商標登録insideNews: シャインマスカット、許諾料逸失100億円 中国で栽培拡大 農水省試算 |日本農業新聞

農産物 品種流出

 ブドウ「シャインマスカット」の中国への無断流出によって、品種育成者が得られるはずの許諾料換算で、少なくとも年間100億円の損失が発生しているとの試算を農水省がまとめた。中国の生産者が種苗を正規に購入し、現地で栽培されたと仮定して試算した。同省は、こうした品種流出による経済損失の防止へ、品種の育成者権を管理・保護する専門機関の設立を検討する。

情報源: シャインマスカット、許諾料逸失100億円 中国で栽培拡大 農水省試算 / 日本農業新聞

(2022.5.27追加)

 いまや高級ブドウの代名詞的存在になった「シャインマスカット」。33年の開発期間をかけ、2006年に日本で誕生した品種だが、種苗が中国へ流出したことで、少なくとも年間100億円の損失が生じていること

情報源: シャインマスカット中国流出「損失100億円」で蒸し返される「柴咲コウ」の名前(SmartFLASH) – Yahoo!ニュース

日本のブランド品種“流出”業者直撃すると(2020年9月29日放送「news every.」より)、3:52

日本のブランド品種“流出”業者直撃すると(2020年9月29日放送「news every.」より)

商標登録insideNews:「改正種苗法」施行 2021年4月10日から 海外へ持ち出し禁止品種を公表 農水省 | NHKニュース
欧州植物品種庁(CPVO)

「シャインマスカットもいずれ廃れる」日本の農産物のブランド戦略に圧倒的に足りない考え方 | Yahoo!ファイナンス

日本経済新聞に、次のような記事が掲載されました。「日本発ブランド『シャインマスカット』中韓の生産、日本上回る」。記事によると、高級ブドウ「シャインマスカット」をはじめ、日本発のブランド品種の海外流出が深刻さを増している、というのです。

情報源: 「シャインマスカットもいずれ廃れる」日本の農産物のブランド戦略に圧倒的に足りない考え方 – ニュース・コラム – Yahoo!ファイナンス

山梨県のシャインマスカット、3:52

山梨県のシャインマスカット