商標登録insideNews: チキンラーメン横じま、商標登録 パッケージの配色―日清食品 | 時事ドットコム

チキンラーメン 色彩商標

 日清食品ホールディングスは4日、即席麺「チキンラーメン」のパッケージの配色が商標登録されたと発表した。セピア、白、オレンジの3色からなる横じま模様で、同社は「配色だけでもチキンラーメンと認識してもらえるようになった」と説明している。

情報源: チキンラーメン横じま、商標登録 パッケージの配色―日清食品:時事ドットコム

日清食品ホールディングス株式会社は、「チキンラーメン」の象徴的な配色を「色彩商標」として出願していましたが、2022年3月25日(金)に商標登録 (登録番号:第6534071号) されました。

情報源: ロゴやブランド名がなくても「チキンラーメン」だとわかるんです! 「チキンラーメン」の “しましま” が「色彩商標」として登録 | 日清食品グループ

インスタントラーメン「チキンラーメン」のパッケージデザイン(セピア、白、オレンジのストライプ)が今年3月、「色彩商標」(色彩のみからなる商標)として登録された。

情報源: チキンラーメン、配色パクられ悩んだ過去も…日清食品法務部が語る「色彩商標登録」への道 – 弁護士ドットコム

J-Platpat 情報

登録番号:第6534071
登録日:令和4(2022)年 3月 25日
権利者:日清食品ホールディングス株式会社
商品の区分並びに指定商品 30 即席めん


チキンラーメン 色彩商標

商標の詳細な説明:商標登録を受けようとする商標(以下「商標」という。)は、色彩の組合せのみからなるものである。色彩の組合せとしては、セピア色(プロセスカラーの組合せ:C20,M90,Y100,K50)、白色(プロセスカラーの組合せ:C0,M0,Y0,K0)、及びオレンジ色(プロセスカラーの組合せ:C0,M55,Y100,K0)であり、配色の割合は、上から順に、上部のセピア色が商標の約14パーセント、中間部の白色とオレンジ色の組合せが商標の約73パーセント、下部のオレンジ色が商標の約13パーセントである。中間部の白色とオレンジ色の組合せにおいては、配色の割合が商標の約2.3パーセントである白色と、同じく配色の割合が商標の約2.3パーセントであるオレンジ色が交互に配されている。

関連CM動画

チキンラーメンCM「冬キャンプ 篇」15秒 / Bose (スチャダラパー)、0:15

チキンラーメンCM「冬キャンプ 篇」15秒 / Bose (スチャダラパー)

商標insideNews: 特許庁が配色だけで商標を認定 一番手はトンボの消しゴムとセブンイレブンの看板 – 産経ニュース ▶️

79 / 100