商標登録insideNews: 白イチゴ、3種類の商標登録出願 栃木県開発の新品種 – 毎日新聞

berry

栃木県の福田富一知事は16日の定例記者会見で、県が開発した白イチゴの新品種「栃木iW1号」について、「ゆきおとめ」「ホワイトプリンセス」「ミルキーベリー」の3種類の名前の商標登録を特許庁に出願したことを明らかにした。同庁が類似商標がないかを審査し、登録が認められたものの中から県がブランド名を決定する。

情報源: 白イチゴ、3種類の商標登録出願 栃木県開発の新品種 – 毎日新聞

今年1月、県産新品種として約6年ぶりに品種登録出願となった白イチゴ「栃木iW(アイ・ダブリュー)1号」。白イチゴは2009年度、山梨県の民間業者が品種登録した「初恋の香り」が国内では初とされ、本県でも12年度から本格的に開発が始まった。“いちご王国”のラインアップに加わった栃木iW1号の誕生までの道のりを探った。 「甘くておいしく、完熟キウイフルーツのよう。

情報源: 白イチゴ、6年かけ王国に“結実” 1500株から「栃木iW1号」絞り込み|県内主要,経済|下野新聞「SOON」ニュース|下野新聞 SOON(スーン)