商標登録insideNews: 「河内」「柏原」ワイン、消滅の危機-新ルール「地域産ぶどう使用85%以上」中小ワイナリー直撃、“ぶどう争奪戦”も – 産経WEST

wine

今年10月から始まるワインの地名表示の新基準をめぐり、全国の中小ワイン事業者が消滅の危機を迎えているという。これまでは海外や他地域からのぶどうをまぜても「地元産…

情報源: 「河内」「柏原」ワイン、消滅の危機-新ルール「地域産ぶどう使用85%以上」中小ワイナリー直撃、“ぶどう争奪戦”も(1/4ページ) – 産経WEST

ワインで地名を表示できる場合(国税庁のサイト(pdf)より)

  1. ワインの産地名(「東京ワイン」、「東京」 等)の表示⇒地名が示す範囲内にぶどう収穫地(85%以上使用)と醸造地がある場合
  2. ぶどうの収穫地名(「東京産ぶどう使用」 等)の表示⇒地名が示す範囲内にぶどう収穫地(85%以上使用)がある場合
  3. 醸造地名(「東京醸造ワイン」 等)の表示⇒地名が示す範囲に醸造地がある場合(併せて「東京は原料として使用したぶどうの収穫地ではありません」等の表示が必要)

「国産ワイン」輸入原料はNG?表示基準で新ルールへ(15/06/11)、0:52