングについて 一般に、ネーミングとは商品や役務(サービス)に用いる文字の配列を案出することと定義することができ、命名された商品、サービス、商号を商標(マーク:商標法上は”標章”といいます。) …