商標登録insideNews: 石川県の新しいお米 名前は「ひゃくまん穀」に決定 石川米の新品種 – 石川県

石川県が9年の歳月をかけて育成したお米の新品種の名前が、全国9516通の応募の中から、「ひゃくまん穀」に決定しました。石川のお米の新定番、平成29年秋にいよいよデビューします。

情報源: 石川県/石川県の新しいお米 名前は「ひゃくまん穀」に決定

「石川65号」は,出穂期,成熟期が「コシヒカリ」より10日程度遅く,「日本晴」より2~3日早い粳種で,育成地では晩生品種にあたる.「コシヒカリ」より20%近く多収で食味は「コシヒカリ」並みである.

情報源: 水稲晩生品種「石川65号」の育成

関連する投稿

FavoriteLoadingAdd to favorites