著作権についてのFAQ

文化祭での演奏

Q:学校の文化祭で有名なバンドの曲を完全コピーして演奏しました。これって問題無いですよね?
A:文化祭は関係者であればお金を払わずに参加できる、というのが普通だと思います。この場合であれば、聴衆からお金を頂いていないので、発表された楽曲を完全コピーして演奏しても良いとされています。ただし、演奏者が出演料などのお金をもらわない、ということが条件となります。

ブログへのアップロード

Q:私は読書が好きで毎週1冊は小説を買って読んでいます。気に入った小説の1部分を、そのまま自分のブログに載せて定期的に更新しています。これって違法ですか?
A:ブログは通常誰でも閲覧可能な状態で公開されています。個人的に好きな部分をコピーして日記に書きうつすのは問題ありませんが、文章をコピーして誰でも見られる状態におく(サーバーにアップする)、ということは著作権侵害となります。

新聞報道への掲載

Q:私は画家です。先日私が描いた画が、勝手に新聞社によって新聞に掲載されていました。これは私の画の著作権侵害ではないのでしょうか?
A:一定の絵画は著作物として保護されます。しかし、例えばある事実を報道するために必要で、正当な範囲内であれば、報道に利用することが出来るとされています。

漫画原作のTVドラマ

Q:昔から大好きな漫画があって、それを元にTVドラマを作って放送することになりました。TVドラマ自体は私が作ったものなので、放送しても問題ないですよね?
A:TVドラマは著作物として保護されます。しかし、漫画が原作となった場合には、漫画の著作権者の許諾なくTVドラマ化することは、漫画の著作権者の権利侵害になる場合があります。

著作権フリーの注意点

Q:無料で配布されているCDがありました。これは著作権フリーということで、好きに編曲したり、複製しても問題ないですよね?
A:無料で販売されているからといって、著作権の権利期間が切れているとは限らず、商業用に複製したり、それを販売する場合には著作権侵害になる可能性があります。また、著作者の人格に関わる部分まで自由に何でも出来るわけではありません。したがって、著作者を侮辱するような方法で使用すれば、その方の著作者人格権侵害となる可能性があります。

おすすめの投稿

  • 2016年4月29日 著作権とは 著作権とは、自ら(著作者)の思想や感情を言語、音楽、絵画、建築、図形、映画、コンピュータプログラムなどの創作的な表現形式によって具現化した著作物についての独占排他的な財産権を言います。著作権は、特許、実用新案登録、意匠登録及び商標登録と共に、知的財産権の1つとされています。基本的に公的機関への登録手続を必要とせずに発生(これを無方式主義と言います。)し、その内容である著作物を […] Posted in 📜 商標周辺法, ©著作権法
  • 2016年4月29日 著作物の種類と著作権© 著作物の種類 著作物 具体的な例示 言語の著作物 小説、詩、俳句、川柳、台本、脚本、論文、辞典、講演、解説、座談会発言など。口頭の場合と書面の場合があります。 音楽の著作物 楽曲、楽曲を伴う歌詞、即興演奏など。歌詞自体は言語の著作物と解されています。 舞踊、無言劇の著作物 日本舞踊、バレエ、ダンス、振付。 建築の著 […] Posted in 📜 商標周辺法, ©著作権法
  • 2019年12月4日 商標登録insideNews: 「八海山」ラベル巡る騒動 “無断でグッズに転用された” 篆刻家が著作権を主張 | デイリー新潮 日本酒は麹、水を用いて米を発酵、分解させることで作られるが、左党が手に取るための“外見”も重要だという。酒のラベルを巡り、著作権バトルを繰り広げていたのは「八海山」。お相手は、天皇陛下とも関わりのある著名な篆刻(てんこく)家だった。情報源: 「八海山」ラベル巡る騒動 “無断でグッズに転用された” 篆刻家が著作権を主張 | […] Posted in 🆕 商標_最新情報
  • 商標_動画 外国知的財産機関2019年11月23日 ベネズエラ知的財産自治公務庁(SAPI) 商標_動画(embedded) vol.7 1.Registra tu Derecho de Autor, 0:46 2.Protege tu creación, dale un alto a la piratería,0:26 Posted in 商標動画・外国, 商標動画・外国知的財産機関, ▶️ 商標関連動画
  • 2019年6月8日 知的財産権とライフエンドプランニング 著名な俳優、音楽家やスポーツ選手、作家や漫画家などの有名人も自然人ですから、いつか永眠することは避けることはできず、死と同時に残された遺族への財産相続も発生します。不動産や有価証券などの財産については、その専門家に委ねるとしても、その有名人に知的財産権がある場合は、遺族にその知的財産権の恩恵を渡すためには、生前に確認すべきことがいくつかあります。米国の例ですが、故人でも稼ぐ方 […] Posted in 📜 商標周辺法
  • 2019年6月1日 商標登録insideNews: 日本にも美術「追及権」創設を、著作権団体などが会見 :日本経済新聞 著作権協会国際連合(CISAC)、日本美術著作権協会(JASPAR)、日本美術著作権機構(APG-Japan)、日本音楽著作権協会(JASRAC)は2018年4月13日に会見を開き、芸術作品の創作者に対する知的財産権の一種である「追及権」を日本でも創設するよう求めた。情報源: […] Posted in 🆕著作権_最新情報