商標登録insideNews: Trademarks and China’s business reform agenda | WIPO Magazine

As the global economy shows signs of recovery and digital technologies continue to transform industrial and business landscapes across the world, innovation – and the intellectual property (IP) rights that protect it – remain key drivers of economic development.

情報源: Trademarks and China’s business reform agenda

中国企業は、商標出願数でも世界的に顕著な伸びを示す、世界でのブランド企業のリストにもその数が増加している。中国経済の急速な成長と中国ブランドの国際化は、WIPOの商標登録国際機関であるマドリッド制度を中国が利用することを促進している。 WIPOによれば、2016年にマドリッド制度を使用する国として、中国がトップ5にランクされ、その年、中国の出願人は、マドリッド制度の下で3,200の国際商標出願を出願している(前年度比68.6%増)。また、2016年には、外国人申請者がマドリッド制度を通じて中国の22,314件の商標を保護を求めており、 12年連続で中国はマドリッド制度の下で外国商標出願人によって最も指定された国となっている。(記事の部分訳、一部修正済み)

関連する投稿

FavoriteLoadingAdd to favorites