商標登録insideNews: 山形ワインがGI指定 本県の指定・登録は7件目|山形新聞

「GI=地理的表示」の制度は、品質や産地など一定の要件を満たした特産品を国が地域ブランドとして保護する制度で、国税庁は30日、国が地域ブランドを保護する地理的表示(GI)保護制度の対象に、ワインの産地として「山形」を指定した。県産ワインのブランド化が期待される。本県のGI指定・登録は7件目。ワインでは「山梨」「北海道」に次ぎ全国3例目。

情報源: 山形ワインがGI指定 本県の指定・登録は7件目|山形新聞

県産ワイン「山形」GI指定 山形市・県高度技術研究開発センター, 2:36

県産ワイン「山形」GI指定 山形市・県高度技術研究開発センター
GIの文字とワイングラスやコルク栓をモチーフにしたロゴマークの発表も行っています。

商標登録insideNews: ぶどう酒の地理的表示(GI)に「大阪」が指定されました! | 大阪府立環境農林水産総合研究所

地方独立行政法人大阪府立環境農林水産総合研究所のサイトです。この度、令和3年6月30日付で、ぶどう酒の地理的表示「大阪」が国税庁長官より指定を受けました。大阪府で収穫されたぶどうのみを使用し、一定の基準(※)を満たしたぶどう酒が「大阪」ワインとして認証され、市場に流通することになります。

情報源: [農林][お知らせ]ぶどう酒の地理的表示(GI)に「大阪」が指定されました! | 大阪府立環境農林水産総合研究所

GI大阪白
GI大阪赤
GI大阪ロゼ
ロゴは大阪ワイナリー協会のサイトから転載

大阪ワイン紹介動画(10分)

大阪ワイン紹介動画(10分)

国税庁 商標_動画 (embedded) vol.9

1.GI(地理的表示)本格焼酎・泡盛オンラインシンポジウムfrom九州・沖縄(ダイジェスト版)【福岡国税局】、16:09

GI(地理的表示)本格焼酎・泡盛オンラインシンポジウムfrom九州・沖縄(ダイジェスト版)【福岡国税局】

2.GI(地理的表示)本格焼酎・泡盛オンラインシンポジウムfrom九州・沖縄(フル版)【福岡国税局】、2:55:16

GI(地理的表示)本格焼酎・泡盛オンラインシンポジウムfrom九州・沖縄(フル版)【福岡国税局】

国税庁 商標_動画 (embedded) vol.8

2020年9月お酒の地理的表示に登録された和歌山梅酒の魅力を5つの動画で紹介します。①GI和歌山梅酒の概要について【大阪国税局】②GI和歌山梅酒の魅力について1/2【大阪国税局】③GI和歌山梅酒の魅力について2/2【大阪国税局】④GI和歌山梅酒とペアリング料理【大阪国税局】⑤GI和歌山梅酒のPR動画紹介【大阪国税局】

続きを読む“国税庁 商標_動画 (embedded) vol.8”

商標登録insideNews: 清酒「山梨」地理的表示に ワインと2つの酒類は全国初 | 日本経済新聞

国が保護する地理的表示(GI)に、山梨県産の清酒「山梨」が28日、国税庁から指定を受けた。「山梨」はワインでも地理的表示に指定されており、同じ県で2つの酒類での指定は国内で初めて。また、採取する水を富士北麓や八ケ岳山麓など6水系に限定したのも清酒「山梨」の特徴だ。指定されたことを受け、山梨県酒造協同組合の北原兵庫理事長が記者会見し「全国展開、世界に出す場合は山梨らしさという特徴を出すことが重要になる。水系もその一つ。GIの取得は海外展開には有効だと考えている」と述べた。

情報源: 清酒「山梨」地理的表示に ワインと2つの酒類は全国初: 日本経済新聞

続きを読む“商標登録insideNews: 清酒「山梨」地理的表示に ワインと2つの酒類は全国初 | 日本経済新聞”

国税庁 商標_動画 (embedded) vol.7

本州西部の日本酒を楽しむ (英語版)|国税庁
「Enjoying the SAKE of Western Honshu」は、日本在住外国人を対象とする,日本酒の無料のオンライン講座(広島国税局主催)です。
オンライン講座内容
 ● 酒類の製法、特徴、歴史など基礎知識の講座
 ● 日本酒のテイスティングと食べ物とのペアリング体験

続きを読む“国税庁 商標_動画 (embedded) vol.7”

国税庁 商標_動画 (embedded) vol.5

1.GIはりまトークショー(完全版)【大阪国税局】, 46:41

GIはりまトークショー(完全版)【大阪国税局】

2.第91回関東信越国税局酒類鑑評会・表彰式, 6:30

第91回関東信越国税局酒類鑑評会・表彰式

商標登録insideNews: 国税庁が「日本産酒類のブランド化推進事業」公募開始、4月3日まで|食品産業新聞社ニュースWEB

国税庁は3月13日、令和2年度「日本産酒類のブランド化推進事業」の公募を開始した。日本産酒類の輸出拡大のため、ブランド化のモデル事例構築と調査・実証分析などを実施する。このため、調査・実証分析の対象とするテーマを国内の酒類事業者から募集する。

情報源: 国税庁が「日本産酒類のブランド化推進事業」公募開始、4月3日まで|食品産業新聞社ニュースWEB