商標登録insideNews: シャインマスカット、許諾料逸失100億円 中国で栽培拡大 農水省試算 |日本農業新聞

農産物 品種流出

 ブドウ「シャインマスカット」の中国への無断流出によって、品種育成者が得られるはずの許諾料換算で、少なくとも年間100億円の損失が発生しているとの試算を農水省がまとめた。中国の生産者が種苗を正規に購入し、現地で栽培されたと仮定して試算した。同省は、こうした品種流出による経済損失の防止へ、品種の育成者権を管理・保護する専門機関の設立を検討する。

情報源: シャインマスカット、許諾料逸失100億円 中国で栽培拡大 農水省試算 / 日本農業新聞

(2022.5.27追加)

 いまや高級ブドウの代名詞的存在になった「シャインマスカット」。33年の開発期間をかけ、2006年に日本で誕生した品種だが、種苗が中国へ流出したことで、少なくとも年間100億円の損失が生じていること

情報源: シャインマスカット中国流出「損失100億円」で蒸し返される「柴咲コウ」の名前(SmartFLASH) – Yahoo!ニュース

日本のブランド品種“流出”業者直撃すると(2020年9月29日放送「news every.」より)、3:52

日本のブランド品種“流出”業者直撃すると(2020年9月29日放送「news every.」より)

商標登録insideNews:「改正種苗法」施行 2021年4月10日から 海外へ持ち出し禁止品種を公表 農水省 | NHKニュース
欧州植物品種庁(CPVO)

商標登録insideNews: 種苗法の一部を改正する法律の施行 | 農林水産省

種苗法 一部改正(令和4年4月1日施行)

種苗法の一部を改正する法律の施行に伴い、令和4年4月1日より品種登録手続きは次のとおりとなりますのでご留意いただきますようお願いします。なお、出願に係る手続き(下記1~5)は出願日が令和4年4月1日以降の品種(※)が対象となります。(※出願日とは農林水産省において願書を受理した日付が基準となります。) 訂正請求制度は品種登録日が令和4年4月1日以降の品種が対象となります。
1 品種登録願・説明書が新様式になります
令和4年4月1日以降の品種登録出願は品種登録願・説明書が新しい様式となります。新様式は品種登録ホームページに掲載しています。
2 出願料・登録料が変更となります
令和4年4月1日以降の品種登録出願は出願料14,000円となり、また品種登録後の登録料についても変更となります。(1~9年目は、4,500円/年、10年目以降は、30,000円/年)なお、令和4年3月31日以前に出願された品種は現行の登録料が適用されます。
3 審査手数料の納付が必要となります
令和4年4月1日以降の出願品種は現地調査又は栽培試験に係る審査手数料が必要となります。審査手数料は出願公表後に納付通知を送付します。納付通知で指定された期限内(通知の送付から30日以内)に指定された納付方法での納付となります。審査手数料の額・納付方法等の詳細は 品種登録の手引き 69 頁(pdf)をご覧ください。
4 品種登録願・説明書に記載する出願品種の特性について
品種登録審査に用いる重要な形質は必須形質(必ず調査を行う形質)と選択形質(出願者が求めた場合にのみ調査する形質)に分けて審査を実施します。令和4年4月1日以降の出願品種は、出願品種の特性のうち必須形質は原則全て記載してください。選択形質は出願者ご自身が審査を希望する場合のみ記載してください。植物種類毎の必須形質・選択形質、特性を記載するための特性表は、品種登録ホームページに掲載しています。

情報源 品種登録の手引きより

品種登録ホームページ(新) 農林水産省
品種登録の手引き(PDF)
出願料・登録料・手数料一覧

種苗法 (平成10年法律第83号)
農業競争力強化支援法

種苗法 一部改正

商標登録insideNews: 県登録品種の「自家増殖」許諾の手続き (4月から)原則不要に|NHK 山梨県

改正種苗法 山梨 自家増殖手続を簡略化

山梨県が開発したぶどうなどの品種を農家が接ぎ木などして増やす「自家増殖」について、県は農産物の産地化などの妨げになるとして、改正種苗法で農家に義務づけられる許諾の手続きを原則、なくす方針を決めました。ことし4月に施行される改正種苗法では、国や都道府県に新品種として登録された果物などの種や苗が海外に流出するのを防ぐため、登録された品種を生産者が自家増殖する場合には、自治体などの許諾が必要になります。県は許諾の手続きや手数料が農産物の産地化や品質向上の妨げになるとして、県が登録しているぶどうや桃など27品種について、県の定めた順守事項を守ることを条件に許諾手続きを原則なくし、手数料の徴収も行わないことを決めました。

情報源: 県登録品種の「自家増殖」許諾の手続き 原則不要に|NHK 山梨県のニュース

フルーツ 自家増殖

商標登録insideNews: 改正種苗法が成立 高級品種の流出防止、来年4月施行(時事通信) | Yahoo!ニュース
種苗法 (平成10年法律第83号)

商標登録insideNews:「紅プリンセス」海外で初の品種登録を申請|NHK 愛媛のニュース

愛媛県が開発した「紅プリンセス」と呼ばれる新しいかんきつについて、県が海外への流出を防ごうと中国と韓国で品種登録を申請していることがわかりました。愛媛県が開発したかんきつを海外で品種登録の申請を行うのは今回が初めてです。

情報源: 「紅プリンセス」海外で初の品種登録を申請|NHK 愛媛のニュース

【農業ニュース】愛媛県、かんきつ新品種「紅プリンセス」発表 県開発5品種目、1:51

【農業ニュース】愛媛県、かんきつ新品種「紅プリンセス」発表 県開発5品種目

 愛媛県農林水産研究所果樹研究センターみかん研究所で育成した、かんきつ新品種(品種登録名:愛媛果試第48号)について、商標登録名が『紅プリンセス』となりました。 「紅プリンセス」は、愛媛を代表する高級柑橘の「紅まどんな」と「甘平」を親として、平成17年から14年の歳月をかけて選抜した品種です。

情報源: 愛媛県庁/かんきつ新品種「紅プリンセス」について

商標登録insideNews:「改正種苗法」施行 2021年4月10日から 海外へ持ち出し禁止品種を公表 農水省 | NHKニュース

改正種苗法 施行

国に登録された果物などの種や苗を海外へ無断で持ち出すことを規制する改正種苗法が今月、施行されたことを受けて、農林水産省は対象となる品種を公表しました。ぶどうの高級品種「シャインマスカット」や、福岡県のイチゴの「あまおう」など1975の品種で、2021年4月10日から海外への種や苗の持ち出しが禁止されます。

情報源: 「改正種苗法」施行 海外へ持ち出し禁止品種を公表 農水省 | NHKニュース

続きを読む“商標登録insideNews:「改正種苗法」施行 2021年4月10日から 海外へ持ち出し禁止品種を公表 農水省 | NHKニュース”

種苗法 (平成10年法律第83号)

種苗法 平成十年法律第八十三号(令和4年4月1日施行) 種苗法 種苗法(昭和二十二年法律第百十五号)の全部を改正する。 目次 第一章 総則(第一条・第二条) 第二章 品種登録制度 第一節 品種登録及び品種登録出願(第三条 …

商標登録insideNews: 改正種苗法が成立 高級品種の流出防止、来年4月施行(時事通信) | Yahoo!ニュース

 ブランド果樹など新品種の農作物の海外流出防止を目的とした改正種苗法が2日の参院本会議で可決、成立した。高級ブドウの苗木が海外に流出し、国内の生産者らが経済的な被害を受けたことから法改正が決まった。改正法では、新品種の開発者が栽培地を国内または特定の都道府県に限定できるようにし、違反行為に対する差し止め請求権を認める。第三者に種苗が渡るリスクを減らすため、農家が収穫物から種子を採取して翌シーズンの生産に使う「自家増殖」については許諾制とする。一部を除き来年4月1日に施行の予定。

情報源: 改正種苗法が成立 高級品種の流出防止、来年4月施行(時事通信) – Yahoo!ニュース

【NHK】国に、新品種として登録された果物などの種や苗を海外へ無断で持ち出すことを規制する改正種苗法が、2日の参議院本会議で可決・…

情報源: 改正種苗法が成立 新品種の海外無断持ち出し規制へ 参院本会議 | NHKニュース

情報源: 種苗法の一部を改正する法律案について:農林水産省

種苗法改正案について 江藤農林水産大臣記者会見(令和2年5月19日)、11:45

商標登録insideNews: 種苗法改正「見送り」への賛否 農水相は「今の法制度では、海外流出は止められない」 | J-CAST ニュース

ブランド農産品の海外流出阻止が目的という種苗法改正案について、今国会での成立を与党が断念する方針だと一部で報じられ、ネット上で波紋が広がっている。女優の柴咲コウさん(38)が警鐘を鳴らしたことがきっかけとも報じられ、法改正を望む農家らから嘆く声も次々に投稿されている。今後は、どうなるのだろうか。「陳情を繰り返した農協青年部などの努力が報われない」「韓国にイチゴをパクられたときはみんな怒っていたのに

情報源: 種苗法改正「見送り」への賛否 農水相は「今の法制度では、海外流出は止められない」: J-CAST ニュース

種苗法改正案について 江藤農林水産大臣記者会見(令和2年5月19日), 11:45

江藤農林水産大臣記者会見概要

長野県で「シャインマスカット」を栽培するブドウ農家は「枝を接ぎ木すればいくらでも増やせ、外国に流そうと思えば簡単にできる上、逆輸入の恐れもあり、いいモノが作れな…

情報源: 種苗法改正案“見送り”浮上に農家激怒! 「シャインマスカット」「あまおう」貴重な国産品種が海外流出危機 (2/2ページ) – zakzak:夕刊フジ公式サイト

商標登録insideNews: 種苗法改正 生産現場への周知必要|JAcom 農業協同組合新聞

 種苗法改正法案が今国会に上程された。改正の狙いは登録品種の海外流出を防止するための措置などを創設することだとされるが、生産現場の一部からは、自家増殖が一律禁止になるのではないか、外国資本に種子が独占されるのではないかなどの声も出ている。改正内容について国会では慎重に審議するとともに、生産現場に分かりやすい議論をすることが求められる。

情報源: 種苗法改正 生産現場への周知必要|ニュース|農政|JAcom 農業協同組合新聞

情報源: 種苗法の一部を改正する法律案について:農林水産省

主な登録品種と一般品種の例(PDF : 260KB)

商標登録insideNews: 新品種流出抑止 種苗法を改正へ|JAcom 農業協同組合新聞

 農林水産省は、わが国で開発されたシャインマスカットやイチゴなど優良な新品種が海外に流出し栽培されていることで日本から本来輸出できたものができなくなるなどの日本農業への影響が懸念されることから、農林水産省は海外流出を抑止する種苗法改正案を来年の通常国会に提出する。

情報源: 新品種流出抑止 種苗法を改正へ|ニュース|農政|JAcom 農業協同組合新聞