商標登録insideNews: 京都の八ッ橋、創業年巡り提訴 老舗同士の争い法廷で : 京都新聞

聖護院八ッ橋総本店(京都市左京区聖護院山王町)が公表する創業年「1689年」は偽りだとして、ライバル社の井筒八ッ橋本舗(京都市東山区川端通四条上ル)が4日、公表内容の差し止めなどを求める訴訟を京都地裁に起こした。井筒八ッ橋本舗は「1689年に八ッ橋が存在したことを示す文献はなく、当時は存在しなかった」などと主張。

情報源: 京都の八ッ橋、創業年巡り提訴 老舗同士の争い法廷で : 京都新聞

今年は2018年ですから、329年前の創業の事実を争う紛争になります。今生きている誰もが見たことがない筈です。原告側に事実と異なることを挙証する義務がありますので、”OO年が本当の創業だ”との主張をその証拠の書類を添付しながら挙げる必要があり、被告側は1689年とした根拠を挙げることになりそうです。歴史も絡んでの展開になりそうです。因みに、1689年は江戸時代元禄文化のころであり、1687年の大嘗祭の再興や1694年の下鴨神社・上賀茂神社の葵祭の復興などに代表されるように朝廷儀式の復活が盛んな時代でした。

情報源 2018.8.22: 京都の八ッ橋訴訟、聖護院側が争う姿勢 「創業元禄2年」巡り(京都新聞) – Yahoo!ニュース