商標登録insideNews: 種苗法改正「見送り」への賛否 農水相は「今の法制度では、海外流出は止められない」 | J-CAST ニュース

ブランド農産品の海外流出阻止が目的という種苗法改正案について、今国会での成立を与党が断念する方針だと一部で報じられ、ネット上で波紋が広がっている。女優の柴咲コウさん(38)が警鐘を鳴らしたことがきっかけとも報じられ、法改正を望む農家らから嘆く声も次々に投稿されている。今後は、どうなるのだろうか。「陳情を繰り返した農協青年部などの努力が報われない」「韓国にイチゴをパクられたときはみんな怒っていたのに

情報源: 種苗法改正「見送り」への賛否 農水相は「今の法制度では、海外流出は止められない」: J-CAST ニュース

種苗法改正案について 江藤農林水産大臣記者会見(令和2年5月19日), 11:45

江藤農林水産大臣記者会見概要

長野県で「シャインマスカット」を栽培するブドウ農家は「枝を接ぎ木すればいくらでも増やせ、外国に流そうと思えば簡単にできる上、逆輸入の恐れもあり、いいモノが作れな…

情報源: 種苗法改正案“見送り”浮上に農家激怒! 「シャインマスカット」「あまおう」貴重な国産品種が海外流出危機 (2/2ページ) – zakzak:夕刊フジ公式サイト

商標登録insideNews: 種苗法改正 生産現場への周知必要|JAcom 農業協同組合新聞

 種苗法改正法案が今国会に上程された。改正の狙いは登録品種の海外流出を防止するための措置などを創設することだとされるが、生産現場の一部からは、自家増殖が一律禁止になるのではないか、外国資本に種子が独占されるのではないかなどの声も出ている。改正内容について国会では慎重に審議するとともに、生産現場に分かりやすい議論をすることが求められる。

情報源: 種苗法改正 生産現場への周知必要|ニュース|農政|JAcom 農業協同組合新聞

情報源: 種苗法の一部を改正する法律案について:農林水産省

主な登録品種と一般品種の例(PDF : 260KB)

商標登録insideNews: 新品種流出抑止 種苗法を改正へ|JAcom 農業協同組合新聞

 農林水産省は、わが国で開発されたシャインマスカットやイチゴなど優良な新品種が海外に流出し栽培されていることで日本から本来輸出できたものができなくなるなどの日本農業への影響が懸念されることから、農林水産省は海外流出を抑止する種苗法改正案を来年の通常国会に提出する。

情報源: 新品種流出抑止 種苗法を改正へ|ニュース|農政|JAcom 農業協同組合新聞